退職・転職を考えた場合、「Uターン」「Iターン」にお・・

あなたが転職をする場合、「Uターン」「Jターン」といった具合に、大都会から地方に移り住んで、再就職したいと考えている人が、ここ数年で増加傾向にあります。一昔前とは違い求人情報サイトを駆使すれば、地方・郊外の求人も容易にアクセスできます。ただ残念なことに、郊外や地方での求人の場合、どうしても選択肢が限られてくるので、それがマイナスといえます。

退職|あなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Iターン」にお・・

  • 仮にあなたが転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」において都市部から郊外・地方に移り住んだうえで再就職したい、と考えている方が、ここ最近増加しています。ネット社会の今では転職サイトを使用することで郊外や地方での求人情報にもいつでも簡単にアクセスできます。しかし、郊外や地方での求人は都市部のような選択肢は期待できないというのが大きく違うところで、デメリットでもあります。ですので、転職サイトを活用するのは当然ですが、転職サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」といったサイトもきちんと確認してみてください。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に主催している就業サポートに関する情報も注意してみておきましょう。


  • 再就職して勤め先を新しく替えるということは、自分に…

  • 転職によって仕事先を新しく替えるということは、自身に見合った再就職先を探したいものです。職種を変えることで、自分でも驚くほどの適職に就くことができるかもしれません。けれども、メリットだけがあるわけでななく、転職先にふさわしいスキルがないと、転職自体が難しいです。逆説的に表現すると、あなた自身が価値ある人材であれば、「天職」に近い転職に巡り会える可能性がある、ということです。昨今は、職業選択の自由が権利として認められているので、転職を決断したとしても特に困難なことはないでしょう。事実、終身雇用がなくなりつつあるこんにち「価値ある人材が欲しい」と願う企業もどんどん増加していますので、この好機に転職を考えてみるのもアリだと思います。


  • 退職|友人や知人の紹介で転職を叶えようとしている人もいるでしょう。

  • 人の紹介をキッカケにして転職する先を見付ける人がいます。それも悪いとはいわないけど労働環境やそれに労働時間などの大切な部分を知っている人の口コミを鵜呑みに判断するのは後々問題です。なぜなら、個人の口コミ情報というものはその人の主観に基づいているからです。要するに知人の立場ではかなり良い職場だとしても、自分自身の価値観に照らし合わせたときには、イマイチな可能性があります。その逆も然りです。ということで、職場環境については口コミだけで判断せず、最終的には自分の目で確かめておくことも大切です。


  • 退職|「シフト制」の業務についてです。

  • これはシフト制の仕事についての話なのですが、一定の曜日に働ける人を募集する求人をけっこう見るのですが、もし、応募しようと考えているならシフトの提出方法や休む手順については、あらかじめチェックしておきましょう。それはなぜかというと、私は過去に、出産のため抜けた人の助っ人として、正社員として就職したのですが、私のシフトが土日が固定シフトで新人の私以外は、他の社員は誰一人現場にいませんでした。産休に入った前任の方が「土曜、日曜」にかならず出られる人だったので、私もそのように思われていたみたいです・・・。「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフトを変えてもらう必要があり、同じ部署の先輩方に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と私から交渉しないといけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。振り返ると腹が立ってきます。


  • とある古物商の求人に応募したところ、書類選考に合格しました。す…

  • とある古物商の求人に応募したところ、書類選考に合格しました。すぐに先方から面接日時を告げられました。しかし、面接日当日、指定場所へ行ってみると、行き違いがあったのか相手の面接の準備が全くできていない状況でした。責任者らしき人が面接に応じてくれましたが、始終だらしのない態度で迎えられ、面接は終わりました。予定日を過ぎても結果連絡がまったくなく、もう待ちきれなくなり、私のほうから問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」とのこと。心待ちにしていたのですが、ですが、これも来ず、そこでまた問い合わせたところ「結果は不採用でした」、と有無を言わせずに電話を切られてしまったのです。あまりの対応にしばらく言葉も見つかりませんでしたが、正直なところ、採用されなくて良かったとホッとしています。


  • 近いうちに転職活動を考えている人で次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうなら…

  • 今年中に転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうなら「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。失業手当はあなたが勤めている会社でもし「雇用保険」を払っているのなら、失業手当を誰でも受け取ることができます。手続きは「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、勤めている企業の都合での退職、あるいは残業時間次第では日数をおかずすぐに貰える可能性もあります。支給される失業手当の金額は辞めた月の直近の給料を基準にして支給する額を計算されるので、繁忙期や閑散期がある方は理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。


  • 転職先を探している間は、自分の好きなことに打ち込むほ・・

  • 転職先を探している期間中は、「趣味」に没頭することに加え、体力を損なわない様にすると良いでしょう。いざ仕事復帰した際に、趣味に興じていたことでいつの間にか集中力がアップします。そしてまた、体力アップが図れていることで、他の社員さんと比較すると疲れない身体になっている、と認識します。というワケで、休職中は自分の趣味に時間を充てることと、体力アップを図ることをしておいて損することはありません。その後、職場であなたと共通の趣味を持つ人と巡り会えれば、友達になれるキッカケにもなります。ですから、好きなことをとことんまで極めることも転職期間中の時間の有効活用となります。


  • スムーズに転職したい時は、企業とのやりとりというより…

  • 最短で転職したい場合は希望する企業相手というよりもある意味、「担当面接官」との勝負といえます。面接で成果を出すためにも、先ずは面接だからといって平常心で対応することを心がけましょう。例えれば女性とお見合いをする気持ちで向かうと緊張がとけるかもしれません。また面接内ではもっとも最初にあなたの人となりをチェックされてしまうのでマイナスな印象につながる身なりは気をつけてゼッタイにやめましょう。そして良識ある社会人らしくきちんと整った服装を意識してください。魅力ある人物と思ってもらうことができれば、かならず良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。


  • 再就職しようとする時に絶対に用意しないといけない履歴書や職務経歴書などにおいては、…

  • 再就職する場合絶対に用意しないといけない履歴書や職務経歴書においては、原則的には自筆ではなく、パソコンで作るというのが普通です。今の日本においては履歴書や職務経歴書については手書きで作成するのが当たり前だと考えられているようですが、それは新卒の人たちの就職活動やアルバイトの際に準備する履歴書であって、実は、転職に関しては100%パソコンで書いたものは駄目とはっきり言うことはできないのです。自筆をベストとする会社もあるようですが、そうではない時が徐々に多くなってきていますから、パソコンを用いて作ったものでもよろしい会社は多いのです。


  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員になっても好きな時にすぐ退職できるわけではないことを実際に転職を通じて学びました。私は結婚し、生活が落ちついたら、すぐにでも子供を持ちたかったので、子供ができるまでの間のために1年半~2年ほど今の会社でそのまま仕事出来たらいいなと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であるために、正社員より年収は少なかったですが、仕方ないので時間的な自由のために、この道を選択しました。ところが、入社してみたら、一緒に働いている人たちはほぼ全員10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。結論として派遣社員だからといって、期間が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、これが今の悩みになっています。


  • 退職|以前の私は、求人情報は「転職サイト」よりも、主に「ハローワーク」が中心でした。

  • これまでの私は、「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」に通っていました。というのは、大手「転職サイト」は、構造上、都心の企業の求人がほとんどだからです。これまでの転職は「ハローワーク」のみ使っていました。やっぱり、掲載される企業や給料といった条件は見劣りしますが、地域に密着した企業も多くあり、都心部以外での転職をするときには重宝します。しかし、「ハローワークって地味な雰囲気がある」と感じている方もいるかと思いますが、思いもよらず、大手の転職サイトにはない求人が見つかるかもしれないので、この先転職について不安がある方は、ハローワークに行って相談してみてください。「転職サイト」を利用した時のような執拗なニュースレターが来ることもありません。


  • 『転職をしたい!』と思っていて、将来の進路がハッキリしているのな・・

  • 『転職したい!』と思っていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞職したいという旨を速やかに上司に伝えるべきです。なぜかというと、相談という形で話せば上司に言いくるめられる可能性が高いので要注意です。そして、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、退職を引き伸ばされてしまい、退職するまでに半年くらい掛かりました。退職したいことをはじめに、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、数ヶ月延びて退職が認められたのは同年の11月です。本来なら、年度末を契機にやめようとおもったのに、希望通りにはいきませんでした。やはり職場も、人事的な都合があるのかもしれませんが、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、非常に以前にも増して呆れてしまいました。


  • そのうちでも転職活動を考えているのなら、現在の業務や仕・・

  • そろそろ転職やることに当たっては、現在の仕事での不満に思う部分をリストアップしてみる必要があります。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。そもそも不満な点が大きいから転職したいと考えているのは分かります。でも「しっかりと業務の客観的に考えた問題点を明確化する」ことを多くの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。それを終えたあと、もしも転職した場合、「今よりも不便になること」をしっかり想像してみましょう。転職したとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職したあとのモチベーションの急激な低下は未然に防ぐことが可能です。


  • 退職|再就職をする時に見る募集内容の情報というのは、おおまかなものとし…

  • 仕事を変えようとしようとしている時に閲覧する募集要項は、参考程度に、アバウトに書かれている可能性があります。そのため、書いてある情報は100%正確なことだとは信じない方が良いでしょう。中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる報酬面に関しては、一般的な額なのか?最低限保証されている給料であるのか?一番高い給料なのか?といった評価ができる人は少なく、独断で判断してしまうと、今後、そのことを悔いる事いなるかもしれません。ですから、悔しい思いをしなくて済むように、求人内容についてはおおまかなものだと思って、そういった内容は会社の方に直接確認するのが好ましいです。


  • 私はかつてたいへん多くの人材紹介会社に登録していました。

  • 以前はかなり多くの人材紹介会社に登録していました。その時に感じたこと、それは転職アドバイザーのレベルも本当に多種多様で大体は物足らないと感じる方ばっかりでした。私にとってはとても重要なことことだからもっと情熱をもってに向かい合ってほしいという落胆した気持ちが募って、それが引き金となって私はキャリアカウンセラーの道に進むことになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取るのはコストもかかりましたし勉強面に関してもとても大変ですが、求職中の方から頼られる人になるために努力しています。


  • 退職|もし転職することが、今働いている会社の人たちがそのことを知ってしまうと…

  • もしも転職前、現在の職場の同僚たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の空気が大きく変わるおそれがあります。働く環境によって問題はないこともありますが、やっかまれたり意地悪されることもあるかもしれません。さらには、残業時間をわざと増やされてしまうことも考えられるので、軽率に「転職します」と口にするのはお勧めしません。上記トラブルを回避するために、今所属している仕事場では、真面目を装いましょう。そうしておけば、良い関係を最後まで保ちつつ、晴れやかに会社を退職できるはずです。それに、円満退職となったなら、辞めた会社に困ったときに相談できる機会にも恵まれるでしょう。会社の大きさに関係なく、どのような会社も人とのつながりがとても大事なので、退職前のトラブルは控えましょう。


  • 仕事辞めたいと言えない

    退職・転職