初めて働いた会社で性格のきつい上司に悩み、結局やる気がなくなってその会社を辞め・・

退職|勤めていた会社でつらく当たる上司に困ってしまい、我慢することができなくなって退職し・・

在職していた会社で嫌な上司の存在に神経を使い、ついに我慢の限界を超えてその会社を退職し、ある別の同業者の企業に行くことにしました。居心地よく働くことができきわめて充実した日々が続きましたが、時が経つにつれて会社の売上が悪くなって、とある会社に経営統合されることになりました。その経営統合先の会社がなんと前働いていた会社で、それどころか大変嫌いだった上司が再び私の上司となることに。まったく困ったことになりましたが、どれだけ縁があるのでしょうか。言うまでもありませんが新たな転職先を探す活動を開始しています。

就職のため職探しをする場合に気を付けるすべき求人…

就職するため職探しをする際に注意したほうがよい募集内容は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料が高く、拘束時間が長めというものです。こういった募集では、給料に『みなし残業代』を入れて告知している場合が非常に多いです。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、30時間とか45時間という感じで求人の記載内容に時間の併記がされています。毎月この程度の残業が想定されるので、最初から給料に残業代を組み込んで計算しておく、といったものになります。(この仕組みは違法ではありません)例えば求人に『みなし残業代20時間込』と表記される求人であれば、「書かれた時間分の残業代を入れれば、これだけの給料になります」というワケです。しかし、悪質な求人には記載しておくべき『みなし』を表記していないこともザラですのでよく気を付けてください。

数年前の求人誌に必要とする人材の「性別」まで書かれているのが一般的でした。

以前は求人誌には、雇用側の希望する「性別」がきちんと明記されていました。ですが今現在では、男女雇用機会均等法が施行され、採用する際、男女の差別がしてはならない事が決まり、募集要項の条件に「性別」を明記できなくなりました。とはいうものの、求人情報を出す企業は、実際のところどちらが希望と言う想いがあるはずです。なので、実際は男手が必要な会社に女性が応募したり、女性が必要な案件に男性が応募してきたり、といった問題もひとごとではないのです。例えば、「女性が活躍できる職場です」といった内容なら、雇用側が「女性」を必要としている、と解釈しておいたほうができます。

私は20代で転職を2度経験して、今現在は資格取得のために…

20代前半に転職を2回経験し、そして今、資格取得の勉強をしながら、派遣社員として働いています。フルタイムの勤務を選択しなかったので手取りは安いのですが、ですがその分、以前より心と時間的な余裕ができました。たまに、学生時代にいくつか資格を取得し、仕事すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。実際に、そういった人を見る度、非常に羨ましいと感じてしまいます。今までは、うまくいってる人と自分と比べて、悩みだったのですが、しかし現在は、結婚を経験し、随分と生活環境も変化し、そのなかで将来の進路も定まったので私も新たな目標に向かっています。

これはシフトの仕事に関する話なのですが、毎週、一定の・・

これはシフトの仕事についての話なのですが、毎週、特定の曜日に仕事できる人を募集している求人を頻繁に見るのですが、もし、応募しようと考えているならシフトの出し方や休む手順については、確認しておきましょう。それはどうしてかというと、私は過去、産休で抜けた人の代理として正社員としての仕事をはじめたのですが、私のシフトがそこでは「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、他に誰も来ず、新入社員の私一人だけで現場を任されるだけでした。前任の女性が「土曜、日曜」に必ず出られたので、私もそのような人と思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフトを変えてもらう必要があり、同じ部署の先輩たちに「日曜日に休みたいのです」とお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。思い出すと「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。

自分の趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就き・・

自分の得意なことや好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている方は気をつけた方が良いです。これは、私の体験に基づいたことなるのですが、私自身、食べることが好きでそれが理由で、前に、飲食店で勤務していたことがあります。そのお店での業務は、その飲食店で任されていた業務は、簡単な盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容については、嫌とかいったこともなく楽しんでいたのですが、職場の人間関係でとても嫌になりました。ということが引き金になり、退職することにしたのですが、それと同時に、好きだった食べること、そしてその飲食店で提供されていた食べ物も嫌になり、よく似た店にはしばらく経った現在も行く勇気がありません。店のにおいを思い出すのも嫌です・・・。この仕事に就いた当初、大好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。自分の得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいと思い、実現させることは素敵だとは思います。ですが、あなたの「好き」は、どのくらいすごいのか、冷静に自分自身と向き合ってから行動するべきです。

長年にわたって接客業で働いてきましたが、加齢のせ…

ずっと接客業で仕事を続けてきましたが、年齢を重ねるにつれ立って行う仕事は体力的につらいため、座って仕事ができるオフィスワークへ転職することを頭に入れて活動をしました。事務の経験がないとなるとけっこう難しく、そうであれば接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務になろうと資格も取って個人医院に転職しました。周囲はベテランの先輩パートさんばかりで人間関係に関しても難しい。いつも夜の勤務を押し付けられて、接客業をしていた時より帰宅も遅いのですが、今はキャリアを形成する時と受け入れて頑張ります。

退職|再就職の前に、現在の会社の人たちがあなたの転職を知ると…

転職することが、今勤めている会社の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまうと雰囲気がガラリと変わるかもしれません。働く環境によって問題はないこともありますが、意地悪される可能性もあります。また、残業を押し付けられたりすることもあるので、軽々しく「転職します」と周囲に言うのはお勧めしません。上記のようなトラブルを避けるためにも、今所属している仕事場では、いたって真面目に仕事をしておきましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い状態をギリギリまで残したまま、最高の形で会社を去れるはずです。しかも、何の問題もなく円満退職になれば、転職後に、あなたが困った際には相談できるはずです。業種や規模に関係なく、どんな企業でも、人との縁は重要なので、辞める時のトラブルだけは、できるだけ起こさないようにしたいものです。

退職と転職を繰り返す日々を止めるための対策は、とてもシンプルです。

転社を繰り返さないための術が一つだけあります。スキルアップもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。インターネットでなんでも見られる今では精神面を鍛えるコツはたくさんあります。そして、転職以外の行動によっても、精神面を強化することができます。それは、ズバリ海外への旅行です。外国は、文化も言語も大きく異なるので、刺激をたくさん受けることができます。なので、精神的な成長は、想像以上に得らるはずです。日本に帰ってくると、「自分の視野の狭さ」に気づき、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちを携え面接に行けば、今までとは違って自信に満ち溢れた態度を示すことができます。ただ、退職してすぐは、メンタルが弱気になりやすいので、心の回復のために休業期間も必要です。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人が多いです。

現在の仕事と並行しつつ、転職活動をする人はかなり多くいます。ただ、仕事を行いつつ求人情報を調べながら、その応募手続きをしたり、面接に行くのは精神も肉体も負担が大きいといえるでしょう。今の職場の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。応募するだけしてみよう、という人がいますが、仮に、書類選考を通過し、面接が決まったあとに「辞退」したとしたら、今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。エージェントにサポートしてもらっていた場合は、そのエージェントからの評価が落ちますし、そうではなく自分で直接、応募した場合でも、相手企業からしつこく電話やメールがあることもあります。自分の大切な時間をドブに捨てることとなるため、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると理解しておく必要があります。

転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。

近年の転職事情では、政治による影響が出始めています。安倍総理が舵取りを行う現政権下では、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で多くの経済政策が盛り込まれています。内閣が打ち出した新たな経済政策ともに日銀の金融政策ともミックスされて、財界・民間企業間でも今までとは異なった社会的な変化が増加傾向にあります。そのこともあり企業伸長とともに若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人材不足」が大きな社会問題になっています。将来、「外国人の労働者」の比率を増やしていくつもりでいると現政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、転職問題についても大きく幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化のなかで、国内の雇用や転職といった事情にも、大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

「転職サイト」は、大手のほうが多数の案件が掲載されているため…

転職サイトは知名度の高いサイトの方が掲載数も豊富なので、気に入った2~3社を、ともかくメンバー登録して、希望する勤務地や収入に対してチェックを入れて、あとは条件に適合する案件が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと情報収集が容易になります。しかし、最初に限っては登録が大変ですので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録を行う初回時、少し時間がかかることから、案件の検索と応募だけでも大変ですが、その後は、新規案件のみチェックするだけで良いため、初めの準備を抜かりなく行うことを心がけるのが賢明です。

より安定した生活基盤を希望して正規の雇用社員として働こうと考えている・・

安定した生活を手に入れるために正規の雇用社員として働きたいと思っている人はかなり多いのが現実だと思います。しかしながら、即戦力として働けるように資格を取得するなどしていくら頑張っても中々正社員として雇い入れてもらうことが叶えられないケースも少ないはずです。派遣社員の求人募集を見たとしても、正社員の求人募集以外を見ないでエントリーしない人も多いでしょう。もしもあなたが、中々正社員としての転職が難しいのなら、非正規雇用者の求人募集も選択肢に加えてみましょう。会社によっては、成果によって2,3年で契約社員から正社員への転換ができることもあるからです。面接を受ける際に、「正社員登用」の可能性がどのくらいあるかをヒアリングしても良いでしょう。

新たな仕事でこれまでに培ってきたスキルを生かすことができれ・・

転職した会社で自身の過去のスキル・キャリア活かせられれば、即戦力となってじきに職場にも馴染めるようになるでしょう。それはつまり雇用した側としてもスキルを持つ人材は常に必要なので、会社側が判断しても即戦力となる転職は難なく事が運ぶでしょう。しかも、今までの仕事内容と似た業種であれば転職は楽になります。但し、まずまずの実力があるといっても大手企業の事務仕事や、公務員系(国家・地方ともに)の募集は、いつの時代も、かなりの競争率となることを覚悟しておきましょう。

今では、株式・不動産投資の不労所得のほかに個人経営 といった生き方も増えています。

近年では、株式・不動産投資などといった不労所得で生活資金を得たり、独立で頑張っている人も増えています。そういった移り変わりに伴い、「起業することは不安定だしキケン」というわけではなくなってきているようです。1960年代ごろの高度経済成長時代においては、先行きがみえない自営業よりも会社勤めの方が堅実でした。人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが至極当然のことのように、一般の人々に広まっていました。しかし、そういった社会全体が安定成長する時代は終わり、今のような時代は「成熟期」といった名称で言われています。コンピューターの進化とともに、今後は、自動化・機械化がさらに進み多くの仕事で人の手を必要としなくなる時代がやってくる、とも言われています。

転職活動を行うにあたっては、はじめに、ウェブ上の求人サイトを見たりして…

転職をするにあたってはまず、求人雑誌を見たりして転職したい会社を調べると思います。ところが、当該会社が情報を公開する際には、専属の「コンサルタント」が指南していることが多いものです。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す傾向があります。仮に公表する場合でも曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そういった類の社長の方針や社員の感想に関しては、すべてを事実だと考えるのではなく、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。情報を信じて入社してしまった場合、期待していたことと全く違うと後悔することになりかねません。たちの悪い会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後、いろんなイチャモンをつけて辞めさせないようにするかを考えている。そういった「ブラック企業」の求人には警戒しておきましょう。