退職|先週人材紹介会社に登録に出向きました。

先週転職先の会社を探すために人材紹介会社に登録に出向きました。

  • 3日ほど前転職の準備をしておこうと人材紹介会社へ登録に足を運びました。そのとき私のカウンセリングのために出てきた担当の方がどうも入社間もない新入社員で、私の説明の5割も理解ができていない様子です。しかも「キャリアデザインが甘すぎますね」とか「きちんと自分の強みを明確化する必要性があります」とか、専門家のように偉そうに話すので大変不愉快でした。カウンセラーはある程度仕事を経験している人にしてほしいと感じます。

  • 退職|転職のための活動は希望する企業そのもの、というより・・

  • 転職のための活動は希望する企業とのやりとりというより、どちらかと言えば面接係員との勝負が大半といえます。面接で成果を出すためにも、まずは肩の力を抜いて焦らずに対応しましょう。例を挙げると女性とお見合いをする気持ちで向かうと良いでしょう。また面接内では最も初めにあなたの人となりを評価してもらうので誤解を招くような言動や見た目は注意し避けましょう。そしてモラルある社会人らしい面接に適した整った服装で望みましょう。あなたらしさを表現できるといいでしょう。企業にとって必要な人材と感じてもらえれば、きっと自ずと良い結果を出せるはずです。

  • 日本には昔から「石の上にも三年」という人生において役に立つ教えがあります。

  • 昔から日本には”石の上にも3年”という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。現在、「終身雇用制度」もなくなりつつある現在、「転職」を経験する人が増え、決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。でも、「転職」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、やたらと仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。転職するにはタイミングを的確に捉える必要があります。まず第一に、今現在の職場、仕事について具体的に、例えば仕事内容や待遇面について何が不服なのか、何が不適なのかを約10項目探しておきましょう。其れによって転職活動に良いヒントを与えてくれます。そして、もし将来の進路が自身で見いだせたら、できるだけ素早く、より良い仕事ができるように努力していきましょう。

  • 初挑戦の分野などに転身したいと考えている場合には、以前の業界で、自…

  • 今まで経験したことのない業界とかに転業をしようとするときには、以前の職で培ってきた能力や経験したことが生かせるといった内容のアピールが必要になります。働いたことのない分野の場合、経験のない分そのジャンルで今まで働いてきた人たちよりも正直、不利になりますけど、自らが保持している力がそこでも十分に発揮できるということを相手に伝えれば、戦うことができることも考えられるのです。そういった訳で、経験したことがない分野に飛び込む場合は、その分野と自分が今までやってきた職務との関連を必ず考えましょう。

  • 一般的に見て大業は「定期採用」がメインです。ですから・・

  • 多くの場合大きな会社は「定期採用」がメインです。ですから、転職希望者には向いていません。また、田舎のほうでとなるとその見込みは少なくなります。しかし「製造業」関連の場合であれば、地方の工業団地などに工場を構えていることがはずです。そういった工場に的を絞れば、事業分野の拡大する際に「途中採用」を行っているので、そういった機会に転職を検討してもいいかもしれません。そのためには、地方の工場を転職に考えるなら、希望する会社についての情報をチェックしておきましょう。公式サイトにアクセスし、求人の予定がないか、暇があればチェックしてみましょう。

  • 職場を変えたいと思っているのなら、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。

  • 新しい職場(転職先)では、すぐに年収に関して高望みはしないほうが無難です。ことさら、入社1年目の段階では、大概「試用期間」が入っている会社がケースが少なくありません。自分の転職して新たな仕事をした時は、なんとか手にした職場だったものの、予想と異なり前職の年収とほぼイコールで変わりませんでした。おまけに、仕事もきつく、とても責任のある立場で初年度をクリアするのにひどく厳しかったです。そうした体験から初年度は、勉強に充てる期間と捉えておき、可能なかぎり転職前の段階で貯金をしておくべき、と思います。

  • 転職活動を行っていて面接で絶対に尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動中に、面接で絶対に尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機については、心で思っていることをそのまま話しても差し支えないですが、転職理由についてありのままに伝えるのは問題です。たとえば給料に関する不満、同僚・上司との人間関係など、面接官によいイメージを持ってもらえるものではありません。もっとも、自分にとってマイナスになると予想されることを馬鹿正直に話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持ちやすいので、慎重に質問してくると考えておくべきです。これに対抗して現職の不満を言わないように答えるには、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。加えて、この企業に入社してこんなことを実現したい、5年後、10年後はこんなことがしたい、そのために御社に応募しました、と未来志向な志望動機に変えていきましょう。

  • 少し前に転職したばかりなのに、入ってすぐに辞めてしまうケースが…

  • 2ヶ月まえに、転職したばかりであるにもかかわらず、あっという間に辞めてしまう選択してしまう人が意外と多いものです。それは私の考えでは新たな気持で自分自身に合った環境に飛び込んだものの、「自分自身の理想としていた職場環境と堪えられほどかけ離れていた」「雰囲気が馴染めない」というワケで退職してしまうのじゃあないかと思います。このような、転職に関しての失敗を繰り返さないために、とにかく情報収集を徹底するほかありません。職場環境、通勤に掛かる時間、などいろいろチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

  • 実際に失業保険を給付してもらうためには、仕事を探していることが必要なのです。

  • 失業保険の給付は、仕事を探していることを理解してもらわなければいけません。とはいえ、実際は「会社に行かなくて良いし、とりあえずは仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」と思うのが本音でしょう。ですので、しっかり次の仕事を探しているように、見せる方法があるので紹介します。月に一度のハローワーク職員との面談は必須ですが、その場で求人票を閲覧することが最低限しておきましょう。本腰を入れて探す気持ちがないときは、「求人票」にさらっと目を通し、(ハローワーク職員との)面談時に「自分に合った仕事、希望する仕事が残念ながら見当たりませんでした」と相手に伝え、次の機会を探すという方法もあります。

  • 再就職の時に行われる面接時にクールビズでも大丈夫です…

  • 転職の面接での身なりはクールビズ可とと記載されているケースもあるようですが、クールビズの格好は良くないのでは?と思ってしまう人もいます。クールビズについての迷いを心に抱いている人にアドバイスしておきたいのは、クールビズでも良いとされている面接においては言われたことをそのまま実行したほうが安心できます。色々悩みすぎてしまい、暑い季節にスーツを着込んでいくと自然ではありません。ですから、企業側からクールビズでもOKと伝えられたらクールビズで構わないのです。

  • 女性が転職するに当たり、一昔前と今日とでは少し変化が見受けられます。

  • 女性が転職する場合、一昔前と現在とでは多少の変化があるようです。かつては、結婚の予定や出産後の考え方について当たり前のように女性たちに質問していました。でも、今現在はそのようなデリケートな内容は、セクハラに該当するとして聞かない会社、が増加傾向にあります。名の知れた大企業ほど、タブーとして全面的に避ける傾向にあります。ですが、企業側は、YES・NO、の2択ではなく、その人の人生観「結婚後も働きたいのか」出産後の細かい予定を当然、知っておきたいとは思っているものです。自身の人生設計をわかっておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機と混ぜながら表現することで、面接官にも認識してもらえ、安心してもらえると思うのです。聞かれていないことでも、こちらから気遣いつつ、答えておくのが良いでしょう。

  • 転職の面接でいるビジネススーツのカラーについては、新卒の方が就活・・

  • 転職時の面接で着用するスーツのカラーについては、新卒の就職活動の際に着用しているカラーが基本です。ですから、黒や紺色といったようなダークなカラーになります。転職の場面でも、ビジネススーツの色合いというのはこのようなダークカラーが大方を占めそれ以外の色の人はほとんど見かけることはありません。それ以外だと、まれにグレーを着用している方が若干いるくらいです。一般的には紺や黒のスーツを着用する方が大多数を占めています。ですから、面接を行う採用担当の人も多数を占めるカラーを着用している人の方が自然です。ですから、身だしなみ、という面においてはそういった色を着用する方が良いわけです。

  • 明日からでも転職しようと考えるのなら、今の仕事・業・・

  • そのうちでも転職を予定しているのなら、現在の職場・業務での納得いかない部分、不満に思う部分をリストアップしてみましょう。当然と思われますが、意外とできてないです。元々不平があるから転職しようと思われているはずです。が、「しっかりと今の職場・業務の満足できない点を挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。この点を徹底しておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。そして、転職を叶えたあと、「どういった事がマイナスになるだろうか」をしっかり想像してみましょう。転職したとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職の失敗は高確率で防げますから、失敗しないのは容易になるはずです。

  • 転職の面接にある会社に出向きました。

  • 転職時の採用面接に転職したい会社へ伺いました。その日に限って社内の会議室や応接室が空きがないということで外部の会場で採用担当の人と待ち合わせて面接が行われ、その場で解散ということになり、面接担当者も会社に寄ることなくそのまま自宅に帰るとのことでしたが、ところが自宅の最寄駅が同じだったのです。そのため電車内でも一緒に話しながら帰ることになり、結果として緊張がほぐれ面接の時よりも話が弾み、それが良かったのか無事に採用をゲットすることができました。

  • 自分のスキルや資格をふまえて再就職する場合、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界と…

  • 今あるスキルや資格を有効活用しながら、転職をするつもりなら、比較的、再就職がしやすいジャンルと比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を事前に知っておきましょう。再就職しやすい業界は、慢性的な人手不足に陥ってる「医療・介護」系がその最たる例です。医療や介護の業種では看護師、介護士の「資格」が必須であるため、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。ですが、「医療・介護」の仕事を現在やっていて、仕事がきついからと他のジャンルへ再就職してみたいと思う場合は、すこし踏みとどまった方が良いです。「医療」「介護」ではない業界は、働き手の流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。なので、簡単に考えない事が必要です。再就職される場合は、他の業種では医療や介護系の業界のような売り手市場ではないと理解しておきましょう。

  • 退職|これから、労働力という観点においてシンプルな労働は機械に切り替えられ…

  • 私たちの社会的環境において、将来的に徐々に短絡的な労働は機械化が進んでいき、その切り替えによって人員は少なからず削減されます。その理由は、簡単な作業は人間以上に機械を稼働させたほうが圧倒的な作業量をこなせるからです。数をカウントしたり、同一の手順を繰り返すことは機械なら何の苦もありません。もちろん人と違って愚痴を言わず、疲れもしない、横着をすることもないし、早いし均一化できるのも魅力です。そして、人と違って給料が発生しないのも違いですね。わざわざ労働力として生身の人間を使う意味が無いことが明白で、機械化の流れは必然といえるでしょう。