安定を欲しがり正規の雇用社員を狙っている人は相当数いるのが現実です。

退職|安定した人生を手に入れるべく正規の社員として働くことを念頭に置いている人・・

  • 安定的な生活を欲しがり正社員として働こうと思っている人は多いと思います。ですが、役立つスキルを身に着けたりしてかなり努力していても、正社員として雇い入れてもらうことが叶えられないこともあるでしょう。準社員の求人募集はかなり充実しているのに、正社員の求人情報以外は気にも留めずもやもやした日々を過ごしている人は結構多いようです。万が一、中々転職先が正社員枠を用意してくれていないのなら、非正社員に応募することで道が開けることもあります。なぜなら、契約社員や派遣社員を募集している企業であっても、成果次第で数年で正規雇用への転身が図れることもあるからです。ですので面接を受ける際に、「正社員登用」のチャンスの有無を尋ねておけば、人生設計が立ちやすいはずです。
  • 再就職先でそれまでの能力を存分に発揮できれば、即戦力として周囲から認められ…

  • あたらしい職場で今までの能力を活かすことができれば、即戦力として認められ、直ぐ仕事場にも馴染めるし、雇い主側も即戦力は常に必要なので、タイミングさえ合致すれば、そこまで難しいものではありません。加えてかつての仕事内容と近い仕事内容なら確率はおおいにあります。かと言って、なかなかの能力があるといっても大手の事務系の業務や、公務員(国家・地方ともに)の募集については、いつの世になっても、かなりの競争率だと覚悟しておきましょう。
  • 今の時代は株・不動産投資の不労所得を得たり、個人経営 を目指す人も増えています。

  • 近年では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で稼いだり、独立、起業等、そういったような移り変わりに伴い、「会社の下で働く以外は怖い」といった常識も変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長時代には、将来が不安定な自営業といった稼ぎ方よりも会社勤めの方がずっと堅実であり、人生の正しい進路として、一般の人々に認知されていた。そんな社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、今のような時代では「成熟期」とも呼ばれます。近い将来では、機械化、自動化が進んで社会においては人の労力を必要としなくなると言われています。
  • 転職を行うとき、あらかじめ、ハローワークの求人票や求人雑誌を見たりし…

  • 転職活動をするとき、予め、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを見たりして興味のある会社を調査すると思います。ところが、当該会社がどういった情報を表に出すかは、コンサルタントから指導を受けていることが少なくありません。コンサルタントは、会社の利益にならない情報を隠すプロでもあります。仮に公開する場合でも曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そういった会社や社員に関連する情報については、それをすべて信じるのではなく、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。もしも額面通りに受け止めて会社に入ってしまった場合、「こんなはずじゃなかったのに・・・」とあとになってから後悔しかねません。たちの悪い会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後は難癖をつけて、会社を辞めれないように画策します。ブラック企業では、この手のことがかなりあります。
  • 派遣会社に会員登録して働く人が規制緩和以来、増えています。

  • 派遣という形で仕事をする人が近時増えてきていますが、派遣社員として働くつもりなら、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、そのうちどの位の金額、もしくは割合で自分に入ってくるかをなるたけ面接のときに聞いておくべきでしょう。派遣業は、人材を必要としている企業に人を派遣してその見返りに、手数料を徴収していくシステムといえますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが多いです。半分以上を派遣労働者に還元しているのなら、まだ良いですが、中には開示すらしない派遣業者も多く、ひどいものだと2割しか支払われていなかったというケースも多いといえます。面接の際にきちんと返答しない会社は、不都合な点を隠す傾向が強いので、できることなら異なる派遣業者のもとで登録されることを推奨します。
  • 職探しをするにあたっては、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」…

  • 新しい仕事を探すとき、インターネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)を使うこともありますが、もしもそのような業者に登録してその結果就職することができた場合でも、「失業保険」は給付されないので注意しましょう。失業保険は、「ハローワーク」にて手続きしないことには失業保険の給付対象にはならないのであとで後悔しないようぬい気をつけてください。これに対し、ハローワークを経て斡旋してもらった会社に就職した場合は、就職の準備金として「一時金」を受け取ることができます。ネットを拠点にする就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険の手続きは管轄外です。このようなことを無視していると、失業中に給付金を手に入れなくなる事態になるので、就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。
  • ある古物商の社員募集にて、書類審査を通過しました。2、3日…

  • ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考に合格しました。すぐに先方から面接日時を告げられました。しかしながら、面接日当日、指定された場所へ行ってみると、行き違いがあったのか相手が、面接の用意を一切していないと知りました。ようやく、所長らしき人物が面接に応じてくれましたが、最初から最後まで、驚くほどけだるい表情を見せ、面接を終えました。けれど、予定日を過ぎているのに、合否結果すらなく、ガマンできなくなり、自ら問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」とのこと。しばらく待っていましたが、しかし、これも未達なのでそこでまた電話した結果、「残念ですが不採用です」、と有無を言わせずに電話が切られてしまいました。私はしばらく言葉を失いましたが、採用されなくて良かったと思っています。
  • 転職活動を行う際、いろんな手段で情報を得るのが通常だと思いますが・・

  • 転職活動をするとき、様々な手段で情報を集めることが多いと思いますが、転職系の「口コミサイト」はかなり利用価値があり、オススメです。以前、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたということで、損害賠償を、その掲載会社に請求したケースがありましたが、会社の都合で退社した元社員の報復でそのような口コミが投稿されていたと見るのが一般的ですが、解釈を変えると、ウソばかりの投稿であれば、やられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。または、本当は『クロ』で「このままではいけないと考え、なんとか火消ししたい」と思っているのかもしれません。口コミサイトも囃し立てることでアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、悪い口コミが目立つということは、それだけ関わったらトラブルに遭遇する心配のあると判断して良いでしょう。そもそも、良い会社だったら煙など立ちません。
  • もっと良い職場の社員になりたいと転職で活動しているときの場合は…

  • 違った会社につきたいと転職をする活動をしている中のとき、「ほんの少しでもはやく、内定がもらいたい」と思ってしまうものです。しかしながら、その気持ちが強くて良い知らせが欲しいあまり、自分自身をより大きく見せたり、また反対に安売りするような言動はできるだけ避けるべきです。焦る気持ちをガマンして、冷静に、そして客観的に、あなたに適した職場を探すことに専念しましょう。これまでの経歴を生かしつつ、加えて、今後のキャリアアップが見込める会社を賢く選んでみてください。
  • 年内中に転職活動を始める際、次までの仕事に期間がある…

  • 今から転職される人で次までの仕事にある程度期間がある方はぜひ「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。働いている会社側でもし「雇用保険」を支払っていた場合は、申請をすれば必ずだれでももらえます。また、ハローワークで手続きをしてくれます。自己都合での退職なら、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、今の会社都合での退職、あるいは残業時間次第では即、受け取ることが出来たりもします。さらに「失業手当」の金額は、辞めた月の直近の給料を基準に計算されるため、会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。
  • 退職|転職候補先で見学などがあれば、たいへん勉強になります。

  • 転職しようと考えている会社で会社見学などがあるとたいへん参考になります。その中でも、「職人」のいる会社なら、スキルを近くで見られるため、楽しめます。しかしながら残念ながら「職人」がいる会社見学では絶対に見学者には、通常通りの仕事風景を見せてくれることはありません。特にその傾向が強いのは「ブルーワーカー」(肉体労働)です。この分野では、独自の感覚を持つ人が多いので入社しないと、実際の姿はわかりません。ですから、仕事=見学内容と思わないことがとても良いです。ましてや、見学の時に仕事体験できる会社は倫理的にアウトですから選択肢に入れるのはオススメできません。正規雇用が結ばれていない場合、仮に何かしらのトラブルが起こっても、それに対する保障がないため、進められても丁重に断るとこが大切です。
  • 転職エージェントと転職サイトを利用して、転職活動される人は多くなってきました。

  • 転職サイトあるいは転職エージェントを利用して、転職活動する人は年々増えています。とはいっても、ベストの転職先を探すにあたっては、転職フェアの利用が有益です。多くの企業が一堂に会することから、参加することによって複数の企業について知ることができ、また、説明員等を通じて、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。もしも、転職フェアに参加する機会があった場合、面接に挑戦するつもりで自身をアピールする場と思っておきましょう。それが功を奏してフェアの最中に自分の能力や人柄が評価されれば、後日面接等に進む時に非常に有利となるからです。
  • 退職|再就職の面接で絶対といっていいほど聞かれるのが辞職し…

  • 再就職をする際で100%聞きだされることが前職を退職した原因のことですが、この質問が出た場合には話題を辞めた会社のことにしない方がベストです。前職を退職するに至った経緯を的にしてしまうと必ず悪い印象を与える要素を伴った話になってしまいますから。どうこの点に関して面接を進めていけば良いかと言うと、どうして以前働いていた会社を退職したかという点をこの職場になにがなんでも入りたい理由があったからという感じに持っていくということで、自己アピールもかねて入社したい会社の方に焦点を向けていくべきなのです。そういう内容ならば、悪い面ではなくプラスの要素を含んだ辞職の理由に変えることが可能です。
  • 転職活動を始めるときに、まずは今の会社を辞職した・・

  • 転職をするのに、まずは働いている会社の退社手続きを終えてからという人もいますが、そうであるならボーナスをもらえる日について気にかけておきましょう。ボーナスが支給される企業はたくさんありますけど、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスが支給される時期まで数か月しかないなら、その日の後で会社を去るという手もうまいやり方です。ボーナスはってかなりたくさんもらえると思うので、頂いておいた方が良いと明白ですから、退職をする際には会社がボーナスを支給する時期について確実に把握しておくともったいない思いをしません。
  • はじめて「失業保険」を受けるとき、じっとしていれば受け取れると考えている…

  • 生まれて初めて失業保険をもらうときに、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える人がたいへん多いですが、それは正しくありません。実は、失業保険の給付をきちんと受け取るためには、求職活動を行っていなければならず、その上で、月に一度はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月ごとに職員に求職活動の状況をきちんと説明して本気で仕事を探していると判断されれば次の月の給付が振り込まれるという仕組みです。仮に、本気で就職活動に取り組んでいないと判断されたり、毎月の職員との面談に顔を出さない場合は、当然問答無用で給付の一時停止となったり、ケースによってはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、それを防ぐために注意が必要です。
  • 退職|転職したいと考えているなら、転職前に資格を取得することで有利になります。

  • もしも将来、転職をするつもりなら、転職前に「資格」を取得しておいたほうが有利になります。とくに、職場に籍をおいているあいだに、資格を取っておけば、転職活動時には有効活用することができますから、選べる企業がぐっと増えます。というワケで、在職中の時間が一番良い時期といえます。あなたが未来を考え、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、現在の会社を退職後も前向きに次に進めるはずです。それにプラスして、資格を取得できれば転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接で即戦力になる人材だと認められ、待遇アップも期待できます。