退職|転職を予定しているのなら現在勤めている会社を辞める時…

転職を予定しているのなら失業保険についての手続きを行う必要がありますが・・

  • 転職の際に今務めている会社を辞める時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、仮にあなたの側から退職届を書いて退社する、いわゆる自己都合退職のケースでは直ちに実業保険を受け取れるわけではなく手続きしたのち、失業したことがきちんと認められてから、3か月待たないと受け取れないのです。よく勘違いして会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると信じている人がいますが、実際にそういった間違いをした人が、ハローワークの職員の方が間違っていると言い張ってそれが原因でハローワークの保険担当者とトラブルになっているのを見たことがあります。例外として、退職者の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のケースでは、、失業認定されてからすぐに失業保険が給付されます。

  • 大規模な転職エージェントほど、多数の案件を取り扱っている…

  • 「就職エージェント」大手には、たくさんの案件があるというメリットがあるといえますが、それに比例するように、転職希望登録者もたくさんいます。そのせいか応募希望の会社があっても、転職エージェントの担当者が見込みが少ないと判断すれば応募してくれない可能性もありますし、あなた以上に転職の可能性が高いライバルがいたら、その人を優先して売り込もうとするのです。大手のエージェントは、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱っており応募しがたいので、考えを変えてもっと規模の小さなエージェントに対し、応募したい会社や案件について相談し、応募できませんか?と問い合わせてみると転職希望者の利益を考えてアプローチしてくれることもあるので、そのような活用も良いかもしれません。

  • 就職活動において、年収はとても大切なポイントです。

  • 転職活動の中の話題に上がるのが年収です。ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。現実の年収を多く偽って、多額の年収を獲得しようとしても、無駄でしょう。というのは、最終的には源泉徴収を提出することになるので、もし一度は信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、どのみちウソがバレてしまうためです。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現在の会社での年収を正直に伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが正解です。例をあげると、現在の年収が400万円の方が、急に年収500万になるようなことはないものと考えておくべきです。現在が430万円の年収であれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが間違いがありません。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社したのに直後に退職しなくてはいけなくなる状況も考えられます。

  • 退職|転職というものをする場合、転職先となる職場における給料を気にしすぎる人が…

  • 転職というものをする場合、転職したあとの給与について気にしすぎる人がわりと多いものです。とうぜん誰しもですから生活費を手に入れるために精を出しているとは思います。したがって年収の額は自身の仕事に対する評価という見方もできますから、とうぜん大切と感じるのは当然ではあります。それにしても必要である以上にもらっている年収額ばかりを執着しすぎる生き方というのも考えものです。よく見れば年収にあまり反映されない仕事であっても精神的な充実を得られることがゼロではないからです。

  • 職を変えようと考えている時に閲覧することになる募集事項について…

  • 職を変えようとしようとしている時に見ることになる募集内容は通常のものとして掲載されている、ということもあり得ます。なので、記載されていることはすべて正しい情報だとは思い込むのはやめておいたほうが好ましいでしょう。そのなかでも給与においては社員を平均して出した値なのか?最低金額であるのか?それとも最高値の金額であるのか?というような見解ができる転職者は少なく、独断で考えてしまうと、今後、悔しい思いをする可能性も少なくなりません。そんな訳で、そんな風にならないためにも、求人情報というのは、一般的なものだと思って、そのような大事な事は会社の方に直に問い合わせた方が適切でしょう。

  • この頃PCやスマホを使えばわかるけどネットのエリアに…

  • とみにPCを見ればネットの世界では、「転職に役に立つサイト」に類するものがそこらじゅうに存在しているのをご存知でしょうか?その多くのサイトから自分自身に合った転職先というのを見つけたいなら、最初は情報を収集することをする必要があります。「転職サイト」をしっかり使うことで、効率的な転職先を探せます。客観的なデータもしっかり掲載される優良なサイトがある一方で、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、注意しておきましょう。利用して間もない頃は、実際に信用していいサイトであるかを見極めることが大事ですから類似サイトと比較しながらしっかり確かめてみてください。

  • 知っている人の紹介をキッカケにして転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。

  • 友人や知人の紹介で転職の先を見付ける人がいます。それも悪いとはいわないけど労働環境や労働条件といった部分について知人からの口コミ情報のみで過剰に信用するのはあとで良くはありません。口コミの中でも一人の個人の口コミはどうしても伝える側の主観が入ってしまうから客観性に乏しくなります。紹介者にとっては、良い職場だったとしても、あなた自身の価値観に照らし合わせたときには、イマイチな環境かもしれません。またその逆も然りです。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミのみで判断せずに、最終的には自分自身の目でしっかり確認しておきましょう。

  • 退職|失業した際にもらえる失業保険は、失業していることがもらうための必要条件です・・

  • 失業したときにもらえる失業保険は、失業状態でなければもらえませんが、もらえる期間が決まっています。離職時までに勤務していた期間によって異なり、3ヶ月とか、1年と決定するのですが、中にはこの現実を理解していない人がいます。失業中である限りもらえると思い込んで失業保険で生活すればいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き急に転職活動をしてもよい勤務先を見つけるのは困難でしょう。会社の面接官もバカでは無いので、失業中に何をしていたかといったことくらいはおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。もしかすると、面接官から失業中の求職活動についてことごとく聞かれることもあります。うまく返答できなかったり、バレる嘘をついてしまって、不合格となるおそれもあるので要注意です。

  • 転職の際、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひ覚えてほしい…

  • 転職で、「派遣社員」を選択しようと考えている人に注意してもらいたい点がいくつかあります。一般的に派遣社員という言葉を聞くと、電話対応、お茶出しなどの雑務、雑用等をといったものをぼんやりと想像する方がおそらくいるはずです。実は私自身もそう思ってました。今、働いている会社に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際にも、「主な業務は電話対応になります」と面接で派遣会社から伝えてもらっていました。しかしいざ入社したとたん、「電話対応」以外に、足りない正社員の業務の穴埋めを頼まれました。とくに何をしていいのかもよくわからず、はじめの説明と大きな食い違いがあるので毎日全くわからないような内容でしたので、とにかく、「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。

  • 転職の間は、ついつい時間がある分、気が緩んでしま・・

  • 転職先を探している間は、つい時間が有り余っているため、気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活を送ってしまいがちです。しかしながら、そういった生活を習慣にしてしまうのはかなりキケンです。なぜならば、緊張感のない、ダラけた生活を習慣化してしまうと、「精神的」も不健全な状態になるからです。気づけば、働く意欲を失い、経済的に困ってしまいます。そんな状態になると、悪いサイクルができてしまい、次の勤め先をなかなか決められなくなります。次の仕事を決められないのは、もらえるお金を第一に考えてしまうからです。もらえるお金を最優先事項に転職先を探すことになるとやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですので、お金に縛られないように暮らしていくためにダラケタ生活は、しないように気を引き締めましょう。

  • 将来転職活動をするという時は、気になった求人(あるいは業…

  • 転職活動の最中、良いと思える求人(OR 業種)があれば、忘れず「〇〇業、ブラック、デメリット」でネットで検索を掛けてみましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントの言葉からは業界のデメリットなどは、知らせてもらえません。もしブラックな面があるなら簡易的なインターネット検索によってすぐに現実を知ることができます。そのようなチェックを怠りながら入社した場合、後々にガッカリしてしまうおそれがあります。だいたい求人が頻繁に出ている理由が「業務内容がキツく、入っても続かない」といった場合がかなり多いため、気になる業種や案件に関しては、きちんと調べ疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

  • 再就職にあたってそれなりの準備は必要です。

  • 再就職する場合、相応の準備が必要となります。準備といってもたくさんあるのですが、そのなかでも、目に見える「服装」は誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。ですが、ここ数年の、面接では、私服を許可している会社もあるので、スーツ(正装)で行く必要がない場合もあります。とくに会社の創立間もない企業などは、厳しいマニュアルも作られてないことが多く、私服の方が良いイメージを持ってもらえます。さらに、フランクに話ができるメリットも。そして私服だと、面接の間に、洋服の話題で盛り上がる可能性もありますから、もしかしたら面接担当者に気に入らえるチャンスを作れます。というわけで、転職活動は企業の「創業年数」を事前確認し、(ベンチャー系企業の)面接時には正装はせずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

  • 就労中はできれば周りの人間にバレないよう(私の場…

  • 雇用中はできたら、こっそりと、(私の例ですが)在職中に転社の気持ちのみをはじめのうちに同僚に仄めかして反応を見ました。ですが、その顎、求人サイトを探してみたものの、転職先や転職するタイミングすら無鉄砲に決まらないまま、ダラダラ時間が過ぎてしまいました。挙句の果てにはその一方、会社の方も仕事の引き継ぎ、諸々の手続き、自身の退職の日程などが確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で転職先を探していく」という、本末転倒な展開を迎えました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失業期間を経て次の就職先を見付ける活動をはじめました。

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、契約期間を迎え…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、1年ごとにすぐ退職できるというわけではないことを実際に転職活動を経験して学びました。新婚した後、生活に慣れたらすぐに子育てに取り組みたかったので、子供ができるまでの間のために数年くらい今までの継続で仕事を出来たらいいなと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員だったので、正社員よりも年収は少なかったのですが、やはり時間的な融通が得られるのでガマンしました。ところが、入社してみると一緒に働く方たちはみなさん派遣社員として10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。たとえ派遣であっても契約が終わってもすぐ辞められる雰囲気ではないと気付かされ、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

  • あなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」にお・・

  • あなたが転職をするとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」のように、大都会から地方へと移住したうえで再就職してみたいと考えている人が、近年増えています。この頃は求人情報サイトを使用することで地方での求人情報も閲覧できるようになっています。ですが、郊外や地方での求人に関しては、大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが痛いところでもあります。ですから、求人サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。求人情報サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもマメにチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に開催している就業サポートのイベントにもアンテナを張っておきましょう。

  • 退職|前は新たな仕事を探す時は「ハローワーク」を活用していました。

  • これまで私は、職探しをするときは「転職サイト」ではなく、主に「ハローワーク」が中心でした。どうしてかというと、有名な「転職サイト」は、構造上、都会や大手の求人がほとんどだからです。であったので、求人情報をリサーチする際は、「ハローワーク」しか利用していません。やはり、人気の転職サイトに掲載されている求人よりいくらか企業数や給料などで若干の見劣りがあるものの、古くから地域密着なので、ピンポイントで見えるのはありがたいです。また、「ハローワークって地味な雰囲気がある」と感じている人もいるかもしれません。思いもよらず、転職サイトにはない求人があるかもしれないので、これから退職後にすぐ転職活動したい方は、お近くのハローワークへ行って、相談するものいい案です。「転職サイト」を利用した時のようなたくさんの電話やメールが送られてくる心配もありません。