退職|退職と転職を繰り返す日々を止めるためにすることは一つだけです。

転社を度々しないために、ひとつだけ対策が必要です。

退職と転職を繰り返す日々を止めるためにすることはただ一つです。仕事面のスキルアップもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。今では、ネットがあるので精神面を鍛えるための自己啓発系の情報はいつでも知ることができます。加えて、転職とは関係のない行動をすることもメンタル面を鍛えることが可能です。それは、海外への旅行です。外国は、文化も生活習慣も違うことばかりなので、目につくすべてが刺激となります。ですから、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。日本に戻ってくると、自分のこれまでの視野の狭さに気づき、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま(転職のための)面接に行けば、自信に満ち溢れた態度を示すことができます。しかしながら、退職後はメンタルが弱くなりがちなので、よく休むようにしましょう。

退職|転職活動を現職と同時に行う人は少なくありません。

転職活動を今の仕事と同時に行う人が多いです。忙しく仕事を行いつつ求人の応募に走ったり、面接に挑む、というのは消耗が激しいといえるでしょう。現在の会社の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。深く考えずに応募する、という人がいますが、もしも、書類選考をパスし、面接に呼ばれた直後、「辞退」したとしたら、厄介な事態となるかもしれません。エージェントをあいだに入れていた場合は、そのエージェントに対する印象に響きますし、それとは異なり自身でダイレクトに応募した場合も相手企業からしつこく電話やメールがあることもあります。いずれにしても自分の大切な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と意識を持つことが大切です。

退職|社会的な転職事情ですが、安倍総理が舵取りを行う現政権下で・・

政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが、内閣総理大臣である安倍総理が主導する現政権によって、「アベノミクス」や「三本の矢」といった新たな経済政策が複数、展開されています。経済政策が日銀による「金融政策」との相乗効果によって、財界・民間企業ともに新しい変化が増加しつつあります。そのこともあり民間企業のあいだでも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」が社会問題として拡大しています。ちなみに、「外国人労働者」の総数を現状以上に高めていくであると現内閣は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こういった社会的変化のなかで日本国内の雇用や転職をとりまく状況も大きな影響が出てくるのは間違いありません。

転職サイトは大きなサイトであるほど掲載される会社の数も多くなるため、…

転職サイトは大手サイトの方が多数の求人情報がが掲載されているため、2社か3社くらいサイトに登録しておいて、勤務地・年収などにチェックマークを入れて、次に条件に適合する案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと簡単に情報収集を行うことが可能になります。とはいっても、最初だけは登録するのになかなか時間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をきちんと準備しておき、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。登録を行う初回時、時間がやや必要ですし、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、次回以降は、新規案件のみ確認するだけで良いため、最初にしっかり準備することを心がけるのが賢明です。

退職|安定性を求めるべく正規の社員として働きたいと思っている人・・

安定した生活を希望して正規社員になりたいと思っている人は少なくないでしょう。けれども、役立つスキルを身に着けたりしてかなり努力していても、正社員としての転身がうまくいかないケースも少なくないはずです。派遣社員の求人募集が目につくのに正社員の求人に拘り、時間を空費している人が多いといいます。万一中々正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、非正社員の募集も選択肢に加えてみましょう。契約社員の募集を掛けている企業でも、成果によって2,3年で正社員への転身ができる可能性もあるからです。ですので採用面接を受けているあいだに、「正社員登用」のチャンスがどのくらいあるかを質問しておくと人生設計にも役立ちます。

退職|再就職した会社でそれまでに培われてきた実力を存分に発揮できれば、…

再就職先でこれまでに培ってきたキャリアを活かせられれば、即戦力として周囲から高く評価されて、仕事場での信頼を勝ち得ることができるはずです。同時に会社サイドしても、そういった即戦力となる人材は常に必要なので、会社側が判断しても即戦力となる転職はそんなに難しいことではありません。それに加えてかつての業務内容と同業であれば、確率は十分にあります。そういっても、ある程度の能力があるといっても一流企業の事務系、公務員(国家・地方ともに)は時代や景気に関係なくかなりの難関となるのは間違いないでしょう。

近年では、株・不動産投資などといった不労所得で生活資金を得た・・

ここ最近は、株式・不動産投資などの不労所得や独立・起業といった生き方も増えています。そういったような社会的変化に伴い、「会社員以外の道はキケンだ」といった考えも変わってきています。高度経済成長時代に関しては、将来的に不安定な株式投資、自営業といった稼ぎ方よりも雇用されて働いているほうが安定性にすぐれており、人が生きていくうえで正しい進路として、世の中に認知されていた。そういった時代は過ぎ去り、今のような時代は「成熟期」という風にも言われています。将来は、コンピューターの進化とともに、機械化・自動化がより進み、仕事でも人がいらなくなっていく時代です。

転職活動をするいあたっては、まず、ネット上の求人サイトを閲覧したり・・

転職をする際は、まず、ウェブサイト、求人票、企業パンフレットなどで働きたい会社について調査するはずです。ところが、当該会社が情報を公にする場合には、専属「コンサルタント」のフィルターが入っている、と考えた方が良いでしょう。彼ら(コンサル)は、会社に不都合な情報を隠すプロでもあります。そして、不都合な内容を公表する場合は、遠回しな表現を好みます。そういった社長の方針や社員の感想に関しては、それをすべて信じるのではなく、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。美辞麗句を鵜呑みにしてしまった場合、「こんな話じゃなかったのに・・・」とあとになってから後悔しかねません。なお、会社側はいかにそのように素直な人間を入社させ、その後は、イチャモンをつけながら退社させないように謀略を練っています。この種のブラック企業には注意しましょう。

退職|派遣会社に登録して働いている人がだんだんと多くなっています・・

派遣会社に会員登録して仕事をする人が規制緩和の後、多くなってきています。もしもあなたが派遣社員として働く場合は、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、そのうちの何割があなたに入るのかをできる限り面接の際に聞いておいた方が無難でしょう。派遣会社は、社員を必要な会社に派遣してその見返りに、手数料を天引きするシステムと考えることができますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースが少なくありません。50%以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらしないところも少なくなく、悪い業者では、3割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにする場合も多いといえます。なお、面接の際に答えてくれないような会社は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、なるたけ違う派遣業者を利用されることをおすすめします。

就職活動には、インターネット上で就職斡旋してくれる「エージェント・・

転職をするに際しては、ネットでのエージェントを使うこともありますが、もしあなたがそのような業者に登録し、めでたく就労先が見つかったとしても、失業保険の給付にはつながらないので要注意です。失業保険は、「ハローワーク」にて正しく手続きしないと失業保険は給付されないので後々、後悔しないように注意しておきましょう。一方、「ハローワーク」主導で斡旋された会社に就業した場合は、就業に備える準備金として一時金を受け取ることが可能です。ウェブを拠点にする就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ彼らは,企業サイドから「紹介料」を受け取るだけで、失業保険とは無関係です。このことについて理解していないと、失業中にお金が手に入らなくなるので、就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。

ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考に合格しました。2、3日…

ある古物商の人員募集にて、書類選考に合格しました。2、3日して担当者から面接日時を告げられました。だが、面接日当日、行ってみると、どういうわけか相手が面接準備を全くしていないことがわかりました。待たされたのち、所長らしき人が面接中も半ば聞きというか、終始非常にやる気のなさそうな態度を見せて、何とか面接が終了しました。が、予定日を過ぎても結果連絡がまったくなく、もどかしくなり、自ら問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と言われました。心待ちにしていたのですが、届くことはありませんでした。仕方がないのでふたたび、問い合わせると、なんと、「残念ですが不採用とします」、とそう言われてすぐ、電話が切られてしまいました。私は呆れて言葉も見つかりませんでしたが、本心から、採用されなくてよかったです。

退職|転職活動を行う場合、様々な経路で情報を得るのが通常だと思いますが…

転職活動を行う際、いろんな手段で情報を収集することが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは利用しなければもったいないです。以前、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こした事例もありました。辞めた・辞めさせられたという社員の腹いせによってそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、異なる視点から見れば、ウソの書き込みだったのなら、会社側が気にする必要は無いと言う事になります。しかしながら、本当のことが書いてあるので会社側としては、「マズイと考え急いで炎上をしずめよう」と思っているかもしれません。口コミサイトも炎上が原因でアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、悪い口コミが多いということは、その分トラブルに遭遇する覚悟をする必要があると考えるべきでしょう。そもそも、本当にいい会社であればトラブルなんて起こりません。

いい会社に入りたいと転職をする活動中の人とは「ほんの少しでも早く、…

今と違った職場がいいと転職希望者の人というのは、「1日もはやく、内定を手にしたい」と思っているはずです。でも、そのために良い知らせが欲しいばかり、自分自身の能力を必要以上に大きく見せたり、その反対に過小評価につながることは、できるだけ避けるべきです。そうではなくて、焦る感情にガマンして、落ちついてあなたに適した職場を探すことにアンテナを集中させていきましょう。これまでのキャリアを活用できるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める職場を賢く探していきましょう。

退職|今から転職活動を考えている人で、次の仕事をする前にある程度期間があるのな・・

近いうちに転職される人で次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、忘れずに「失業手当」をもらっておきましょう。失業手当は働いている会社側で「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすれば誰でも失業手当を手にできます。手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、企業の都合や残業時間によってはただちに受け取れる可能性もあります。受け取れる「失業手当」の金額は、会社で最後の勤務月の近々の給料を基準にして失業手当の金額を計算するので勤めているる会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

転職候補先の見学ができれば、すごく参考になります。

転職したい会社で会社見学などがあるとたいへん勉強になります。とりわけ、「職人」がいる会社は、職人技を間近で見られて楽しめます。ですが、残念なことに「職人」がいる会社見学では見学者には例外なく、いつもの仕事風景とは違っているものです。特にその傾向が強いのはブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。この職種では、個人のプライドが強いので入社後でなければ、実際の姿は伺えないものです。ですから、仕事=見学で触れた内容と思わないことが重要なのです。また、会社見学の時に仕事体験させてくれる会社は倫理的にアウトですから選択肢に入れるのはやめておきましょう。雇用契約を結んでない人には万が一ケガなどのトラブルに見舞われたとしても、それに対する保障が無いので、仕事体験を勧められても丁重に断るとこが大切です。

転職サイトや転職エージェントを使って、転職活動を行う人はかなりいるはずです。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを使って、転職活動を行う人はかなりいるはずです。とはいっても、それに並行して転職フェアも併用されることをお勧めします。多くの企業が一堂に会することから、一度足を運べばいろんな企業の情報を得ることができ、同時に、説明担当の企業スタッフから、その企業の社風についてある程度は知ることができます。もしも、転職フェアに参加する機会があれば、1次面接を受ける心構えで準備することを怠らないようにしましょう。それによりフェアでの交流の中で企業側から魅力的な人材、と思われれば、後日応募して本格的な面接時に非常に有利になると予想されます。