再就職の時の面接などの際に面接担当者に名刺を差し出された場合…

再就職の時の面接などの際に面接担当者に名刺を差し出されたとしたら…

  • 再就職での面接などの時に面接担当者に名刺を差し出されたとしたら、こちらも名刺を相手に差し出すべきであるのか?と悩んだら、ほとんどは渡すことはないと思っておいてください。転職のための面接に関して言えば仕事の内ではなくて、就職活動の一環です。ですから一般的に名刺をやりとりする時とは違います。そのうえ、会社の人としてその場にいるのではなく、あなたの問題でこの場にいるわけです。ですので、相手側から名刺を渡されたとしても、あなたは、ただ受け取るだけで大丈夫で、面接担当者に相手にあげることはないと思われます。

  • 人生ではじめて転職をするなら、大切なのはなぜ現職を辞めなければいけないのかにつ・・

  • 初めて転職する場合、忘れてはいけないのはどうして現在の仕事を辞めなければいけないのかを明確にしておくことだといえます。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておきましょう。その上で問題解消が可能な会社を決定することになります。卒業してからの転職活動は、大学等での就職活動とは性質が大きく異なり、今の仕事を継続しながら就職活動を行うので、時間・体力に余裕がないと難航します。だから明確な理由がないままに転職活動をすれば、途中で挫折したり、息切れしてしまいます。どんなことがあっても転職したい、現状に変化を加えたいという強い気持ちがない場合は、転職活動のスタートを切ることはしないほうが良いでしょう。

  • 退職|近頃、ネット上の就職斡旋エージェントの中でビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社も増えています。

  • 近年はネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社をよく見かけるようになりました。特許出願の経歴がある人は、連絡が来やすくなります。彼らは、特許権を獲得した人に加えて、研究開発で論文を書いた実績のある人や、マスコミによって注目を浴びている人など、何らかのインパクトがあった人に狙いを定めて、電話やメールで接触を図り、ヘッドハンティングのネタにしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングに関する連絡をもらったのなら、そうなったきっかけを考えてみましょう。ときとして、ヘッドハンディングと言いながら、登録料を払わせようとする会社がありますが、その手の業者はむろん嘘なので、注意しておきましょう。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者が払う必要などありません。

  • 昔は何個かの人材紹介会社に登録していたのですが、その際に思ったこと、それは…

  • 自分が仕事を探していた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していました。転職アドバイザーのレベルも驚くほどまちまちで大体の場合、物足りなく感じる方ばかり。こちら側は人生の大事な事なのにもっと思い入れを込めて臨んでほしいという落胆した気持ちが募ってしまいました。そんなことがあり自らキャリアカウンセラーになろうと思ったのです。資格取得は出費も増えたし資格取得のための勉強においてもかなりハードですが、お仕事を探している人から頼みとされる人になるべく努力しています。

  • 退職|転職するにあたって、現在勤務している会社を退社する・・

  • 転職する際、現在勤めている会社を辞める時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが、もし自らの希望によって退職願を書いて退職する、いわゆる「依願退職」のケースではすぐさま失業保険を受け取れるわけではなく手続きを終え、失業したことを認められてから3か月待たないといけないのです。ですので、会社を辞めたその翌日から3か月経過すればもらえると勘違いしている人がいますが、この規則を間違って理解している人が、ハローワーク側にミスがあると思い込んでその結果としてハローワークの担当スタッフと揉めているのを過去に見たことがあります。加えて、退職者の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のケースでは、、失業認定を受けてすぐさま失業保険が給付されます。

  • 大規模な転職エージェントほど、いろんな案件を抱えてい・・

  • 大手の「就職エージェント」ほど、様々な案件を取り扱っているという魅力があるといえますが、それと同時に転職を希望する競合者も大勢いる可能性が高いです。それゆえに気になる企業を探し出したとしても、転職エージェント側が望みがないと判断すれば応募してもらえないこともザラですし、企業から見てあなたよりも評価の高いライバルがいれば、その人を優先して売り込もうとするのです。つまり大規模な転職エージェントの運営元は、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱っており意外と駄目で、考えを変更して中小クラスのエージェントに対し、応募したい会社や案件を伝え、応募できないか相談してみると、転職希望者のために仕事してくれることもあるので、そういった感じで利用してみるのも一つの手だと思います。

  • 退職|就職活動を年収抜きに考えることは不可能です。

  • 就職活動において、年収は大変大切なポイントです。面接の時、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき実際の年収を上回る額をもらっていると偽り、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。最終的には源泉徴収を提出することになるので、たとえ一時的に信じてもらえたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ずウソがバレてしまうのです。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現職での年収をハッキリと伝え、それに釣り合った希望年収を設定することです。例をあげると、現在の年収が300万円の人が転職して500万円となる可能性はまずあり得ません。仮に、今の年収が430万円だとすると、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくとよいでしょう。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に入社できたとしても、その後、退職しなくてはいけなくなる恐れもあるので、気をつけましょう。

  • 転職というものをする場合、転職先での年収を気にしすぎる人・・

  • 転職というものをする場合、その職場の給料を気にしすぎる人がけっこう多いです。もちろんたいていの方は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を得るべく仕事に打ち込んでいるでしょう。ですから年収というのは自分自身がどのくらい評価してもらえるか、としての側面もあるからとうぜん大切なことは無理もありません。とはいえ、必要以上に年収ばかりを執着しすぎる生き方というのも人生を損してしまう気がします。よく見れば収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、精神的な成長を遂げられるチャンスは普通に転がっているからです。

  • 仕事を変えようとしようとしている時に見る求人情報…

  • 再就職をする時に注意を向ける募集内容については参考程度に、アバウトに書いてある可能性も少なくはありません。なので、そこに掲載されている情報は何もかもが正確な情報だとは考えない方が賢明でしょう。中でも特に生活に大きくかかわってくる給与の金額などに関しては、平均的な値なのか?最低保証の金額であるのか?一番高い給料なのか?といった見極めができない人も多く、独断でとらえてしまうと、後からそのことを悔いる確率もあります。そのような訳で、そんな風にならないためにも、求人内容に関しては、おおまかなものだと思って、そういったようなたいへん重要なことは会社に直に確かめてみた方がよろしいでしょう。

  • スマホで調べればネットで見られる世界には要するに「転職に役に立つサイト」と呼ばれるもの・・

  • とみにスマホは便利でインターネット上では、要するに「転職に役に立つサイト」に類するものが相当な数あります。自分自身の目的にあった転職先を見つけたいなら、なんといっても情報を収集することをしましょう。このような転職サイトをしっかり活用することで、よりスムーズな転職先を探せます。最新情報が満載で、正しいレビューなども載っている役に立つ「転職サイト」がある一方、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。とりあえずは、信用に値するサイトかどうかをよそと比較しながら確かめてみてください。

  • 退職|友人・知人からの紹介によって転職の先を見つける人もいます。

  • 友人の紹介をキッカケにして転職の先を探すこともあるでしょう。とはいっても転職した先の労働環境、それから労働条件などを友人の口コミをあんまり信じすぎてしまうのは、あまりトラブルになるかもしれません。そういうわけはある特定の人の口コミというのは主観的な色合いが強く、客観性に乏しいためです。つまり友人から見たら心地よい職場環境であっても、自分自身には、ストレスフルな環境だってあるのです。でもその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけで判断せず、最後は自身の目でしっかり確認しておきましょう。

  • 失業した人に給付される失業保険は、給付されるためには失業中であることが必要ですが…

  • 失業者が受け取れる失業保険は、失業している間もらえるが、給付される期間が決まっています。失業時までに勤務していた期間によって変動し、90日とか120日とか設定されるのですが、この事実を知らない人がいたりします。失業保険があるから働かなくてもいいと考えて求職活動をしない人もいますが、給付の残りが1ヶ月という段階でようやく気づいてから急いで職を探しても条件のよいところを見つけるのは困難です。会社の面接官もアホウでは無いので、失業中に遊び惚けていなかったのかといった箇所はだいたいバレると思っておくべきです。相手によっては、面接官から失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、不合格となるでしょう。

  • 転職を、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方・・

  • 転職で、「派遣社員」を選択しようと思っている人に注意してほしいポイントが数点あります。まずはじめに派遣業務については、お茶出し、その他雑用等をといった業務内容を想像した方がおそらく多いかと思います。最初は私もまさにそう思っていました。現在の職場に入るまでは「派遣社員」の募集に応募した際にも、「担当する業務は電話対応になります」と採用の際に派遣会社からも説明も受けてました。でも、実際に業務に掛かると、「電話対応」以外に、退職した正社員の業務の穴埋めを任されてしまいました。いつも毎回振り回されますし、はじめの説明とは異なる内容ばかりなので日々非常に困っています。今は、ひたすら「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。

  • 転職を決めるあいだは、つい時間がある分、緊張感のない、だれた生活になってしまいます。

  • 転職先を探している間は、そういう風にしたいわけではないのに時間に余裕があるため、気が緩んでしまい、だらけてしまいがちです。しかし、そういった過ごし方を常習化させるのは危険です。なぜなら、ダラけた生活を習慣化してしまうと、「メンタル面」にも悪影響があるからです。気づけば、働く気力がわかず、生活が苦しくなり困る未来がやってきます。そのまま、すべてが悪い方向に進んでしまい、次の職場を見付けることが困難になってしまいます。転職先が決められなくなるのは、もらえるお金を第一に考えるからです。もらえるお金を一番に考えざるを得なくなるとやりがいを求めて転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ということで、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラダラした生活は、転職活動中には必要ないのです。

  • 将来転職活動をするのなら、良いと思う求人(あるいは業界・・

  • 将来的に転職活動をされるなら、良いと思う求人(もしくは職種)を見つけた際には忘れず「〇〇業(気になる業種)、ブラック」とインターネットで検索したほうがいいです。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントからは業界のマイナスとなる面は、アドバイスはないものと思っていてください。もしブラックな面があるなら簡易的なネット検索によって一発でヒットします。そのような実態を理解しないまま、入社してしまうと、あとで後悔してしまうおそれがあります。その求人が出ている理由が「業務内容がキツく、人がなかなか定着してくれない」といったケースが少なくないため、気になった業種について、きちんと調べたうえで応募することを心がけましょう。

  • 退職|転職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備はやらなくてはいけません。

  • 転職活動では、それなりの準備は必要です。特に目に見えるファッションは誰しも気を遣う部分ではないでしょうか。でも、現在の採用面接では私服がOKな企業があるので、ビジネススーツ(正装)で面接に赴く必要はありません。とくに創業してすぐの企業などは、柔軟性に富んだところが多く、がちがちの服装で行くよりも相手からの印象が良くなります。さらに、正装でないので、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすいのもメリットといえます。そして私服なら、面接中に、洋服について、相手との話が広がる可能性もあります。ですから、もしかしたら担当者と仲良くなれる期待ができます。ということで、転職活動をするつもりなら、企業の「創立した年」に注目してみて、(ベンチャー系企業の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。