退職|在職中であるのなら、できたら、会社内の人に悟られないよ…

退職|雇用期間にあるときは、できたら、社内の人間にバレない・・

  • 就労期間中は、できたら、周囲にバレないよう(私の経験談ですが)在職中に転社の意図だけ、早期に社内で話して、反応を見たことがあります。でも、その後転職情報を必死に色々と探してみたのですが、思いとは裏腹に就職のあても仕事を変えるタイミングも無鉄砲に煮詰まっていないままダラダラ時間だけが過ぎてしまいました。そしてその傍ら、社内では業務の引き継ぎや手続き、自らの退職日などが続々と確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経て次の就業先を探すハメになりました。
  • 派遣社員であっても、好きな時にすぐ退職できるわけではないことを…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、契約期間を迎えたらすぐ退職できるというわけではないことを転職を経験して気付かされました。結婚した後、生活が落ちついたら、すぐに子供を授かりたかったので、子供ができる日がくるまでのあいだ、約1年半~2年ほど今の職場で継続で仕事をしたいと思い、就職しました。派遣社員ということもあり、正社員より収入は少なめでしたが、ですが「時間にが融通が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。ですが、いざ入社したあとに、一緒に働く人たちのほとんど派遣社員として10年~15年くらい勤務しているというのです。意外にも派遣であってもすぐに辞められる雰囲気などなく、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。
  • 仮にあなたが再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」にて…

  • 仮にあなたが再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」といった具合に、都市部から地方に移り住んだ上で再就職したい、と思っている方も少なくありません。近年は求人情報サイトを駆使すれば、国内のどの地域の求人情報にも手軽にアクセスできます。ただ残念なことに、地方での求人の場合、どうしても選択肢が限られてくるので、それがマイナスといえます。ですから、求人情報サイトのみに執着するのも考えものです。求人サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもしっかりチェックし、「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に主催している転職サポートの有無も見逃しがないようにしましょう。
  • 今まで私は、「転職サイト」ではなく、私はハローワーク派でした。

  • 今までは、求人情報は「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」を優先していました。その理由は、規模の大きな「転職サイト」は、どうしても都会を中心にした求人情報ばかり掲載してあるからです。なので、求人を探す時は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。やっぱり、いくらか給料などの条件は若干見劣りするのですが、地域に密着した企業も多くあり、探しやすい魅力があります。ですが、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」と感じている人も多数いるはずです。思いもよらず、求めていた労働環境の求人があるかもしれないので、退職後の就職活動が不安な方は、参考までにハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。「転職サイト」みたいに執拗な電話やメールが送られてくる心配もありません。
  • 転職活動を行う上での最後に残る難関として、「今勤務している企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

  • 転職活動における最後に残る厄介な問題として、今勤めている企業からの退職があります。転職先の会社を見つけたとしても、現在勤務中の会社があなたを放出したくないとして引き留めるというのも起こりがちなことです。もしそうなってしまったら、「何が何でも退職する」という強い気持ちを維持することが必要といえます。仮に会社に残るように説得されて、一時は思いとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社には、そんなに長居はできないはずです。会社の規定を良く調べ、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届をつくっておきましょう。そのあとに、決定権のある上司と相談し、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」と毅然とした態度でのぞみましょう。円満退社になるよう心掛けるのも転職活動において重要な要素になってきます。
  • 退職|転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書が重要になってきます。

  • 転職活動を行う場合、「履歴書」「職務経歴書」が必要となります。多数の会社は履歴書や職務経歴書の記載内容を判断材料にして面接するかどうかを決めるため、なによりもこれらの書類の作成が重要といえるでしょう。内容が魅力的であることも重要です。「職務経歴書」は、過去の職務の詳細と、自己アピールをしっかり書きましょう。さらに、現在の仕事で挙げた実績を、たとえば残業時間を何時間減らしました、などわかりやすく書くのが得策です。もしも、作成に行き詰まったのなら、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、よりよい内容にしてみましょう。自分の価値を高められるように利用することもよい転職をするための有益な方法です。
  • 退職|再就職の際の面接では、規模の小さい企業であれば概ね「人事」が面接官ですが・・

  • 再就職のための採用面接では、規模の小さい企業であればほとんどが「人事」が面接官となりますが、100%ではないのです。実際に仕事を一緒にしていく作業部署の一番偉い人、簡単に言えば課長や部長などが面接の場に居合わせる可能性もあるのです。とりわけ営業や事務に転職する際は、資格だけでは人の良し悪しを判断しづらいので堂々と自分という人物を売り込んでいくことが求められます。面接担当から「この人は、堂々と発言してるし、戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことが大事です。
  • 転職活動において、比較的要となるのが「面接」というものです。

  • 転職活動において、比較的要となるのが間違いなく「面接」です。一般的な面接の際は応募者に対し、転職に至った動機や仕事の意気込みなどいろんな質問が飛んできますが、そしてほぼ100%、面接の終盤になると、転職希望者から、面接担当者へ逆質問に切り替わるのが普通です。例えば、「なにか弊社で働くことについて、疑問に思うことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。そういった質問が来たときは、対応できず、戸惑う可能性もありまよすね。後で後悔しないためにも、面接の前には面接官からの問いに対する、(あなたからの質問を)考えておくのもいいかもしれません。冷静に考えてみればしっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 転職先を見つけるために人材紹介会社へ登録に行きました。

  • 先週転職の準備をしようと人材会社へと登録に行きました。そこでカウンセリングを行うために出てきた担当の方が見た感じ経験不足の社員のようで、私が説明した話の5割ほども彼はわかっていない様子。おまけに「キャリアデザインを変更した方がいいですね」とか「もっと強みをはっきりとさせることが必要でしょう」等、ベテランのように偉そうにのたまうのでとても嫌な気持ちになりました。カウンセリング担当者は多少は仕事を経験している人にするべきだと思います。
  • 転職活動のコツは企業そのものというより、どっちかというと「担当面接官」と…

  • 最短で転職したい場合は希望先転職先の会社企業というより、どちらかというと「担当面接官」とのやり取りが重要です。其のためには、先ずは面接だからといって焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。例を挙げると素敵な女性とお見合いするかのような姿勢でいる望むと良いでしょう。面接内では最初にあなたの雰囲気や人間性を判定されるのでマイナスな印象につながる身なりは注意しやめましょう。なおかつ品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて整った服装を意識してください。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。魅力的な人物と感じてもらうことができたら、かならず転職活動はかなり楽になります。
  • 退職|日本には”石の上にも3年”という教えがあります。

  • 古来より”石の上にも3年”というコトワザがあるのですが、昨今、終身雇用制は死語になりつつあります。「転職」は身近なものとして捉えている人も多いはずです。しかし、誰もが簡単に転職できる安易に考えるのは厳禁です。実際に転職するつもりなら、まずは良いタイミングを図る必要があります。ますはじめに、今やっている職場、自分の置かれている立場などに関して、嫌な点を少なくとも5、できれば10個ほど、紙とペンを使い、リストにしてみましょう。こうすることによって、転職に役立ちます。そして、あなたの進みたい道が見えてきたら、できるだけ手早く、良い職を手に入れられるように頑張っていきましょう。
  • 全くの初挑戦の業界などに職を移そうとするときには、前職…

  • これまで経験したことがない分野などに転身する際には、前の会社で、自分が育んできた力や今までの経験が生きるという訴えがいるようになります。経験をしたことのない分野の場合、経験のない分だけその業界を経験している人よりも事実、不足することはありますが、自分自身の持っている力がそこでも十分に生きるということを伝えれば、勝負になるケースはあります。なので、未経験である分野に挑戦するときには、その業種と今まで自分が経験してきた職務内容とのつながりを必ず探し出してみましょう。
  • 退職|一般的に大企業では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですから、…

  • 多くの場合大きな会社では、「定期採用」で人材募集することが普通なので、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。しかも都心を離れると転職の可能性がとても狭まります。ただし、製造業においては、都市部でない地方の工業団地を運営していることが多々あります。また、そのような地方の工場なら、事業拡大をする際に「途中採用」を併せて行っているので、そういった機会を捉えるのです。そのためには、地方の工場を転職に考えるなら、転職を希望する会社についての情報を得ておきましょう。ホームページに訪問し、人員募集の予定がないかちょくちょく確認されることをお勧めします。
  • 転職の意思があるのなら、すぐに「年収」を高望みしないほうが無難です。

  • 新しい転職先で、すぐに「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。入社したはじめの年は、大方研修期間が含まれているというのが多く、私の場合、苦労の末手にした職なのに、期待とは裏腹に前の会社での年収と大方同じ額でした。そればかりか、業務内容は多様で忙しく、かなり責任重大な立場でもあったので、一年目を乗り切るのにとても苦労しました。そのような現実を踏まえると、転職1年目は、勉強する年と割り切ってしまい、もっというと転職するよりも前からお金をためて備えておくべき、と痛感します。
  • 退職|転職活動をしていて高い確率で尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をしていて高い確率で質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち志望動機に限っては、正直に話しても差し支えないですが、これと違って転職理由について正直に話すのは得策ではありません。たとえば収入に関する不満、人間関係に対する不満など、あまり良い内容ではありません。もっとも、自分が不利になることを何も考えずに話す人はほとんどいないと思いますが、転職先となる企業は、往々にしてそういったマイナス点に関心を払う傾向があるため、遠回しに聞き出そうとしてきます。現職の不満を相手へ伝えないようにするには、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。さらに、この企業に入社してこういうことをしたい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で志望動機に話をすり替えてみましょう。
  • 2ヶ月まえに、転職したというのに、少ししか仕事もしてないの…

  • ちょっと前に転職したばかりだというのに、あっという間に辞めてしまうケースが思いの外少なくないのです。何故そうかと考えてみると私の思うところをいうと自分に合った会社を手に入れたはずなのに「理想としていたものとギャップがあって幻滅した」「納得行かない慣習があってウンザリしている」というワケで退職を決意することが珍しくないといいます。でもこのような、転職先選びでの失敗をしないためには、まずは転職先の情報収集を徹底する、に尽きます。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、通勤時間、給与体系、など前もって調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。