やっている転職する活動の際に「私はこれまでこういった価値のあ…

励んでいる転職する活動の際に「今まで、こういう種・・

今励んでいる転職活動中に、「私は今までにこういう職場の仕事をがんばりました」「仕事の中で手にしたスキルは、、、です」と過去の実績・セールスポイントを十分にアピールしようと考える人はしばしば目にします。でも、希望するその職場で「そのうちこういうような仕事をしたい」「これこれの業務内容ならぜひ参加したい」と将来のプランで自分自身をアピールを狙ったほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

最近では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、…

近時は、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件関係の取り締まりが強化されたり、悪質な企業の場合は公表されるなど、不利益を被るシステムができてきましたが、まだまだパーフェクトではありません。したがって、面接で見破る必要が生じます。とりあえず、求人票などで労働条件をチェックし、それらの項目を一点ずつあれこれ質問していきましょう。「ブラック企業」が相手の場合、記載内容にウソがあったときは、返答が不自然になります。あるいは、その場で答えられなかったり逃げようとすることがよくあります。中でも「給与」「残業」「休日」については、質問していくうちに、困った表情で切り抜けようとしてくるでしょう。それでも質問を続けると、ふてくされたかのような態度を見せるので、会社の正体がわかります。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、少しでもおかしいと感じたら、それ以上関係を持たないことが無難だと思います。

クールビズの服装で再就職の面接に臨む場合、ジャケットまでは…

クールビズ(軽装)スタイルで再就職の面接を受けに行くときには、やっぱりジャケットまでは着込まなくても安心であるとはっきりと言えるのです。ですが、ネクタイはつけている方が印象的に良いイメージを与えるのでお勧めです。タイに関してもなくてもOKだとする会社も存在することもなくはないですが、ことネクタイだけはクールビズが推奨されていても身だしなみとしてするべきだと思っている企業がまあまああります。ですので、例えクールビズのスタイルであってもネクタイは着用していった方が良いということを知っておいてほしいです。

退職|転職先を探す際、当然仕事のやりがいアップと一緒に給料が増えること…

転職先を探す際、もちろんやりがいを考慮することも重要だけどそれだけでなく年収のアップも重要なことなので「年収サイト」に登録をして事前に調べています。全く一緒の会社でその上全く一緒の職種、経歴であるのに人によって非常に幅があることも多くあり、ぶっちゃけて言うと面接の時質問したことがあります。面接をした方も一緒のサイトをチェックしていたようで「高い収入で書かれているのは、書いた人間も誰であるのかそこそこは予測はついているんですけどね、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方だと覚悟しておいてください」とのことでした。

転職時の面接の際に面接担当者から「転職の理由は何ですか…

転職のための面接では注意する点があります。面接担当から「転職の理由は何ですか?」という風に、かなりの高確率で聞かれます。その際、どのような事情がであれ、「人づきあい」「労働環境」についての愚痴とも受け止められる回答などは、できる限り口にしないことをお勧めします。というのも、そのような不満を口にすると、相手会社の採用条件としては厳しくなるようで、チャンスを無駄にしてしまいかねません。そのため面接時には前向きな発言がとても重要で、あくまでも「新しい職場では自分の能力を十分に発揮し、また、さらなるキャリアアップを図りたいと思っています。」といったようなアピールの仕方が担当者の心証はよくなります。

再就職して仕事先を新しく替えるということは、自分自身に見…

転職することで職場を一新するということは、自身に合う居心地の良い場所を選択したいものです。勤務先を変えることによって、自分に適した仕事に有りつけるかもしれません。けれども、苦しいことも少なからずあって、相応の努力が必要不可欠です。言い方をかえると、あなた自身が価値ある人材であれば、「天職」に出会えるチャンスがある、ということです。今の社会は、職業選択の自由が社会通念上として認知されているので、退職して転職しても偏見を持たれるなどのリスクも殆どありません。終身雇用制度がなくなりつつある昨今、「スキルのある人材が欲しい」と願う企業もだんだん増加しているので、この好機に転職を考えてみるのもアリだと思います。

退職|仕事をするにあたり、回復が難しいほど心的な負担が大きくなり・・

仕事によって心的にとてもつらくなってしまい、転職を考えざるを得ない状況になったのなら、そんな時は、会社と相談ではなく身内などの近しい存在の人に話を聞いてもらい退職するかどうかの判断をしてみましょう。どうしてかというと、働くということは自分のためでもありますが、身内の問題でもあります。毎月、どんなに給料が良くてもメンタル面がダメージを負うほど我慢して働くのは好ましい状況とはいえません。今の社会では、金銭的な豊かさよりも、働きやすさを大事にする生き方も段々と増えていっています。ですから気に病むことなく、あなたの身内と自分の体を大事にしましょう。

こういう転職ができたという話は従兄の話です。

この話は兄の知り合いの話です。始めに新卒の就職活動でなにがなんでも勤務したかった憧れのA社の最終面接までで行ったけど不採用になって、そのためやむを得ず他の会社に就労しました。それから数年後派遣の求人サイトを閲覧していた時偶然にもA社の紹介予定派遣の求人を見つけて、どうにかしたくなり当時働いていた会社をすぐに退職して、A社での派遣就業を開始、やったな、と思った行動です。懸命に頑張ってそれから幸運にもA社で正社員になることができ、今となってはやりがいを感じつつ楽しく仕事をしています。

派遣会社に登録しています。サイトの中でなにげなく自分にぴったりの仕事・・

このところ私は派遣会社で働いています。サイトを見ていてよさそうな仕事を見つけ出して問い合わせてみると「その仕事はもう別の人で話が進んでいます」という答えられ一時的にウェブサイトから仕事の情報が見えなくなるのですが、その次の日になれば消えたはずの情報が掲載されています。これって結局私だとよくないのだという意味ですよね。そうであるならば最初からカドが立たないくらいに正直に伝えてくれれば助かるのですが、なかなかそうもいかないのでしょうか。あるいはもしかして偽の仕事なのでしょうか?

転職することを成功させるためには、最初に意味のある情報収集をしておきましょう。

後悔しない転職するとを目指すのなら、最初から行動をしましょう。インターネットを見ると会社の名前も知らないような小さな会社だとしても公式ホームページで会社を紹介しているところがたいていだから、インターネットを使って自分の知りたい情報を調べておくとまたその会社について疑問などを整理しておくと相手の会社を知るのが容易です。公式ホームページの他に、「転職サイト」を利用するのも意外な発見があるはずです。さらに、インターネット以外の方法として、何よりその職場を自身の目で判断してみましょう。

将来に目を向け、楽しんで再就職に向けての転職活動と付き合う事が出来れ・・

将来に目を向け、楽しんで再就職と付き合う事が出来れば、メンタルに重荷を感じることもないので、転職先が見つかるまでの間の堕落も避けられるでしょう。またメンタルにも健全な状態であれば、割と早く転職が出来るでしょう。そうするには、休職期間をつくらず新たな勤め先を見付けることが大事です。今の会社に勤務しながら、次の仕事を見つけるのがベストです。さらに、隙間のない探し方をすることで、退職後もすぐに働けます。そうしておけば、働いていない空白の期間がなく、履歴書にもキズがつかなくて済みます。要するに、転職の際に不利になることがないということです。今後を踏まえて、うまく転職活動を考えていきましょう。

派遣社員として働いています。労働契約法が原因で不本意で…

派遣社員として働いています。派遣法とかの関係で残念ながら馴染みのある就業先での勤務があと数か月で終了します。同じ派遣である方の中には、派遣の勤務先で正規社員のポストを獲得した方もいるのですが抜擢された理由としてははっきり言って仕事の実力というよりは派遣先の上司の扱いがうまくて引き立てがあった様子。業務処理能力よりも上司にゴマをするスキルの方が重要なんだねーと抜擢されなかった派遣仲間の同僚と職場で愚痴を言う日々です。

初めて働いた会社で嫌な感じの上司の存在に悩みを抱え、…

昔働いていた会社でのことですがすぐにきれる上司に頭を抱え、最後にはやる気がなくなってその会社を辞め、同業他社に転職しました。気分よく勤務することができとても満足していましたが、だんだんと会社の債務が増えて、結局はとある会社に経営統合されることになりました。偶然にもその統合した会社がなんと以前いた会社で、その上とても嫌いだった上司が再び私の上司になることになりました。どれほど縁があるのでしょうか。当然新しい転職活動を始めています。

退職|転職のため仕事探しをする際に気を付けたほうがよい求人の募集内容・・

就職活動するときに注意が必要な募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料が高く、拘束時間が長めのものです。こういった求人は、給料に『みなし残業代』を含んでいる場合が多々見受けられるます。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ例えばですが、30時間、45時間というように求人の内容に時間の併記がされています。毎月この程度の残業が想定されるので、はじめから給料形態に残業代を組み込んで計算しておくという仕組みになります。(なお、これは合法です)『みなし残業代45時間込』という表記は「記載時間分の残業代を入れた場合は、これだけの給料になります」という意味になるわけです。けれども、悪質な求人には『みなし』という言葉自体がこともザラですのでしっかり注意をしておきましょう。

何年か前までは求人情報には、「性別」がハッキリと記載されていました。

今までは求人情報に雇用側の希望する「性別」が書かれているのが普通でした。ですが現在では、男女雇用機会均等法によって、雇用する際、男女差別がしてはいけない事が決まり、求人情報の条件に男女の文字を見ることはなくなりました。でも、求人する会社側には男性・女性のどちらでも良い、とは心のうちでは考えていません。現実問題として、本当は男手が必要なのに、女性が応募してきたり、女性が必要なのに男性がエントリーしてきたり、といった感じのトラブルが多々発生しています。仮に、「女性が活躍している仕事場です」とアピールしている場合、雇い主再度が「女性」を必要としている、と認識したほうがべきです。

20代前半に転職を2度行い、いまは資格の勉強をしなが・・

私は20代で転職を2回経験し、いまは複数の資格をとるために、派遣社員として働いています。フルタイム勤務とは異なるため、手取りは以前よりも少ないです。しかしその分、以前より心と時間に余裕が生まれ、満足しています。思い返すと、学生のうちに資格を手に入れて、就職すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。また、資格を活かしている人を見ると無性に羨ましく見えたりもします。今までは、今の自分と他人をどうしても比べてしまい、何度か劣等感を感じることもありました。今では結婚を経験し、がらりと生活環境もかなり変わり、明確な目標ができて楽しい毎日を過ごしています。