これはシフト制の勤務形態がある仕事についての話です。

退職|これはシフトの勤務形態がある仕事についての話です。

  • これはシフト制の業務についてです。一定の曜日に勤務できる人を募集する求人をよく見るのですが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法や、休む方法の詳細を面接の際に尋ねておいたほうが良いです。それはなぜかというと、以前に私自身が、出産のため抜けた人の助っ人として、正社員として勤めることになったのですが、私のシフトがそこでは「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、他に誰も来ず、新入社員の私一人だけで現場を任されるだけでした。前任者が土日に必ず出勤できる人だったので、私自身も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。なので「土日」に外せない用事が入ると、シフトを変わってもらうときは、職場の先輩たちに「代わりに出勤していただけませんか?」と自ら連絡を入れなくてはいけませんでした。給料も立場も同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。今思えば本当によく我慢したなと思います。

  • 自分の得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいと考えている方は注意です。

  • 自分自身の大好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている人は注意が必要です。これは、私が経験したことなのですが、私自身、食べることが本当に好きだったのですが、前に、飲食業界(レストラン)で働いていた時期がありました。そのレストランでの仕事内容は、そのお店で私が担当していた仕事内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しんで働いていました。けれども、人間関係ですごく嫌になりました。ということが引き金になり、退職することにしたのですが、そのせいで、食べること、そしてその店でメニューとして扱われていた食べ物すら嫌になり、似たような飲食店には今も行けません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。この仕事を始めた当初、大好きだった店が嫌いになってしまいました。得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいと夢見て、実現できるのは悪いことではありません。ですが、あなたの「好き」の度合いはどの程度のものか、じっくり冷静に自分自身と向き合ってから行動するべきです。

  • 長年接客業で仕事を行ってきましたが、年齢を重ねるに・・

  • 長期間接客業で勤務していたのですが、年齢を重ねるにつれて立ち続ける必要のある仕事は体力的にきついため、座り仕事である事務の仕事への転職を考えて動き始めました。事務が未経験となると少々難しくて、だから接客の経験が役に立つ受付兼医療事務をしようと思い資格も取って個人医院に転職しました。周りはベテランである先輩パートさんだらけで人間関係もややこしい。夜間のシフトばっかりさせられ、接客業で働いていた時より帰る時間も遅いのですが、最初の頃はキャリア形成をするんだと諦め頑張ります。

  • 退職|もしも再就職の前に、今働いている会社の同僚たちがそのことを知ってしまう…

  • もしも再就職の前に、今の職場の同僚たちが、あなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、職場の空気がガラリと変わるかもしれません。今までの周囲との関係によっては、問題はないこともありますが、意地悪や、やっかまれたりも想定しておいたほうが賢明です。そればかりでなく、残業時間を増やされるキケンもあるので、うかつに転職のことを周囲に伝えるのはあまり良いとは言えません。上記のようなトラブルを回避するためにも、現在の仕事場では、真面目を装いましょう。そうすれば、良い状態のまま晴れやかに会社を辞めることができます。しかも、何の問題もなく円満退職できれば、転職後、あなたが困った際には相談できるチャンスも手に入るはずです。業界や規模に関係なく、どこの会社も、人との縁はとても重要なので、仕事を辞める時のトラブルだけは、できるだけ起こさないようにしたいものです。

  • 転職を繰り返す日々を止めるための対策は至ってシンプルです。

  • 転職を度々しないために、ひとつだけ対策が必要です。スキルを向上させることもそうですが、メンタル面で成長できれば、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。ネット社会の今ではメンタル面を鍛えるのには良い情報は満載になっています。加えて、転職とは関係のない行動をすることもメンタル面を鍛えさせてくれます。何かと言うとズバリ「海外に行くこと」です。海外に行くと、日本とは異なった様々な文化があり、どんな瞬間も勉強になります。なので、精神的な成長は、予想以上に得られるはずです。帰国してみると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。こういった気持ちの状態で、(転職のための)面接に向かうと、今までとは格段に違い自信満々に自己アピールができるはずです。ですが、退職して間もない頃はメンタルが弱気になりやすいので、休む期間も必要です。

  • 退職|転職活動を現在の仕事と並行している人が多いです。

  • 転職活動を現職と並立して進行させる人は少なくありません。けれども、忙しく仕事を続けながら求人情報をチェックし、さらに応募手続きをし、面接を受ける、というのは負担が大きいといえます。さらに転職活動時は、現在の会社の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。軽い気持ちで応募する、という人がいますが、そのまま書類選考が通り、面接が決定した後で辞退すれば今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。転職エージェントを間に入れて応募していた場合は、そのエージェントからの信用を失いますし、他方直接応募していたとしても、応募した企業からしつこく電話やメールがあることもあります。どちらにせよ自分の貴重な時間を浪費することになりかねないので、行くつもりのない企業は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と意識しておきましょう。

  • 最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。

  • 最近の転職における状況ですが、政治による変化が出始めています。今の安倍政権では、アベノミクスや「三本の矢」などの新たな経済政策が複数、展開されています。内閣が打ち出した経済政策共々金融政策との相乗効果によって、財界・民間企業ともに次の世代の変化が生じ始めています。その影響を受け、民間企業の側でも今度は労働人口の減少による「人員不足」が社会的な問題として取り上げられています。ちなみに、外国人の労働者も現状よりも増加させていく、と現内閣は方針として掲げています。転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化のなかで、国内の雇用や転職をとりまく状況も大きな影響が出てくるのは当然のことといえます。

  • 転職サイトは知名度の高いサイトの方が掲載される転職情報が多いた…

  • 「転職サイト」は、大手のほうが掲載される案件の数が多いため、感じがよさそうな2~3社を、とりあえずは転職サイト登録しておき、勤務地・年収などの条件にあらかじめを入れておき、次に条件に合った案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと情報収集が楽になります。しかしながら、最初に限っては登録するのにとても手間がかかるので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。初めの登録のときは時間が多少掛かりますし、案件の検索と応募だけでも大変ですが、その後は新規案件のみ確認するだけでよいので、後の応募を考えれば、初めにきちんと準備しておくことを頭に入れておきましょう。

  • 安定した暮らしを送りたいと「正社員」として働きたいと思っている…

  • 安定的な人生を願い正規の社員を目指す人は相当数いるのが現実です。ところが、役立つスキルを身に着けたりしてかなり努力していても、正社員としての転職が現実化しないこともあります。契約社員の求人募集がかなり目につくのに正規雇用の求人募集以外はスルーして時間がムダに過ぎる、といった人が最近多いようです。しかしあなたが、中々正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、非正社員の募集も選択肢に加えてみましょう。契約社員の募集を掛けている会社でも、成果次第で数年で非正規雇用から正規雇用への転換を図れるようにしている所があるからです。ですので面接の最後に「正社員登用」の可能性を聞いておくようにすれば後々の役に立ちます。

  • 退職|新たな職場にてそれまでに培われてきたスキル・キャリア生かせたとしたら・・

  • 新しく就いた勤め先で今までに培われてきた実力を活用できれば、即戦力として仕事をすることができ早々に職場で存在感を得られるでしょう。人を雇おうとしている雇い主としてもスキルを持つ人材は常に欲しがるので、タイミングさえ合致すれば、難なく事が運びやすいといえます。加えて過去の職場と似た環境の職種なら転職自体はすんなりいくはずです。ですが、まずまずの実力があるといっても大手の事務系の業務や、公職については、いつの時代も、相当な競争率を突破する必要があります。

  • 今の時代は株・不動産投資などの不労所得のほか、個人事業や起業で頑張っている人も増えています。

  • ここ最近は、株・不動産投資などといった不労所得で稼いだり、独立を目指す人も増えています。そういった移り変わりに伴い、会社勤めだけが世の習いといった今までの常識も変わってきています。高度経済成長時代の際には、どう転ぶかわからない自営業よりも組織の一員のほうが大いに将来が安定していて、人生の花形として、またそれが当たり前であるかのように、世の中に認識されていました。しかし、そういった時代は過ぎ去り、いまの社会は「成熟期」などと言われています。今後は、機械化、自動化が進んで仕事で、人の力を不要とする社会になる、とも言われています。

  • 退職|転職活動を行うとき、事前にハローワークの求人票を閲覧したりし…

  • 転職を行うとき、まず、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を見たりしてその会社のことを調べるはずです。ですが、当該会社がサイトや求人票に情報を出す際は、コンサルタントに相談をしている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す達人です。仮に公表する場合でも差しさわりのない表現をします。そういった社員の声や社長のインタビューについては、馬鹿正直に信じるのではなく、半信半疑で聞いている方がいいです。もしも心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、予想とは全く違うと後悔することになりかねません。悪徳会社は、素直な人間を取り込み、その後、様々な難癖をつけて辞めさせないように仕向けてきます。ブラック企業では、この手のことが少なくありません。

  • 退職|仕事をするために派遣会社に登録する人が近時は増えています。

  • 派遣会社を通して仕事をする人が規制緩和の後、増加しています。派遣先の企業が派遣会社にいくら支払い、どのくらいの額(割合)、自分に入ってくるかをなるたけ面接のときに確認しておいた方が無難でしょう。派遣業は、人材を必要としている会社に人を派遣してその対価として手数料をもらうシステムなのですが、現場に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合が多いです。50%以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということができますが、中には開示すらされない派遣業者も少なくなく、酷い派遣会社では、2割だけしか労働者に還元しないケースも多いです。面接時に、まじめに回答に答えてくれない派遣業者は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、できるなら異なる派遣業者のもとで登録されることをおすすめします。

  • 職を探すのに、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント・・

  • 職探しをするにあたっては、ウェブを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)を利用する手段もあるのですが、もしそのようなところに登録し、めでたく転職に成功した場合でも、失業保険の給付を受け取ることはできないので注意しましょう。失業保険は、「ハローワーク」できちんと手続きしないと失業保険は給付されないので気をつける必要があります。一方、「ハローワーク」主導で斡旋された会社に就職したときは、就業用の準備金として「一時金」を得られたりもします。ウェブ上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に彼らは、企業から「紹介料」を手にするだけで、失業保険とは無関係です。この点について知らないでいると、失業中にお金が手に入らなくなるため、就職エージェントを利用する予定の方は注意しておきましょう。

  • ある古物商の人員募集にて、書類選考に合格しました。すぐに…

  • ある古物商の社員募集にて、書類選考をパスし、相手方から面接日時を告げられました。当日、指定場所へ行ってみると、どうしたものか相手の面接の用意が全くできていない状況だとがわかりました。待たされたのち、所長らしき人物が面接中も半ば聞きというか、始終だらしない態度を見せられ、ひとまず面接が終わりました。が、予定日を過ぎているのに、合否結果も告げられず、ガマンできなくなり、私の側から問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待っていましたが、ですが、これも来ず、仕方がないのでふたたび、質問したところ、驚くことに、「結果は不採用でした」、と勝手に電話を切られてしまいました。呆れすぎて言葉も出ませんでしたが、正直、不採用でよかったです。

  • 転職を行う場合、様々な経路で情報を集めることが多いと思いますが…

  • 転職する場合は、いろんな方法で情報を得るのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトは利用しなければもったいないです。過去に、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたという理由で、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めた社員の腹いせとしてその種の口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、別の見方をすると、ウソばかりの投稿であれば、会社としては気にしなくていいようにも思えます。しかし、実際は『クロ』で「真実が書かれているので、急いで火消しをしよう」と思っているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、悪い口コミが多いのは、それだけトラブルが発生する可能性も高いと思っていいでしょう。何より、良い会社には煙など立たないものです。