退職|転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている…

これから転職する場合、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている…

  • 転職する場合、「派遣社員」として、転職を考えている人に覚えてほしいことがいくつかあります。一般的に派遣業務については、「データ入力」「お茶出し」「電話対応」「その他雑用」などの業務内容をなんとなく思い浮かべる人がおそらく少なくないとは思います。はじめはかく言う私もそう勘違いしていました。今、勤めている職場に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募した際に、「業務は電話対応になります」と説明を受けました。でも、いざ仕事に就くと、「電話対応」に加え、欠員した正社員の穴埋め業務を任されてしまいました。毎回振り回されますし、求人表だけでは、非常に参っています。とにかく、ひたすら「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。
  • 転職期間では知らず知らずのうちに時間があるため、気が緩んでしまい…

  • 転職期間中は、そういう風にしたいわけではないのに時間に余裕があるため、気が緩んでしまい、緊張感がなくなり、ダラダラと過ごしてしまいがちです。しかしながら、そのような生活を習慣にしてしまうのはかなりキケンです。というのも、気の緩んだ、だれた生活が当たり前になると、「メンタル面」にも悪影響があるからです。気が付くと、仕事をしようとする気力がわかず、生活が苦しくなり困る状況にも・・・。こうして、悪いサイクルにはまり次の勤め先をなかなか決められなくなります。再就職先が決められなくなるのは、もらえるお金を一番に考えるからです。もらえるお金を最優先事項に転職先を探すことになると仕事内容を重視して転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。なので、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラけた姿勢は、(転職活動中には)不必要です。
  • 今後転職活動をされるなら、気になった求人(あるいは職種…

  • 転職活動中に、気になる求人(OR 業界)を見付けるたびにしっかり「〇〇業(気になる業界)、ブラック」とインターネットで検索したほうがいいです。求人票や転職サイトの担当者では、まずその業界に関するマイナス面について知ることができる確率は低いです。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、簡易的なネット検索によっていとも簡単に本来の姿を理解できるでしょう。そういった面を知らずに仕事を始めてしまうと、あとから落胆してしまうおそれがあります。だいたいその求人が出ていた理由が「内容がきつく、人がすぐに辞めてしまう」という場合が多くを占めるため、目に留まった業種について、注意したほうが賢明です。
  • 転職にあたって準備はやらなくてはいけません。

  • 再就職にあたってそれなりの準備は必要不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、特に目に映る「ファッション」は、気になっている人も多いと思います。でも、現在の企業面接に関しては形式ばらない服装がOKなところも多いので、しっかりビジネススーツを着て臨まなくても良い場合があります。とくに会社の創設したての新規の企業などは、柔軟性に富んだところが多く、私服で面接の場に行ったほうが、相手に好印象を与えられます。そして、フランクに会話がしやすい、というメリットもあります。また、私服であれば面接の間に、服装について、話が広がることもあるので、うまくいけば担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ということから、転職する際は、企業の「創業年数」を確認し、(ベンチャー系などの)面接の際は正装はせずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。
  • 退職|在職中であるのなら、極力周囲に悟られないよう、(自身の経験談ですが…

  • 雇用期間にあるときは、できたら、周りの人間にバレないよう(私のときは)雇用中に「転社するかも」という気持ちだけをはじめの時期に周りの人間に仄めかしてみました。が、その後に求人誌を必死に色々と探してみたものの、転職先のあても、転職するタイミングすら無計画なまま進めていたので、ダラダラ時間だけが過ぎてしまいました。当時所属していた会社の方は、仕事の引き継ぎ予定や手続き、退職予定日などが段々と確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」といった、本末転倒な事態になってしまいました。ですが予定は噛み合うこともなく、失職期間を経たのち、次の就業先を探すハメになりました。
  • 派遣社員というものは、1年経ったらすぐ退職できるというわけではないこと・・

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、1年経ったら自分自身の好きなタイミングで辞められるワケでなはないと転職活動で気付かされました。私は結婚した後、落ち着いたらすぐさま子供を持ちたかったので、妊娠するまでと思い1年半~2年ほど今の継続で仕事をしておきたいと思い、就職しました。派遣社員ということもあり、収入は少なかったですが、それでも家庭の時間を優先するために、あえて選択しました。しかし、入社後、一緒に働く人たちの多数のスタッフが派遣の仕事を10年、15年と続けていらっしゃったのです。意外にも派遣といえども、契約が過ぎたらすぐに辞められるワケではないと、ちょっと困っています。
  • もしあなたが転職しようと考えた場合、「Uターン」「Iターン」のよう・・

  • もしもあなたが再就職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において大都市から地方に移り住んで再就職したいと興味を持っている人も、実践している人も増えています。一昔前とは違い求人情報サイトを用いれば、国内全エリアの求人募集も容易にアクセスできます。ただ、地方や郊外での求人情報は、都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないというのが大きく違うところで、そういった点でマイナスといえます。なので、求人情報サイトのみに固執するとガッカリしてしまうかもしれません。「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもきちんとチェックしておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に主催している転職サポートの関連情報も注意してみておきましょう。
  • 退職|かつての私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」に相談していました。

  • かつての私は、「転職サイト」よりも「ハローワーク」を使っていました。というのも有名どころの「転職サイト」は、やはり都心部にある会社の求人情報が多いからです。そのために、転職する際はいつも「ハローワーク」を使っていました。掲載される多少知名度は低くなりますが、古くから地域に根ざした情報がピンポイントで見えるのはありがたいです。ですが、「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」と感じている人も多いとは思います。転職サイトには掲載されていない求人があるので、数年以内に転職するべきか検討中の方は、お近くのハローワークへ行って、相談するものいい案です。「転職サイト」のような多くのお知らせやメールが送られてくることもありません。
  • 転職活動における最後の壁として、「今勤務している会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

  • 転職活動における最後の壁として、「現在勤務している企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先が決まっても、現在勤務している会社があなたを手放したくないとして慰留するというのも起こりがちなケースです。そのような場合は、絶対に退職する、という強固な信念を維持することが大事でしょう。もしも引き留められて、一時は思いとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社は、遅かれ早かれ関係が終わることになります。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を手元に用意しましょう。それから、決定権のある上司と談判し、「退職に関する交渉は、一切拒否します」と堂々と伝えます。円満退社を目指すのも転職活動において必要不可欠です。
  • 転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書を準備することが必須となります。

  • 転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書が必須といえるでしょう。ほとんどの会社が履歴書に加えて職務経歴に記載されていることを考慮した上で面接するかどうかを決めるため、どうあってもこの2枚の書類が大事なアイテムです。内容の充実を図ることも重要です。職務経歴書は、今まで行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容を可能な限り書きます。さらに、現在の職場で挙げた実績を、例をあげれば売上〇%UPした等、わかりやすく書くのが望ましいです。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、よりよい内容にしてみましょう。自分の価値が高まるように、転職エージェントを頼ること一つの手です。
  • 再就職の際の面接では、中小企業クラスの場合、ほとんどは「人事」が面接担当になりますが・・

  • 再就職時の採用面接では、中堅企業であれば概ねその社内の「人事」担当者が面接官ですが、それ以外の場合もあるはずです。例えば、今後共に仕事をする責任者、要は部長や課長クラスが面接担当になる可能性もあります。中でも営業職や事務職といった部署に転職する場合は、資格での人の良し悪しを判断しづらいのでしっかり自分をアピールしていくことが必要なのです。面接官の誰からも「この人は、きちんと主張できるし、それに良い戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を印象付けることがとても大事になります。
  • 転職をするときに比較的重視されるのが「面接」というものです。

  • 再就職では、重視されるのが「面接」である。普通一般的な面接の際は、面接官が応募者に転職に至った理由など色々なことを質問されると思います。そして、面接が終盤を迎えるあたりで転職希望者から、面接担当者へ疑問点などを質問できるわけです。面接官側が、「弊社に関して何か聞いておきたいことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。この手の質問が来たときは、面接者本人は急なことなので何も聞けずじまいになる可能性もあります。後で後悔しないためにも、面接を受ける前に面接担当者からの問いに対し、質問の内容を準備しておくのも良いでしょう。実際に仕事を始める前の段階であっても、いくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、やってみてください。
  • 数日前人材バンクへ登録を行いに行きました。

  • この前転職の準備をしようと人材バンクへ登録を行いに行きました。登録カウンセリングのために現れた担当の人の雰囲気が見たところ入社してから間もない新入社員で、私の話の半分ほども彼は理解していないように思えました。それにもかかわらず「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「もっと強みと弱みをはっきりさせておくことが大事です」等、知ったかぶりに偉そうにしゃべるのでとても不快な気分になりました。カウンセラーはいくらか能力のある方に、するべきだと思います。
  • 転職活動で大事なことは希望している企業そのものより…

  • 転職は、最初の第一歩は希望先転職先の会社企業というより、どっちかというと「担当面接官」との勝負ともいえます。面接で満足いく結果を出すために、はじめに普段通りを意識して平常心で対応することを心がけましょう。例を挙げると女性とお見合いをする意識で向かうと問題はありません。更に大事なことは面接を介して第一にあなた自身の「人間性」を判断されるのでマイナス評価につながりそうな見た目や言動は注意し避けましょう。そして良識ある社会人らしさが伝わるように、面接に適した整った服装で望みましょう。魅力的な人物と感じてもらうことができたら、きっと良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。
  • 昔から日本には”石の上にも3年”という教訓があります。

  • 日本には古来より”石の上にも3年”という教えがあります。現在、「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。「転職」はとても身近なものになってきました。とはいえ、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、甘い考え方は禁物です。実際に再就職するには重要なのはタイミングを的確にとらえることです。必ずや今現在の職場、仕事について具体的に、例えば仕事内容や待遇面について不服に思っている点を10個程度、箇条書きしてみてください。こうした作業をしておくことによって、転職活動がスムーズになるはずです。そして、もし将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、決断を早めにし、今より良い仕事ができるように取り組むことが大切です。
  • 今まで経験したことのない業種とかに転業を行う際は、自分が前の会社…

  • 初挑戦の業種などに職を変えようとするときには、自分が前職で培ってきたスキルや経験したことを発揮できるという自己アピールが必要です。勤務経験のない分野の場合、それだけその分野で働いたことがある人よりも事実、不足することはありますが、自分自身の持っている能力がその業種でも生きるということをしっかりと相手に話すことができれば、戦うことができる場合も多々出てきます。という訳で、経験が全然ない分野に挑むときには、その分野と今まで自分が経験してきた仕事内容とのつながりをできる限り見つけ出してみましょう。