在職していた会社で性格が合わない上司に心をすり減らし・・

就職した会社でつらく当たる上司に心をすり減らし、その結・・

  • 昔働いていた会社でのことですが感じの悪い上司の存在に悩まされて、我慢ができなくなりその会社は辞め、同業の別の会社に転職をしました。そこでは上司が温厚で非常に満足の日々でしたが、徐々に会社の業績が悪化して、とうとうとある会社に経営統合されることとなったのです。奇遇にもその統合先の会社がなんと前いた会社で、おまけに大変嫌いだった上司がまた私の上司となることに。まったく困ったことになりましたが、どれほどご縁があるのでしょう。言うまでもなく再度の転職活動を始める予定です。

  • 就職活動をする場合に注意して欲しい求人内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高めで…

  • 転職活動するときに気を付けて欲しい募集内容は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高く、拘束時間が長いというものです。こういった募集内容では、給料に『みなし残業代』を含んで計算している場合がたいへん多いのです。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、例えばですが、30時間、45時間といった感じで求人の記載内容に時間の併記があるはずです。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、前もって給料形態に残業代を組み込んで計算しておくというものになります。(この仕組みは違法ではありません)もしも『みなし残業代30時間込』と表記される求人であれば、「記載時間分の残業代を入れた場合は、これだけの給料になります」という話になります。が、悪質な求人では、記載しておくべき『みなし』をわざと記載していない可能性もあるのでよく気を付けてください。

  • 以前は求人誌では、募集要項の中に「性別」について、明確に記載されていました。

  • 今までは求人誌では、雇用主が必要とする「性別」について、明確に記載されていました。しかし今では、「男女雇用機会均等法」が成立したことによって、採用する際、男女の差別がしてはならないルールとなり、募集要項の概要に「性別」が記載されなくなりました。そんな変化があるものの、求人情報を出す会社は、本当のことを言えば、どちらが希望と言う想いがあるのです。ですから、実際は男手が希望の会社に女性の応募が殺到したり、女性が必要な案件に男性が応募してくる、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。例として、「女性が活躍している職場です」といった内容なら、女性の働き手を希望しているのだと解釈しておいたほうが良いでしょう。

  • これまで20代前半に転職を数回経験し、現在、資格を取る目的…

  • 私は20代までに転職2回で、今現在は資格を取る目的で「派遣社員」を選択しました。常勤の勤務でないため、給料は安いのですが、以前より心と時間に余裕ができました。たまに、学生時にいくつか資格を取得し、仕事をできる人はとても少ないです。そのような方たちを自分もああなりたかったと見えてしまいます。これまでは、うまくいってる人と自分と比べて、劣等感を感じていましたが、結婚して生活自体が大きく変化し、前よりも明確な目標ができてしあわせな生活を送れるようになりました。

  • これはシフトの勤務形態がある仕事についての話です。

  • これはシフト制の業務についてです。一定の曜日に入れる人を募集している求人を結構見ますが、もし、応募しようと考えているなら休む手順やシフトの提出方法については前もってチェックしておくべきです。それはなぜかというと、以前に私自身が、出産のため休む人の代理として正社員として仕事をすることになったのですが、私のシフトが「土日」固定となるシフトで、新入社員の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。前任の方が「土日」に必ず出る人だったので、私も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。なので「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフトを変更してもらう必要があり、同じ部署の上司に「代わりに出ていただけませんか?」と自分で頭を下げなくてはいけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日は一人だけなんて・・・。今思うと「よく耐えたな」と。

  • 大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている人は注意です。

  • 自分自身の大好き、を仕事にしたいと考えている人は注意が必要です。これは、私が経験したことなるのですが、私の場合、もともと食べることが好きでそれが理由で、過去には、料理店(レストラン)で仕事をしていました。そのお店での仕事内容は、その飲食店で任されていた業務は、盛り付けやホール業務でした。この業務内容に関しては、不満もなく楽しんで働いていたのですが、人間関係ですごく嫌になりました。そのことが引き金となって仕事をやめる羽目になりましたが、それと同時に、あんなに大好きだった食べること、そしてその店で提供していた食べ物さえも嫌になってしまい、その系列の飲食店は現在も行く勇気がありません。当時の店の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。仕事に就いたばかりの頃は、好きだったことがキライになるとは思いませんでした。自分の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいと願うのは素敵なことですが、ですが、「好き」の度合いはどの程度のものか、改めて自分自身に尋ねる必要がありそうです。

  • 退職|長く接客業で働いてきましたが、年齢を重ねるにつれ立ち続けなければいけない仕事は…

  • 長きにわたって接客関係で勤めてきましたが、年齢的に立ち仕事は体力的にしんどく、座り仕事である事務の仕事へ転職することを目指して活動しました。事務の経験がなければ少々難しくて、そうであれば接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務になりたいと資格も獲得し個人医院に転職することができました。周りは超ベテランである先輩パートさんだらけで人間関係も難しい。夜の勤務ばかり押し付けられて、接客の仕事をしていた時よりも帰宅時間が遅くなってしまったのですが、最初の頃はキャリアを形成する時だと考えて我慢します。

  • もしも転職することを、現在の会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまう…

  • 転職前、現在の職場の同僚たちがそのことを知ってしまうと、職場の状況が悪くなる可能性があります。あなたの置かれている立場によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪されるおそれもあります。また、残業時間を意図的に増やされてしまう事があるので、軽率に「転職します」と周囲に伝えるのは注意が必要です。上記のようなトラブルを回避するためにも、現在の仕事場では、真面目を装いましょう。充分に警戒しておけば、良い関係を維持したまま、仕事を辞められます。加えて、何の問題もなく円満に退職できたなら、退職後であっても、相談にのってもらえるはずです。規模などに関係なく、どこの企業も人とのつながりはとても大事なので、辞める際のトラブルだけは、できるだけ起こさないようにしたいものです。

  • 転職を度々しないためにすることは一つだけです。

  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるための対策が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、精神的に成長すると、転職を繰り返すことがなくなります。今では、インターネットがあるので精神面を鍛えるための自己啓発系の情報は容易に拾えます。そんな、時に転職とは全然違う行動によっても、メンタル面を強くすることができます。何かと言うと「海外に行くこと」です。海外に旅行に行くと言葉も文化も大きく異なるので、大きな刺激を得られます。ですから、心の成長を成し遂げるにはぴったりの方法といえます。日本に戻ってくると、己の視野の狭さを実感し、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。この状態のまま面接に向かえば、今までの面接とは違って胸を張った面接になるので良い方法です。ただし、退職してすぐは、精神的に弱っている人が多いので気力回復のために休みも必要です。

  • 今の仕事をしながら、同時に転職活動を行う人は多いです。

  • 転職活動を現職と並行する人が多いです。けれども、忙しく仕事を行いながら求人を見つけて応募したり、面接を受けるのは精神面だけでなく肉体面も大変だといえます。さらに転職活動時は、今の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなければいけません。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、仮に、そのまま書類選考が通り、面接に呼ばれたあと「辞退」した場合に、今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを使って応募していた場合は、そのエージェントからの信用を失いますし、他方自分でダイレクトに応募したとしても、相手の会社からしつこく電話やメールがあることもあります。いずれにせよ自分の貴重な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりのない企業は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と理解しておくべきです。

  • 最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。

  • 昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。現在の安倍政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった新たな経済政策が矢継ぎ早に展開されています。内閣が打ち出した経済政策に連れ立って日銀による「金融政策」との相乗効果によって、財界・企業といった民間側からも次世代の社会的な変化が現れ始めています。その変化が加わり、企業サイドでも若い世代の減少と現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」が社会問題化しつつあります。将来的に「外国人労働者」の割合を現状よりも増加させていく、と現内閣は方針として掲げています。外国人労働者が増えることによって、国内の転職問題も幅が広がりそうです。こういった変化によって、国内の雇用状況や転職状況も大きな影響が出てくるのは確実でしょう。

  • 退職|転職サイトは大手サイトの方が掲載数も豊富なので、感じがよさそうな2つか3つの会社を…

  • 転職サイトはよく知られたサイトであるほど多数の案件が掲載されているため、感じがよさそうな2~3社を、ウェブサイトに登録し、希望する勤務地や年収について条件を設定しておき、条件に適合する案件が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと簡単に情報を集めることが可能です。ただ、最初に限っては登録するのに非常に労力を要するので、サイト登録するよりも前に、「履歴書」「職務経歴書」を予め作成しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録をする初回時は少々時間がかかることから、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、その後は新規案件のみ確認するだけでよいので、次回以降の応募を楽にするめにも、初めにきちんと準備しておくことを心がけましょう。

  • 安定的な人生を願って正規社員を狙っている人はかなりいます。

  • より安定した暮らしを欲しがり正規の社員になりたいと思っている人は多いのが現実だと思います。だが、即戦力として働けるようにかなり頑張っても、正社員として雇用されることがうまくいかない可能性もあります。準社員の求人募集が目につくのに正社員の求人募集に固執し、悶々とした日々を過ごしている人は意外と多いようです。万一転職先が正社員枠を用意してくれていないのなら、非正社員の募集もチェックしてみましょう。契約社員募集の企業のなかには、その人の手腕によって、2,3年で契約社員から正社員へのキャリアアップができる可能性もあるからです。ですから面接の最後に正社員として働ける可能性の有無を聞いておくようにすれば将来のプランも組みやすくなります。

  • 退職|再就職した会社でこれまでに培われてきた実力をフル活用できれ・・

  • 再就職先でこれまでに培われてきた能力を存分に発揮できれば、即戦力として一目置かれ割と早く職場にも馴染めるし、また会社としても、大いに助かると言うものです。時期さえ良ければ、簡単だといえます。加えてかつての仕事内容と近い内容であれば、転職はかなり楽になるでしょう。でも、まずまずの実力があるといっても一流企業の事務職、公務員(国家・地方ともに)は時代や景気に左右されることなく中々の難関だと覚悟しておきましょう。

  • 退職|今では、株・不動産投資などの不労所得のほかに独立、起業等・・

  • 昨今では、株や不動産投資等の不労所得、あるいは自営業や起業といった形で生きる方法も人気です。そういった世の中の変化に伴い、「起業することは不安定であぶない」といった従来の常識も変わってきています。高度経済成長期の際には不安の残る個人事業よりも雇用されて働いているほうが安定していて、人のあるべき形として、世の中に認知されていた。しかし、そんな社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、今現在は「成熟期」という名がいわれます。今後は、機械化、自動化が進んで仕事で、人の力を不要とする時代が到来する、とも言われています。

  • 転職活動を始めるにあたっては、前もって、ハローワークや求人雑誌の求人情報を見たりし・・

  • 転職をする場合、はじめに、ハローワークや求人雑誌の求人情報を閲覧したりして興味のある会社をチェックするでしょう。ところが、当該会社がサイトや求人票に情報を出す際は、コンサルタントが主導している場合が多いです。コンサルタントは、会社にとって利益にならない情報を隠す能力に長けています。仮に公表する場合でも差しさわりのない表現をします。そのような類の会社情報や社員のインタビューについては、額面通りではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。仮に額面通りに受け止めて会社に入ってしまった場合、「聞いていた話と違うじゃないか」とあとで後悔するかもしれません。悪徳会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、難癖をつけながらいかにして辞めさせないようにするか謀略を練っています。この手のブラック企業には注意が必要です。