新しい仕事を見つけるために人材会社に登録に向かいました。

退職|3日ほど前転職の準備をしておこうと人材紹介会社へ登録に足を運びました。

  • 先日新しい仕事を見つけるために人材紹介会社に登録に向かいました。カウンセリングのために現れた担当者が見たところ新入社員みたいで、私が話したことの3割もその社員は理解できていない様子です。おまけに「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「きちんと自分の強みを知っておくことが大事です」等、ベテランのように横柄に言い散らかすのでとても嫌な気持ちになりました。カウンセリングを担当する人はそれなりに社会人経験がある方にしてほしいと感じます。
  • 転職活動を成功させたい場合、希望先転職先の会社企業というよ・・

  • 最短で転職したい場合は希望する企業そのもの、というよりもどっちかというと「担当面接官」とのやり取りが肝心といえます。希望する職種に採用してもらえるように、まずは面接の時間になる前に焦らずに対応しましょう。例えれば女性とお見合いをする姿勢で向かうのも大事でしょう。また面接に進むとまず第一にあなたの内面的な素質を評価してもらうのでマイナスな印象につながる行動は気をつけてぜったいに控えましょう。そして常識的な社会人らしい綺麗に整った服装を意識してください。あなたらしさを表現できるといいでしょう。面接官に良い印象を残せれば、きっと良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。
  • 退職|昔から「石の上にも三年」というコトワザがあります・・

  • 昔から日本には”石の上にも3年”というコトワザがあるのですが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」といわれる現代では「転職」が当たり前になりつつあります。そうではあるものの、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、やたらと仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。再就職しようと考えるなら、時期を図る必要があります。最初に、現在の職場・具体的に、例えば仕事内容や待遇面について嫌だと強く感じていることを、10個前後、メモしてみてください。そうしておくと、将来の転職活動に役立ちます。そして、あなたの進みたい道が見えてきたら、決断を遅らせることなく、今より良い仕事ができるように努めることも大切です。
  • 全くの初挑戦の分野などに転身を行う際は、前の仕事で、自分…

  • 全く経験したことのない分野とかに転身したいときには、自分が以前の業界で身に付けた力や今までの経験が生きるという内容の自己アピールが必要です。初めての業界の場合、経験のない分その業界で経験してきた人たちよりも正直、不利になりますけど、自らが保持しているスキルがその分野でも十分に生かせるということをうまく伝えることができれば、戦うことができるケースも考えられます。したがって、未経験の業界にチャレンジするときには、その業種とこれまで自分が働いてきた職務とのつながりをできる限り見つけ出しましょう。
  • たいてい大きな会社は「定期採用」がメインなので、転職希望者には向いていません。

  • たいてい一流企業は「定期採用」がメインなので、転職で入る事は簡単ではありません。しかも田舎のほうでとなると転職の可能性がさらに少なくなりそうです。しかしながら「製造業」の企業の場合あれば、地方の工業団地近辺に工場を持っていることも少なくありません。さらに、そういう工場に的を絞れば、事業拡大時等に人員募集をすることも珍しいことではありません。そういったタイミングに転職を考えるのが良いでしょう。そのためには、地方の工場に転職したいと考えているなら、希望する会社についての下調べから事前に知っておきましょう。公式サイトを見て、人員募集の予定がないか定期的にチェックしておくと間違いがありません。
  • 退職|新しい仕事に就きたいと考えているのなら、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 転職した場所では、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。中でも、転職して1年目は大概「研修期間」を含んでいるというのがことが考えられます。自身の例では、尽力して新しい職を見つけることができたのに、予想とは裏腹に前の会社での稼ぎとあんまり差がありませんでした。加えて、仕事内容はかなりキツく、とても責任を伴い初年度を乗り切るのに厳しかったです。そういった経験を踏まえると、初年度はいわば勉強の年と割り切って、出来る限り転職するよりも以前から貯金しておくことに尽きると思います。
  • 転職活動をしていると、面接のときに絶対に質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動中に、面接のときに高い確率で質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま話しても差し支えないですが、これと違って転職理由について隠さずに伝えるのは得策ではありません。例をあげれば待遇に納得できないことや、上司と相性が悪いことなど、面接官によいイメージを与えるものではありません。たぶん、自分にとってマイナスになると予想されることを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しがちなので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。これに対して現職の不満を相手に言わないためには、現職の業務内容以外を一切話さないことです。それにプラスして、この企業に入ってこんなことを実現したい、5年以内にこんなゴールを達成したい、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、ポジティブなイメージを与えるようにしましょう。
  • 退職|ついこの間、転職したばかりであるにもかかわらず、す…

  • 2ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、わずかしかたっていないのに辞めてしまうという届を提出する人がなんとなく多いものです。何故そうかと思うと私の考えでは心機一転、自分に合った仕事を見つけたものの、「自分の考えていた職場環境とけっこうかけ離れていた」「こんなはずが・・・」ということが原因で別の仕事を探すみたいです。このような、転職に関しての失敗を未然に防ぐためには、第一に、前もっての情報集めは徹底しておく必要があります。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、職場独自のルール、などいろいろ前もって調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。
  • 現実に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、仕事を見つけようとしていることが必要なのです。

  • 失業保険の給付に関して、職を見つけようとしていることが必要なのです。けれども、現実は「会社を辞めたことだし、少しの間でものんびりしたい」というのが現実でしょう。しっかり求職活動をしているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。月に一度のハローワークスタッフとの面談は当然ながら必要ですが、その場で「求人票」を閲覧することを必ず行わなければいけません。真摯に探す気持ちがないときは、「求人票」だけ目を通して、ハローワーク職員との面談時、「自分の属性にあう仕事や、希望していた求人が残念ながら今回はありませんでした」と言って、次の機会を狙っておけば大丈夫です。
  • 再就職の面接に関してですが会社側からクールビズで来てください…

  • 再就職の時にする面接では企業側からクールビズでお越しくださいと伝えられることもあるようです。しかし、なかには、クールビズで面接に行くのは本当は良くないのでは?とマイナスに考える人もいます。そういうことで悩みを心に背負いこんでいる人たちに申し上げたいのが、クールビズOKだと言われた面接なのであれば、伝達事項を素直に聞き入れるほうが確かです。混乱してしまい、暑い季節にクールビズではなくスーツを着込んでいくと面接担当者に暑苦しいと思われますから、会社側からクールビズ可と記載されていたらクールビズの格好をおすすめします。
  • 女性が転職する際、一昔前と今日とでは若干の違いがあったりします。

  • 女性が再就職するに当たり、数年前と今現在とは多少の、違ってきている点があります。前までは会社側から結婚観や結婚後の予定などに関して、ごく普通に質問していたのですが、最近の動向としては、こういったデリケートな内容は、セクハラと捉えられるのを恐れて、聞かない会社が当たり前になりつつあります。そして、とりわけ大きな会社ほど、タブーとして神経質になっているといいます。けれども、会社側としては、YES・NO、ではなく、その女性が、結婚した後は退職するのか、出産後は時短で働きたいなどを知っておきたいとは思うはずです。自分の考えを知ってもらうためにも、志望した動機や自己PRと一緒に話すことで相手方にも考えが伝わり、また、疑問も解消できると思います。ですから、たとえ、質問されていない内容でも、こちらが先んじて率先して答えておくのが良いです。
  • 退職|転職時の面接でいるビジネススーツの色味は、新卒の就活…

  • 転職の面接でいるスーツの色合いについては、新卒の就職活動の際に準じたカラーが安心です。言い換えるならば、黒とか紺色といった感じのようなダークな色、ということになります。転職の場面であっても、着ていくビジネススーツの色に関してはこういったようなダークカラーが大多数で、それ以外の色の人は少数派です。それ以外だと、たまにグレー系を着用している方が若干いるくらいです。だいたいは黒や紺とかのビジネススーツがほとんどなのです。ですから、人事の方から見てもそのような色であるほうが自然に見えます。ですから、身だしなみ、という点においてはぜひともそのようにしてくださいね。
  • そのうちでも転職活動しようと思うのなら、現状の職場での不満に思う部…

  • 今からでも転職をするに当たっては、今現在の仕事・業務で感じている不満点をリストアップしてみる必要があります。当然と思われますが、意外とできてないです。不平が限界に達しているから転職しようと思われているはずです。が、「よく考えて現在の仕事・業務の問題を挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでのミスを防げます。そのあとに、仕事を変えることで「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確化してみましょう。すべての問題が解決するとは限りません。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職したあとのモチベーションの急激な低下は防ぐことができるでしょう。
  • 転職における面接に希望先の会社へ赴いたときのことで・・

  • 転職の採用面接を受けるためとある会社に伺いました。偶然その会社の会議室や応接室がすべて他の客でつまっているということで社外のとある場所で面接担当者と待ち合わせて採用面接をし、その場で解散、面接を行った方もそのまま自宅に直帰されるとのことだったわけですが、ところが自宅の最寄駅が同じだったのです。結局は電車の中においても面接を行った人とずっとお話しながらいっしょに帰ることになり、結果としてお互いリラックスして話が盛り上がり、それが原因か運良く採用を掴むことができました。
  • 退職|今ある自分のスキルや資格を活かしつつ、再就職をするつもりな…

  • 今あるスキルが有利にはたらくように転職活動したいと思っているなら、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャンルとそうではない業界がある事を知っておくことは大切です。転職がむずかしくないジャンルは、たえず人材不足がいわれている「医療・介護」が代表例といえます。医療・介護は、看護師、介護士は「資格」を必要で、容易に応募することができない事がかなり大きく影響しています。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、仕事のきつさから、異業種へ再就職したいと思っているのなら、すぐに決断してしまわないほうが良いです。「医療」「介護」以外の大半の業界は、働き手の流動性は少なくなります。したがって、簡単に考えないことが重要です。異業種への転職を本気で考えるのであれば、異業種ではすんなり受け入れてくれる先が見つからないと、理解しておきましょう。
  • 退職|将来、私たちの労働環境において徐々に簡単な労働は機械化が進み…

  • 将来、一段と考えなくてもできる仕事は機械によってその結果、必要な稼働人口はどう考えても削減させられてしまいます。なぜなら、簡単な作業という観点では人よりも機械でやったほうが数段に能力が高いからです。数量をカウントしたり、同一の作業を延々とリピートしたりすることは機械にはへっちゃらです。もちろん人間とは違って愚痴は言わないし、疲れもしない、適当にすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一化できる強みもあります。さらには人と違って、「人件費」が発生しないのも違いですね。このように、生身の人間を使う意味が無いことが明白で、機械に置き代わるのも当然の流れなのです。