退職|安定した生活を手に入れるために「正社員」として働くことを念頭に置いている人・・

安定した暮らしを願い正社員として働くことを意識している…

より安定した暮らしを願い「正社員」として働こうと考えている人は相当います。しかし、即戦力として働けるように資格を取得するなどしていくら努力しても、正社員としての転身が実現しないこともあります。準社員の求人情報はかなり充実しているのに、正規雇用の求人情報以外には目も通さずチャンスを放棄してしまっている人が多いといいます。しかしあなたが、正社員としての転職が難しいのなら、準社員に応募する事も考えた方が良いでしょう。正社員を募集していない会社であっても、働き手の実力により、2,3年で非正規雇用から正規雇用へのキャリアアップができる可能性もあるからです。ですので面接の最後に「正社員登用」のチャンスがどのくらいあるかをヒアリングしても人生設計が立ちやすいはずです。

再就職した会社であなたの過去のスキル・キャリア生かせれば、…

新たな職場にてそれまでに身に付けた資格やキャリアを活用できれば、即戦力として周囲から評価されて、割と早く仕事場にも馴染めるはずです。また会社サイドも、即戦力となる人材は常に欲しがるので、タイミングさえ合致すれば、簡単に採用されるでしょう。加えて以前の仕事内容と同じ仕事なら転職は楽になります。ですが、即戦力になる自信があなたにあったとしても、大手の事務職系や公務員系(国家・地方ともに)の募集は、昔と変わらず相当な競争率を勝ち抜く必要があるので楽観視は禁物です。

退職|昨今では、株式・不動産投資などの不労所得を得たり、自営業や起業で頑張っている人も増えています。

今では、株・不動産投資などの不労所得で生活資金を得たり、自営業・起業といった生き方も増えています。そのような変化もあり、「雇用されて働くこと以外の道はキケンだ」といった考えも過去のものとなりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長の時代には、先行きがみえない自営業といった稼ぎ方よりも組織の一員として働くほうが堅実であり、人生の「花形」としてまたそれが自然のことのように世の中に認識されていた。しかし、そういった成長期は過ぎ去り、今のような時代は「成熟期」と呼ばれます。コンピューターの進化とともに、近い将来では、自動化・機械化がさらに進み仕事で人が要らなくなる時代になっていく、とも言われます。

転職活動を始める場合、予め、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを見たりして…

転職活動をするいあたっては、始める前に、求人雑誌を閲覧したりして転職したい会社をチェックするとは思います。とはいっても、当該会社がどういった情報を表に出すかは、専属の「コンサルタント」が指南していることが多いものです。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠す特徴があります。公表するにしてもいかに当たり障りのないような表現が出来るかを考えるのが仕事であるため、その類の企業の「社長インタビュー」や「社員情報」については額面通りに捉えるのではなく、半信半疑で聞いている方がいいです。鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、「こんな話じゃなかったのに・・・」とあとになってから後悔しかねません。悪徳会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、いろいろと言いがかりをつけて辞めさせないように仕向けてきます。この手のブラック企業には注意が必要です。

派遣会社に登録して仕事をしている人がだんだんと増えています。

派遣会社を介して働く人が徐々に増える傾向にあります。仮に自分が派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、そのうちの何割があなたに入るのかを可能であれば面接の際に聞いておきましょう。派遣業は人材を希望する企業に派遣して、その見返りに、手数料を天引きするシステムで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合が多いです。5割以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、情報開示をしてくれない業者も多く、酷い派遣会社では、8割しか労働者に還元しないという場合も多くあります。なお、面接の際に答えてくれないような会社は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、異なる派遣会社のもとで登録されることをおすすめします。

退職|転職において、インターネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント…

職を探すのに、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」を使うケースもあるでしょうが、あなたがその種の業者に登録し新しい会社で働くことになったとしても、失業保険とは何の関係もないので注意しましょう。失業保険は、「ハローワーク」で然るべき手続きを取らないと失業保険の給付対象にはならないので後々、後悔しないようにしたいものです。一方、「ハローワーク」主導で斡旋してもらった会社に就職したときは、就業用の準備金として一時金が支給されます。インターネットで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の手続きについては、ビジネスの対象外となります。このことについて理解していないと、失業中に給付金をもらえなくなるので、就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査を通過しました。2、3日し・・

とある古物商にて、書類選考をパスしました。2、3日して相手方から面接の日時を指定してもらいました。にもかかわらず、当日、時間通りに指定された場所へ行ってみると、手違いがあったのか相手が面接の用意を一切していないことがわかりました。しばらく待つと、所長と思しき人が面接に応じてくれたものの、けだるい表情を見せ、淡々と面接は終わりました。けれど、予定日を過ぎているのに、採用結果もまったく告げられず、しびれを切らし、私から問い合わせてみたところ、「郵送で今日送った」と言われましたがしばらく待っていましたが、ですが、これも来ず、もう一度問い合わせると、驚くことに、「残念ですが不採用です」、と一方的に電話が切られてしまいました。あまりのことにしばらく何も言えませんでしたが、率直に、採用されなくてよかったです。

転職を行うにあたっては、あれこれ情報収集されるとは思います…

転職を行うにあたっては、いろんな方法で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職についての口コミサイトは利用しなければもったいないです。少し前に、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたということで、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こした事例もありました。辞めた(辞めさせられた)社員の腹いせによってそういった口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、異なる視点から見ると、書き込みの内容が真実でなければ、書かれた会社側が気にする必要もないはずです。しかしながら、実際は『クロ』で「このままではマズイと思い、なんとか火消ししたい」と思っているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることで有名になるメリットもあるので黙認していますが、悪い口コミが多いと言う事はその分トラブルに遭遇するリスクが高くなると判断して問題ないでしょう。というか、善良企業の場合煙は立ちませんから。

今と違った会社につきたいと転職希望者の大半は、「少しでもは・・

もっと良い会社の社員になりたいと転職をする活動をしている人というのは、「ほんの少しでも早く、内定が手にしたい」と思ってしまうはずです。ただ、そのために良い知らせを得たいばかり、自分の能力に関して嘘をついたり、またその逆で自分を安売りするような言動は出来るだけ避けましょう。大事なのは焦る感情にこらえて、冷静に、そして客観的に、自分にふさわしい職場を探すことに意識を向けましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、加えて、今後のキャリアアップが見込める場所を賢く選択してみましょう。

近いうちに転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうな・・

年内中に転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合は、可能ならば「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。働いている企業側が社員に雇用保険を払っているところであれば、申請をすれば必ず誰でも失業手当を受け取れます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。しかし自己都合で会社を辞めたのなら、3か月の待機期間があるのですが、今の会社都合の退職、または残業時間次第で即、受け取ることが出来たりもします。さらに「失業手当」の金額については、最後となる月の給料を軸に手当の額を算出されるため、勤めている会社に繁忙期や閑散期がある方は理想なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

退職|転職したい会社での会社見学に参加するとたいへん勉強になります。

転職したい会社で見学しておけば、たいへん勉強になります。とりわけ、「職人」がいる会社は、職人技を近くで見られるため、楽しくもなります。しかしながら「職人」がいる会社見学ではたいてい見学者には、実際の仕事現場を見せてくれることはありません。もっとも顕著なのは、ブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。このジャンルでは、個人のプライドが強いので実際に仕事を始めてみるまでは、実際の姿は伺えません。ですから、仕事=見学内容と考えないことがたいへん重要なのです。それに加えて、見学時に仕事体験ができる会社は倫理的にアウトですから正直言って、選択肢に入れるのはおすすめしません。入社してもいない人にはケガなどのトラブルに見舞われたとしても、保証がないため、スタッフから勧められてもやんわりと断るほうが良いでしょう。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを通じ・・

転職サイトや転職エージェントを使って、転職活動を行うことは現在では常識といえるかもしれません。とはいっても、よりよい転職先を探すには、並行して転職フェアにも積極的に参加してみてはいかがでしょう?多くの企業が一堂に会することから、そこに足を運べば気になる希望の情報に直に触れられますし、また、説明員等の雰囲気から、企業の雰囲気を肌で感じることができます。もしも、転職フェアに行くときには、1次面接を受けるつもりで自分をアピールする準備をしておきましょう。それが功を奏してフェアの中で、企業側の担当者に気に入られれば、その後本格的な面接時にかなり有利になります。

再就職で面接で決まり文句のように投げかけられるのは辞…

再就職する場合の面接でかなり高い確率で聞かれるのは退職した経緯についてですが、この質問が出た時には退職した会社を話の中心にしないほうが安心です。会社を辞めた経緯を中心に話をすると必然的に良くない面を取り込んだ内容になってしまいますから。どのように話せばいいかと言えば、なぜ前の会社を退職したかという点をこちらの会社に絶対に入りたいと思っていたからといった話に持っていくということで、今、自分が入社したい会社の方にスポットを当てるべきなのです。面接を行っている会社の話であればマイナス面を隠し好印象の前の職場を去った理由になります。

転職活動を行うのに、まず勤務中の会社を辞職してからと思っている人もいるでしょう・・

転職活動を行う際に、まずは今働いているところを辞めてからと考える方もいますが、先に辞職してから転職活動を開始しようと考えている人はボーナスをもらえる日について事前に調べておくのが無難です。ボーナスがもらえる企業は山ほどありますが、ボーナスが出る会社の場合には、ボーナスが入る時がもうちょっとならば、支給日を待って辞職するというやり方もおすすめしたい手口です。ボーナスと言うものは随分大きい額になると思うので、もらっておかないと損をすると言えますから、退職をする際にはボーナス支給日をまず確認しておいた方が賢いやり方です。

退職|生涯初の失業保険をもらう際に、何もしなくてももらえると思っている・・

生まれて初めて失業保険を受けるときに、何もしなくても給付されると思っている人が少なくありませんが、それは正しくありません。実際には、失業保険を希望通りにもらうためには、条件として求職活動を行っていることが必要で、その上で、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月間隔で担当者に就職活動の状況をきちんと説明して「この人は、しっかり就職活動をしているな」と見なされれば、次の月の給付が行われるという仕組みです。一方、きちんと就職活動をしていないという心証を与えたり、毎月の職員との面談欠席したときは、有無を言わさずに給付をストップされたり、場合によっては以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、そうならないよう十分注意しましょう。

転職をするならあらかじめ資格を取得することで有利に事が運びます。

転職するのなら、転職する前に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。また、現在の仕事をしているあいだに資格を取っておけば、転職の際に有利に働くので選べる企業がぐっと増えます。なので、在職期間中での資格取得がベストタイミングといえます。未来を考え、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、今の職場を離れたあとも心残りなく仕事を探せます。おまけに、資格取得後は転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接で担当者に戦力になると判断してもらえ、以前より待遇も良くなる可能性が高いです。