転職の際に今働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが・・

退職|転職する際、「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、…

  • 転職に先立ち現在働いている会社を辞める時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが、仮に自らが希望して退職願を書いて退社する、いわゆる依願退職の場合は、失業保険をすぐさま受け取れません。手続きを行い、失業したことが認められてから3か月経たないともらえない。よく勘違いして辞めた次の日から3か月経過すればもらえると信じている人がいますが、実際に誤解してしまった人が、本当はもらえるはずだと思い込んでそれが原因でハローワークの保険担当者ともめ事を起こしているのを見たことがあります。加えて、労働者側の都合ではなくリストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇のときは、失業認定を受けてから直ちに失業保険が給付されます。
  • 「就職エージェント」大手には、豊富な案件があるというメリットがあるといえますが、…

  • 大規模な転職エージェントに限って、多種多様な案件を扱っているという強みがあるといえますが、反面、競合する転職希望者も多いです。それゆえ応募希望の会社があっても、担当スタッフが「転職が難しい」と判断すれば応募してくれない場合もあります。さらに、企業から見てあなたよりも有能なライバルがいると、そのライバルを優先して送り込む傾向があります。このように大規模な転職エージェントの場合、サイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱っており非常に難しいので、策略を変更して中小レベルのエージェントに対し、応募したい会社や案件について相談し、応募できませんか?と問い合わせてみると転職希望者の利益を考えてアプローチしてくれることもあるので、そのような風に活用してみるのも良いかもしれません。
  • 就職活動において、年収は非常に重要な要素です。

  • 就職活動において、年収はとても重要なポイントです。面接の際、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。年収を本当にもらっている額よりも大きく申告し、転職先の年収アップを狙うのはハッキリ言ってムダな努力です。というのは、「源泉徴収票」が必要なため、仮に一時的に信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ずウソがバレてしまいます。最悪の場合、トラブルを引き起こすこともあるので、現職の年収を水増しせずに申告し、それに見合った希望年収を設定することです。例をあげれば、現在の年収が400万円の人が、転職後にいきなり500万円になる可能性は通常あり得ません。たとえば、現在が430万円の年収であれば、希望額は400~450万円と伝えておくべきです。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、一時的に入社できたとしても、退職せざるを得なくなることもあるので、注意しましょう
  • 転職について考えた場合、転職後の自身の給料を過剰に気にする人…

  • 転職を考えるとき、転職したあとの自身の年収を過剰に気にする人が意外と多くいます。とうぜん多くの人はだから生活費を給料として得るべく精を出すでしょう。とうぜん年収の額は自分の仕事に対する評価という見方もできるから、当然大切と感じるのは当然ともいえます。でも、あまりにもらっている年収額に執着しすぎる生き方というのも人生を損してしまうものです。それより年収が期待できない業種でったも精神的な充実を得られることがゼロではないからです。
  • 再就職を考えている際に見ることになる求人情報は、目安として、アバウト・・

  • 転職をする際に注視する仕事の情報というのは、基準的なものとして、アバウトに書かれている確率もあり得ます。なので、記載されている情報はすべて間違いのないものだと考えるのはやめておいたほうが最善だと思います。その中でもとりわけ報酬の額などにおいては、平均の値なのか?最低保証の金額であるのか?最高額なのか?という見解ができる転職者は少なく、自分判断で決め込んでしまうと、今後、後悔することになることもあり得ます。という訳で、後悔しないようにするためにも、仕事の情報というのは、基準だと思って、そういったようなたいへん大事な事は直接確認を取ってみた方がベストです。
  • 近頃パソコンを見ればインターネットで見られる世界・・

  • 世の中は便利になったものでスマホを見ればネット上では、要するに「転職サイト」と呼ばれるものが多数あったりします。そのいっぱいのサイトから自身に合った転職先と思えるのを見つけたいなら、まず、情報収集が必要です。こういう「転職サイト」をきっちり使うことで、効率的に転職先を探せます。転職情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される「転職サイト」がある一方、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。とりあえずは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることが大事ですからよそと比較しながら厳しくチェックしてみてください。
  • 退職|友人の紹介で転職する先を探すこともあるでしょう。

  • 友人・知人からの紹介によって転職の先を探す人もいるでしょう。それも悪いとはいわないけれど転職した先の労働環境やまた労働時間などの大切な部分を友人からの口コミをあまり信用しすぎるとトラブルになることが多いです。そういうわけは一人の個人の口コミはどうしても伝える側の主観が入ってしまうから客観性に乏しくなります。要するに知人にとって、働きやすい職場だったとしても、あなたの価値観に照らし合わせたときには、イマイチな場合なのかもしれません。その逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミを過剰に信用しないように、最後は自分自身の目でしっかり確認しておきましょう。
  • 失業時の助けになる「失業保険」は、失業していることが給付の必要条件ですが・・

  • 失業した際にもらえる失業保険は、失業のあいだが給付の条件ですが、ずっと給付されるわけではありません。失業時までに働いていた期間によって90とか120日とか決定されるのですが、このような事実を理解していない人が少なくありません。永久にもらえるものと勘違いして働けば失業保険がもらえなくなると考えて仕事を探さない人もいますが、給付期限があと1ヶ月、という段階で気づいてから大急ぎで就職先を探し始めても好条件の仕事を探すのは困難です。転職先の面接官もアホウではないので、失業中にきちんと求職活動をしていたかといった内容はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。ヘタをすると、面接時にそういった質問をされるキケンもあります。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、採用は極めて難しくなります。
  • 転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方・・

  • これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方にチェックしていただきたいことが複数あります。まずはじめに派遣社員の業務については、電話対応、お茶出しなどの雑務、雑用等をといった仕事を想像してしまう人がおそらく少なくないとは思います。最初はかく言う私もそう勘違いしていました。今、働いている会社に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募した際にも、「主な業務は電話対応になります」と派遣会社からも説明も受けてました。ですが、実際に働き始めると、なんと「電話対応」にプラスして、欠員した正社員の穴埋め役を要求されました。毎回、あれこれ要求されますし、当初の説明とは全く違うので非常に参っています。今はただひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。
  • 転職期間中は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間がある分・・

  • 転職先を探している間は、無意識のうちに緊張感のない、だれた生活になりやすいですよね。しかしながら、そのような過ごし方を習慣にするのは危険です。なぜかというと、だらだらと過ごす生活を続けると、「心」にも悪影響が出やすいためです。時間がたてばたつほど、仕事をしようとする意欲が湧かず、生活が苦しくなり困る状況にも・・・。そんな状態になると、負のサイクルができてしまい、転職をしたい会社を見付けることが困難になってしまいます。次の仕事をハッキリ決められないのは、お金を第一に考えてしまうためです。お金を第一に転職先を探すことになるとキャリアアップのために転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。そんなわけで、お金に縛られない生活をする意味でも、だらけきった生活は、止めておきましょう。
  • 退職|今後転職活動をするのなら、良いと思う求人(または職種・・

  • これから転職活動をするという時は、気になった求人(OR 業種)を見た際に忘れず「〇〇業(気になる職業)、ブラック」とインターネットで検索を掛けてみましょう。求人票や転職サイトの担当者の言葉からは業界に関するマイナス点は知ることはできません。インターネットで調べればネット検索によってカンタンに多くの事例に触れられるはずです。そのような実態を理解しないまま、入社してしまうと、後々に入ったことを後悔してしまうかもしれません。そもそも求人が頻繁に出ている理由が「内容がキツイからなかなか人が定着しない」というケースがかなり多くあります。興味をもった案件や業種については、注意したほうが良いでしょう。
  • 退職|転職活動では、相応の準備は必要不可欠です。

  • 再就職にあたってそれなりに準備をしなくてはなりません。準備といってもたくさんあるのですが、そんな中でも「服装」を気になる人が多くいます。ところが、ここ最近の、企業面接では私服を許可している企業もあるので、ビジネススーツで決めて赴く必要はありません。とくに会社の設立間もない会社などは、フレクシブルな考えをしていることが多く、スーツでいかないほうが印象が良くなります。また、フランクに話ができるのも魅力のひとつです。そうして、私服ですと面接のなかで、ファッションについて、相手との話が広がる可能性もありますから、もしかしたら担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。今から転職活動をするつもりなら、企業の「創業年数」で選択し、(ベンチャー系などの)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。
  • 在職期間中なら、出来るだけ同僚に悟られないよう、(自身の転職活動…

  • 雇用中は状況が許す限り、同僚に気づかれないように、(私の場合)雇用期間中に転業の考えを活動初期の段階で周りの人に知らせたことがありました。けれど、その後に転職情報を必死に探してみたものの、就職先や転職時期すら何一つ進めていたので、あっという間に時間を空費する結果に。挙句の果てには一方、当時所属していた会社の方は、退職に関わる諸々の手続き、自身の退職の日程などが確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、転職先を見付ける」といった、本末転倒な事態になってしまいました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経たのち、次の就職先を再度探しました。
  • 退職|時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって任意のタイミングで辞められるわけではない・・

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年ごとに任意のタイミングで辞められるわけではないと、転職を経験して気付かされました。私は結婚生活が落ちついたら、すぐにでも子供が欲しかったので、妊娠するまでの間のためにおよそ1年半~2年くらい今の部署で継続で仕事を出来たらいいなと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であるために、正社員より収入は少なめでしたが、仕方ないので家庭の時間が得られるのでガマンしました。でも、いざ入社してみると一緒に働く方たちは大半のスタッフが派遣社員として10年、15年と続けていらっしゃったのです。意外にも派遣といえども、すぐに辞められる雰囲気ではないと気付かされ、困ってしまいました。
  • 退職|仮にあなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」といった形で、…

  • 仮にあなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」のように、都市部から地方に引っ越したうえで転職したいと考えている人が、近年増えています。ネット社会の今では求人情報サイトを見れば、郊外や地方での求人情報にも手軽にアクセスできるようになりました。ですが、郊外や地方での求人情報は、都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないので、その点がマイナスといえます。ですから、転職サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。求人サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトも見逃さずにチェックしておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している転職サポートの関連情報も見ておくと、良い出会いが期待できます。
  • 退職|今までの私は、「転職サイト」を活用するより、「ハローワーク」で仕事を探していました。

  • 以前の私は、求人情報は「転職サイト」を使うより、いつも「ハローワーク」に通っていました。その理由は、有名どころの「転職サイト」は、どうしても都心の求人情報しかないからです。これまでの転職をする際は、「ハローワーク」ばかり使用していました。やはり、有名な転職サイトに掲載されている求人よりも企業数や給料などでは、若干の見劣りがあるものの、地域密着タイプなので都会以外での転職には役立ちます。また、「ハローワークは地味なイメージがある」と誤解している人が少なくはないでしょう。思いもよらず、求めていた労働環境の求人があるかもしれないので、近いうちに退職後にすぐ転職活動したい方は、ハローワークへ1度行って様子を見ておくのも良いと思います。人気の転職サイトのようにたくさんのニュースレターが来ることもありません。