転職のための面接では気を付けておきたい点があります。

転職時の面接の際に人事担当から「転職理由をお聞かせください」…

転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。面接官から「転職の理由は何ですか?」という風に、100%の確率で質問されます。このときに、どんな訳があっても、前の仕事場での「人づきあい」「労働環境」に関しての愚痴ともとれる回答などは、可能な限りやめておいたほうが良いでしょう。というのも、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、印象が悪くなってしまい、チャンスを逃してしまうことになります。ですから面接では「ポジティブ」な人柄をアピールするのが重要で、まずは「新しい職場で、自身の能力を十分に発揮し、戦力として必要不可欠な人材になる所存です」のような未来に目を向ける形が好印象となります。

転職することで職場を一新するということは、自分自身に適合す…

再就職で職場を新しく換えるということは、自分自身に適合する職業を見つけたいものです。職場を変えれば天職に就くことができるかもしれません。ただ、デメリットもあって、相応の努力やスキルがないと、良い仕事に就くことは難しいです。他の言い方をすると、あなたの才能次第で、天職に就くことができるチャンスも広がる、ということです。今のご時世では、職業選択の自由が社会的に普通に認められていて、転職しても偏見を持たれる心配もありません。終身雇用制度が崩壊に向かいつつある現代は「即戦力になる人材が欲しい」と思っている企業も増加傾向にあるので、このチャンスを生かしていきましょう。

職場環境のせいで精神的にとてもつらくなってしまい、職場を変えなくてはいけない状況になったのなら、…

仕事のなかで回復が難しいほど精神的な負担が大きくなり、転職を考えざるを得ない状況になったのなら、そんな時は、会社を相手に相談するよりも、身内などの近しい存在の人と話して、退職するかどうかの判断をしてみましょう。どうしてかというと、働くということは当事者であるあなたのためでもありますが、同時に身内の問題でもあります。どれだけ報酬が良いからといって、精神がダメージを負ってしまうまで無理しながら仕事をするのは好ましいとは思えません。今の社会では、物質的な豊かさよりも、働きやすいことを大事にしたって良いはずです。ですからあまり気にせず、あなたの身内や、あなた自らの心と体の健康を考えていきましょう。

こういう転職というのは友達からの話です。

これは従兄から聞いた話です。就職活動を始めて新卒時にどうしても入社したかった憧れていたA社の最終面接で不採用になって、その後泣く泣く他の会社に就業しました。2年経たぐらいに派遣の求人サイトをチェックしていた時奇遇にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見して、気持ちを抑えることができずその時働いていた会社をすぐ辞め、A社で派遣就業を開始、勇気がありますね。死ぬ気で頑張ってその先憧れのA社で正社員になることができ、今ではやりがいを持ちつついきいきと仕事しています。

このところ私は派遣会社を通じて働いています。

このところ私は派遣会社を通じて働いています。サイトでふと自分に合っていそうな仕事を見つけ出し問い合わせてみると「残念ながらその仕事は、別の方の採用が内定しています」と断られてしまい瞬間的にウェブサイト上から仕事情報が閲覧不能になるのですが、どういうわけか翌日になると情報が閲覧可能になっています。これは要するに私ではダメってことですよね。そういうことならば初めからカドが立たないように正直に教えてくれればありがたいのですが、それを行うのは困難なのでしょう。あるいはまたもしかすると偽りの仕事なのでしょうか?

退職|転職することをスムーズなものにするには、戦略を立てな…

後悔しない転職を目指すのなら、最初から行動しなくてはいけません。近頃は取るに足らない小さな会社らしくもなくホームページで宣伝しているケースがたいていなので、インターネットを駆使してあれこれをチェックしておくとまたよくわからないことなどをチェックしておくと転職に役立つはずです。それと公式ホームページの他に、「転職サイト」の情報に目を通しておくと有りだと思います。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。何よりも転職を考えている希望の職場を自分の目で判断するのも大事です。

将来に目を向け、楽しい気持ちを持ちながら再就職に向けての転職活…

将来に目を向け、楽しみながら再就職に向けての転職活動と付き合う事が出来れば、メンタル面での負担が減るので、結果として転職活動の間に堕落しないで済みます。メンタルが健やかな状態のままであれば、あまり時間をかけることなく転職先も見つけられるはずです。そのためには、休職期間をつくらず新しい勤め先を見付けることが重要です。今の会社に勤務しながら、新たな仕事を探すのがもっとも良いです。それに、間をおかなければ仕事をやめても、すぐに働けます。そのようにしておけば、仕事をしていない空白の期間がなく、履歴への影響も回避できます。つまり、転職の時に不利になることがないということです。将来的な展望を踏まえつつ、転職活動を進めてみましょう。

派遣として就業しています。派遣法の関連で否応なく、長く働・・

派遣というかたちで働いています。派遣法とか労働契約法の関係で長く勤務してきた勤め先での仕事があとわずかで終了します。同じ派遣である人の中には、派遣で勤務している会社で直接雇用のポジションをつかみ取った方もいるのですがその理由としては正直に言うと仕事の能力とは関係なく派遣先の上司への媚びへつらいが上手でそれが採用の決め手となったみたい。職務を遂行するスキルよりもおじさん転がしの能力の方がいるんだねーと他の派遣のメンバーと派遣先の職場で文句を言う毎日です。

退職|勤めていた会社で感じの悪い上司の存在に悩み、結局耐えることができなくなりその会社は辞め・・

就職した会社で嫌な上司の存在に悩み、その結果我慢の限界を超えてその会社を退職し、同じフィールドの別の企業に行くことにしました。人間関係で悩むこともなくきわめて満足の日々でしたが、緩やかに会社の売り上げが減少し結局はとある会社に経営統合されることとなったのです。ところがその統合先の会社が驚くなかれ前に勤務していた会社で、ものすごく嫌いだった上司が再度私の上司になるそうです。どれだけご縁があるのでしょう。当たり前ですが新たな転職活動をやり始めています。

退職|転職活動をする場合に特に注意が必要な募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料がよく…

転職のため仕事探しをする際に気を付けて欲しい求人は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高めで、拘束される時間が長めというものです。このような案件の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいるケースが多いです。みなし残業代は、『みなし』ともいわれ、30時間とか45時間といった感じで求人の記載内容に時間の併記があるはずです。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、最初から給料に残業代を組み込んでおくという仕組みになります。例えば『みなし残業代30時間込』と記載されていれば、「記載時間分の残業代を入れた場合は、この給料がもらえます」という求人になるわけです。しかし、悪質な求人情報ではこの『みなし』を表記していない場合もありますので気を付けてください。

かつては求人情報には、「性別」が書かれているのが一般的でした。

一昔前の求人情報では、雇用主が求める人材の「性別」まで書かれているのがほとんどでした。しかし今現在では、男女雇用機会均等法の施行によって、男女の求人や、採用での差別をしてはいけない事となり、募集要項の中身に男女の性別を記載しないようになりました。しかしながら、募集を出す企業側としては、性別に拘らず雇用するとは断言できないのです。そんなわけで、男性が欲しいジャンルに女性の採用希望者がやってきたり、女性希望の会社に男性が来てしまい、というようなトラブルに悩まされる場合もちらほら。例えば、「女性が活躍している職場です」の記載がある場合、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と認識したほうができます。

これまで20代前半に転職を数回経験して、そして現在・・

これまで20代前半の時点で転職を数回し、そして今、資格取得のため、「派遣社員」で勤務しています。フルタイムの勤務でないため、どうしても毎月の収入は以前よりも少ないです。ですが、前よりも心と時間的な余裕ができました。思い返すと、学生時にもっと資格を取得し、就職できれば良かったのに、とは思います。身近にそういった人を見てしまうと無性に羨ましく感じます。これまで私は、うまくいってる人と自分と比べて、劣等感を感じていましたが、しかし、結婚を契機に生活環境も大きく変化し、前よりも明確な目標ができて私も新たな目標に向かっています。

シフトの仕事に関する話なのですが、毎週、一定の曜日に働ける人を募集する求人を…

これはシフト制の仕事についての話なのですが、毎週、一定の曜日に勤務できる人を募集する求人をよく見ますが、もしも応募しようと考えているならシフトの出し方、休み方については前もって確認しておいた方が良いです。私は過去、産休で抜けた人の代わりに正社員として仕事をすることになったのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外、誰も現場にいませんでした。産休に入った女性が土曜、日曜は必ず出勤できる人だったので、私自身もそう思われていたみたいです。ですから「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフト変更を出す必要があり、同じ部署の先輩たちに私の代わりに出勤してもらえるように、と自らお願いしなくてはいけませんでした。立場は同じなのに、土日は一人だけなんて・・・。今思うと本当によくやってこれたなと思います。

自分自身の大好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている人は注意が必要です。

大好きな分野の仕事に就きたいと思っている人は気をつけた方が良いです。私が実際に経験したことなのですが、私自身、食べることが本当に好きでそれが高じて、以前は、料理店(レストラン)で勤務していた時期があります。その飲食店での仕事内容は、そのレストランで任されていた業務は、シンプルな盛り付け作業やホール業務でした。この業務内容に関しては、不満もなく楽しかったのですが、人間関係にとても疲れてしまったのです。そのことが引き金となり、職場を去ることにしたのですが、その影響からか、あんなに好きだった食べること、またそのレストランでメニューとして提供されていた食べ物も嫌になり、その系列の店には現在も行けません。当時の店の匂いを思い出すのも苦手です。仕事を始めたばかりの頃は、大好きだったことがキライになるとは思いませんでした。自分の大好き、を仕事にしたいと願い、実現させることはステキだと思います。ですが、「好き」はどのくらい本気なものなのか、真剣に自分に尋ねる必要がありそうです。

長期間接客関係で勤務してきましたが、歳をとるにつれ立ったままのお仕事…

長く接客業で勤め続けてきたのですが、年齢的に立った仕事は体力的に難しくなり、座って仕事ができる事務系のお仕事への転職を目指して動きました。事務が未経験だとわりと厳しく、そこで接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務をやろうと考え資格も取って個人クリニックに転職することができました。周囲はベテランの先輩パートさんだらけで人間関係が大変。夜間のシフトばっかり押し付けられ、接客の仕事をしていた頃よりも帰宅する時間も遅いのですが、とにかく今はキャリアを形成する時と思って我慢します。

もし転職前、今働いている会社の人たちがそのことを知ってしまう…

転職することを、今の職場の同僚たちが、あなたの転職を知ってしまうと、その状況が一変するかもしれません。働く環境によってこれまで通りに行くこともありますが、意地悪されたり、やっかみもあるはずです。酷い場合には、意図的に超過勤務をさせられることもあるので、むやみに転職のことを口にするのは注意が必要です。上記のようなトラブルを避けるためにも、いまの職場では、いたって真面目に誠実に振る舞いましょう。そうすれば、良い関係を最後まで保ちつつ、晴れやかに会社を退職できます。また、円満退職に至れば、転職後、困ったときに相談できるかもしれません。規模などに関係なく、どこの企業も、人とのつながりはとても大切であるため、会社を辞める際のトラブルは、可能な限り回避しておきましょう。