退職|雇用期間中は、なるべく周囲に気づかれないように、(自身の経験談で…

在職期間にあるときは、出来るだけバレないように(ちなみに私自身のとき・・

  • 雇用中はなるべく周りの人間にバレないよう(ちなみに私のときは)在職中に転職する意図のみを活動初期に周りの人に話したことがあります。ですが、その後に求人を散々あれこれチェックしていったのですが、結局は転職先もタイミングさえも無鉄砲に煮詰まっていないまま知らぬ間に時間を空費する結果に。そして一方、会社のほうは、仕事の引き継ぎ予定や手続き、退職の日程などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。予定は噛み合うこともなく、失職期間を経たあと、次の就職先を探すことになりました。

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、契約期間を過ぎ・・

  • 派遣社員であったとしても、契約期間を過ぎたらすぐ退職できるというわけではないことを実際に転職活動を経験して気付かされました。私は新婚した後、生活に慣れたらすぐに子供がほしかったので、妊娠するまでの期間のために数年だけ今のそのまま仕事をしておきたいと思い、就職しました。派遣社員であるために、正社員より報酬は少なめでしたが、それでも家庭の時間が得られるのでガマンしました。が、いざ入社してみると一緒に働く方たちはほぼ全員のスタッフが10年、15年と続けていらっしゃったのです。たとえ派遣であったとしても、期間が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、困ってしまいました。

  • 退職|仮にあなたが転職を考えたとき、U・J・Iターンで大都会から地方に移り住んで、再就職した・・

  • もしあなたが転職を視野に入れた場合、U・J・Iターンで都市部から地方に移住しつつ、転職したいと考える方も少なくありません。最近では求人情報サイトを駆使すれば、郊外や地方の求人もいつでも簡単にアクセスできます。ただし、郊外や地方での求人に関しては、どうしても大都市よりも少ないというのが大きく違うところで、そういった点でマイナスといえます。そのため、求人情報サイトを活用するのは当然ですが、求人情報サイトにプラスして、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもこまめに確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する就業サポートの関連情報も見ておくと、良い出会いが期待できます。

  • 退職|以前は、職探しをする場合は「転職サイト」より、いつも「ハローワーク」で探していました。

  • これまで私は、「転職サイト」よりも「ハローワーク」を優先していました。どうしてかというと、大きな「転職サイト」は、構造上、都会や大手の求人がほとんどだからです。なので、求人情報を調べる時は、「ハローワーク」のみ使っていました。やはり、人気の転職サイトに掲載されている求人より企業の知名度や給料は劣りますが、古くから地域に貢献している企業もあり、ピンポイントで見えるのはありがたいです。また、「聞いたことのない企業ばかりで不安」と誤解している方も多いかと思います。でも、思いがけず理想の企業もあるかもしれないので数年以内に転職について不安がある方は、お近くのハローワークに足を運んでみてください。「転職サイト」を利用した時みたいな執拗なお知らせやメールの心配も無用です。

  • 退職|転職活動をする上での最後の難問として、今勤めている会社の退職があげられます。

  • 転職活動をする上での最後に残る厄介な難問として、「今勤務している企業をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先を決めたとしても、現在勤務している会社が、あなたを離したくないと慰留するというのもよくあるケースです。そうなった場合、何があっても退職をあきらめない、という強固な気持ちを保つことが必要といえます。たとえ会社に残るように説得されて、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと思った会社は、結局は辞めることになるでしょう。会社の規定を確認し、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届を手元に用意しましょう。それから、決定権を持つ上司と直接話し、退職を考え直すことは絶対にありませんと、毅然とした態度で伝えましょう。円満退社になるよう心掛けるのも転職活動の大事なポイントです。

  • 退職|転職活動においては、履歴書と職務経歴書が必要不可欠といえるでしょう。

  • 転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書が必要になってきます。会社の大部分は履歴書だけでなく職務経歴書の記載内容を見た上で面接するかどうかを決めるため、まず第一にこれらの書類の作成が大事になってきます。単に文字を書くだけにとどまらず、内容を魅力的なものにすることが大切です。「職務経歴書」は、今まで行ってきた職務の詳細と、自己アピールをしっかり記入しましょう。また、過去だけでなく現職で挙げた実績なども有効です。例をあげれば売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、など明瞭に記してみましょう。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、よりよい内容にしてみましょう。自分にプラスになるように利用することも有効な手段だといえます。

  • 退職|転職希望者が受ける面接では、中小企業であれば大体は「人事」が面接担当になります・・

  • 転職の際の面接では、零細企業だったら大体は「人事」が面接担当ですが、どこでもそうとは限りません。直接、今後仕事を一緒にしていく作業部署の責任者、平たく言えば課長や部長などの管理職が面接を担当することも珍しいことではありません。とりわけ、営業系や事務系の場合は、資格による具体的なイメージはありませんので、しっかり自分自身を売り込んでいくことが必要であります。面接官の誰からも「この男は、きちんと自己主張できるし、戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことがとても大事です。

  • 退職|転職する際、とても要となるのが「面接」である。

  • 再就職において、比較的重視されるのが間違いなく「面接」である。多くの場合面接の際は、面接官が応募者に転職の経緯などさまざまな内容を尋ねる形になります。そして必ず、面接官の質問攻めが終わったら次は、転職希望者から面接担当の人に不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがやってきます。面接官から、「何か弊社について疑問点はありますか?」と聞いてくれるわけです。こんな時は、対応できず、何も聞けずじまいになるかもしれません。こういった場面に備えて、面接の前には疑問点などの(あなたからの質問を)準備しておきましょう。実際に仕事を始める前の段階であっても、しっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

  • 先週転職先の会社を探すために人材バンクへ登録をしに行きました。

  • 数日前仕事を探すために人材紹介会社へと登録に足を運びました。登録カウンセリングをしに出てきた担当の方が見た感じ社会人経験の少ない社員のようで、私が伝えたいことの2分の1も理解できていない様子です。さらに「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「もっと強みと弱みをはっきりさせておくことが必要です」等、知ったかぶりに偉そうに言うので大変嫌な気分になりました。カウンセリングを担当させるのはそれなりに仕事を経験している方にするべきだと思います。

  • 退職|転職は、最初の第一歩は企業とのやりとりというよりある意味、「担当面接官」…

  • 最短で転職したい場合は希望している企業そのものよりも、どちらかというと「担当面接官」との勝負といえます。しっかりと採用してもらうために、ゼッタイに緊張せずに焦らずに対応することを心がけましょう。例えればお見合いするかのような姿勢でいる望むと緊張がとけるかもしれません。面接を通じてまずはあなたの内面的な素質をチェックしてもらうので悪い印象を与える行動は気をつけてやめましょう。そして良識ある社会人らしさが伝わるように、綺麗に整った服装を意識してください。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。面接官に企業に適した人材と認識されれば、かならず良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

  • 日本には「石の上にも三年」という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。

  • 昔から「石の上にも三年」というコトワザがあるのですが、現在、「転職」を経験する人が増え、一般的な事柄となってきています。しかし、「仕事を変えること」が珍しくなくなってきたとはいえ、簡単に仕事を変えようとする行為はとても危険なことです。転職しようと考える場合、重要なのはタイミングを的確にとらえることです。基本として、今やっている職場、仕事について具体的に、例えば仕事内容や待遇面について不服を強く感じていることを5~10個ほど、紙にリストアップしてみましょう。こうした作業をしておくことによって、将来の転職活動に役立ちます。そして、もしおおまかな進路が見いだせたら、できるだけ早急に良い職を手に入れられるようにトライしてみましょう。

  • 未経験の業種などに転業をしようとするときには、以前の会・・

  • 未経験の分野などに転業したいと思っている場合には、以前の職場で、自分が培ってきた力やこれまでの経験が生きるという内容のアピールがいるようになります。勤務経験のないジャンルの場合、未経験の分その業種で今まで働いてきた人たちよりも実際のところ、足りない部分はありますが、自分が保持しているスキルがそのジャンルでも十分に生かすことができるということをうまく相手に伝えることができれば、戦うことができるケースも十分にあります。なので、経験したことがないジャンルに挑む際には、その業種と自分が今までやってきた仕事とのつながりを可能な限り考えましょう。

  • ほとんどの場合大企業は「定期採用」で人材を確保するため、…

  • たいてい大きな会社の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、転職希望で入りたい場合は、時期を考慮しておく必要があります。加えて、田舎のほうでとなるとその可能性が少なくなります。しかしながら製造業においては、都市部でない地方の工業団地などを拠点としている可能性があります。そういう地方の工場なら、事業分野の拡大などの節目に途中採用することも珍しいことではありません。そういったチャンスに転職を考えるのが良いでしょう。そのためには、地方の工場での転職を考えているなら、希望する企業についての下調べからあらかじめ知っておきましょう。公式サイトにアクセスして、人員募集の予定がないかマメにチェックされることをお勧めします。

  • 退職|転職する企業で、年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 転職を考えているのなら「年収」の理想を高くしないようにしましょう。特に、転職1年目の段階では、研修期間が入っていることも多くあります。自身の例では、苦労の末手にした職なのに、期待とは裏腹に前職での稼ぎと年収と見たところ同じ額でした。そして、業務はかなりキツく、責任も重大だったために、1年目をクリアするのにたいへん厳しかったです。そういった経験を踏まえると、1年目は、仕事を学ぶ期間と割り切り、なるべく転職前にお金をためておくべき、と思います。

  • 転職活動を行っていると面接時に必ず聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動中に、面接時に「志望動機」「転職理由」の2点は高い確率で質問されます。このうち志望動機に限っては、思っていることをそのまま話しても差し支えないですが、これとは違い転職理由について隠さずに伝えるのは得策ではありません。たとえば給料・待遇に対する不満、上司や同僚との人間関係など採用担当者に悪い印象を持たれるものです。自分が不利益を被ると予想できることをストレートに話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しやすいので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。これに対抗して現職の不満を言わないように答えるには、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。そして、この企業に入ってこんな仕事をしたい、5年後、10年後はこんなことがしたい、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったように話をすり替えてポジティブな印象を与えるのです。

  • この前、転職したというのに、慣れもしないあいだに退職を決意してしまう人…

  • ついこの間、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、少ししか仕事もしてないのに辞めてしまう選択してしまう人が結構多かったりします。何故そうなるのかと思うとおそらく新たな気持で自分に合った職場を見つけたというのに、「期待していたものと堪えられほどかけ離れていた」「独自のルールにどうしても慣れなかった」というワケで別の仕事を探すことが多いといいます。でもこのような、転職における失敗を後悔しないためには、まずは事前の情報収集をまじめにやっておかなくてはなりません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場環境、給与体系、など多角的に事前にチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。