シフトの仕事についての話です。

これはシフトの仕事についての話です。

シフトの仕事に関する話です。特定の曜日に仕事できる人を募集する求人を頻繁に見るのですが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法、休み方については前もって確認しておくべきです。過去に私は出産のため休む人の代理として正社員として仕事をすることになったのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外、他の社員はいない状態という職場でした。前にいた女性が土曜、日曜は必ず出勤できる人だったので、私自身も同じような人として扱われてしまいました。ですから「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、上の人に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と私自身が頭を下げなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日は私だけなんて・・・。思い出す度、よく我慢したな、と自分でも驚きです。

自分自身の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたい…

自分の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は注意です。これは、私の実体験なのですが、私の場合、もともと食べることが本当に大好きでそれが理由で、かつては、飲食業界(レストラン)で勤務していました。そのお店での仕事内容は、その飲食店で私が担当していた仕事内容は、盛り付けやホール業務でした。この仕事内容に関しては、嫌とかいったこともなく楽しみながら仕事ができていました。しかし、人間関係のいざこざにすごく疲れてしまいました。ということが引き金となって退職しましたが、その結果、あんなに大好きだった食べることやその飲食店でメニューとして提供されていた食べ物さえも嫌いになってしまい、類似の飲食店には避けるようになりました。店のにおいを思い出すのも嫌です・・・。この仕事を始めた頃は、大好きだったことがキライになるとは思いませんでした。自分自身の好きなことを仕事にしたいと夢見て、それを実現させることは本当に素敵だとは思います。ですが、「好き」は、どのくらいすごいのか、じっくり冷静に問いただした上で行動するべきです。

長きにわたって接客関係で務めていたのですが、年齢を重ねるにつ…

ずっと接客関係で勤め続けてきたのですが、加齢が原因か立ってする仕事は体力的にきつく、座って仕事を続けられるオフィスワークへの転職を第一目標として活動をしました。事務未経験だとなかなか厳しくて、それなら接客の経験も活かせる受付兼医療事務をしたいと資格も取って個人のクリニックに転職しました。周りはベテランである先輩パートさんばかりで人間関係においてもややこしい。夜のシフトばかりさせられて、接客業で働いていた頃よりも帰宅時間も遅いわけですが、今はキャリアを形成する時だと諦め頑張ります。

もしも再就職の前に、今勤めている会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると…

転職する前には、今勤めている会社の同僚たちがそのことを知ってしまうと、職場の空気がガラリと変わるかもしれません。働く環境によって妬みなどから意地悪されることもあります。また、超過勤務をさせられることもあるので、むやみに「転職します」と口にするのは考えものです。なので、上記のトラブルを避けるためにも、今所属している仕事場では、真面目を装いましょう。誠実な態度を見せることで、良い状態を最後まで保ちつつ、晴れやかに仕事を辞めることが出来ます。さらに、円満に退職できたなら、転職後に、困った際には相談できるチャンスにも恵まれるでしょう。業種や規模に関係なく、どこの会社も、繋がりなので、会社を辞める時のトラブルだけは、可能な限り起こさないようにしたいものです。

退職|転職を繰り返す日々を止めるための対策は、シンプルです。

転職を繰り返す日々を止めるためには、少しコツがいります。スキルアップもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返さなくなります。ネット社会の現在では精神面を鍛えるための自己啓発系の情報は誰でも知ることができます。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは全然違う行動でも、精神面を強くすることが可能です。その行動とは、海外に行くことです。海外は、文化、言語、生活様式など、違うことばかりなので、大きな刺激を得られます。ですから、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。日本に帰ってくると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま面接を行えば、今までの面接とは違って自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。でも、退職して間もない頃は精神的に弱っていることが多いので、休暇も必要です。

今の仕事と転職活動を並行する人は多いです。

転職活動を現職と同時に行っている人は少なくありません。とはいっても、忙しく仕事をしつつ求人案件を探し応募したり、面接に行くのは精神面も肉体面も消耗が激しいです。また、転職活動時は、今の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。「とりあえず応募しておこう」という方法を選ぶ人がいるのですが、仮に、書類選考をクリアし、面接に呼ばれたあと「辞退」した場合に、今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントにサポートしてもらっていた場合は、エージェントに悪いイメージを持たれてしまいますし、直接応募していたとしても、相手の会社からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。いずれにせよ自分の貴重な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりのない企業は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると理解しておきましょう。

政治により変わりつつある転職を取り囲む状況について、…

近頃の転職事情については、政治による変化の兆しが出始めています。現在の安倍政権では、アベノミクスや三本の矢で多くの経済政策が盛り込まれています。経済政策ともに日銀による金融政策と、たがいに作用しあって、財界・民間企業側からも今までとは違う社会的な変化が具現化されてきています。そういった変化が加わったことで、民間企業サイドでも若い世代の減少と現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」が大きな社会問題になっています。ここ何年かの間で「外国人の労働者」の総数を現状以上に高めていくであると現内閣は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、雇用や転職問題もかなり幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって国内の雇用・転職状況も大きく変わっていくのは確実といえます。

転職サイトは、大手であるほど豊富な量の案件が掲載されているため…

転職サイトは有名なサイトの方が掲載される案件がたくさんあるため、関心のある2,3の会社を、とりあえずウェブサイトに登録し、勤務地・年収などの条件を事前に設定しておき、条件に合う求人情報が自動的にメールで送られるように設定しておくと簡単に転職情報を集めることが可能です。とはいっても、初回に限っては登録するのになかなか労力を要するので、登録前に履歴書と職務経歴書をしっかり準備し、それらをテキストアプリに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら、登録を進めると楽になります。登録を行う初日は、少し時間がかかりますし、案件の検索と応募だけでも大変ですが、次回以降は新規案件のみチェックするだけでよいので、最初にきちんと準備することを心がけてください。

安定性を手に入れるべく正規の雇用社員を狙っている・・

安定した生活を希望して「正社員」になりたい人は相当数いるのが現実です。けど、即戦力として働けるようにいくら頑張っても中々正社員としての転職活動そのものが叶えられないこともあるでしょう。非正規雇用者の求人情報は充実しているのに、正社員の求人募集以外を見ないでエントリーしない人も多いでしょう。なかなか、正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、派遣社員に応募する事も考えた方が良いでしょう。会社によっては、その人の手腕によって、2,3年で正社員にステップアップ数年で正規雇用への転換を狙えることもあるんです。面接を受ける際に、「正社員登用」の可能性を質問しておくと将来のプランも組みやすくなります。

退職|新たな勤め先でこれまでに身に付けた資格やキャリアをフル活用できれ・・

再就職した会社で今までに培ってきたキャリアを生かすことができれば、即戦力として周囲から評価されて、早々に職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。人を雇おうとしている会社サイドしても、スキルを持つ人材は常に必要なので、時期さえ良ければ、うまく事が運びやすいといえます。それに加えて以前の仕事内容と近い業務内容なら確率は十分にあります。但し、即戦力となる実力があったとしても大手の事務仕事や、公務員系(国家・地方ともに)の募集は、時代・景気に関係なく相当な競争率であることは間違いないといえます。

昨今では、株・不動産投資といった、不労所得で儲けたり…

近頃、株式・不動産投資などといった不労所得で稼いだり、独立を目指す人も増えています。そのような社会的変化もあるせいか、「雇用されて働く道こそが正義」といった今までの考えも変わりつつあります。高度経済成長期に関してはどう転ぶかわからない株式投資や自営業者よりも雇用されて働いているほうが賢明でした。そのため人生の正しい進路として、世の中に認知されていた。そんな時代は終わり、いまの社会は「成熟期」などと付けられています。今後は、機械化、自動化が進んで仕事で、人の力を不要とする社会になる、とも言われています。

退職|転職するのなら、前もって、ネット上で転職関係のサイトを見たりし・・

転職活動の際は、はじめに、インターネット上で求人サイトを閲覧したりして気になる会社をチェックされるとは思います。ですが、当該会社が実際にそのようなところに情報を出す場合には、専属「コンサルタント」の手が入っている、と理解しておくべきです。コンサルタントは、会社にマイナスとなる情報を隠すプロでもあります。仮に公表したとしても遠回しな表現に徹します。そのような類の会社情報や社員のインタビューについては、そのままを信じるよりも、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、こんなはずではなかったと後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。悪徳会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後、あれこれと難癖をつけていかにして辞めさせないようにするか画策しています。このようなブラック企業には注意しましょう。

退職|派遣会社に会員登録して働く人が最近では増加する傾向にあります。

派遣会社を介して働く人が近時増加する傾向にあります。仮に自分が派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、その中でどれだけが自分の報酬になるのかを極力面接の際に聞いておいた方が無難でしょう。派遣業は、人材を必要としている会社に人を派遣してその見返りに、手数料を徴収していく仕組みで運営していますが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースが大半です。5割以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、情報開示をしてくれない業者も多く、酷いケースでは、2割しか労働者に還元しないというケースも少なくありません。なお、面接の際に答えてくれないような会社は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、できるなら別の派遣会社のもとで登録されることを推奨します。

新しい職を探す際、ネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェン…

転職活動をするにあたっては、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」を使う方法もありますが、もしもその種のエージェントに登録し就職することができた場合でも、失業保険の給付を受け取ることはできないので要注意です。ハローワークを経ずに就職しても給付してもらえないので注意すべきです。これと違って、「ハローワーク」を介して斡旋してもらった会社に就職できた場合は、就職のための必要なものを揃えるための一時金が支給されます。ネットで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険とは無関係です。このような点を知らない場合は、失業中にお金がもらえない事態になるので、そうならないように気を付けましょう。

とある古物商のお店で、書類審査に合格しました。2、3日し・・

ある古物商の人員募集にて、書類選考をクリアしました。すぐに相手方から、面接予定日を連絡してもらいました。面接日当日、指定された場所へ行ってみると、行き違いがあったのか相手が面接の準備を全くしていませんでした。しばらく待っていると、所長らしい男性が面接に応じてくれましたが、たいへんにだらしない態度を見せられ、かろうじて面接が終了しました。しかし、約束の日を過ぎても、合否結果は告げられず、気になったので、私のほうから問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」と返答されました。心待ちにしていたのですが、ですが、これも届かずふたたび、連絡をした結果、どういうことなのか、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、と一方的に電話を切られてしまったのです。あまりの対応に呆れ果てて何も言えませんでしたが、ハッキリ言って、採用されなくて良かったと感じています。

退職|転職をするにあたっては、いろんな方法で情報を集める人が大半だと思いますが…

転職時は、いろんな手段で情報を得るのが通常だと思いますが、転職についての口コミサイトは絶対に利用すべきです。一時期、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたということで、運営サイトを相手に損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めた社員の腹いせによってその手の口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、異なる視点から見れば、ウソの書き込みであれば会社側が対処しなくても良いはず、ともいえます。あるいは、実際には『クロ』で「本当のことを書かれてしまったので、一刻も早く火消ししたい」という話かもしれません。口コミサイトも炎上が原因でアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、好ましくない内容の口コミが目立つのは、それだけ、入社してから不利益になる可能性も高いと判断するのが妥当だと思います。そもそも、善良な会社だったらトラブルなど起こりません。