退職|看護師という仕事の人の違う仕事に転職を決断するキッカケ・・

看護師のほかの職業に転職の原因は人によって違うはずです。

  • 他の仕事に転職を決断するキッカケは、その人それぞれ。色々な事情があるはずです。それを見てみると看護師からの転職には「職場環境に関わりたくない人がいる」「結婚がきっかけで一人とは変わって出産さらに子育ておまけに家族の介護など、環境の種々の変化など、今までと同じような仕事が難しい」「今の収入に大きな不満を感じている」といったような悩みが抱えているのかもしれません。しかしながら、転職を決断する前に、「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、ゆっくりじっくりと現在の状況を客観的に見つめ直すことも重要です。「実際に転職したら状況が好転するのか?」と再考し、決断してみましょう。
  • 求人広告には、ほとんどの場合、大部分の職場では月の給与が明記されています。

  • 求人関連の広告には、とうぜん普通の会社では月収が明記されています。でもこの月収の項目を見る時には、注意深く確認する事が欠かせないです。額の多い少ないだけ見て納得してはいけません。実は場合によっては、月収の内訳に「毎月20時間の残業」が含まれているかもしれません。何があるかというと残業代を入れることで金額を多く見せ、応募者を増やそうとするケースも考えられるのです。また、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている可能性が考えられます。だから、その手の「不誠実」極まりない案件は、近づかないほうが良いでしょう。
  • 職を変えた場合には、高い確率で前の会社の仕事での美化されるものです。

  • 職を変えた場合には、大体の場合、前の仕事のほとんどの記憶は美化されます。現在の職務に問題点があるから、それを解決するために再就職したはずにもかかわらず、しばらくして過去を振り返ると、どういうわけか新しい会社よりも「前職のほうが心地良かった」と感じることは多いです。というのは普通で、以前の職では仕事をこなすことに慣れきっていて事もなく日常の業務を淡々とこなしていたのが、根底にあると思います。でも、「やっぱり転職しなけりゃよかった」と感じるほど、前職の方が職場の雰囲気や自分に合っていた可能性もあります。
  • 転業を念頭に置いているならこまめにたくさんの会社の採用情報の詳・・

  • 再就職を予定しているのなら、労を惜しまずに多種多様な会社の採用情報の詳細を定期的に調べたり比較したりしておくと転業した後の見る目にとても役立ちます。あなたが今の職場に何かしらの不満があるケースでは、転職活動を開始したとき、どこの会社も魅力的に思えてしまいます。そんな状況に陥ると、どこを選択すべきか判断できなくなり、判断を間違えてしまいかねません。ヘタをすると、短い期間で退職しなくてはならなくなるので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくべきなのです。方法としては、会社の雇用面だけを見るのではなく、会社の取引している会社を見る事です。透明性ある良い企業は、取引している会社情報を開示していますし、逆にそういった企業ではない場合、広告宣伝ばかりに注力しがちなので、その点もチェックしてみましょう。また、会社によって個人グループに入っている場合もあるので、グループ名を調べて内容を把握しておくのも良いと思います。
  • 再就職の面接などの場面で名刺を差し出されたとしたら・・

  • 転職における面接などに関して担当者が名刺を差し出してきた場合、あなたも相手の方に名刺を渡すべきであるのか?ないのか?と悩んだときは、おおむね渡さないもの、と覚えておいてください。転職のための面接は仕事の延長ではなく、採用活動の一部なので、ほとんどの場合は名刺をやりとりする時ではありません。そのうえ、あなたは会社の人間としてではなく、個人の問題でそこにいるわけです。そういった訳で、相手の方から名刺を渡された時でも、こちらとしては受け取るだけでよくて、担当者に相手側に渡す必要性はまったくないと推測できるのです。
  • 初めて転職する場合、気を付けるべきことはなぜ現在の仕事を去らなければいけないの・・

  • 人生はじめての転職をされるなら、なぜ現職を辞めたいかを頭の中で整理しておくことだと考えられます。その理由が根本問題なので、必ずやっておくべきです。その上で問題解消が可能な会社を選ぶのです。既卒者の転職活動は、新卒の就職活動とは大きく異なり、今の仕事を行いながら就職活動をやっていくことから、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。ゆえに理由が明確にされないまま転職をしようとしたら、途中で息切れしてしまいます。どうしても転職したい、現状を変えたいという強い情熱がない場合は,転職活動のスタートを切ることはやめましょう。
  • 近年はネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、…

  • 近頃、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの専門業者もたくさんあります。「特許」を出すと、ヘッドハンティングの対象になることが期待できます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人に加えて、研究開発で論文を世に出した経験がある人や、「マスコミ」によって注目を浴びた人など、「功績」ある人を対象に、電話やメールで連絡を取り、ヘッドハンティング用のネタにしています。もしも、あなたがヘッドハンティングっぽい勧誘をされたなら、そういったことが無かったか思い出してみましょう。あまりないことですが、ヘッドハンディングのように見せかけて、「そのために登録料を払ってほしい」と依頼してくる業者もあるようですが、その手の業者は完全な詐欺ですからきっぱりと断るようにしましょう。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者が払う必要などありません。
  • 退職|私が転職を考えていた時期に割と多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。

  • 自分が転職を考えていた時期にかなりいくつかの人材紹介会社に登録していました。その時に感じたこと、それは転職アドバイザーのレベルが様々あって大体は物足りないと感じる人ばっかりでした。こちら側は人生がの大事な事なのにもっと熱心に向き合ってほしいという欲がいっぱいになり、そんなことがあったこともあり私はキャリアカウンセラーになりたいと考えるようになりました。資格の取得は費用も必要だったし資格取得のための勉強に関してもハードではありますが、求職中の人から信用される人になるために頑張っています。
  • 退職|転職を行うにあたって、今働いている会社を退社する時に…

  • 転職を予定しているのなら今務めている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、もしも自分が望んで退職届を出して退職する、いわゆる「依願退職」の際には即座に失業保険が給付されるわけではなく手続きを行い、失業したことが認められてから3ヶ月経ないともらえないのです。よく勘違いして退社した日の翌日から3か月経過すればもらえると思い込んでいる人がいますが、実際にそういった間違いをした人が、3か月経ったのにもらえないのはおかしいと主張してその結果としてハローワークの職員と口論していたのを以前見たことがあります。ちなみに、自分側の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇のときは、失業認定を受けたのちすぐに失業保険を受け取ることができます。
  • 大きな転職エージェントに限って、多種多様な案件を扱ってい…

  • 転職エージェントは大手に限って、様々な案件を抱えているという強みがあるといえますが、それに比例するように、転職を希望するライバルもたくさんいます。したがって気になる企業を探し出したとしても、担当スタッフのほうで可能性が低いと判断すると応募してもらえない場合もありますし、企業から見て自分よりも評価の高い人がいると、その人を優先しやすいのです。要するに大規模なエージェントは、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱っており案外応募できないので、考えを変更して規模が大きくないエージェントに対し、希望する企業や案件に関して相談し、応募できないか尋ねてみると転職希望者のためにアプローチしてくれることもあるので、そういった風に活用してみるのも一つの手でしょう。
  • 退職|就職活動において、年収は極めて重要な要素です。

  • 就職活動において、年収は極めて大事な要素です。必ず現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき本当にもらっている年収よりも多めに申告し、多額の年収を確保しようとしても、無駄な努力でしょう。というのは、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、一度は騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソがバレてしまうためです。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。例をあげれば、年収300万の人が転職後に500万円となる可能性はほぼあり得ません。仮に、現在の年収が430万円としたら、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくべきでしょう。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職に追いやられる事態になるかもしれません。
  • 退職|転職というものをしようと考えたとき、転職先となる職場におけ…

  • 転職というものをする場合、転職したあとの自分の給料について気にする人がそこそこ少なくありません。とうぜん多くの方は仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を手に入れるべく仕事しているとは思います。ですから年収がどれだけかは自分の社会的な価値を知る値という面もあるから当然大切なものであることは無理もありません。でも、ひどくもらっている年収の額ばかりを異常にこだわりすぎる生き方というのも人生を損してしまう気がしませんか?よく見れば収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、精神的な充実を得られることがゼロではないからです。
  • 仕事を探しているときに目を光らせることになる求人というの…

  • 転職をする際に注意を向ける仕事の情報というのは、一般的なものとして掲載されている、という確率もあり得ます。そのため、載っている情報はすべて正しいことだとは簡単に信じるのはやめておいたほうが賢明です。その中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる報酬の額などにおいては、一般的なのか?最低保証の金額であるのか?最高の給料であるのか?という見解ができない人はたくさんいて自分で勝手に解釈してしまうと、悔しい思いをする事も少なくありません。それゆえに、悔しい思いをしなくて済むように、求人情報は参考程度に考えて、そういったようなとても大事な事は会社に直に連絡を取ってみた方がよろしいです。
  • 今ではパソコンやスマホは便利でネットのエリアには、今で…

  • いわゆるPCやスマホを使えばネットのエリアには、今では「転職サイト」に類するものがそこらじゅうに存在します。サイトを見て自分自身にピッタリの転職先を見つけるにはとりあえず情報を集めることが欠かせません。こんな転職サイトをしっかり活用することで、スムーズな転職を叶えられます。転職情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報満載の優良なサイトがある一方で、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。利用して間もない頃は、信用に足るサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますからよそと比較しながらしっかり確かめてみましょう。
  • 知人の紹介で転職の先を探す人もいるでしょう。

  • 人からの紹介によって転職する先を見付ける人がいます。ただし、転職をした先の労働環境や労働条件といった点に関して友人知人からの口コミを過剰に信じるとキケンです。どうしてもある特定の人の口コミ情報というものは客観的な要素が排除されやすく、誤解・齟齬が多くなってしまいます。つまり紹介者的には、良い職場に思えても、、あなた自身の価値観に照らし合わせたときには、イライラするだけの環境だってあるのです。でもその逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミだけで判断せず、自分自身の決断を信じるしかありません。
  • 失業者が受け取れる失業保険は、失業中でなければもらえません・・

  • 失業時にもらえる「失業保険」は、失業のあいだが給付条件ですが、この給付には、しっかり「期間」があります。それまで働いていた期間に応じ、90日とか120日とか決められるのですがなんとこれを知らない人が一定数います。失業中である限り給付されると思い込んで失業保険がもらえるからと遊び続けている人もいますが、給付期間終了の1か月前になってようやく制度の真実に気づき焦りながら職を探し始めても良い結果にならない可能性が高いのです。転職を希望している会社の面接官もバカではないので、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたかといった箇所はおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。状況によっては、面接の際にその手の質問をされることもあります。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、受かるのは難しいでしょう。