転職する場合、「派遣社員」を選択しようと思っている人に…

退職|転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人…

  • 転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方にぜひチェックしてほしいことが複数あります。派遣社員というと、データの入力、その他雑用等をといった業務をぼんやりとイメージされる人が多いはずです。私もかつてはそう思っていました。今の職場に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「電話対応がメインです」と派遣会社の担当者からも聞いていました。が、実際に業務に掛かると、まさか「電話対応」に加え、退職した正社員の穴埋め業務を頼まれました。とくに特別な知識もなく、はじめに説明された内容とは全く違うので全くわからないような内容でしたので、とりあえず、「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。
  • 退職|転職するための期間中は、そういう風にしたいわけではない…

  • 転職するための期間中は、そういう風にしたいわけではないのに時間が有り余っているため、ダラダラとした生活になりやすいですよね。・・であったとしても、そうした生活を習慣にするのはキケンです。人というのは、緊張感のない、だらけてしまった生活を続けると、肉体的にだけでなく、「心」もだらしなくなるからです。やがて、仕事をしようとする意欲が湧かず、経済的に困る状況にも・・・。このように、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、転職をしたい会社が見つからなくなります。次の仕事を決めることができないのは、お金を最優先に考えてしてしまうからです。お金を最優先事項に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。なので、お金に縛られない生活を始める為にダラダラした生活は、止めておきましょう。
  • 転職活動をしているなら、良いと思う求人(あるいは業…

  • 転職活動のさなか、良いと思う求人(OR 職種)を見た際に忘れず「〇〇業、ブラック」とインターネットで調べておくべきです。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントでは、業界のマイナス点は、知ることができないのが普通です。もしも、ブラック企業体質な業界であれば、インターネット検索を通じてすぐに現実を知ることができます。そういう実態を理解しないまま、仕事を始めてしまうと、のちに入ったことを後悔してしまうおそれがあります。だいたいその求人が出ている理由が、「仕事の内容がキツイからすぐに人が辞めてしまう」という場合も多いので、目に留まった業種について、疑問点を払拭した上で、応募するようにしましょう。
  • 転職活動では、それなりの準備が必要です。

  • 転職をスムーズに行いたい場合、然るべき準備はしなければなりません。準備といってもたくさんあるのですが、なかでも、目に映る「ファッション」は、大事な部分だと感じてしまいます。けれど、現在の面接では、私服で大丈夫な企業があるので、スーツを着込んで面接に臨まなくても良いケースもあります。とくに会社の創設したての会社などは、考え方が柔軟でスーツでいかないほうが印象が良くなります。さらに、正装でないので、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすい、というメリットもあります。そして私服なら、面接中に、服装について、話題が広がることがありますから、もしかしたら担当の人から気に入られる期待もできます。ということから、今後、転職は企業の「設立した年」を確認し、(ベンチャー系などの)面接の際は正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。
  • 就労であるのなら、状況が許す限り、会社内の人にバレないよ…

  • 就労期間中なら、出来るだけ周りの人にバレないよう(自身のときは)雇用中に転身する意思表示のみを早い段階で社内の人間に話して、反応を見たことがあります。けれど、その後に求人サイトを色々とみていったのですが、予想に反して転職する仕事を変えるタイミングも何一つ決まらずダラダラと時間だけが過ぎてしまいました。挙句の果てには一方、社内では業務の引き継ぎ、諸々の手続き、私自身の退職日などが確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず転職(できる)先を決める」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経験したあとで、次の就業先を見付けなくてはなりませんでした。
  • 退職|比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を過ぎ・・

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を迎えたら任意のタイミングで辞められるわけではないと、転職を経験して感じました。私は新婚生活が落ちついたあとなるべく早く子供が欲しかったので、その時が訪れるまでのあいだ、数年ほど継続で仕事したいと思ったので、就職することにしました。フルタイムでなく派遣社員ということもあり、給料は少なかったですが、仕方なく家庭の時間を優先するために、あえて選択しました。ところが、入社してみると一緒に働く方たちはほとんどの方が派遣の仕事を10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。結論として派遣であったとしても、期間が過ぎたら辞められる雰囲気ではないと気付かされ、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。
  • もしもあなたが転職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において…

  • もしあなたが転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」において大都会から地方に移り住んだうえで再就職したいと考える人が増加しています。今では求人情報サイトの地域指定をするだけで、地方や郊外での求人情報にもいつでもアクセスできます。ですが、地方や郊外での求人については、どうしても選択肢が限られてくるのが難点でもあります。といった性質上の問題があるので、転職サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。転職サイトに加え、その地方の自治体や商工会議所のサイトもよく確認しておきましょう。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に開催している就業サポート系のイベントについても見逃さないようにしましょう。
  • かつての私は、「転職サイト」を活用するより、いつも「ハローワーク」を利用していました。

  • かつての私は、求人情報は「転職サイト」よりも、いつも「ハローワーク」に相談していました。なぜなら、大手「転職サイト」は、特性上、都心部の求人募集ばかり掲載しているからです。そのため、転職は「ハローワーク」に頼ってばかりでした。掲載されているどうしても知名度は低くなってしまいますが、古くから地域密着なので、都会以外での転職には役立ちます。また、「どんな求人があるかわからない」という先入観がある人も多いとは思います。以外にも、求めていた労働環境の求人があるかもしれないので、この先退職後の就職活動が不安な方は、ハローワークへ行って相談してみてください。「転職サイト」みたいにたくさんの電話やメールが繰り返し来ることもありません。
  • 退職|転職活動の最後の難関として、現在勤務している会社の退職があります。

  • 転職活動を行う際の最後に残る難関として、現在勤務している企業からの退職があります。転職先の会社から採用の内定を得たとしても、現在勤務中の会社が、あなたを離したくないと引き留めるというのも起こりがちなことです。そうなった場合、「ゼッタイに退職する」という強固な気持ちを保つことが重要です。仮に引き留められて、一時的に収まったとしても、一度辞めたい、と思った会社は長続きしないでしょう。会社の規定を良く調べ、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届をきちんと作成しましょう。その後、決定権を持っている上司と直接話をし、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」と堂々と伝えましょう。円満退社になるよう心掛けるのも転職活動の重要な要素です。
  • 転職活動する場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必須だと考えられています。

  • 転職活動を行うときには「履歴書」「職務経歴書」を用意しなくてはいけません。ほぼすべての会社は履歴書と職務経歴書に記載されている内容を判断材料にして面接するかどうかを決めるため、とにかくこの書類が重要アイテムです。ただ穴埋めすることにとどまらず、内容を充実させることが大事です。職務経歴書は、今までの職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書きましょう。また、現在の職場で挙げた実績を、残業時間を何時間減らしました、など具体的に記します。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、うまい言い回しのヒントを得てみましょう。自分にプラスになるようにうまく活用することも有効な手段です。
  • 退職|再就職の際に行われる面接というのは、中小企業だった…

  • 転職希望者が受ける面接では、中小企業クラスの場合、概ねその社内の「人事」担当が面接官になりますが、場合によっては違うこともあります。例えば、共に仕事をする作業部署の一番偉い人、簡単に言えば管理職である課長や部長が担当することになるでしょう。また事務系・営業系に再就職する場合は資格による判断がしづらいので、やはり自身をアピールしていくことが必要であり大事なことです。面接担当から「この人はしっかり自己アピールできるし、良い戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことが大切です。
  • 転職時、比較的重視されるのが「面接」になります。

  • 再就職する際、重要なのがまぎれもなく「面接」です。多くの場合面接では、面接官が応募者に対して転職を決意した経緯などいくつかのことを尋ねられるとは思います。そして、面接が終盤を迎えるあたりで次は、面接希望者側からの不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがあります。例えば、「なにか弊社で働くことについて、質問しておきたいことはありませんか?」と聞いてくれるわけです。そういった質問が来たときは、緊張状態で、何も聞けずじまいになるかもしれません。後々後悔しないように前もって面接担当者からの質問に際し、答えを用意しておくのがベストです。具体的に知っているわけではありませんから、しっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 3日ほど前転職のために人材会社へと登録に行きました。

  • 先日転職の準備をしようと人材バンクへ登録をしに行きました。そこで登録時のカウンセリングに出てきた担当の人が見た感じ経験不足の社員のようで、こちらが説明をしていることの50%ほども理解できていない様子です。おまけに「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「きちんと自分の強みを明確化しておくことが必要です」等、一人前のことを偉そうに言い散らかすから大変嫌な気分になりました。カウンセラーはそれなりに社会人を経験している方にするべきです。
  • 転職は、最初の第一歩は企業そのものよりも、具体的には「担当面接官」…

  • 転職のための活動は希望する企業相手というよりも正確には「担当面接官」との勝負といってもいいでしょう。希望する職種に採用してもらえるように、第一歩として肩の力を抜いて焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。お見合いをする心構えで望むと問題はありません。更に大事なことは面接に進むと最も初めにあなたの内面的な部分をくまなく見られるので悪い印象を与える態度は注意しゼッタイに避けましょう。なおかつ良識ある社会人らしさが伝わるように、身だしなみや服装を整えながら、オーラを感じさせることができればいいです。魅力ある人物と面接官に思ってもらえれば、良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。
  • 古来より「石の上にも三年」という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。

  • 日本には昔から「石の上にも三年」という教えがあります。現在の社会では「終身雇用制度」が死語となりつつある現代では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は身近なものとして捉えている人も多いはずです。そうではあるものの、当たり前に転職が可能だと思い込み簡単に転職を選択してしまうのは考え物です。転職したいなら、タイミングを的確に捉える必要があります。その基本として、今現在の職場、自分の置かれている立場などについて、納得できていないと感じることを箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目はメモしてみてください。そうすることで、再就職に良いヒントを与えてくれます。そして、もしおおまかな進路が見いだせたら、先るだけ迅速に、今よりキャリアアップできるように、トライしていることも大切です。
  • 全くの初挑戦となる分野などに転職したいと思っている場合には・・

  • 経験のない業界などに転身する際には、自分が前職で身に付けたスキルややってきたことを生かすことができるという内容の訴えが必要です。その業種で経験をしたことがないという人は未経験の分だけそのジャンルの経験者よりも正直、不利になりますけど、自分自身の持っているスキルがその業界においても生かせるということをうまく相手に話せれば、勝負になることも多々出てきます。以上のことを踏まえ未経験の業種にチャレンジするときには、その業界と今まで自分が経験してきた仕事との関連を必ず探しましょう。