退職|新卒後最初に働いた会社で嫌な感じの上司に憂鬱な気分にさせら…

昔務めていた会社で反りが合わない上司に悩まされ、ついに・・

勤務していた会社で嫌な上司に嫌な気分にさせられ、最後には耐えることができなくなりその会社は辞め、ある他の同業の会社に転職をしました。その会社では居心地よく勤務することができてとても満足のいく日々でしたが、緩やかに会社の業績が悪くなり、ある会社に経営統合されることとなりました。偶然にもその統合先の会社が驚くなかれ前働いていた会社で、加えてものすごく嫌いだった上司が再度私の上司になるそうです。こういう悪いめぐり合わせとは、なんでこんな縁があるのでしょうか。当たり前のことですが再度の転職活動をやり始めています。

転職活動する際に気を付けるすべき募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料がよく…

転職のため職探しをする場合に気を付けるすべき求人の募集内容は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高く、拘束時間が長めというものです。このような案件の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいるケースがとても多いのです。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、例えばですが、30時間・45時間といった形で求人の記載内容に時間が書いてあります。毎月これくらいの残業が想定されるため、はじめから給料形態に残業代を含んでおくというシステムになります。(注意・違法ではありません)例えば『みなし残業代30時間込』とあれば、「書かれた時間分の残業代も含めてこれだけの給料です」という求人になります。でも、悪質な求人情報では『みなし』をわざと記載していないこともザラですのでよく注意をしておきましょう。

一昔前の求人情報では、雇いたい人の「性別」まで当然のように書かれていました。

一昔前の求人情報では、必要とする人材の「性別」まで明記されていました。ですが、1985年に男女雇用機会均等法が成立した影響もあり、雇用する際、男女差別がしてはならないルールができて、応募条件内に男女の性別を記載しないようになりました。そんな風に時代が変化したものの、求人を出す側としては、性別に拘らず雇用するとは断言できないのです。そんなわけで、実際は男手が欲しい案件に、女性の応募が殺到したり、女手が必要なのに男性がエントリーしてきたり、といったトラブルも他人事ではありません。求人情報で女性活躍等と紹介されている求人募集の場合は、雇い主再度が「女性」を必要としている、と考えると良いでしょう。

20代前半に転職を2度経験して、いまは資格の勉強をしなが・・

これまで20代前半に転職を数回行い、いまは資格を取るべく派遣社員として働いています。フルタイムの勤務を選択しなかったので給料は安くなりました。以前より心と時間に余裕が生まれ、満足しています。学生時代に取った資格を生かして仕事を続けるという方は本当に稀です。やはり、資格を活かしている人を見ると非常に羨ましいと感じてしまいます。以前までの私は自分と比べてしまうことがガッカリすることもありました。しかし、結婚してから、過去と比べ生活自体が大きく変わり、明確にやりたいことを見つけたのでしあわせな生活を送れるようになりました。

「シフト制」がある仕事についての話です。

シフトの仕事についての話なのですが、一定の曜日に働ける人を募集する求人を結構見ますが、もしも応募しようと思っているなら休む手順やシフトの出し方については確認しておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、以前に私自身が、産休で休む人の代わりに正社員として仕事をすることになったのですが、そこでは、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、誰も現場にいませんでした。産休に入った前任の方が「土曜、日曜」に必ず出られたので、私自身も同じタイプと思われていたようです。「土日」に外せない用事が入った場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、上の人たちに「代わりに出勤していただけませんか?」と私自身がお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。今思うとよくやってこれたなと思います。

趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている方は注意した方が良いです。

自分自身の好き、を仕事にしたいという風に思っている人は要注意です。これは、私が体験したことなるのですが、私は、もともと食べることが本当に大好きだったのですが、それが高じて、過去には、料理店に勤めていた時期がありました。そのお店での業務は、その飲食店で担当していた仕事内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容については、不満もなく楽しんで仕事ができていました。けれども、人間関係にとても疲れてしまったのです。そのことが引き金になり、職場を去ることになったのですが、その影響で、大好きだった食べること、そしてその店で扱われていた食べ物すら嫌になってしまい、よく似た店には今も行けていません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。この仕事を始めた頃は、大好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。好きなジャンルの仕事に就きたいと思うのは本当に素敵なことだとは思います。ですが、あなたの「好き」はどのくらい本気なものなのか、じっくり見直す必要があります。

ずっと接客関係でお勤めしてきましたが、加齢とともに立ったまま行う仕事・・

長い間接客関係で働いていたのですが、歳をとるにつれて立ち続ける必要のある仕事は体力的に難しくなり、座り仕事である事務系のお仕事へ転職することを目指して行動を起こしました。事務が未経験だとけっこう厳しくて、だから接客の経験も活かせる受付兼医療事務をしたいと資格も合格し個人医院に転職することができました。ベテランの先輩ばかりに囲まれて人間関係に関しても難しい。夜間のシフトばっかり押し付けられて、接客の仕事をしていた時よりも家に遅く帰らなければいけなくなりましたが、最初はキャリア形成をするんだと思って我慢します。

もし転職することが、今の会社にいる人たちがあなたの転職を知ってしまうと、…

もしも転職することを、今の職場の同僚たちが、あなたが退職すると知ってしまうと職場の空気が一変するおそれがあります。あなたの置かれている環境によっては、妬みなどから意地悪されることもあります。さらに、残業を押し付けられたりすることもあるので、軽はずみに転職のことを周囲に言うのは注意が必要です。そういったトラブルを避けるために、現在の職場では、真面目を装いましょう。そうしておけば、良い状態をギリギリまで残したまま、気持ちよく会社を退職することができます。加えて、円満退職になれば、転職後も、何かあったとき、アドバイスをもらえる機会も出来ます。業種などに関係なく、どこの会社も、人とのつながりがとても大事なので、仕事を辞める際のトラブルはしっかり回避しておきましょう。

退職|転社を繰り返す日々を止めるための対策は至ってシンプルです。

退職と転職を度々しないために、ひとつだけ対策が必要です。スキルを向上させることもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。今現在は、インターネットがあるので精神面を鍛えるための自己啓発系の情報はたくさんあります。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは関係のない行動をすることもメンタル面を強くすることができます。オススメは、「海外旅行」です。外国は、文化、言語、生活様式など、違うことばかりなので、刺激をたくさん受けることができます。なので、帰って来てから変化があるのです。日本に帰ってくると、「自分の視野の狭さ」に驚き、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え、面接に臨めば、これまでとは比べようがないほどに胸を張った面接になるので良い方法です。しかし、退職後はメンタルが弱気になりやすいので、気力回復のために休みも必要です。

退職|転職活動を現職と同時進行させる人が多いです。

転職活動を今の仕事と並立して進行させる人が多いです。しかし、忙しく仕事を続けつつ求人を調べながら応募したり、面接を受ける、というのは結構きついと思います。転職活動を行っている間は、現在の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにする必要があります。軽い気持ちで応募する、という人がいますが、書類選考が通ってしまい、面接に呼ばれたあと「辞退」した場合に、今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを間に入れて応募していた場合は、エージェントに悪いイメージを持たれてしまいますし、それとは異なり自分でダイレクトに応募したとしても、応募した会社からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。自分の大事な時間をドブに捨てることとなるため、行く気のないとりあえずの応募は避けましょう。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると理解しておきましょう。

退職|政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況につい…

政治による影響がでつつある転職事情ですが、今の安倍政権下ではアベノミクスや「三本の矢」などの新たな経済政策を打ち出し、内閣が打ち出した経済政策ともに日銀主導の金融政策とも相まって、財界・民間企業側からも新時代となる社会的な変化が具現化されてきています。そういった変化が加わったせいか、一般の企業では今度は労働人口減による「人員不足」がクローズアップされています。また最近では、「外国人労働者」の総数を高めていく前提と安倍政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、転職問題についても大きく幅が広がりそうです。このような社会的変化によって日本国内の雇用や転職をとりまく事情も変化していくのは間違いありません。

転職サイトは大規模なサイトであるほどたくさんの求人情報が掲載されているた・・

転職サイトは有名なサイトであるほど掲載される転職情報が多いため、気に入った2,3の会社を、とりあえずメンバー登録しておいて、勤務地・年収などにチェックマークを入れて、次に条件に合った求人情報が自動的に通知されるように設定しておくと簡単に転職情報を集めることができます。しかしながら、初めに限っては登録するのにそこそこ労力を要するので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録を行う初日は、少し時間がかかりますし、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、その後は、新着案件のみ確認するだけで大丈夫なので、後々のためにも、最初の準備をきちんと行うことを心がけましょう。

安定的な暮らしを手にするべく正規の雇用社員として働くことを意識している…

安定的な暮らしを手に入れるために正規社員として働くことを意識している人が結構多いと思います。即戦力として働けるように資格を取得するなどしていくら頑張っても正規雇用が難しいケースも少なくないはずです。準社員の求人募集が目につくのに正規雇用の求人情報以外は気にも留めず時間がムダに過ぎる、といった人が最近多いようです。もしも、正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、派遣社員に応募することも選択肢に加えてみましょう。契約社員を募集している会社であっても、働きぶりによって2,3年で正社員への転換が図れることもあるからです。採用面接時に、こうした可能性を質問しても人生設計が立ちやすいはずです。

新しい環境下で今までに身に付けた資格やキャリアを活用できれば・・

新たな勤め先で過去の能力を最大限に活用できれば、即戦力となって割と早く仕事場での信頼を勝ち得ることができるはずです。雇い主もスキルを持つ人材は常に欲しがるので、会社側が判断しても即戦力となる転職はそこまで難しいものではありません。それに加えて以前の業務内容と似た仕事内容なら転職自体、苦もなく叶えられるでしょう。とはいえ、即戦力になれるとはいっても大手の事務系の仕事や、公務員といったジャンルは、今も昔もかなりの競争率を勝ち抜く必要があるので楽観視は禁物です。

現在では、株・不動産投資といった、不労所得で生活費を稼いだり・・

今の時代は株・不動産投資などといった不労所得で生計を立てたり、個人事業や起業を目指す人も増えています。そういったような社会的変化に伴い、「自営業は不安定であぶない」といったこれまでの常識も変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長期には先の見えない個人事業という生き方よりも雇われているほうが大いに将来が安定していて、人生のもっとも正しい道としてまたそれが決まり切ったことであるかのように世の中に認知されてはいました。しかし、そういった成長期は過ぎ去り、現在のような時代は「成熟期」と呼ばれます。近い将来では、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、多くの仕事で人の手を必要としなくなる社会になる、とも言われています。

転職をする場合、前もって、求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを見たり・・

転職をする場合、始める前に、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を見たりして関心のある会社を調べるでしょう。とはいっても、当該会社が情報を公表するにあたっては、コンサルタントから指導を受けている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社にマイナスとなる情報を隠すプロでもあります。仮に公開する場合でも遠回しな表現に徹します。その種の会社や社員に関連する情報については、それを事実として見るのではなく、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。もしも美辞麗句を信じて会社に入った場合、予想とは全く違うと後悔することになりかねません。悪意ある会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、イチャモンをつけながらいかにして辞めさせないようにするか謀略を練っています。この手のブラック企業には注意が必要です。