退職|転職先を見つけるために人材紹介会社に登録に出向きました。

退職|一昨日新しい仕事先を見つけようと人材会社に登録に向かいました。

  • 先週転職の準備をしておこうと人材紹介会社に登録に向かいました。そのとき登録カウンセリングをしに出てきた担当の方が見たところ社会人経験の少ない社員のようで、こちらが説明していることの3分の1もその社員はわかっていない様子。そのくせ「キャリアデザインがよくないですね」とか「もっと強みを明確化しいていく必要があります」等、一丁前のことを横柄に言うからとても嫌な気持ちになりました。カウンセリングを担当させるのは多少は社会人の経験がある方にしてほしいと感じます。

  • 転職活動で大事なことは企業とのやりとりよりも正確には「担当面接官」と・・

  • 転職は、最初の第一歩は企業とのやりとりよりもどちらかというと「担当面接官」との勝負ともいえます。面接で成果を出すためにも、ゼッタイに肩の力を抜いて冷静に対応することを心がけましょう。例を挙げると女性とお見合いをする意識で望むと良いでしょう。面接係員は最初にあなたの内面的な素質をチェックしてもらうので悪い印象を与える行動は気をつけてゼッタイにやめましょう。また社会人らしく整った服装を意識してください。面接官に健康的で魅力がある人物と認識されれば、きっと自ずと良い結果を出せるはずです。

  • 日本には古来より「石の上にも三年」というコトワザがありますが、…

  • ”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」もなくなりつつある現在、「転職」は自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。しかしながら、「仕事を変えること」身近な存在になったからといっても、簡単に転職を選択してしまうのは考え物です。実際に再就職するつもりなら、時期を図る必要があります。ますはじめに、今現在の職場、仕事内容について全般的に、嫌な点を10個程度、書き出してみてください。そうしておくことで、再就職に良いヒントを与えてくれます。そしてあなたが、いつか決断した時にはできるだけ手早く、今よりも良い仕事ができるよう、努力していきましょう。

  • 初挑戦の業界などに職を変えようとするときには、自分が前の職場・・

  • 全く経験したことのない業種とかに転職をしようとするときには、自分が前職で身に付けた能力や今までやってきたことを生かすことができるという自己主張が必要です。その分野で働いたことがない人は経験のない分その業種で今まで働いてきた人たちよりも事実、足りない部分はありますが、自分自身の持っている能力がそこでも発揮できるということを相手に伝えることができれば、戦えることも出てきます。それゆえに、経験が全くない分野にチャレンジするときには、その業種と自分がこれまでやってきた職務との関連を見つけ出しましょう。

  • 退職|多くの場合大きな会社の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですか…

  • 一般的観点からすると大企業は定期採用中心で、転職希望者には適していません。そればかりか、都市近郊部~地方となるとその見込みはたいへん低くなります。けれども製造業においては、都市部でない地方の工業団地付近に製造工場を持っていることもとても多いです。そういった工場に的を絞れば、事業分野の拡大に伴って「途中採用」を積極的に行うので、そのチャンスを捉えるのです。そのためには、地方の工場に転職したいと考えているなら、転職を希望する会社についての予備知識をまえもって収集しておきましょう。ホームページをチェックし、求人予定がないかしっかりとチェックされることをお勧めします。

  • 新しい職場(転職先)では、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。

  • 転職先にて、「年収」の理想を高くしないようにしましょう。入社して1年目はほとんどの場合「試用期間」を含んでいる企業も少なくありません。自分の新たな仕事に就いたときは、尽力して転職して予想と異なり年間報酬が前職とあんまりイコールでした。加えて、業務はとてもキツく、責任が伴うもので、初年度を越すのも非常に苦労しました。そういった経験を踏まえると、初年度は、勉強する期間と割り切ってしまい、なるべく転職前に貯蓄をして備えておくべき、と痛感します。

  • 転職活動をやっていると、面接において例外なく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動で面接において間違いなく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機に限っては、隠さずに伝えてもOKですが、転職理由について率直に話すのは問題です。収入に対する不満、上司と相性が悪いことなど、聞き手があなたに良い印象を持ってくれる可能性は少ないです。もっとも、自分にとってマイナスになると予想されることをストレートに話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しやすいので、慎重に質問してくると考えておくべきです。不満を言うのを回避する方法として、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。そしてさらに、この企業に入社してこういうことをしたい、「5年先はこういったことをしているだろう」、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったようなポジティブなイメージを与えるようにしましょう。

  • 3ヶ月まえに、転職したばかりなのに、数ヶ月しかたっていないのに…

  • 2ヶ月まえに、転職したばかりであるにもかかわらず、入ってすぐに退職届を提出する人がけっこうよく見受けられます。何故かと思うと私見ですが気持ちも新たに、新しい仕事を見つけたというのに、「自分自身の理想としていた職場環境とおかしいと思うほどかけ離れていた」「職場が受け入れられなかった」という原因で去っていくのじゃあないかと思います。可能ならばこういった転職における失敗をしないためには、やはり、事前の情報収集を徹底しなくてはなりません。徹底して行うべきなのです。職場独自のルール、通勤にかかる時間、など前もってチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

  • 退職|現実に失業保険を給付してもらうためには、求職活動をしているという証明が必要となります。

  • 失業保険を毎月、給付してもらうには、職を探していることが必要なのです。しかし、現実的には「今まで一生懸命働いてきたので、少しの間でものんびりしたい」というのが現実だと思います。なので、きちんと次の仕事を探しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。月に一回ハローワークに行って担当スタッフと面談するのは当然のこととして、その場で「求人票」を閲覧することを最低限やっておく必要があります。真摯に探したくないときは、求人票を熱心に閲覧しているふりをして、(ハローワークスタッフとの)面談時に「納得できる条件の仕事や自分にピッタリな仕事や、希望する仕事が残念なことに今回はありませんでした」と告げて次の機会を狙えば良いです。

  • 再就職の時に行われる面接時の身なりは会社側からクールビズでも大丈夫です…

  • 転職をする際の面接での身なりは会社側からクールビズで良いとと書かれていることもありますが、クールビズで面接を受けるのは失礼なのでは?と思ってしまいます。そのような考えを懐に感じている方に伝えたいのは、会社側からクールビズでも良いとされているのであれば、伝えられた内容を守った方が間違いないです。混乱してしまい、汗がだらだら出る季節にクールビズでないと面接担当者にに不自然に思われますから、会社側からクールビズでも大丈夫ですよと書かれていたらクールビズでいくのが望ましいです。

  • 女性が再就職する時、セクハラが社会的に問題になる前と現在と…

  • 女性が再就職するに当たって、一昔前と今日とでは多少の変化があるといいます。かつては面接のなかで会社側から、結婚の予定や出産後の考え方などについて、ごく一般的なこととして女性たちへ質問していました。しかし、最近では、そのような内容は、「セクハラ」と捉えられ、聞くのを避ける会社が増えています。そして、名の知れた大きな会社の場合は、あからさまに避ける傾向にあります。しかしながら、企業側は、はい・いいえ、だけでなく、その女性の考え結婚後も働きたい、出産後の具体的な予定を当然、知っておきたいとは思っているものです。自身の将来設計をわかってもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機と混ぜながら表現することで、面接担当官にも認識してもらえ、安心できると思うのです。たとえ、質問されていないことでも、こちらから率先して話を進めていきましょう。

  • 職を変える時に必要なビジネススーツの色においては、新卒の就活・・

  • 転職時の面接でいるスーツの色に関しては、新卒の人たちが就職活動の際にに準じている色が暗黙の了解となっています。ですので、紺や黒といったようなダークな色合いになります。それが、転職の面接でも、着用していくスーツの色合いはこのような暗めの落ち着いたカラーが大方を占めそうでない色のスーツの人はあまり見ることはありません。強いて言えば、たまにグレー系のスーツを着用している方が若干いるくらいで、ほぼ黒や紺色が大多数を占めているので、面接を行う人事の方から見てもそのような色が自然に見えますから、見た目の印象という点ではそういった色を着用する方が良いわけです。

  • 転職活動を考えているのなら、今の仕事・業務での納得いかない部分を…

  • 今からでも転職することを考えているのなら、今いる業務や業務の何が気に入らないのかをリストアップしてみましょう。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。元々不満な点が限界に達しているから転職しようと思われているはずです。が、「ちゃんと現状である仕事の客観的にみた問題なことを明確化する」ことをほとんどの人はやっていません。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。そのあとに、仮に転職した場合、「今よりも不便になること」を想像してみましょう。なぜなら、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職してからのモチベーションの低下は抑えることは容易になるはずです。

  • 転職の面接を受けるためある会社に赴きました。

  • 転職の面接を受けるため転職希望の会社へ出向きました。その会社で部屋が空いておらず外部の場所で採用担当者と待ち合わせて採用面接を行って、その場で解散をし、面接官も会社に帰らず直接帰宅するとのことでしたが、奇遇にも下車する駅が私と一緒だったのです。なので電車の中でも面接を行った人とずっとおしゃべりをしながら帰ることになり、おかけで緊張が解けて面接しているよりも話が弾んで、それがプラスになったのか何事もないまま採用を手に入れることができました。

  • 自身のスキルや資格を活用しながら転職を検討する場合…

  • 今ある自分のスキルや資格を活用しながら転職活動を考える際は、再就職しやすい業界と、そうでないものを知っておくと仕事選びに役立ちます。すんなりと転職がかなう業種としては、人材不足が社会問題にまでなっている「医療・介護」の分野が最たる例です。医療・介護の職種では看護師および介護士資格が必要であるため、誰もが簡単に応募できない事も大きく影響しています。今、医療や介護の現場で働いている人が、仕事がきついからと他の業界へ転職したいと思っているのなら、安易に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の業界は、スタッフの流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。ですので、安易に考えないことが重要です。転職を実際に行う際は、他の業種では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと気をつけておきましょう。

  • 退職|これから、私たちの社会的環境において単純労働は機械に変えられて…

  • 将来的に、社会では着々と短絡的な仕事は機械に置き換わってその移り変わりによって必要なマンパワーは削減されます。単純労働では、人よりも機械で作業するほうが数段にすぐれているからです。数を数えたり同一の作業をずっと繰り返すことは機械では当然へっちゃらです。当たり前のことながら人間とは違って文句は言わないし、ペースが変わらないし、適当にすることもないし、正確だし均一だし、そして、賃金が発生しないのも大きな違いといえます。人間を使う意味が無いことが明白で、機械化の流れは自然といえます。