安定した生活を求めるべく正規の社員を狙っている人は少なくない、というのが現状です。

安定的な人生を手に入れるべく正社員として働きたいと考えている人・・

  • 安定性を欲しがり「正社員」として働こうと思っている人は少なくない、というのが現状です。けれども、即戦力として働けるように資格を取得するなどして相当に頑張っているのに正社員として雇用されることが現実化しない可能性もあります。派遣社員の求人情報は充実しているのに、正社員の求人情報以外には目も通さず悶々とした日々を過ごしている人は意外と多いようです。仮に、正社員として希望する仕事に転職できない場合は、非正規雇用者の募集も選択肢に加えてみましょう。会社の一部は、働き手の能力によって数年で正規雇用へのキャリアアップできることもあるからです。採用面接を受けているあいだに、正社員として働けるチャンスがあるかどうかをヒアリングしておくと良いでしょう。
  • 退職|再就職先で過去のスキルを生かすことができれば、即戦力と周囲から見ら…

  • 新しい環境下で今までに培われてきた能力を活用できれば、即戦力と周囲から見られて割と早く職場にも馴染めるし、会社サイドしても、即戦力となる人材は常に欲しがるので、時期さえ問題なければ、円滑に事が進むでしょう。しかも、今までの仕事内容と似たような業種であれば、確率は十分にあります。とはいえ、それなりに実力があるといっても一流企業の事務系、公務員は昔と変わらずかなりの難関を突破しないと就職自体が難しくなります。
  • 今のご時世では、株・不動産投資などといった不労所・・

  • 昨今では、株・不動産投資などといった不労所得、または個人経営 や起業で頑張っている人も増えています。一概に「起業することは不安定であぶない」といった従来の考えも変わりつつあるようです。高度経済成長期の際にはどう転ぶかわからない個人事業で生きるよりも組織の一員として働くほうが大いに安定性があり、人生の正しい道として、またそれが至極当然のことのように、世の中に認知されてはいました。そういった社会全体が安定成長する時代は終わり、今は、「成熟期」という風にもいうらしいです。近い将来では、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、仕事でも人を不要とする時代になっていく、と言われています。
  • 退職|転職をする際は、予め、ネット上で求人サイトを閲覧したりし…

  • 転職活動をするとき、前もって、求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを見たりして関心のある会社を調べるはずです。ですが、当該会社が情報を掲載するにあたっては、コンサルタントからアドバイスを受けている場合が多いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す能力に長けています。たとえ公開したとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そういった類の会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などの話は、すべてを事実だと考えるのではなく、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。言葉を額面通りに受け止めてしまうと、「聞いていた話とまったく違う・・・」と気が付くことになることが多いです。悪徳会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、文句をつけながらいかにして辞めさせないようにするか画策しています。その手の「ブラック企業」の求人には充分に注意しましょう。
  • 退職|派遣会社に会員登録して働く人が一昔前の規制緩和以…

  • 仕事をするために派遣会社に登録する人が近頃は増えています。この先、派遣社員として働く予定があるなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がどのくらいで、どのくらいの額(割合)、自分に入ってくるかを可能な限り面接の際に聞いた方がいいです。派遣業は、人手が必要な会社に人材を派遣し、その見返りにお金を会社に支払うシステムになっていますが、派遣会社の多くは、派遣される労働者の取り分を積極的には開示していません。半分以上支払われているのであればまだいい会社だが、情報開示に積極的でない業作も多く、酷い派遣会社では、3割だけしか労働者に還元しないことも多いといえます。面接の際にあいまいな返答しかしない会社は、なにかと不都合な点を隠そうとする特徴があるので、可能であれば別の派遣会社で登録されることを推奨します。
  • 転職をするにあたっては、インターネット上で就職斡旋してくれる「エージェン・・

  • 転職するとき、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」を利用する、という方法もあるのですが、もしそこに登録し仕事が見つかった場合でも、失業保険の給付を受け取ることはできないので注意が必要です。失業保険は、「ハローワーク」で然るべき手続きを取らないと失業保険は給付されないのであとで後悔しないように気をつけておきましょう。他方、ハローワークにより斡旋してもらい、就職できたのなら、就職のための必要なものを揃えるための「一時金」を受け取れたりもします。ネットで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険の手続きは取ってくれません。これについて知らない場合は、失業中にお金がもらえない事態になるので、気をつけておきましょう。
  • 退職|とある古物商の求人に応募したところ、書類審査に合格しました。その後…

  • ある古物商の人員募集にて、書類選考に合格したので、相手方から、面接日時を教えてもらいました。しかし、当日、時間通りに指定場所に向かうと、どういうわけか相手が面接の準備を全くしていませんでした。しばらく待って、所長と思しき人が面接中も半ば聞きというか、始終非常にだらしのない態度で迎えられ、ひとまず面接を終えました。しかし、予定日になっても結果連絡が一切来ず、待っていられず、私のほうから問い合わせてみると、「郵送で今日送った」と返答されました。しばらく待ちましたが、ですが、これも届かずそこでまた電話した結果、どういうことなのか、「今回はご縁がなかったということで」と有無を言わせずに電話を切られてしまいました。あまりの対応に呆れ返ってしまい言葉も出ませんでしたが、不採用で良かったとホッとしています。
  • 転職活動を行う際、様々な経路で情報を得ることが多いと思いますが・・

  • 転職する場合、いろんな方法で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職系の「口コミサイト」はかなり利用価値があり、オススメです。一時期、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になったことがありました。会社の都合で退社した元社員の腹いせとしてそのような口コミが投稿されていたという見方が一般的ですが、裏を返せば、書き込みの内容が真実でなければ、会社側が気にする必要すら無いともいえますよね。あるいは、本当のことが書いてあるので会社側としては、「真実が知られてしまっては困るから、早く火消ししなくては!」としていると考えることも出来ます。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることでアクセス数がアップしたり、サイトの存在感を示せるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが目立つということは、その分入社してからトラブルに遭遇する覚悟をしなければいけないと考えるべきでしょう。人もそうですが、いい会社にはトラブルは起こりません。
  • 新しい企業の社員になりたいと転職活動中の場合、「1日でもはや・・

  • もっと良い職場につきたいと転職をする活動をしている大半は、「1秒でもはやく、内定を手にしたい」と考えがちです。ですが、それで吉報を欲しいばかりに、自分の能力を高く偽ったり、また対称的に安売りするような行動は出来るだけ止めておきましょう。そうではなくて、焦る感情にブレーキを掛けて、冷静に客観視しつつ、自分の能力にあった職場を探すことに集中しましょう。これまでのキャリアを活用できるように、自分のライフスタイルにも合った転職先を賢く見極めていきましょう。
  • 年内中に転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうな・・

  • 今から転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそうなら忘れずに「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。勤めている会社が「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすれば必ず誰でも失業手当を受け取れます。詳細の手続きは「ハローワーク」で行います。自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、企業の都合の退職だったり、残業時間次第ですぐもらえる場合があります。ちなみに、もらえる「失業手当」の額は、最後となる月の直近の給料を軸に失業手当の支給する額を計算されるため、現在の会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、理想なのは「繁忙期」後に辞めるのが無難です。
  • 転職候補に挙がっている会社の会社見学は、たいへん勉強になります。

  • 転職候補先での会社見学に参加するとすごく参考になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」がいる会社見学は、スキルを近い距離で見られるので楽しめます。しかし、残念ながら「職人」がいる会社見学は、ほぼ例外なく見学者には、普段通りの現場を見せることがまずありません。例を挙げるとずばり、「ブルーワーカー」(肉体労働)です。個人のプライドも高い業種なので、実際に入社しないと、本来の姿は伺えないものです。なので、仕事=見学で触れた内容と考えないことがたいへん大切です。加えて、会社見学時に仕事体験ができる会社は倫理的にアウトですから正直言って、気を付けるべきです。入社してもいない人には万が一何かあっても、保証がないため、万が一、勧められても角が立たないように断っておくようにしましょう。
  • 転職サイトあるいは転職エージェントを通じて、転職活動をする人はますます増えています。

  • 転職サイトや転職エージェントを通じて、転職活動を行う人はたくさんいます。転職についてよりよい結果を得たいのであれば、同時に転職フェアに参加することをおすすめします。転職フェアは、複数の企業が一度に集まるイベントなので、一度足を運べば一度に複数の企業の情報を得ることができ、それにとどまらず、説明を担当するスタッフから、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。転職フェアに行く機会があれば、1次面接に臨むつもりで準備することを怠らないようにしましょう。幸運にもフェアでの交流の中で企業側から欲しい人材と思われれば、その後応募して面接に進む際にアドバンテージになるはずです。
  • 転職をする際に面接で絶対に問いかけられるのが会社を退職し…

  • 再就職をする時に面接でほぼ確実に問いかけられるのが前職を退職したのはどうしてなのか、という話です。この質問が出た場合には話の内容を退職した会社に向けない方が無難です。会社を退職した理由を的に絞り話が進むと必然的にマイナス面を取り込んだ内容になってしまいます。どのように話せばいいかと言えば、どうして前職を辞めたかという点をぜひともこちらの会社に入社したいと思っていたからといった内容にできたらベストという感じで、自己アピールもかねて自分が面接している会社に話を向けるべきです。面接を行っている会社の話であれば好印象の前職を辞めた事情にすることが可能です。
  • 退職|仕事を変えようとするときに、まずは今の会社を退社してか・・

  • 転職を考え始めたときに、勤務先の会社に退社の意向を伝えてからと思っている人もいるでしょうが、そういった場合には会社がいつボーナスを支給するかを事前に調べておくのが無難です。ボーナスのある会社はそこら中に存在しますが社員にボーナスを出す会社の場合には、ボーナスが振り込まれるのがあとわずかだったら、それを待ってから辞職するというのも賢明といえます。ボーナスは少々多くの額が入るはずなので、もらっておかないともったいないとも明白ですから、会社を辞めるときには会社がいつボーナスを支給するかについて確実に頭に入れておく方が賢いやり方です。
  • 退職|はじめて「失業保険」をもらう際に、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている人・・

  • 生まれて初めて失業保険を受ける場合、何もしなくてももらえると思っている人がたいへん多いですが、それは間違いです。現実には、きちんと受け続けるためには、職探しを続けていることが必要で、さらに、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。1ヶ月スパンでハローワーク職員との面談を経て、きちんと仕事を探していることをわかってもらえれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。その真逆に、本気で仕事を探そうとしていないという心証を与えたり、毎月の職員との面談に参加しないときは、アッサリと給付が一時停止となったり、ケースによってはその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそうならないために注意が必要です。
  • もしも転職される場合は、先に考えておいて損をしないのが資格の取得です。

  • もしもあなたが近い将来、転職するのなら、前もって資格を取るのがおすすめです。また、職場に籍をおいているあいだに、資格を取っておくのがベストです。転職の際でそれを生かせることができるので、次の仕事も見つけやすくなります。ですので、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が資格取得においての一番良い時期なのです。未来を見据えて、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、会社を辞めた後も躊躇なく次に進められるはずです。さらに、資格取得によって転職活動では資格が味方をしてくれるので面接のときには「即戦力」と見なされ、以前より待遇アップも期待できます。