退職|転職するにあたり、現在勤めている会社を辞める時に失業保険に関する手続きをしなければいけません・・

転職をするために今働いている会社を退社する時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりません・・

  • 転職をするために現在勤めている会社を辞める時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが、もしも自分の希望により退職願を出して退社する、いわゆる依頼退職においては即座に失業保険が給付されるわけではなく手続きをした後に失業が確認されてから3か月待たないともらえないのです。よく間違って会社を辞めた次の日から3か月経てば給付されると思っている人がいますが、この規則を勘違いしてハローワークのスタッフの方が間違っていると主張してハローワークの職員さんと揉めているのを見たことがある。因みに退職者の都合ではなくリストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇したときは、失業認定されてから即座に失業保険が給付されます。

    大きな転職エージェントに限って、たくさんの案件を取り扱っている…

  • 大規模な転職エージェントに限って、多数の案件を抱えているといえますが、その反面、転職を希望する競合者もたくさんいます。そのせいかあなたが、気になる案件を探し出したとしても、あなたの担当者が「転職するのが難しい」と判断すれば応募してもらえないことも少なくありませんし、企業から見てあなたよりも有能だと評価される人がいると、その人を優先して売り込もうとするのです。大規模な転職エージェントの場合、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱い応募しがたいので、考えを変えて少し規模の小さいエージェントに対し、応募したい会社や案件に関して相談し、応募できないか、と尋ねておくと転職希望者のために仕事してくれることもあるので、そういった活用も良いかもしれません。

    退職|就職活動において、年収はかなり大事なポイントです。

  • 就職活動において、年収は極めて大切な要素です。面接において、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき本当の年収を上回る額をもらっていると偽り、多額の年収を確保しようとしても、無駄でしょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、たとえ一度は信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ず虚偽の申告をしたことがバレていまいます。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現職での年収は正直に申告し、それに見合う希望年収額を設定しておくのが無難です。今の年収が400万円の方が、転職後にいきなり500万円になる可能性はまずあり得ません。仮に、今の年収が430万円だとすると、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが良いです。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職を余儀なくされる状況も考えられます。

    退職|転職する場合、転職後の年収を気にしすぎる人がそこ…

  • 転職というものをする場合、転職先での自分の給与について気にする人が意外と多く見受けられます。とうぜん大多数は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活するために仕事しているのだとは思います。だから年収がいくらかは自分がどのくらい評価してもらえるか、という側面もありますから、大切なものとして扱うのは当然ともいえます。でも、ひどく年収というものばかりを固執しすぎるのも悲しいものです。年収がさほど期待できない仕事であったとしてもやりがいを感じられることが多々あるからです。

    職を変えようとしようとしている時に目を光らせることに…

  • 転職をする時に目を光らせる求人情報というのは、目安として、アバウトに記載されている、という可能性もあり得ます。なので、載っている内容は正しいものだと思い込むのはやめておいたほうが最善だと思います。特に生活に大きくかかわってくる報酬の額などにおいては、平均的な額なのか?最低金額であるのか?最高の給料であるのか?といった評価ができないことが多く、自分の勝手な判断でとらえてしまうと、今後、悔しい思いをする事いなるかもしれません。そんな訳で、悔しい思いをしなくて済むように、募集内容は一般的なものだと思って、そういった大切な事は会社側に直に確認を取ってみた方が妥当でしょう。

    この頃はパソコンを使えばわかるけどネットのエリアには・・

  • 最近パソコンやスマホを使えばインターネットで見られる世界には要するに「転職に関するサイト」に類するものがそこらじゅうにあったりします。その相当な数のサイトから自身の目的にあった転職先というのを見付けるためには、最初は情報を集めることです。このようなサイトを上手く使いこなすことで、スムーズな転職先探しができます。更新頻度が高く、さらには客観性と正確性を持ち合わせた優良な「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。はじめは、本当に信用していいサイトかどうかを類似サイトと比較しながらしっかりチェックしてみましょう。

    退職|人の紹介で転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。

  • 人からの紹介によって転職の先を探す人もいるでしょう。しかしながら、そこでの労働環境や、それから労働条件といった部分について友人知人の口コミを過剰に信じるとあとでトラブルになるかもしれません。なぜなら、そういう口コミはその人の主観に基づいているからです。知人から見たら働きやすい働く場所だとしても、あなたの価値観に照らし合わせたときには、そうではない可能性もあります。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミだけに頼らずに、自分自身の目でしっかりチェックしてみてください。

    退職|失業によって得られる失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが・・

  • 失業したときにもらえる失業保険は、失業のあいだが給付の条件ですが、もらえる期間が決まっています。失業時までに働いていた期間に応じて変動し、90日だったり120日だったりするのですが、中にはこの事実を知らない人がいたりします。永久にもらえるものと勘違いして失業保険がもらえるからと遊び続けている人もいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから急に職を探しても条件のよい仕事を探すのは難しいです。転職を希望する会社の面接担当も無能ではないので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」といった箇所はおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。状況次第では、面接の時に何をしていたか質問されることになり、しどろもどろになると不合格となるでしょう。

    これから転職する場合、「派遣社員」として、転職を考えている…

  • 転職を、「派遣社員」を選択しようと思っている人に注意して欲しい点があります。なんとなく派遣社員の業務については、「データ入力」「お茶出し」「電話対応」のような仕事内容を考える人がいるはずです。かく言う私自身もそう勘違いしていました。現在働いている会社に入るまでは「派遣社員」の募集に応募した際にも、「業務は電話対応になります」と直接派遣会社から伝えてもらっていました。ですが、実際に働き始めると、なんと「電話対応」以外に、退職した正社員の業務の穴埋めを任されてしまいました。的確に動けるわけもなく、当初の説明と大きな食い違いがあるので毎日とても困惑しています。今は、「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

    転職の間は、知らず知らずのうちに時間に余裕がある・・

  • 転職するための期間中は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間が有り余っているため、気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活を送ってしまいがちです。・・であったとしても、そのような生活を常態化させるのはキケンです。人というのは、だれた生活が普通になると、肉体的にだけでなく、「心」にも悪影響があるからです。気が付くと、仕事をしようとする意欲がなくなり、経済的に困る状況にも・・・。そうなってしまうと、すべてが悪い方向に進んでしまい、転職をしたい会社をなかなか決められなくなります。次の仕事を決めることができないのは、お金を第一に考えるからです。もらえるお金を最優先に考えざるを得なくなるとキャリアアップのために転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そんなわけで、お金に縛られない生活をしていく上で、だらけきった生活は、しないように気を引き締めましょう。

    今から転職活動をするという時は、気になった求人(または業・・

  • あなたが転職活動をされているのなら、気になった求人(OR 業界)を見つけたときにきちんと「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索してみましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントからはその業界に関するマイナスとなる面は、知ることはできません。ネットで調べればインターネット検索でカンタンに本来の姿を理解できるでしょう。そういった実態を理解しないまま、会社に入ると、あとで入ったことを後悔してしまうかもしれません。そもそもその求人募集が出ている理由が「仕事の内容がキツイから人の出入りが激しい」という場合が少なくないため、目に留まった案件について、下調べをし疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

    転職を進めるには、然るべき準備は必須です。

  • 転職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、そんな中でも目に見える「ファッション」は重要だと感じてしまいます。ただ、最近の面接では、私服がOKな企業も多いので、「面接はビジネススーツでなくては」と考えて行く必要がない場合もあります。とくに会社の創設して間もない企業などは、厳格な規則もないことが多く、私服で行ったほうが、相手に好印象を与えられます。また、正装ではないので、フランクに話ができるメリットも。また、私服だと時には面接時にファッションで、相手との話が広がる可能性もあるため、面接担当者へのアピールにもなります。ですので、転職は会社の「設立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系の)面接の際は正装はせずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

    就労期間にあるときは、状況が許す限り、バレないよう・・

  • 在職期間にあるときは、極力社内の人間にバレないように(自身の場合)雇用期間中に転職したいという考えを活動初期の段階で周りの人間に仄めかしてみました。けれど、その後に求人情報を散々あれこれチェックしていったのですが、結局就職する転職時期すら何一つ進めていたので、やみくもに時間が過ぎてしまいました。挙句の果てには一方の当時所属していた会社の方は、仕事の引き継ぎ予定や手続き、退職予定日などが段々と確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」といった、本末転倒な事態になってしまいました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失職期間を経験したのち、次の就業先を見付ける活動をはじめました。

    時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を迎えた・・

  • 派遣社員であったとしても、契約期間を過ぎたら好きなタイミングで退職できるわけではないと転職活動を通じて感じました。私は結婚し、生活が落ちついたら、できればすぐに子育てに取り組みたかったので、子供ができるまでと思い数年くらい今までのそのまま仕事したいと思ったので、就職することにしました。常勤ではなく派遣社員としてだったので、給料は少なかったですが、仕方なく時間的な自由のために、この道を選択しました。しかし、入社したあとに、一緒に働く人たちのほとんど10年~15年くらい勤務しているというのです。意外にも派遣社員であったとしても、期間が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、ちょっと困っています。

    もしあなたが転職を考えた場合、「Uターン」「Iターン」にお…

  • もしもあなたが再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」において都市部から郊外・地方に移住したうえで再就職したい、と感じている人が増加傾向にあり、事実、実践している人も多くいます。最近は求人情報サイトを使用することで郊外・地方の求人も手軽にアクセスできるようになりました。ただ残念なことに、地方での求人に関しては、都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが欠点といえます。そのため、求人情報サイトのみに執着するのも考えものです。求人情報サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」といったサイトもこまめにチェックし、「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する就業サポートの有無も確認しておくとよいでしょう。

    これまでは「転職サイト」で職を探すより、いつも「ハローワーク」に相談していました。

  • これまでは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」に通っていました。どうしてかというと、ほとんどの転職サイトは特性上、都心の求人情報しか掲載していないからです。このため、新しい職場を探す際は、いつも「ハローワーク」を使っていました。やっぱり、多少知名度は低くなりますが、古くから地域密着タイプなので安心できます。「ハローワークって地味な雰囲気がある」というイメージがある方も多くいるかもしれません。転職サイトとは違った求人もあるので、もしも転職予定の方は、ハローワークへ1度行って様子を見ておくのも良いと思います。人気の転職サイトのようなたくさんの電話やメールが送られてくる心配もありません。