退職|転職時の面接で面接担当者から「転職理由を聞かせて頂けますか?」…

退職|転職時の面接の際に面接担当者から「転職理由をお聞かせください・・

  • 転職のための面接では注意する点があります。面接官から「転職理由は?」という風に、質問されるのは間違いありません。この時に、どれだけ正論だと思っても、以前の職場の労働環境や人間関係に関しての愚痴を絡めた返事は、可能な限り避けましょう。というのも、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスをダメにしてしまいかねません。そのため面接時は、「前向き」な姿勢を見せつづけることが必要があるため、実際の理由とは違っていても、「新しい職場ではスキルを生かしながら、キャリアアップを目指していくつももりです。」のように将来を見据えた受け答えが求められます。
  • 転職で職場を一新するということは、自身に見合った自分の希望に近い転…

  • 転職することで職場を新しく換えるということは、自分に見合った勤め先に就職したいものです。自分でも驚くほどの適職にありつくことができるかもしれません。でも、現実に行動に移すとなると、転職先にふさわしいスキルを持っていないと、転職自体が難しいです。違う言い方をすると、あなたの人材的な価値が上がるほど、天職に就くことができる可能性がある、ということです。昨今は、「職業選択の自由」が社会的にも当たり前になっているので、転職を決断したとしても困難も生じないでしょう。事実、終身雇用が死語となりつつある今現在では「使える人材が欲しい」と願う企業もだんだん増加しているので、今の良い時期を活かしましょう。
  • 退職|仕事によって精神的なダメージが蓄積され、会社を変えなければという気持ちになったなら・・

  • 職場環境のせいで精神的に自分が苦しくなって転職せざるを得ない状況に至ったなら、職場の人に相談するよりも身内と話し合い、会社を辞めるかどうかの判断をしてみましょう。なぜかというと、働くのは当事者である自分ですが、同時に、身内の問題ともいえるのです。どんなに高給をもらっていたとしても、精神的ダメージを負ってしまうまで無理して働くのは好ましいわけがありません。現在の社会では、金銭的なことよりも、働きやすいことを重視する生き方も認められつつあります。身内や、あなた自らの体を大事にしましょう。
  • こういう転職ができたという話は友人からの話です。

  • こういう転職というのは従妹の旦那から聞いた話です。新卒時に入社を強く望んでいた憧れていたA社で行われた最終面接で不採用となり、それから後泣く泣く別の会社に就業しました。その後1年経たぐらいに派遣の求人サイトを閲覧する中でA社の紹介予定派遣の求人を発見して、じっとしていられなくなり当時働いていた会社を即退職して、派遣社員としてA社で働き始めました。勇気がありますね。懸命に頑張ってそれから先幸運にもA社で正社員になることができ、現在においてはやりがいを感じつつ楽しく働いています。
  • このところ私は派遣会社で働いています。

  • 今、私は派遣の会社に登録をしています。ウェブサイトの中でなにげなく条件のよい仕事を発見し応募しようとすると「その仕事はすでに別の方に決まりました」と返答され瞬間的にウェブサイト上から仕事の情報を閲覧できなくなるのですが、どういうわけか翌日見るとまた載っています。これって要するに私ではよくないのだっていうことですよね。そういうことであれば初めからカドが立たないくらいで正直に言ってくれれば助かるのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。それともまたもしかして実際には存在しない仕事なのでしょうか?
  • 転職することを成功させたいのなら、前もって情報を集めることが必須です。

  • 後悔しない転職を目指すのなら、最初に意味のある情報収集をしておきましょう。そうするには現在は企業の名前を知られていない小さな会社といえども公式ホームページに会社のことを書いている企業がたいていだから、ネットの機能を駆使して気になる点をチェックしておくとそれとわからないことなどを解消しておくと良いでしょう。また、公式ホームページの他に、「転職サイト」をチェックしておくのも効率的ではありますが、そのほか、インターネット以外の方法として何よりも希望している職場を自分自身で見てチェックしてみることも大切です。
  • 楽しみつつ、転職活動と向き合うことで、メンタルへの重荷を抑えられるので…

  • 将来に目を向け、楽しい気持ちを持ちながら転職ができれば、精神的な重荷が減るので、転職期間中の堕落も避けられるはずです。そのうえメンタル面が問題がなければ、直ぐに転職が出来るでしょう。最良なのは、スムーズな隙間のない時間で新たな勤め先を見付けることが重要です。現在の会社に勤務しながら、転職探しをすることが、もっとも良いです。それに、休職期間をなくすことで、退職後もすぐに働けます。そうすることで、職歴にも空白期間ができることがないので、履歴にもキズがつきません。要するに、転職の際に不利になることがないということです。今後のことを考えつつ、円滑に転職活動を進めていきましょう。
  • 派遣として勤務しています。労働契約法が原因で不本意に・・

  • 派遣として働いています。派遣法や労働契約法のおかげで残念ながらずっと働いていた企業での仕事があと数週間で終わります。仲間の派遣社員の中には派遣で就業している会社で直接雇用のポストを獲得した人もいるのですが採用された理由としては正直仕事が優秀というわけではなく派遣先の上司の扱い方が得意な人でお引き立てがあった気配。業務処理能力より上司にゴマをする能力の方がいるんだねーと選考に漏れた他の派遣のメンバーと不満をたれる毎日です。
  • 退職|勤務していた会社でパワーハラスメントを行う上司に神経を使い…

  • 勤めていた会社で嫌な感じの上司に頭を抱え、とうとう我慢することができなくなり退職し、同じ業種の別の企業に職を移しました。そこでは面倒な上司もおらず本当に満足のいく日々でしたが、月日の経過とともに会社の業績が悪くなり、ある会社に経営統合されることになりました。そしてその統合先の会社がなんと前にいた会社で、おまけに転職のきっかけとなった上司が再び私の上司になることになりました。どれだけご縁があるのでしょう。もちろん新規の転職活動を開始する予定です。
  • 転職するため仕事探しをする際に気を付けたほうがよい募集内容は、…

  • 転職のため職探しをするときに特に注意すべき募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料がよく、拘束される時間が長いものです。こういった案件は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算している場合が非常に多いです。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので30時間、45時間という感じで求人の記載内容に時間が併記してあります。毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、給料に残業代を入れておくということです。(この仕組みは違法ではありません)もしも『みなし残業代30時間込』と表記されていれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合、この給料です」ということになるわけです。が、悪質な求人では、告知しておくべき『みなし』をわざと記載していないこともザラですので充分に注意を払っておきましょう。
  • 数年前は求人誌には、必要とする人材の「性別」まで記載されているのが普通でした。

  • 前の求人誌には、雇用主が求める人材の「性別」までもれなく記載されていました。ですが今現在では、1985年に男女雇用機会均等法ができたことによって、男女の求人や、採用での差別をしてはならないという決まりになり、応募条件のなかに「性別」を明記できなくなりました。けれど、募集情報を出す側は、本当のことを言えば、どちらが希望と言う想いがあるのです。実際、本当は男性必要な案件に女性が募集にやってきたり、女性希望の会社に男性がエントリーしてきたり、といった感じのトラブルが多々発生しています。例として、「女性が活躍できる職場です」とアピールする案件では、求めているのは女性だと捉えておいたほうが良いでしょう。
  • 退職|20代前半に転職を2度経験して、そして現在、資格取得のた・・

  • 20代に転職を2度経験して、今現在は資格を取る目的で「派遣社員」として働いています。フルタイム勤務を選択しなかったのでどうしても毎月の収入は安いのですが、前よりも心と時間に大きな余裕が出来ています。学生のときにいくつか資格を取得し、仕事できれば良かったのに、とは思います。また、実際、そういった人をみると自分もこうなりたかったと思ったりもします。昔の私は、今の自分と他人をどうしても比べてしまい、何度か劣等感を感じることもありました。今は結婚をキッカケにがらりと生活環境が大きく変わり、前よりもやりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、充実した日々を過ごせています。
  • シフトの仕事についてです。毎週、同じ曜日に仕事できる人を募集している求…

  • シフトの仕事についてです。毎週、決まった曜日に入れる人を募集している求人を頻繁に見ますが、もし、応募しようと思っているならシフトの提出方法、休む方法については、事前にたずねておいた方が良いです。それはなぜかというと、私自身、産休で休む人の代理として正社員の仕事についたのですが、そこでは「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、他の社員は現場に出ないといった状況でした。産休に入った人が土日は休むことなく出勤していたので、私も同じタイプと思われていたようです。実際「土日」に外せない用事が入ると、シフト変更の必要があり上司に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」とお願いをしに行かなければいけませんでした。立場は同じなのに、土日は一人だけなんて・・・。思い返すと「よく耐えたな」と。
  • 退職|自分自身の大好き、を仕事にしたいという風に思っている人は注意が必要です。

  • 趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている人は気をつけた方が良いです。これは、私が経験したことなのですが、私自身、食べることが大好きだったのですが、かつては、料理店(レストラン)で仕事をしていました。そのお店での業務内容は、そのお店で私が担当していた業務は、盛り付け作業やホール業務です。この業務内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しんで働いていました。しかし、人間関係に悩まされました。そのことが引き金となり、退職することにしたのですが、それと同時に、大好きだった食べることやそのレストランでメニューとして提供されていた食べ物も嫌になってしまい、同ジャンルの飲食店は現在も行く勇気がありません。店のにおいを思い出すのも嫌です・・・。この仕事に就いたばかりの頃は、好きだったことがキライになるとは思いませんでした。趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きたいと夢見て、それを実現させることは本当に素敵なことですが、その『好き』のレベルはどれくらいなのか、改めて向き合ってから行動するべきです。
  • 長きにわたって接客業で仕事をしていたのですが、年をとったせ…

  • 長きにわたって接客業で勤務していたのですが、加齢とともに立ったままで行なわなければいけない仕事は体力的に難しくなったため、座って仕事ができる事務の仕事への転職を志して活動をしました。事務が未経験となるとけっこう厳しく、そうであれば接客の要素もある受付兼医療事務を目指そうと思い資格も取って個人クリニックに転職することができました。周りはベテランの先輩パートさんだらけで人間関係も複雑。夜間のシフトばっかりさせられ、接客業をしていた頃よりも帰る時間も遅いわけですが、最初はキャリアを形成する時だと観念して頑張ります。
  • もしも転職前、今の職場の同僚たちが、あなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、…

  • 転職することが、今の職場の同僚たちが、あなたの転職を知ってしまうと、職場の状況が大きく変わるおそれがあります。周りとの付き合い方によっては、意地悪されたり、やっかみもあるはずです。また、超過勤務をさせられることもあるので、軽率に転職のことを口にするのは考えものです。なので、上記のトラブルを回避するためにも、仕事場では、いたって真面目に振る舞いましょう。そうしておけば、良い状態をギリギリまで残したまま、会社を去れます。そして、何の問題もなく円満退職で終えられたなら、転職後にも、何かあったときに相談できるチャンスにも恵まれるでしょう。業種などに関係なく、どこの企業も、人とのつながりは大切であるため、退職前のトラブルだけは、できるだけ起こさないようにしたいものです。