退職|転職での面接などの時に面接担当者が名刺を渡してきた時…

転職の面接などにおいてもし面接担当者に名刺を渡された時…

  • 転職の面接などにおいて担当者に名刺を差し出されたとしたら、同じようにあなたも名刺を渡すべきか?と対応の仕方に迷った場合は、大体の場合は渡す必要はないと考えておいてください。面接というものは仕事内ではなくて、職を得るための就職活動の一環です。ですから一般的に考えて名刺を交換する時間とは異なります。加えて、あなたは会社の人としてではなく、あなたのことでこの場にいるわけです。要するに、もしも相手側から名刺を渡されても、あなた自身は、ただもらうだけで問題なくて、相手に渡す必要性はないと言えるのです。
  • 最初に転職を行う際、気を付けなければいけないのはなぜ現職を辞めたいかについ・・

  • 人生初の転職をするにあたって、大切なのは「現在の仕事を辞めたい理由」をクリアにしておくことだといえます。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておくべきでしょう。そして問題を改善できそうな会社を決定してみてください。転職活動は、大学等での就職活動とは違い、現在の仕事を続けながら就職活動を続けていくことから、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。したがって理由がはっきりとわからないまま転職活動を始めると、途中でうまくいかなくなるおそれがあります。何としても転職したい、現状に変化を加えたいという熱い気持ちがないのであれば、転職活動を開始するのは保留にしておいた方が良いです。
  • 現代、ネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、…

  • 最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの請負をビジネスとする会社も増加しています。「特許」を出した経験のある人は、連絡が来ることが期待できます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人以外にも、研究開発で論文を世に出したことのある人や、「雑誌・テレビ」などで話題になった人など何かで有名な人に狙いを定めて、電話やメールで勧誘をして、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。万が一、あなたがヘッドハンティングと思えるような話が出てきたなら、そのキッカケを考えてみましょう。そんなにはないことですが、ヘッドハンディングだと思わせて、「そのために登録料を払ってほしい」と依頼してくる業者もあるようですが、そういったものは高い確率で嘘ですから気を付けましょう。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者が支払うものではありません。
  • 勤め口を探していたころかなり多くの人材紹介会社に登録していのだが、…

  • 私が転職を考えていた時期に割と多くの人材紹介会社に登録していのだが、その時に特に感じたのは転職のアドバイザーのレベルも様々あってたいていの場合、満足できない感じるアドバイザーばかり。こちら側は人生の大事な事なのにもっと一生懸命に臨んでほしいという落胆した気持ちがこみ上げました。そのことが契機となって自分自身がキャリアカウンセラーになろうと考えたのです。資格を取得するのは費用もいりましたし資格取得のための勉強に関しても大変ではありますが、求職者から信頼される人になるために頑張っています。
  • 転職の際に失業保険についての手続きを行う必要がありますが…

  • 転職に先立って今務めている会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、自発的に退職願を書いて会社を去る、いわゆる「依願退職」のケースでは失業保険をすぐさま受け取れません。手続きが終わった後で失業したことが認められてから3か月待たないといけないのです。よく勘違いして会社を辞めた次の日から3か月経過すれば給付されると思い込んでいる人がいますが、この規則を間違って理解している人が、ハローワーク側に落ち度があると言い張ってその結果ハローワークの職員とトラブルを起こしているのを見たことがあります。ちなみに、退職者の都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定を受けてからすぐ失業保険が給付となります。
  • 転職エージェントは大規模であるほど、多種多様な案件を抱えている…

  • 大きな転職エージェントほど、多数の案件を持っている他方、転職希望登録者も多い可能性が高いです。それゆえ応募希望の会社があっても、転職エージェントの担当者が「転職が難しい」と判断すれば応募してもらえない可能性もありますし、企業から見て自分より高く評価される人がいると、その人を優先して売り込もうとするのです。大手転職エージェントの場合、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱っておりとても難しいので、発想を変えて中小レベルのエージェントに対し、応募したい企業や案件に関して相談し、応募できないか話しをしてみると、転職希望者のために動いてくれることもあるので、そのような活用の仕方も良いでしょう。
  • 就職活動において、ポイントになるのが年収です。

  • 転職活動をしていれば、必ず「年収」の話題が上がってきます。ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。実際の年収を偽って、多く申告し、転職先の年収条件を引き上げてもらおうと考えるのはやめておきましょう。というのは、結局は源泉徴収を提出することになるので、もし一度は信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ず後からバレてしまいます。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現職の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合った希望年収を設定するのが一番良いです。例をあげると、今の年収が400万円の方が、転職して500万円となる可能性はよほどのことがない限りありません。今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円と伝えておくのが無難です。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、せっかく入社した会社を退職しなければならないという事態になることもあるので、注意しましょう
  • 転職というものについて考えた場合、転職先での給与を気にしすぎる・・

  • 転職というものを考えるとき、転職先での給料を気にしすぎる人がとても多く見受けられます。たいていの方はだから生活費を手に入れるために励むのはずです。ですから年収がどれだけかは自分の評価という面もあるから当然大切なものであることは無理もありません。しかしながら、愚かにも年収の額ばかりをとらわれすぎてしまう生き方というのも虚しい気がするでしょう。それより年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的な成長を遂げられるチャンスは普通に転がっているからです。
  • 仕事を変えようとしようとしている時に目を光らせることに…

  • 仕事を変えようと考えている時に目を光らせる募集内容はだいたいのもので掲載されている、ということもあり得ます。ですから、そこに記載されている内容は何もかもが正しいことだとは思い込まない方が賢明でしょう。その中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる報酬においては社員を平均した額なのか?最低限保証されている給料であるのか?最も高く見込んだ給料であるのか?というような見解ができない時が多く、自分勝手に考えてしまうと、悔いが残る確率もあります。それゆえに、悔いることのないように、求人情報というのは、うのみにせずに、そういったような情報は会社側に直に聞いてみた方が良いでしょう。
  • 今ではパソコンやスマホは便利でネットで見られる世界…

  • とみにPCで調べればネット上には、要するに「転職のためのサイト」と呼ばれるものが無数にあったりします。その多くて困るくらいのサイトから自身に見合った転職先を見付けるためには、まずは情報を集めることが欠かせません。このようなサイトをうまく利用することでよりスムーズな転職が叶えられるはずです。転職情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される優良な「転職サイト」がある一方、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。とりあえずは、信用に値するサイトかどうかを類似サイトと比較しながら厳しくチェックしてみてください。
  • 知人からの紹介によって転職の先を見つける人もいます。

  • 知人からの紹介によって転職する先を見つける人もいます。それも悪いとはいわないけど転職をした先の労働環境やそれから労働条件に関する情報について、知っている人からの口コミ情報を鵜呑みに判断してしまうと後々面倒なことになるかもしれません。というのも、個人による口コミ情報は主観が入ってしまうからです。要するに紹介者的には、働きやすい良い職場環境に映っても、自分にとってはそうではない環境があります。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミだけで判断せず、自身の目で確かめておくことも大切です。
  • 失業者がもらえる失業保険は、失業している間もらえる・・

  • 失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業中でない人はもらえませんが、給付期間が無限に続くわけではありません。それまで勤務してきた期間に応じて変わり、90とか120日とか決定されるのですが、中にはこのような事実を理解していない人が少なくありません。永久にもらえると思い込んで働けば失業保険がもらえなくなると考えて求職活動をしない人もいますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから急に職探しをしても好条件のところを探すのは難しいです。面接に応じる担当者も無能ではないので、「いつ頃失業し、どの程度経過し、何をやっていたのか」に関してはおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。運が悪ければ、面接担当者からそういった質問をされるキケンもあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、受かりません。
  • 転職で、「派遣社員」を選択しようと思っている人にチェックしてもらいた・・

  • 転職を、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人にチェックしてもらいたいポイントがいくつかあります。まず派遣という言葉を聞くと、「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」のようなものをぼんやりと連想する人が多いかと思います。本音を言うと私もそう思ってました。今、働いている会社に入るまでは「派遣社員」の求人を見て応募したときには「担当してもらう業務は電話対応になります」と面接で説明を受けました。が、実際に入社してみると、まさか「電話対応」とともに、足りない正社員の業務の穴埋め役となるよう、頼まれました。何をしていいのかもよくわからず、はじめに説明された内容とは全く違うので日々非常に困っています。とにかく、ひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。
  • 転職するための期間中は、つい気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活を送ってしまいがちです。

  • 再就職先を探している間は、ついダラケタ生活になってしまいます。でも、そのような生活をしないことがお勧めです。なぜかというと、ダラダラとした生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「精神的」も不健全な状態になるからです。そのうち、仕事をしようとする気力も失い、お金が回らなくなって困ってしまうかもしれません。そうなると、悪いサイクルがさらにつづき、転職をしたい会社をうまく見つけられなくなります。再就職先をハッキリ決められないのは、給料を最優先に考えてしまうからです。もらえるお金を第一に考えざるを得ない状況ではキャリアアップのために転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。なので、お金に縛られないように暮らしていくためにダラけるような生活は止めておきましょう。
  • 退職|将来転職活動をするのなら、気になる求人(もしくは業界)…

  • これから先、転職活動をされるなら、気になる求人(あるいは業種)を見るたびにきちんと「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネットで検索を掛けてみましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントの言葉からはその業界に関するマイナスにあたる箇所は、アドバイスしてもらえません。もしも、ブラック企業体質な業界であれば、ネット検索を活用することですぐに多くの事例に触れられるはずです。そういう実態を理解しないまま、入社すると、あとで後悔してしまうかもしれません。その求人が出ていた理由が「業務内容が厳しく、人がなかなか定着してくれない」といった場合も多いので、目に留まった案件について、下調べをしてから応募しましょう。
  • 再就職にあたって然るべき準備は必須です。

  • 再就職をスムーズに行いたい場合、然るべき準備は不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、そのなかでも、「ファッション」を気になる人が多くいます。しかし、近年の面接では、私服が良い会社もあるので、ビジネススーツを着込んで臨まなくても良いケースもあります。会社の創立間もない企業などは、フレクシブルな考えなので私服で面接を受けたほうが、相手からの印象が良くなります。正装でないので、堅いイメージを与えないのでフランクに話ができるメリットも。さらに私服だと、面接時に、洋服の話もしやすくなります。ですから、面接担当者へのアピールにもなります。というわけで、これから転職は企業の「創立した年」で選択し、(ベンチャー系企業相手の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。