退職|就労期間中なら、可能なかぎり周囲にバレないように(自身の例で・・

雇用中には、できたら、バレないよう(私の例ですが)前職中…

就労期間中は、なるべく周りの人間にバレないように(私の転職活動では)就労期間中に転身したいという考えのみ活動初期の段階で周りの人間に言ってみたことがあります。とはいうものの、その顎、求人誌を散々色々とチェックしてみたのですが、転職先やタイミングすら何も決まらずズルズル時間がムダになるだけでした。挙句の果てには一方、会社のほうは、仕事の引き継ぎ予定や手続き、私自身の退職日などが続々と確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経て次の就職先を見付ける活動をはじめました。

時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、契約期間を迎え・・

時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年経ったらすぐ辞められるというわけではないことを実際に転職活動によって思い知らされました。結婚して落ち着いたらすぐに子供を持ちたかったので、子供ができるまでの間のために数年だけ今の仕事をしておきたいと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であるために、正社員よりも年収は少なかったのですが、ですが時間的な自由を優先するために、あえて選択しました。しかしながら、入社したあとに、一緒に働く人たちの大半が派遣社員として10年、15年と続けていらっしゃったのです。派遣社員であったとしても、期間が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気などなく、悩みが増えました。

退職|転職をするとき、「Uターン」「Jターン」において都会から地方に移住した上で再就職したい・・

転職をする場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」など、都市部から郊外・地方に移り住んだうえで再就職したい、と思っている方も少なくありません。最近は求人情報サイトを活用すれば、地方や郊外の求人もカンタンにアクセスできるようになりました。ただ残念なことに、地方や郊外での求人情報は、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある会社が少ないのが正直なところです。したがって求人情報サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。求人サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもまめにチェックしておかれることをお勧めします。そうした機関の転職サポートのイベントにも確認しておくとよいでしょう。

以前の私は、求人情報は「転職サイト」を使うより、主に「ハローワーク」を利用していました。

以前の私は、転職サイトを利用するよりも、「ハローワーク」を優先していました。その理由は、有名どころの「転職サイト」は、構造上、都心部にある企業の求人しかないからです。なので、新しい職場を探す際は、いつも「ハローワーク」を使っていました。やはり、求人募集をするいくらか企業や給料といった条件は見劣りしますが、昔から地域に寄り添った企業が多く、とても信頼性が高いです。また、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」と先入観を持っている方も多数いるかもしれません。良い求人情報もしっかり掲載されていたりするので、この先退職後の就職活動が不安な方は、参考までにハローワークへ行って相談してみてください。人気の転職サイトのようなこれでもかというくらいのお知らせやメールが送られてくることもありません。

転職活動をする際の最後の問題として、「今の会社の退職」があげられます。

転職活動をする上での最後に残る厄介な問題として、現職の退職があります。転職先の会社が採用の内定を出しても、現在、所属している会社があなたを手放したくないとして慰留しようとするはずです。そうなった場合、困難に負けずに退職する、という強固な意思を保つことが重要といえます。仮に会社に残るように説得されて、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を書いておきましょう。そのあとに、決定権を持つ上司と談判し、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」と毅然とした態度でのぞみましょう。円満退職をすること、これも転職活動において大事な要素となってきます。

退職|転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠になってきます。

転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書が必須だと考えられています。ほとんどの企業は履歴書及び職務経歴書の記載内容によって面接するかどうかを決めるため、まずはこの2枚の書類の作成が大事といえます。単に穴埋めするだけにとどまらず、内容を充実させることが重要です。職務経歴書は、過去に行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書いておきましょう。さらに、現職の社内で挙げた実績を、例をあげれば売上を前年比○パーセントアップさせた、などわかりやすく書くのが得策です。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。自己ブランディングのために活用をはかることも転職を成功させるための有効な手段だといえます。

転職の際に必ず受けることになる面接では、零細企業クラスの・・

転職時の面接では、中小企業だったら大体、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが、別の場合もあるようです。実際、これから一緒に仕事をする担当者、平たく言えば管理職である部長や課長が面接の場に居合わせる可能性もあるのです。また営業系や事務系に転職する場合は資格での人の判断をするのが難しいですから、堂々と自分を売り込んでいくことが必要であり大事なことです。面接担当の人たちに「この人はしっかり自己主張するし、頼りになりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大事です。

転職時に比較的要となるのがまぎれもなく「面接」です。

転職時にかなり重要視されるのが間違いなく「面接」です。よくある面接では面接官が応募者に対して、転職の動機や仕事の意気込みなどいろいろと聞かれることになりますが、そしてほぼ100%、面接官の質問攻めが終わったら面接希望者側からの逆質問に切り替わるのが普通です。担当者から、「何か弊社に関して質問はありますか?」と聞いてくれるわけです。と聞かれたときに面接者本人が緊張状態で、慌ててしまうかもしれません。そうならないためにも、予め面接担当者からの質問に際し、(あなたからの質問を)整理しておくのもいいかもしれません。すべてを把握していない職場ですし、何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、やってみてください。

退職|一昨日新しい仕事を見つけるために人材紹介会社に登録に向かいました。

先週転職の準備をしようと人材紹介会社へ登録に出向きました。登録するときのカウンセリングを行いに現れた担当の人がどうも入社してから間もない新入社員で、こちら側が説明している話の50%も彼はわかってはいない感じです!そのうえ「このキャリアデザインではダメですね」とか「もっと強みを明確にしていくことが大切です」等、一丁前に偉そうにしゃべるのでとっても不快でした。カウンセリングを担当させるのは多少は仕事の経験がある社員にしてほしいと思います。

スムーズに転職したい時は、希望する企業とのやりとりというより・・

転職活動で重要なことは希望している企業そのものよりも、人事や採用担当の面接官とのやり取りが肝心といってもいいでしょう。採用担当の面接係員に良い印象を与えるために、まずは緊張せずに焦る気持ちを隠し、平常心でいるように心がけましょう。お見合いをする心構えで向かうと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。また面接を介して第一歩としてあなた自身の人間性や人柄を評価してもらうので悪い評価になるような言動は気をつけてゼッタイにやめましょう。なおかつ良識ある社会人らしく綺麗に整った服装で向かいましょう。オーラを感じさせることができればいいです。企業にとって採用したい人材と思ってもらえれば、かならず自然と良い結果も出やすくなるでしょう。

日本には古来より”石の上にも3年”という教訓があります。

”石の上にも3年”というコトワザがありますが、現在の社会では「終身雇用制度」もなくなりつつある現在、転職というのは当たり前になりつつあります。でも、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、安易にそれを選択するのは考えものです。転職するつもりなら、タイミングというのも有るでしょう。その基本として、現在の職場・仕事について全般的に、例えば仕事内容や待遇面について嫌だと思う点を、約10項目箇条書きしてみてください。こうすることによって、再就職に良いヒントを与えてくれます。そして、未来の展望が拓けたのなら、決断を早めにし、より良い仕事ができるように進めることも大事です。

未経験の業界などに転業するときには、自分が前の職・・

経験したことがない業界などに転業を行う際は、自分が以前の会社で身に付けた力や経験を発揮することができるという内容の訴えが必要になります。そのジャンルに勤務したことがない人は経験のない分だけその分野の経験者よりも事実、不公平な状態になりますが、自らの持っている力がそこで生きるということをしっかりと相手に話せれば、勝負になるケースは多々出てきます。そんな訳で、経験が全然ない業界に挑む場合は、その分野と今まで自分が経験してきた職務とのつながりをできる限り見つけ出しましょう。

退職|一般的に一流企業は「定期採用」で人材を確保するため、…

一般的観点からすると大きな会社では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですから、転職希望者には不向きです。おまけに、都会エリア外だと転職の見込みはとてもきびしくなります。しかしながら製造業の企業においては、地方の工業団地近辺に工場を構えていることがよくあります。さらに、そういう工場は、事業拡大時等に「途中採用」をしていることがよくあるので、このチャンスに転職するのもいいでしょう。そのためには、地方の工場を転職に考えるなら、転職を希望する企業についての予備知識をまえもって仕入れておきましょう。ホームページに訪問し、求人予定の有無など、ちょくちょくチェックしておきましょう。

職場を変えたいと思っているのなら、「年収」の高望みはしないほうが良いです。

転職を考えているのなら「年収」の理想を高くしないようにしましょう。中でも、転職して1年目はほぼほぼ「試用期間」を含んでいるというのが多かったりもします。私のときは、苦労の末手にした仕事なのに、悲しいことに以前の職場での年収とほぼイコールで変わりませんでした。さらに、仕事はかなりキツく、責任のあるもので、初年度をクリアするのにひどく労力を伴いました。そのような実体験をしてみると、初年度は、仕事を覚える年と割り切り、できる限り転職するよりも前から貯金をして気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

転職活動をしていると、面接時に例外なく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をやっていると、面接で例外なく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち志望動機に限っては、率直に話してもOKですが、これとは異なり転職理由について隠さずに伝えるのは賢明ではありません。収入に対する不満、上司とそりが合わないことなど、面接担当者によいイメージを持ってもらえるものではありません。自分の得にならないことを何も考えずに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しやすいので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。不満を言うのを回避する方法として、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。加えて、この会社に入ってこんな仕事をしたい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形でうまく話をすり替えましょう。

3ヶ月まえに、転職したばかりであるにもかかわらず、わずかしかたっていないのに…

2ヶ月まえに、転職したばかりであるにもかかわらず、早期に退職を決意してしまう人がわりとよく見受けられます。何故そうなるのかと思うと私の考えをいうと新たな気持で良い環境を見つけたものの、「自分自身の理想としていたものと大きく違っていた」「会社のルールにどうしても慣れなかった」と考えて退職を決意することが多いといいます。可能ならばこういった転職における失敗を繰り返さないために、まずは転職先の情報収集を徹底する、に尽きます。職場内の環境、通勤に掛かる時間、昇給システム、など調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。