これはシフト制のある仕事についての話なのですが、特定の…

退職|「シフト制」の業務についてです。

  • シフトの仕事についてです。特定の曜日に働ける人を募集している求人を結構見ますが、もしも応募しようと思っているならシフトの出し方、休む方法については、あらかじめチェックしておくべきです。以前わたしは出産のため休む人の代わりに正社員として就職したのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外、他の社員は現場にいませんでした。産休に入った人が「土日」に必ず出勤することができたので、私もそういった形で扱われたしまいました。ですから「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフトを変えてもらう必要があり、職場の先輩たちに「代わりに出ていただけませんか?」と自ら連絡を入れなくてはいけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?冷静に考えると、本当によく我慢したなと思います。

  • 自分の趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きた…

  • 大好きなことを仕事にしたいと思っている人は注意が必要です。これは、私が実際に体験したことなのですが、私自身、もともと食べることが本当に大好きで以前は、料理店で働いていた時期がありました。そのお店での業務は、そのレストランで私が担当していた仕事内容は、簡単な盛り付けやホール業務です。この仕事内容については、不満もなく楽しんで仕事ができていました。ですが、人間関係のいざこざに疲れてしまったのです。そのことが理由で、職場を去ることになったのですが、その結果、あんなに好きだった食べること、そしてその飲食店でメニューとして扱っていた食べ物も嫌いになってしまい、その系列の店にはしばらく経った現在も行くことができません。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事に就いた当初、大好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。自分の得意なことや大好きなことを仕事にしたいと願うのは素敵なことだとは思います。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、じっくり自分に問いただした上で行動するべきです。

  • 長い間接客関係で働いていたのですが、年齢を重ねるにつ・・

  • 長期間接客関係で仕事をしていたのですが、歳をとると共に立ち続ける仕事は体力的に耐えられず、オフィスワークへお仕事を変えることを目標にして活動をしました。事務未経験となるとけっこう難しく、接客の経験が役に立つ受付兼医療事務をしたいと資格も獲得して個人病院に転職をしました。周りはベテランのパートさんばかりでよい人間関係を気づくのが難しい。夜のシフトばかりさせられ、接客業をしていた頃より帰る時間が遅くなったのですが、初めの頃はキャリアを形成する時期だと考えて仕事を続けます。

  • 転職することを、今の会社にいる人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、…

  • もしも転職することが、今の会社にいる人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、職場の空気が大きく変わるおそれがあります。あなたの置かれている立場によっては、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。加えて、残業時間を増やされることもあるので、軽はずみに転職のことを口にするのはお勧めしません。上記のトラブルを避けるために、仕事をしている現場では、真面目を装いましょう。そうすれば、良い状態をギリギリまで維持したまま、心置きなく会社を去れます。加えて、何の問題もなく円満退職で終えられたなら、辞めた会社にあなたが困ったときにアドバイスをもらえる機会にも恵まれるでしょう。業界に関係なく、どのような会社であっても、人とのつながりが重視されるので、会社を辞める前のトラブルは、できるだけ回避しておきましょう。

  • 転職を繰り返す日々を止めるためにすることは一つだけです。

  • 転職を度々しないための方法が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、メンタル面を鍛えると、転職を繰り返さなくなります。今ではネットを用いてメンタル面を強くするための自己啓発系の情報はたくさんあります。そんな、時に転職とは無関係な「とある行動」によってもメンタル面は強化できます。その典型例が「海外に行くこと」です。海外は、生活様式、言語、文化など、違うことばかりなので、大きな刺激を常に得られます。なので、帰国後変化があるのです。日本に戻ってくると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、「世間の小ささ」というものを実感することができます。その気持ちを携え転職先を探し直ぐに面接に行くと、これまでの面接とは違って自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。でも、退職後しばらくの間は精神面がダメージを受けやすいのでこれからのために休みも必要です。

  • 現在の仕事と並行しつつ、転職活動をする人はかなり多くいます。

  • 転職活動を現職と同時進行させる人が多いです。けれども、忙しく働きつつ求人情報をチェックして、その応募手続きをしたり、面接に臨むのは心身ともに負担がかかるといえるでしょう。また、転職活動時は、今の会社の同僚や上司に気づかれないように気を遣わなければいけません。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、書類選考が通ってしまい、面接に呼ばれたあと「辞退」した場合に、今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを使っていた場合は、エージェントに対して印象が悪くなりますし、自分で直接応募した場合も応募した企業から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。どちらにしても自分の貴重な時間をドブに捨てることになるので、行くつもりのない会社は、最初から応募しないのが正解です。新卒の就活とは全くことなることを認識しなければいけません。

  • 最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

  • 社会的な転職事情ですが、今の安倍内閣ではアベノミクス「三本の矢」など、経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策共々日銀の金融政策とあいまって、財界・民間企業間でもあたらしい変化が増加傾向にあります。そのこともあり企業伸長とともに若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「働き手が足りないこと」が社会的な問題として取り上げられています。ここ何年かの間で「外国人労働者」の割合を増加させ人材確保に務めていくであると現内閣は宣言しています。日本国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした社会的変化のなかで日本国内の雇用・転職事情も大きな影響が出てくるのは確実です。

  • 退職|転職サイトは大きなサイトの方がたくさんの案件が掲載されているため…

  • 転職サイトは知名度の高いサイトであるほど掲載される転職情報がたくさんあるため、だいたい2~3社ほどまずは転職者登録して、希望する勤務地や年収に対して条件を設定しておき、条件に適合する求人情報が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと転職活動がスムーズに行えます。でも、最初だけは登録するのにけっこう労力を要するので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録の初日は、けっこう時間がかかることから、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、次回以降は、新着案件のみチェックするだけで大丈夫なので、後々のためにも、初回の準備に手を抜かないことを心がけるのが無難です。

  • 安定を願って「正社員」になりたいと思っている人は結構多いと思います。

  • 安定した人生を欲しがり正社員として働きたいと思っている人はかなりいらっしゃるはずです。即戦力として働けるように資格を取得するなどしていくら努力しても、正社員として採用されることが叶わない事もあります。準社員の求人を見たとしても、正規雇用の求人以外は気にも留めず落ち着かない日々を過ごしている人は少なくないようです。万一転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、契約社員や派遣社員に応募することも視野に入れてみてください。正社員を募集していない企業であっても、働き手の活躍の度合いによって2,3年で正規雇用への転換ができる可能性もあるからです。ですから面接時に正社員として働けるチャンスがどの程度あるのかを質問しても将来設計にも役立ちます。

  • 再就職先でこれまでに培ってきた能力を活用できれば、即戦力として周囲から一目置・・

  • 再就職先でそれまでの資格やキャリアを発揮できれば、即戦力として周囲から高く評価されて、早々に仕事場にも馴染めるはずです。人を募集している会社側もそのような能力がある人材は常に必要なので、会社側が判断しても即戦力となる転職はとんとん拍子に事が運ぶでしょう。それに加えてこれまでの仕事内容と同じ内容であれば転職は非常に容易になります。そういっても、即戦力になる自信があなたにあったとしても、大手の事務仕事や、公務員(国家・地方ともに)の募集などは、今も昔も相当な競争率になる可能性が高いと見ておきましょう。

  • 退職|今のご時世では、株・不動産投資などといった不労所得で収入を得た・・

  • ここ最近は、株・不動産投資といった、不労所得で稼いだり、個人事業・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そういった世の中の変化に伴い、「会社員以外は不安定であぶない」といった従来の見解も変わってきています。高度経済成長の頃には、株式投資、個人事業といった稼ぎ方よりも雇用されて働くほうが安定していてました。人生の正しい進路として、またそれが至極当然のことのように、世の中に認識されていた。しかし、そのような時代は過ぎ去り、今現在は「成熟期」といわれます。コンピューターの進化とともに、近い将来では自動化・機械化が顕著になり、社会においては人手が必要なくなると言われています。

  • 転職活動を始める場合、事前にハローワークの求人票や求人雑誌を見たりし・・

  • 転職活動では、はじめに、ハローワークやインターネット上の求人情報を閲覧したりして関心のある会社を調べるはずです。とはいっても、その会社が情報を公にする場合には、専属「コンサルタント」が手を入れている可能性が高いです。コンサルタントは、会社の利益にならない情報を隠す達人です。不都合な内容を公表する際も、遠回しな表現に徹します。そのような類の社員の声や社長のインタビューについては、そのままを信じるよりも、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。もしも言葉を額面通りに受け止めてしまうと、「こんなはずじゃなかったのに・・・」と後々、後悔するおそれがあります。たちの悪い会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、そのあとは、あれこれと理由をつけて辞めさせないように謀っています。このようなブラック企業には注意しましょう。

  • 退職|派遣という形で仕事をする人が一昔前の規制緩和以降、増えています。

  • 派遣会社を介して仕事をする人が現在増えてきていますが、もし、自分が派遣社員になるつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、その中でどれだけが自分の報酬になるのかを可能であれば面接のときに確認しておいた方が無難でしょう。派遣業は、人手を欲する企業に人材を派遣し、その見返りにお金を会社に支払うシステムと考えることができますが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることがほとんどです。5割以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、あまり情報開示をしない業者が多く、ひどいケースでは、3割だけしか労働者に還元しないケースも多くあります。面接時に、真摯に返答してくれない派遣業者は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、別の派遣会社で登録すべきです。

  • 退職|仕事探しを行うにあたっては、ウェブ上でのエージェント…

  • 転職をする際、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」のお世話になる場合もありますが、もしあなたがその種のところに登録してその結果仕事に就くことができたとしても、失業保険の給付を受け取ることはできないので注意が必要です。ハローワークを使わずに就業しても失業保険をもらうことはできないので後々、後悔しないようにしたいものです。これに対し、ハローワークを経て斡旋された会社に就業した場合は、就業に備える準備金として「一時金」を受け取ることができます。ネットを拠点にする就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に転職を斡旋し紹介料と言う形で企業から報酬をもらうだけであり、失業保険とは何の関係もありません。この点について知らないでいると、失業中にお金をもらえない状況になるので、就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。

  • とある古物商の求人にて、書類審査を通過し先方から、面接日時を教えてもらいました。

  • とある古物商の求人にて、書類選考に受かりました。2、3日して相手方から面接の日時を教えてもらいました。けれど、面接日当日、指定場所へ行ってみると、手違いがあったのか相手が、面接準備を一切していないと知りました。しばらく待つと、所長らしき人が面接担当をしてくれましたが、終始たいへんにやる気のなさそうな態度を見せて、面接が終了しました。でも、予定日を過ぎているのに、合否結果も告げられず、しびれを切らし、自ら問い合わせてみたところ、「郵送で今日、送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、私の手に届くことはありませんでした。そんなわけで改めて問い合わせてみた結果、意味が分からなかったのですが、「結果は不採用でした」、とそう言われてすぐ、電話を切られてしまいました。あまりのことに呆れ果てて言葉も出ませんでしたが、とりあえず採用されなくて良かったと感じています。

  • 転職する場合、いろんな手段で情報を得るのが通常だと思いますが・・

  • 転職活動をするにあたっては、様々な方法で情報を集めることが多いと思いますが、転職についての口コミサイトは本当におすすめです。少し前に、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたという理由から、運営サイトを相手に損害賠償請求を起こした事例もありました。辞めた、辞めさせられた社員の腹いせでそのような口コミが投稿されているとみるのが一般的ですが、見方を変えると、ウソの書き込みだったのなら、やられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。または、本当のことが書いてあるので会社側としては、「このままではマズイと思い、はやく火消しをしよう」と考えているのかもしれません。「口コミサイト」も囃し立てることで注目されるので黙認しますが、悪い口コミが多いと言う事はその分トラブルに遭遇する可能性も高いと捉えておいて問題ないと思います。何より、良い会社だったらトラブルなんて発生しません。