転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている…

退職|転職で、「派遣社員」として、転職を考えている人に覚えてほし・・

  • 転職を、派遣社員」で考えている人にぜひチェックしてもらいたい点が数点あります。派遣に関しては、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」などの業務をなんとなくイメージする方がおそらく多々ありますよね。実は私自身もそう思ってました。今、勤めている会社に入るまでは「派遣社員」の求人に応募した際にも、「電話対応がメインです」と面接で説明を受けました。でも、仕事に就くと、まさか「電話対応」以外に、辞めた正社員の業務の穴埋めを任されてしまいました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、はじめの説明とは全く違うので日々非常に参っています。今はとにかく、派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

  • 退職|転職先を探している間は、そういう風にしたいわけではないの…

  • 再就職先を探している間は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間が有り余っているため、緊張感のない、だれた生活になってしまいます。しかしながら、そのような生活を常態化させるのはキケンです。人間というのは、だらけてしまった生活を続けると、肉体的にだけでなく、「メンタル面」にも問題が出てくるからです。そのうち、仕事をしようとする気力も失い、生活ができなくなり困ることにもなるでしょう。こうして、負のサイクルができてしまい、次の勤め先が決められません。転職先を決めることができないのは、給料を最優先に考えてしまうためです。もらえるお金を最優先に考えざるを得ない状況ではやりがいを求めて転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。というワケで、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラけるような生活は転職活動中には必要ないのです。

  • 今から転職活動をするのなら、良いと思う求人(OR 職種)…

  • あなたが転職活動をされているのなら、気になる求人(職種)を見つけたら、逐一、「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索しておきましょう。求人票・転職エージェントの言葉からはまずその業界のマイナスにあたる箇所は、知ることは不可能です。もしも、ブラック企業体質な業界であれば、インターネット検索を活用することでカンタンにおおまかな実態を理解できます。そうしたチェックを怠りながら入社してしまうと、直後にしっぺ返しを食らうおそれがあります。そもそも求人が出されていた理由が「業務内容がキツく、人が辞めて穴が開く」というケースがかなり多くあります。気になる業種や案件に関しては、しっかり調べた上で応募しましょう。

  • 退職|転職活動を進めるには、相応の準備は必須です。

  • 転職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、特に目に映る「服装」は、気になっている人も多いと思います。ですが、ここ数年の、企業面接については私服が多い会社があるので、スーツで面接に臨まなくても良い場合があります。とくに会社の創立したての新規の企業などは、お堅い規則もないことが多く、私服の方が良いイメージを持ってもらえます。そして、ざっくばらんに会話がしやすくなります。さらに私服だと、時には面接時にファッションの事で話題が広がることがあるので、面接担当者と仲良くなれる期待ができます。というわけで、転職する際は、企業の「設立した年」を事前確認し、(ベンチャー系などの)面接時には私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

  • 退職|就労中には、可能なかぎりバレないよう(自身の転職活動で…

  • 在職期間中なら、極力同僚にバレないように(ちなみに私自身のときは)雇用期間中に転身の考えをはじめのうちに社内の人間に仄めかして反応を見ました。けれど、その顎、求人情報を必死にあれこれチェックしていったのですが、就職先やタイミングさえも無鉄砲に煮詰まっていないままズルズル時間だけが経過してしまいました。そしてその一方で、会社の方も仕事の引き継ぎや手続き、退職予定日などが段々と確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、就職先を見付ける」といった、お粗末な事態になってしまいました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失職期間を経験したのち、次の就業先を再度探しました。

  • 派遣社員であったとしても、1年経ったら好きなタイミングで辞められるわけではな…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員になっても自分の好きなタイミングで退職できるものではないと転職で気付かされました。私は結婚生活が落ちついたら、早く子供が欲しかったので、妊娠するまでと思い1年半~2年ほど現在の部署で継続で仕事したいと思ったので、就職することにしました。常勤ではなく派遣社員であるために、給料は安かったですが時間的な融通のために、この道を選択しました。でも、いざ入社してみたら、一緒に働いている人たちはほとんど10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。結論として派遣といえども、契約が過ぎたらすぐに辞められるワケではないと、この先どうすべきか、とても困惑しています。

  • 退職|再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」のよう…

  • もしもあなたが転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」といった具合に、都会から地方に移住した上で転職したい、と考えている人が、近年増えています。今では転職サイトを使えば、地方の求人も手軽に知ることができますが、しかしながら、郊外や地方での求人は大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある企業が少ないので、それがマイナスといえます。したがって転職サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。転職サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなどもこまめに確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に主催している転職サポートの情報も見逃しがないようにしましょう。

  • 退職|これまでは転職サイトを利用するよりも、「ハローワーク」を優先していました。

  • 前は「転職サイト」で職を探すより、主に「ハローワーク」が中心でした。というのも大きな「転職サイト」は、なぜか都心部の求人情報ばかり掲載されているからです。これまでの転職する際は「ハローワーク」に頼ってばかりでした。大手転職サイトに掲載されている求人よりいくらか給料などの条件は若干見劣りするのですが、地域に根ざした情報が自分に適した職が探しやすくなります。また、「ハローワークって地味な雰囲気がある」と先入観を持っている方も多いかもしれません。でも、理想的な求人を発見できるかもしれないので、そろそろ転職するべきか悩んでいる場合は、参考までにハローワークへ1度行ってみることをお勧めします。大手転職サイトみたいにこれでもかというくらいの電話やメールが繰り返し来ることもありません。

  • 退職|転職活動をする際の最後の難問として、「現在勤めている会社をいかにして辞めるか」という問題があります。

  • 転職活動をする際の最後にクリアしなければいけない難問として、「今勤務している会社をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の企業を見つけても、現在勤務中の企業が退職を引き留めることも珍しくありません。そのようなケースでは、「ゼッタイに退職する」という強い気持ちでいることを必要といえます。仮に引き留められて、一時的に収まったとしても、一時辞めたいと思った会社には、結局は長居はできないはずです。会社の規定をチェックし、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届をつくっておきましょう。その後、決定権のある上司と談判し、退職を考え直す可能性はありませんと、(毅然とした態度で)伝えましょう。円満退社を目指すのも転職活動を成功させるためには必須です。

  • 転職活動を行うにあたっては、「履歴書」「職務経歴書」を用意しなくてはいけません。

  • 転職活動においては、履歴書と職務経歴書がポイントです。ほぼすべての会社は履歴書及び職務経歴書に記載されていることを考慮した上で面接するかどうかを決めるため、まず第一にこの2枚の書類の作成が重要になってきます。単に記入するだけでなく、内容を充実させることが重要です。「職務経歴書」では、過去に経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書き出しましょう。さらに、過去だけでなく現職で挙げた実績なども有効です。たとえば残業を何時間減らして売上は何%増やした、などわかりやすく書くのが得策です。作成に行き詰まったら、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、より良い内容に改善していきましょう。自分のブランディングのためにうまく活用することも転職を成就するための選択肢として考えておきましょう。

  • 転職時の面接では、規模の小さい企業クラスの場合概ねその社内の「人事」担当が面接官です・・

  • 転職の際に行われる面接というのは、中小企業クラスの場合、おおよそは、その社内の「人事」担当が面接官ですが、どこでもそうとは限りません。直接、今後一緒に仕事をする部署の責任者、かいつまんで言えば部長・課長などの中間管理職が面接をすることもあります。とりわけ、事務職や営業職といった部署に転職する場合は、資格だけでは判断がしづらいので、やはり自分をアピールしていくことがとても重要になります。面接担当者から「この人はハッキリ自己主張できるし、良い結果を出してくれそう」と思わせ、印象付けることがとても大事になります。

  • 再就職をする場合、重視されるのがまぎれもなく「面接」です。

  • 再就職では、かなり重要なのが「面接」なのは間違いありません。多くの場合面接の場合は面接担当者が当人に対して転職をする理由や仕事の意気込みなどいろいろと聞かれることになりますが、そして、面接終了の直前に今度は、転職希望者から、面接担当者へ疑問に思う点などを質問できる時間が与えられます。面接官から、「なにか弊社について疑問に感じる点はありませんかね?」と。と尋ねられた際に面接者本人が答えを用意しておらず、アタフタしてしまう可能性があるかもしれません。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも面接の前には面接担当者からの問いに対し、聞きたいことを考えておくのもいいかもしれません。実際に仕事を始める前の段階であっても、疑問や不安に思うことはいくつもあるはずです。ぜひ、やってみてください。

  • 先日新しい仕事を見つけるために人材バンクへ登録をしに行きました。

  • 3日ほど前転職の準備をしようと人材会社に登録に行きました。そこで登録するときのカウンセリングをするために出てきた担当者が見たところ20歳そこそこの社員のようで、私が説明している話の2分の1も理解ができていない様子です。さらに「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「自分の強みについて知っておくことが必要です」等、私のことをすべて理解しているかのように偉そうに言い散らかすので非常に嫌な気分になりました。カウンセリング担当者は多少は社会人を経験している方にするべきだと思います。

  • 退職|転職活動で大事なことは企業とのやりとりというよりどちらかというと「担当面接官」・・

  • 転職とは、企業そのものよりも、具体的には「担当面接官」とのやり取りが肝心です。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、はじめに普段通りを意識して平常心で対応しましょう。出来れば素敵な女性とお見合いのような気分でいる向かうと良いでしょう。また面接官は第一歩としてあなたの人となりを判断されるのでマイナス評価となるような見た目や言動は注意し避けましょう。そして良識ある社会人らしく面接に適した服装で向かいましょう。オーラを感じさせることができればいいです。企業にとって必要な人材と思ってもらえれば、かならず自ずと良い結果を出せるはずです。

  • 古来より日本には「石の上にも三年」という諺もありますが・・

  • 「石の上にも三年」というコトワザがあるのですが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」といわれる現代では「転職」が一般的な事柄となってきています。ですが、「転職」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、やたらと仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。実際に転職しようと考えるなら、まずは良い時期を図る必要があります。まず第一に、今やっている職場、仕事、自分の置かれている立場などに対して何が不満なのか、何が不適なのかを10個程度、書き出してみてください。この作業が、転職活動の次の一手を考えやすくなります。そして、将来の進路が自身で見いだせたら、尻込みせず、今より良い職を手に入れるべく頑張っていきましょう。

  • 全く経験のない業種などに転身する際には、以前の仕事・・

  • 初挑戦の業種などに転業をしようとするときには、自分の以前の仕事で養われた腕前や今までの経験を発揮することができるという内容の自己アピールがいるようになります。働いたことのない業界の場合、経験のない分だけその分野で経験してきた人たちよりも損にはなりますが、自らが保持しているスキルがその場でも十分に生きるということをしっかりと相手に伝えれば、戦うことができる場合も考えられます。という事で、経験したことがない分野に飛び込む場合は、その業界と自分がこれまでやってきた仕事内容とのつながりをできる限り探し出してみましょう。