就業していた会社で嫌な感じの上司の存在に悩み、その…

退職|新卒で採用された会社でパワーハラスメントを行う上…

勤めていた会社で反りが合わない上司に悩みを抱えて、結局仕事をする気力がなくなってその会社を退職し、ある他の同業の会社に乗り換えました。その会社では居心地よく仕事ができ本当に充実した日々でしたが、緩やかに業績が悪化して、ある会社に経営統合されることとなりました。そしてその統合先の会社が驚くなかれ前いた会社で、それどころか感じの悪かった上司がまた私の上司となることに。どうしてこんな縁があるのでしょうか。当然新たな転職先を探す活動を始動しています。

就職するため仕事探しをするときに気を付けたほうがよい求人内容は、…

転職するため仕事探しをするときに特に注意したほうがよい募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高く、拘束時間が長めであるというものです。こういった求人の場合、給料に『みなし残業代』を含んで算出している場合が多いのです。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、30時間・45時間という感じで求人の内容に時間が書いてあります。毎月この程度の残業が想定されるので、あらかじめ給料に残業代を組み込んでおく、といったことです。(ちなみに、これは違法ではありません)もしも『みなし残業代35時間込』と表記される求人であれば、「書かれた時間分の残業代も含めてこの給料です」という話になります。ですが、悪質な求人情報では『みなし』という言葉が可能性もあるので気をつけておきましょう。

数年前は求人情報には、雇用主が求める人材の「性別」・・

今までは求人誌には、募集条件の中に「性別」が、ハッキリと記載されていました。ところが今では、1985年に制定された男女雇用機会均等法によって雇用する際、男女差別がしてはいけない事となり、募集要項内に男女の文字を見ることはなくなりました。そういった時代になったのですが、求人募集をしている会社は、性別に関係なく雇用するかといえば、そんなことはありません。ですから、実は男手が希望の会社に女性の応募が殺到したり、逆に女性を希望している案件なのに男性が来てしまったり、といった問題も無関係ではありません。もしも、「女性が活躍している職場です」と記載のある求人募集の場合は、女性を希望しているのだと認識したほうが良いです。

退職|私は20代までに転職2回で、今現在は資格をゲットするべ・・

20代に転職を2度経験して、現在は資格取得のため、「派遣社員」として働いています。フルタイムの勤務を選択しなかったのでやはり給料が以前よりも少なくなりました。ですが、心と時間的な余裕ができました。たまに、学生時代に取った資格を生かして就職できれば良かったのに、とは思います。また、実際、そういった成功例を間近に見てしまうと私もこうなりたかったと見えたりもします。以前までの私は自分と比べてしまうことが落ち込む日もありました。今は結婚し、私の生活そのものが大きく変化し前よりもやりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、自ずと生活が充実するようになりました。

シフトの勤務形態がある仕事についての話です。

これはシフト制の仕事についてです。毎週、同じ曜日に働ける人を募集する求人を結構見ますが、休み方やシフトの出し方については事前に確認しておいた方が良いです。私は過去、産休で抜けた人の代役として、正社員として仕事をすることになったのですが、そこでは「土日」固定のシフトで、新人の私以外は、他の社員は現場に出ないといった状況でした。前にいた女性が「土日」に必ず出勤することができたので、私自身もそういった形で扱われたしまいました。「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフトを変えてもらう必要があり、上の人たちに「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自らお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・思い返すと本当によく我慢したなと思います。

自分自身の大好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている方は気をつけた方が良いです。

好き、を仕事にしたいと考えている方は要注意です。これは、私の実体験になるのですが、私の場合、もともと食べることが好きでそれが理由で、かつては、飲食の世界(レストラン)に勤めていました。そのお店での業務内容は、その飲食店で任されていた業務は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。この業務内容については、不満もありませんでしたし楽しみながら仕事ができていたのですが、人間関係にとても悩まされました。そのことが引き金となって退職する羽目になったのですが、それと同時に、好きだった食べること、そしてその店で扱われていた食べ物も嫌になってしまい、同ジャンルの店にはしばらく経った今も行けていません。当時の匂いを思い出すのも苦手です。仕事に就いた当初、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分の趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたいと思うのは素敵なことだとは思います。ですが、「好き」の度合いはどの程度のものか、改めて自分自身と向き合う必要があります。

長い間接客業で仕事を行ってきましたが、年齢を重ねるにつ…

長期間接客業で勤務してきましたが、加齢とともに立ったお仕事は体力的につらく、座り仕事であるオフィスワークへお仕事を変えることを第一目標として活動をしました。事務未経験となるとわりと厳しく、そうであれば接客の経験が役に立つ受付兼医療事務になりたいと思い資格試験にも合格し個人の医院に転職することができました。周囲はベテランである先輩パートさんだらけで人間関係が大変。夜のシフトばっかりさせられて、接客業で働いていた時よりも帰りも遅いわけですが、初めはキャリアの形成時だと観念して頑張ります。

もしも転職することが、今の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、…

転職する前には、現在の職場の同僚たちがあなたの転職を知ると職場の雰囲気が悪くなる可能性があります。普段から良好な場合であれば、問題はないこともありますが、意地悪されるおそれもあります。酷い場合には、意図的に残業を押し付けられたりすることもあるので、むやみに「転職します」と周囲に伝えるのは考えものです。なので、上記のトラブルを回避するためにも、今所属している仕事場では、いたって真面目な態度でいましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い雰囲気をギリギリまで維持したまま、会社を退職することができます。また、円満退職できれば、転職後に、困ったときに相談できるチャンスも手に入るはずです。業界や規模に関係なく、どのような会社であっても、人とのつながりが大事なので、会社を辞める前のトラブルには警戒しておきたいものです。

転職を繰り返す日々を止めるためには、少しコツがいります。

退職と転職を度々しないための対策は、シンプルです。スキルを向上させることもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返しません。今ではネットを用いて精神面を鍛えるための自己啓発系の情報はカンタンに知ることができます。さらに、転職とは全然違う行動でも、メンタル面を鍛えることが可能です。何かと言うと「海外旅行」です。海外に旅行に行くと文化も言葉も日本のそれとは全く異なるので、刺激が山ほどあります。なので、精神的な成長を遂げるにはピッタリの方法といえます。日本に帰ってくると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、こんなにも世間は狭かったのだということを実感することができます。その気持ちを携え、(転職のための)面接に向かうと、これまでの面接とは違い自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。しかし、退職間もないあいだは、精神的に弱っていることが多いので、これからのために休暇も必要です。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人が多いです。

転職活動を今の仕事と同時に行っている人が多いです。働きながら求人を見つけて、その応募手続きをしたり、面接を受けるのは精神面だけでなく肉体面も負担がかかります。さらに転職活動時は、現在の会社の同僚や上司にもバレないようにやり過ごす必要があります。軽い気持ちで応募する、という人がいますが、もしも、書類選考をクリアし、面接に呼ばれたあと「辞退」した場合に、今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントをあいだに入れていた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、そうではなく自分で直接、応募した場合でも、相手の会社から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。いずれにせよ自分の大事な時間を浪費することになりかねないので、行く気のない応募は辞めておきましょう。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを覚えておきましょう。

昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。

近年の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。現在の安倍政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」など、経済政策が次々と打ち出されています。経済政策が金融政策ともあいまって財界・民間企業側からも新たな変化が顕在化しつつあります。その変化が加わり、民間企業のあいだでも若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人材不足」が深刻な社会問題になっています。なお、「外国人労働者」の割合を現状よりも増やしていく、であると安倍政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、日本国内の転職問題も幅が広がりそうです。こうした変化によって日本国内の雇用や転職といった状況にも、大きな影響が出てくるのは間違いありません。

転職サイトは、大手であるほど豊富な量の求人情報が掲載されているため・・

転職サイトは大きなサイトであるほど掲載される企業の数も多くなるため、入社したい2つか3つの会社を、サイトに登録し、希望する勤務地や年収について条件を設定しておき、加えて条件に適合する求人情報が自動的に通知されるように設定しておくと情報が集めやすいです。ただ、最初に限っては登録しなくてはならないのでサイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をきちんと作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録を行う初日は、時間がやや必要ですし、案件の検索と応募だけでも大変ですが、次回以降は、は新着の求人情報のみ確認すれば大丈夫なので、次回以降応募するときのことを考えれば、初回にしっかりと準備することを頭に入れておきましょう。

より安定した生活基盤を手に入れるべく正規の社員を狙っている人・・

安定を願って正規社員として働くことを意識している人が相当数います。とはいえ、即戦力として働けるように資格を取得するなどして頑張っていても、中々正社員としての転身が現実化しない可能性もあります。契約社員や派遣社員の求人募集は結構あるのに正社員の求人情報に執着し、チャンスを放棄してしまっている人が多いといいます。万一あなたが転職先が正社員枠を用意してくれていないのなら、非正規雇用者に応募することで道が開けることもあります。なぜなら、契約社員や派遣社員を募集している企業であっても、会社に貢献する度合いが高ければ、2,3年で正社員への転身を狙えるところもあるからです。ですから採用面接を受けているあいだに、「正社員登用」の可能性があるかどうかをヒアリングしておくと後々の役に立ちます。

新しい環境下で今までの資格やキャリアを活用できれ・・

再就職した会社でこれまでに身に付けた実力を活かすことができれば、即戦力として認知され、早々に仕事場にも馴染めるはずです。会社側も、大いに助かると言うものです。タイミングさえあえば、難なく事が運ぶでしょう。それに加えて過去の仕事と近い業務内容なら転職は非常に容易になります。ですが、まずまずの能力があるといっても大手の事務系、公務員(国家・地方ともに)などは、昔と変わらず相当な競争率になることを肝に銘じておきましょう。

近頃、株式・不動産投資をはじめとした不労所得や個人経営 で頑張っている人も増えています。

現在は、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で生活資金を得たり、個人経営 、起業等、そのような変化もあり、「雇用されて働くこと以外は不安定だしキケン」といった従来の考えも変わってきています。高度経済成長時代には、どうなるかわからない株式投資、個人事業といった稼ぎ方よりも雇用されて働くほうが大いに安定性にすぐれ、人生のもっとも正しい道としてまたそれが自然のことのように広く一般の人々に浸透していました。過去はありますが、現代は「成熟期」などと言い表されています。機械化、自動化が進んで仕事においても人が不要な時代になる、といいます。

転職をするとき、事前にインターネット上で求人サイトを閲覧したりし・・

転職をする際は、はじめに、ハローワークやネット上の求人情報を閲覧したりして気になる会社を調べるでしょう。当該会社が情報を掲載するにあたっては、コンサルタントに相談をしている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す傾向があります。たとえ公開したとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その種の会社紹介や社長の意見や社員のインタビュー情報などは、そのままを信じるよりも、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。仮に美辞麗句を信じて入社してしまった場合、予想とは全く違うと後々、後悔するおそれがあります。悪徳会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後、様々な言いがかりをつけて退社させないように画策しています。ブラック企業では、このようなことが多いです。