退職|先週転職のために人材紹介会社へと登録に足を運びました。

退職|昨日転職の準備をしようと人材バンクに登録に行きました。

この前人材紹介会社へと登録に行きました。そのとき登録するときのカウンセリングをしに出てきた担当者が見たところ経験不足の社員のようで、こちらが説明している話の3分の1も彼は理解できていない模様。そのくせ「キャリアデザインが物足りないですね」とか「もっと強みと弱みを知っておく必要性があります」等、専門家のように偉そうに言い散らかすのでとてもイラつきました。カウンセラーはそれなりには仕事を経験している人にするべきだと思います。

退職|転職活動で重要なことは希望先転職先の会社企業というよ…

転職活動は、企業そのものというより、どちらかと言えば面接係員との勝負といえます。採用担当の面接係員に良い印象を与えるために、第一歩として面接の時間になる前に平常心で対応することを心がけましょう。例えれば素敵な女性とのお見合いのような気分でいる、望むと良いでしょう。面接に進むと最初にあなたの人となりを判定してもらうのでマイナスな印象につながる言動は気をつけて避けましょう。なおかつ品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて転職活動にふさわしい服装(T・P・O)を意識しておきましょう。企業にとって採用したい人材と思ってもらえれば、自然と良い結果も出やすくなるでしょう。

昔から日本には「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

「石の上にも三年」という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。現在、その背景を裏付けるかのように「転職」が身近なものとして捉えている人も多いはずです。でも、当たり前に転職が可能だと思い込み簡単に転職を選択してしまうのは考え物です。転職するつもりなら、大切なのはタイミングです。ますはじめに、現在の職場、や自分の置かれている立場などについて、不服に思う点を箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は箇条書きにしてみましょう。そうしておくことで、再就職を決断することです、そして、将来の進むべき道が見えてきたら、早めによりキャリアアップできるように、努めることも大切です。

全くの未経験である業界などに転職したいと考えている場合には・・

全く経験のない業界などに職を変えようとするときには、以前の職場で身についたスキルやこれまで経験したことを発揮できるという内容の訴えがいるようになります。勤務経験のない業界の場合、それだけその業界を経験している人よりも正直、不利になりますけど、自分自身が保持している力がその業界においても十分に発揮できるということをしっかりと相手に伝えれば、戦える場合も考えられるのです。ですので、経験のない業界にチャレンジするときには、その業界と自分が今までやってきた仕事とのつながりを必ず探し出してみましょう。

一般的観点からすると大手企業は定期採用中心です。ですから、…

一般的に大きな会社は「定期採用」がメインです。ですから、転職で入りたい場合は、時期を考慮しなくてはいけません。それに、都会の外だと転職の見込みはとても低くなりそうです。しかしながら「製造業」の企業の場合あれば、地方の工業団地等に運営していることがよくあります。また、その地方工場では事業拡大時に中途採用する事が結構あります。そういったチャンスを利用するのが無難です。地方の工場での転職をされる場合は、希望する会社の情報を得ておきましょう。ホームページにアクセスし、求人予定の予定はあるか、ときどきチェックしてみましょう。

仕事を始めてすぐは「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。

新しい職場(転職先)では、年収に関して高望みはしないほうが無難です。とりわけ入社したはじめの年度は、大体試用期間が入っていることも可能性が高いです。自らの転職では、どうにかして手にした仕事なのに、予想と異なり以前の職場での稼ぎとあまり同額だったことがあります。それにプラスして、業務内容もきつく、責任のある立場で、二年目を迎えるまでとても苦労しました。そういった実体験をしたからこそ、1年目はいわば勉強の期間と割り切って、極力転職する前から貯金をしておくべき、と思います。

転職活動をしていて面接のときに高い確率で質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をしていれば、面接で例外なく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち「志望動機」については、ありのまま話して問題ありませんが、転職理由について率直に話すのは得策ではありません。給料・待遇に対する不満、同僚や上司との人間関係の軋轢など、面接担当者に悪い印象を持たれるものです。おそらく、自分が不利になることをそのまま話す人はほとんどいないと思いますが、転職先となる企業は、そのような部分を重要視している傾向があるため、遠回しに聞き出そうとしてきます。これに対して現職の不満を相手に言わないためには、現職の仕事内容は、その内容だけを話します。そのあと、この企業に入ってこんなことを実現したい、5年後はこうなっていたい、そのために御社を選択しました、とうまく話をすり替えましょう。

退職|2ヶ月まえに、転職したばかりなのに、わずかしかたっていないの…

2ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わらず、何ヶ月もたっていないのに退職を選択してしまう人がとても多いといいます。何故そうかと思うと私見ですが自分自身に合った職場に飛び込んだものの、「自分の考えていた職場環境とおかしいと思うほどギャップがあって幻滅した」「納得行かない慣習があってウンザリしている」ということが理由で退職を決意するみたいです。可能ならばこのような、転職に関しての失敗を避けるためにはやはり、前もっての情報収集を欠かせません。職場環境、昇給システム、などあれこれ調べておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、「就職活動」していることが条件になります。

現実に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、客観的な意味で、仕事を見つけようとしている姿勢を見せる必要があります。が、現実は「会社に行かなくて良いし、少しの間でも働かずにゆっくりと過ごしたい」と考えるのが現実でしょう。ですので、心から就職活動しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。月一回の「ハローワーク」での面談は当然ながら必要ですが、「求人票」をチェックすることを必ずやっておきましょう本気で探す気持ちが出ないときは、「求人票」にだけ目を通し、(ハローワーク職員との)面談時に「納得できる条件の仕事や資格を生かせる仕事や、希望する求人がありませんでした」と言って、次の機会を探すという手もあります。

再就職の時に行われる面接時の身なりは会社側からクールビズ・・

転職をする際の面接での身なりは企業側からクールビズで良いとと事前に連絡が来るケースもありますが、クールビズで面接に行くのは本当は失礼なのでは?とマイナスに考える人もいます。クールビズに関する不安を心に抱え込んでしまっている方々にアドバイスしておきたいのは、企業側からクールビズでも良いとされている面接時は言われた内容をそのまま守った方が無難です。色々迷うことによってしまい、暑苦しい最中きちっとしたスーツの格好をしていくと不自然な印象を与えてしまいます。ですから、会社側からクールビズで来てくださいと言われたらクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。

退職|女性が転職する場合、今とセクハラが問題視される前では…

女性の再就職に際して、一昔前とここ最近とでは若干、変化があるといいます。前は面接のなかで会社側から、結婚の予定や出産予定などについて、ごく普通に質問されることがほとんどでした。しかし、最近では、その手の内容は、セクハラに該当するとして質問を避ける会社が増えています。名の知れた大きな会社の場合は、NG質問として神経質になっています。ですが実際、面接する側としては、〇か×ではなく、その女性の姿勢、結婚した後は退職するのか、出産後の具体的な対応を知っておきたいとは思っています。自らの価値観を伝えるためにも、志望した動機や自己ピーアールと並行して表現することで、相手方にも認識してもらえ、また、疑問も解消できると考えます。なので、質問されていない箇所もこちらから率先して話をしておくのが良いでしょう。

職を変える際にいるビジネススーツの色においては、新卒の人たちが就職活動の際・・

仕事の面接で着用するスーツの色味は、新卒の学生が就職活動の時に準じた色合いが安全です。ですから、黒や紺のような暗い色、ということになります。それが、再就職のケースであっても、スーツのカラーというのはこういった落ち着いた色が圧倒的に多くて、黒色や紺色以外の色の人はほぼいません。その他の色で言えば、たまにグレー系の人がいるくらいで、大方は黒系や紺系とかのビジネススーツがほとんどなので、面接を行う人事側からしても黒や紺色のスーツの方が違和感なく見えます。ですから、身だしなみ、という面においてはぜひともそのようにしてくださいね。

いよいよ転職やることに当たっては、現在の職場・業務の何に不満があるの・・

そのうち転職することをするのなら、現在の業務や業務での不満に思う部分を洗い出しておく必要があります。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。元々不満な点が大きいから転職したいと考えているのは分かります。が、「しっかりと職場・業務の客観的にみた問題な点を挙げる」ことを大半の人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。そして、転職を叶えたあと、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を想像してみましょう。転職できたとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職してからのモチベーションの低下は防ぎやすく、成功することができると思います。

転職の採用面接を受けるため転職したい会社へ出向いたときのことです。

転職の採用面接に転職したい会社へ赴きました。その日に限って社内の部屋が空いていないというわけで外の会場で採用担当の人と待ち合わせて面接をして、その場で解散ということになり、面接をした方も会社に帰らず自宅に直帰されるとのことだったわけですが、ところが下車する駅が私と同じだったのです。そのため電車内でも面接を行った人とずっとお話しながらいっしょに帰ることになり、すっかり緊張が解けて面接よりお話が弾み、それが奏功したのか最終的に採用を手に入れることができました。

自分のスキルや資格をふまえて転職する場合、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界・・

今ある自分のスキルや資格を有効活用しつつ、再就職を考える場合に、転職しやすい業界と、難しいものを大まかに知っておきましょう。転職の難易度が低めの業界では、たえず人手が足りない「医療・介護」が代表でしょう。医療・介護の分野では看護師、介護士資格が必要であるため、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。でも現在、「医療・介護」の仕事をしていて、とある事情によって異業種に再就職する事を考える場合、要注意です。他の業界ではスタッフの流動性はかなり低くなります。そのため、容易に考えないことが重要です。異業種への再就職される場合は、異業種ではすんなり受け入れてくれる先が見つからないと、気をつけましょう。

退職|今後、私たちの社会的環境においてシンプルな仕事は機械で対処されるようにな…

これから、私たちの労働環境においてシンプルな労働は機械化に置き換わってそして、マンパワーは減らされてしまいます。考えなくてもできる労働という観点では人間の手を借りるよりも機械で作業するほうが比べられないほど強いからです。数量を計測したり、同一の作業をずっと繰り返すのは機械では当然何も不自由もありません。もちろん人間とは違って愚痴を言わないし、肉体的な疲れもないし、横着をすることもないし、早いし均一化できる強みもあります。おまけに賃金が発生しません。なので、人を使う理由がまったく無いので機械にシフトされるもの必然といえるでしょう。