退職|安定的な暮らしを送ろうと正規の社員として働くことを意識している・・

退職|安定した人生を希望して正規社員として働くことを念頭に置いている…

  • 安定を欲しがり正規の雇用社員として働くことを意識している人が相当数います。即戦力として働けるように資格を取得するなどして相当に頑張っているのに正社員として採用されることがうまくいかない可能性もあります。契約社員の求人募集はたくさんあるのに正規雇用の求人情報に拘り、エントリーしない人も多いでしょう。もしも、中々転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、派遣社員の募集も見てみましょう。企業の一部は、成果によって数年で非正規雇用から正規雇用にステップアップができる可能性もあるからです。採用面接時に、「正社員登用」のチャンスの有無を聞いておくと将来のプランも組みやすくなります。

    転職した会社であなたの過去のスキル・キャリア生かせれば・・

  • 新しい環境下で自身のこれまでの実力を活かせられれば、即戦力として周囲から認識され、早々に職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。人を雇おうとしている雇用先もスキルを持つ人材は常に必要なので、採用側が判断しても即戦力となる転職はすんなりと採用されるでしょう。それに加えて過去の仕事内容と同じような業務内容なら確率はおおいにあります。ですが、それなりにスキルがあるといっても大手の事務系の業務や、公務員系はいつの時代も、かなりの難関であることは間違いないといえます。

    現在では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で生計を立てた・・

  • この頃では、株式・不動産投資などといった不労所得のほかに個人事業や起業といった形で生きる方法も人気です。そのような社会的変化もあるせいか、「起業はキケンだ」といったこれまでの見解も変わってきています。高度経済成長を遂げていた頃に関しては、先の見えない個人事業や株式よりも雇われているほうが賢明であり、人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが自然のことのように広く社会に浸透していました。そんな社会全体が安定成長する時代は終わり、いまの社会は「成熟期」などと付けられています。コンピューターの進化とともに、近い将来では自動化・機械化が顕著になり、仕事でも人を不要とする時代になっていく、と言われています。

    転職をする際は、あらかじめ、ハローワークの求人票や求人雑誌を閲覧したり…

  • 転職するのなら、あらかじめ、求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを見たりして気になる会社を調べるでしょう。とはいっても、当該会社が情報を公表するにあたっては、コンサルタントから指導を受けている場合が多いです。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す特徴があります。仮に公開したとしても差しさわりのない表現をします。その種の企業の「社長インタビュー」または「社員情報」といった情報は、それをすべて信じるのではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。仮に心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、「話が全く違う」と後々、後悔するおそれがあります。悪意ある会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後、様々な文句をつけて会社を辞めれないように仕向けてきます。そのような「ブラック企業」の求人には関わらないことが大切です。

    派遣という形で働く人が過去の規制緩和以降、多くなってきています。

  • 直接雇用ではなく派遣という形態で仕事をする人が最近では増えてきていますが、この先、派遣社員として働く予定があるなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がどのくらいで、そのうちどの位の金額、もしくは割合で自分に入ってくるかを可能であれば面接のときに質問しておくべきです。派遣会社は、社員を必要な会社に派遣してその見返りに、手数料を徴収していくシステムです。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合が多いです。50%以上の額を労働者に還元しているのであれば、まだいいのですが、中には開示すらしない派遣会社も少なくなく、ときには、3割だけしか労働者に還元しない場合もあるのです。面接時に、まじめに回答に答えてくれない派遣業者は、不都合な点を隠す傾向が強いので、可能であればその派遣会社で働くのは断念した方が良いです。

    退職|就職活動には、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント…

  • 転職活動をするにあたっては、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェント」のお世話になる場合もありますが、もしもその種のところに登録し、運よく就職先をうまく見つけたとしても、失業保険を受け取ることはできないので要注意です。失業保険は、「ハローワーク」にて正しく手続きしないと給付対象とならないので後々、後悔しないように注意しておきましょう。これに対し、「ハローワーク」によって斡旋してもらって就職したのなら、就職に備える準備金として、一時金が支給されます。ウェブで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の給付手続きなどはしてくれません。このようなことを知っておかないと失業中にお金がもらえなくなるため、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。

    とある古物商のお店で、書類審査を通過し担当者から、面接予定日を連絡してもらいました。

  • とある古物商のお店で、書類選考に合格しました。すぐに担当者から面接の日時を指定してもらいました。しかし、当日行ってみるとどうしてか相手が面接準備を全くしていないことがわかりました。しばらく待って、所長らしい男性が面接中も半ば聞きというか、だらしない態度を見せられ、淡々と面接が終わりました。ですが、予定日を過ぎているのに、採用結果も告げられず、もう待ちきれなくなり、私から問い合わせると、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待っていましたが、結局届かず、仕方なくもう一度電話した結果、意味が分からなかったのですが、「結果は不採用でした」、と一方的に電話を切られてしまいました。あまりのことに呆れ果ててしまいましたが、内心、採用されなくて良かったと感じています。

    転職活動を行う際、いろんな方法で情報を得るのが通常だと思いますが、…

  • 転職活動を始めるにあたって、いろんな方法で情報を集めることが多いと思いますが、転職についての口コミサイトは利用しなければもったいないです。少し前に、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたという理由から、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社した元社員の腹いせとしてその手の口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、裏を返すと、口コミの内容が嘘であれば、会社側が対処しなくても良いはず、ともいえます。でも、真実はクロで「マズイと考えはやく火消しをしよう」という話かもしれません。「口コミサイト」も炎上することでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、悪い口コミが多いと言う事はそれだけ入社してからトラブルに遭遇する心配のあると捉えておいて問題ないと思います。そもそも、善良な会社だったら煙など立ちません。

    退職|もっと良い職場に入りたいと転職をする活動をしている…

  • いい職場につきたいと転職活動をする場合には「できるだけ早く、内定を手に入れたい」と思っているものです。しかし、そういう気持ちで採用通知ほしさのばかり、自分の能力に関して嘘をついたり、また逆に過小評価にしかならない行動をするのはできるだけ避けておきましょう。焦ってしまう気持ちをグッとおしころして、冷静に客観的に考えながら自分の能力にあった職場を探すことに意識を向けましょう。これまでの経歴が生きるように、さらには、今後のキャリアアップが実現できる場所を選択してみましょう。

    退職|今年中に転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら…

  • 転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は、必ず「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。この手当ては働いている会社が社員に「雇用保険」を払っていた場合は、手続きをすれば必ず誰でも失業手当を受け取ることができます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、場合よっては企業の都合の退職、残業時間の内容次第で日数をおかずすぐもらえる場合があります。さらに支給される失業手当の金額は最後に受け取った月の直近の給料を軸に手当の額を計算されるので、企業に繁忙期や閑散期がある方はなるべく「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

    退職|転職したいと考えている会社で見学しておけば、良い勉強になります。

  • 転職したいと考えている会社で見学などがあるとたいへん参考になります。そういった会社のなかでも、「職人」さんがいる会社では、腕を見るのが楽しくなります。しかし、残念ながら「職人」がいる会社見学は、ほとんど見学者には、普段通りの仕事風景を見せてくれることはまずありません。典型的なのは、ずばり、ブルーワーカーなどの職種です。このジャンルでは、癖の強い人が多いので実際に仕事を始めてみるまでは、本当の働き方が出ません。なので、見学だけの仕事だと考えないことがたいへん大切です。また、会社見学時に実際に仕事を体験させる会社はとても危険ですから選択肢に入れるのはやめておきましょう。入社していない段階では万が一問題が起きたとしても、それに対する保障などありません。担当者から勧められてもやんわりと断るのが無難です。

    転職サイトおよび転職エージェントを利用して、転職活動する人は少なくありません。

  • 転職サイトや転職エージェントなどを使って、転職活動を行う人はたくさんいます。より転職の可能性を高めたいなら、同時に転職フェアに参加してみるのはいかがでしょうか?転職フェアでは、多くの企業が同時に参加するので、参加したのならあなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、それだけでなく、その場で説明しているスタッフさんから、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。仮に、転職フェアに参加するのであれば、1次面接を受けにいくつもりでしっかりと自分を売り込みましょう。それが功を奏してフェア中に、企業から気に入られれば、そのあとの本格的な面接時にかなり有利になると予想できます。

    再就職をする時に面接でほぼ100%尋ねられるのは退職し・・

  • 転職時の面接で決まっているかのように聞きだされることが前に働いていた会社を退職したのはどうしてなのか、という話ですがこの質問に回答する際には話題を前職のことにしない方が無難です。前職を退職した理由が的にされてしまうと絶対に悪い印象を与える要素を伴った話題になってしまいます。どうこの点に関して面接を進めていけば良いかと言うと、以前働いていた会社を辞めたのはこの会社になにがなんでも入りたいという考えがあったからといった話の中身に持っていくべきであり、今、自分が面接している会社の方に話を向けていくべきなのです。そういう内容ならば、マイナス面を隠し良い印象を与えることができる前の職場を去った理由に聞こえます。

    退職|仕事を変えようとするときに、まずは今勤務している会社を辞職した…

  • 転職をするのに、まず今の会社を退社してからと考える人もいるようですが、今の職場を辞めてから新しい会社を探そうとするときにはボーナスのことを事前に調べておくのが無難です。社員にボーナスを支給する会社はいっぱいあるわけですが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスが支給される時期が近いときには、その日の後で退職するというやり方も良い手です。ボーナスはなかなかたくさん入るので、もらわないのはもったいないともはっきりと言うことができますから、退職をする際には会社がボーナスを支給する時期について知っておくほうが賢明なやり方です。

    生涯初の失業保険を受ける場合、じっとしていれば給付されると思っている人…

  • 初めて失業保険を受ける際に、給付されるのを待っているだけでいいと考えている人がとても多いですが、それは誤解です。実際には、希望通りにもらうためには、仕事を探していることが必要で、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月ごとにスタッフに就職活動の状況を報告して真面目に就職活動をしていることを信じてもらえれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。因みに本気で仕事を探そうとしていないとみなされたり、毎月のスタッフとの面談に顔を出さないときは、問答無用で給付を一時的に止められたり、ときにはその後の給付資格も消失するおそれがあるので十分気を付けましょう。

    退職|近い将来、転職するのなら、資格を取得することで選択肢が増えます。

  • もしも転職したいと考えているなら、資格を取得することで選択肢が増えます。また、在職中に資格を取っておけば、転職にあたって幅が広がるので、新たな分野に挑戦することも可能になります。ですから、在任期間中での資格取得がもっともおすすめのタイミングです。将来のために、是非とも在職中に目指したい仕事の資格を取ると現在の会社を退職後も躊躇なく次に進められるはずです。それに、資格を持つことによって、転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接の時には担当者に「即戦力」と見なされ、今までの職場より待遇も良くなる可能性があります。