退職|転職活動を行う上での最後の難問として、「現在勤務している会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

転職活動を行う際の最後に残る難関として、「現職の退職」があげられるのではないでしょうか。

転職活動をする上での最後の壁として、現在の仕事を辞めることがあります。転職先の会社から採用の内定をもらえても、現職の企業が退職を引き留めることも少なくありません。そうなってしまった場合、「何を言われようとも絶対に退職する」という強固な意志を貫くことが重要です。仮に引き留められて、一時的に収まったとしても、一時辞めたいと思った会社は、遅かれ早かれ関係が終わることになります。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を書いておきます。そのあとで、決定権のある上司と直接話し、退職を考え直す可能性はありませんと、正直に伝えましょう。円満退職をすること、これも転職活動において大事な要素となってきます。

転職活動においては、履歴書と職務経歴書を用意することが必須といえるでしょう。

転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必須となります。会社の大部分は履歴書及び職務経歴書に書かれている内容を考慮した上で面接するかどうかを判断するため、これらの書類の作成が大事になってきます。ただ必要事項を埋めるだけなく、記載内容の充実を図ることも大切です。「職務経歴書」では、過去に経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書き綴りましょう。さらに、過去の仕事以外にも、現職で果たした実績なども有効です。売上を従来比○パーセントアップ達成させた、などわかりやすく書くのが望ましいです。もしも、作成に行き詰まったのなら、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、上手な文章を引き出したりして自分の価値が高まるように、転職エージェントを利用するのも満足のいく転職をするための有益な方法です。

転職希望者が受ける面接では、中小企業であれば、概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、…

再就職時の面接では、中堅企業クラスの場合、概ねは人事担当者になりますが、別のケースもあるようです。たとえば、ともに仕事をしていく作業部署の責任者、平たく言えば課長・部長などの中間管理職が面接することも決して少なくありません。特に、営業職や事務職といった部署に転職する場合は、資格を通じた人を判断するのがむずかしいので、自信を持ち自身をアピールしていくことがとても重要になります。担当者から「この男はしっかり主張できるし、それに戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大切です。

退職|転職する際、重要視されるのが間違いなく「面接」です。

転職時、とても重要なのが「面接」なのは間違いありません。普通、面接の際は、応募者に転職の経緯や退職理由などいくつかのことを尋ねられるとは思います。そして必ず、面接を終えるあたりで次は、転職希望者から、面接担当者へ不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがあります。面接官側が、「何か我が社についての疑問点はありますか?」と聞いてくれるわけです。と尋ねられた時に面接者本人が気持ちの準備もできていないし、質問を遠慮してしまうかもしれませんね。後で後悔しないためにも、面接の前には面接官からの問いに対し、聞きたいことをいくつか考えておくのもいいかもしれません。冷静になればいくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、試してみてください。

退職|この前転職のために人材紹介会社へ登録に行きました。

この前新しい仕事先を見つけようと人材バンクに登録をしに足を運びました。登録カウンセリングのために現れた担当の方が見た感じ入社間もない新入社員で、こちら側が説明している話の5割も理解できていない様子です。さらに「キャリアデザインがまだまだですね」とか「もっと自分の強みを知るべきです」とか、わかったように偉そうに言うからとてもイライラしました。カウンセリングを担当する人はある程度仕事の経験がある人にしてほしいものです。

転職活動で重要なことは希望している企業そのものよりも…

転職活動で大事なことは企業そのものというより、人事や採用担当の面接係員との勝負が大半といえます。面接で結果を出すためにも、初歩として肩の力を抜いて冷静に対応しましょう。素敵な女性とお見合いするかのような姿勢でいる向かうと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。更に大事なことは面接に進むと第一にあなたの雰囲気や人間性をチェックされてしまうので悪い評価になるような態度は気をつけてやめましょう。また常識的な社会人らしい転職活動にふさわしい服装(T・P・O)を意識しておきましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。企業にとって魅力的な人材と思ってもらえれば、転職活動はかなり楽になります。

日本には昔から”石の上にも3年”という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

日本には古来より”石の上にも3年”という諺がありますが、現在の社会では終身雇用制が死語になりつつ有る昨今では「転職」は自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。でも、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というようなやたらと職を変えようとするのはキケンです。実際に転職するには適したを的確に捉える必要があります。基本として、今やっている職場、自分の置かれている立場などについて、納得できない点を10個、少なくても最低5個は探してみてください。こうすることによって、将来の再就職に役立ちます。そして、もし将来の進路が自身で見いだせたら、できるだけ素早く、今より良い職を手に入れるべくトライしてみましょう。

全くの未経験である業種などに転身する際には、自分の以前の仕事で…

全くの未経験の分野などに転身をしようとするときには、自分が前の会社で養われたスキルやこれまでやってきたことを生かすことができるといった内容の訴えが必要になります。経験がない人は経験のない分だけその分野の経験者よりも実際のところ、不足することはありますが、自らが保持しているスキルがその業界でも発揮することができるということを相手に伝えることができれば、戦うことができる場合も多くあります。ですから、経験が全くない分野に挑戦する際には、その分野とこれまで自分が働いてきた職務との関係を可能な限り見付けましょう。

退職|大半は一流企業では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですか…

たいてい大きな会社の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、転職で入る事は簡単ではありません。さらに、田舎のほうでとなると転職の確率がずっときびしくなります。しかし「製造業」系の場合であれば、都市部でない地方の工業団地などに工場を構えていることがはずです。そういった地方の工場は、事業拡大時に途中採用することも珍しいことではありません。このチャンスを捉えるのです。そのためには、地方の工場での転職をされる場合は、転職を希望する企業の情報をあらかじめチェックしておきましょう。公式サイトにアクセスして、求人の予定がないか、ちょくちょく確認しておくと間違いがありません。

退職|新しい仕事に就きたいと考えているのなら、「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。

新しい仕事についてすぐは「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。とりわけ入社したはじめの年は、おおむね試用期間が含まれることも可能性は少なくありません。自身の例では、尽力して手に入った職場なのに、悲しいことに年間報酬が前職と大方同額でした。しかも業務は多様で忙しく、重大な責任が伴うものでもあったので、初年度を乗り切るのにひどく骨が折れました。そういった実体験から、1年目は、仕事を覚える期間として捉え、可能なかぎり転職する前から貯蓄しておくことに尽きると思います。

転職活動をしていると、面接で必ず質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動を行っていると必ず「志望動機」「転職理由」の2項目の質問をされます。志望動機に限っては、率直に話してもかまいませんが、転職理由についてそのまま伝えるのは賢明ではありません。たとえば給与に関する不満、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、面接担当者に悪いイメージを持たれやすいものです。自分が不利益を被ると予想できることをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持ちやすいので、慎重に質問してくると考えておくべきです。悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。それにプラスして、この企業に入ってこんなことを実現したい、「5年後にはこうなっているだろう」、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、話をすり替えてポジティブな印象を与えるのです。

退職|この前、転職したばかりであるにも関わらず、数ヶ月しかたっていないの…

2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに、早期に退職してしまう人というのもとても多かったりします。何故そうなるのかと考えてみると気持ちも新たに、新たな仕事を見つけたというのに、「自分自身の期待していた職場環境と大きくかけ離れていた」「こんなはずではなかった」というワケで別の仕事を探すのじゃあないかと思います。こういった、転職先選びで未然に防ぐためには、まずは転職先の情報収集をまじめにやっておかなくてはなりません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、具体的な業務内容、通勤に掛かる時間、などいろいろ前もってチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

きちんと失業保険の給付を受けるためには、仕事を探していることが必要なのです。

きちんと失業保険を給付してもらうためには、職探しをしていることを理解してもらわなければいけません。ですが、現実は「今まで忙しすぎたので、少しの間でも働かずにゆっくりと過ごしたい」と思うのが現実だと思います。ですので、心から職を探しているように見せかける方法があるので紹介します。月に一度のハローワークスタッフとの面談は避けようがありませんが、その場にて、求人票のチェックは最低限やっておく必要があります。本気になって探す気持ちがないときは、求人票を真剣に閲覧している芝居をして、ハローワークスタッフとの面談で、「自分がやっていけそうな仕事が残念なことに今月はゼロ件でした」と相手に言い、次の機会まで待つという方法もあります。

転職の時に行われる面接時の身なりはクールビズで良いと…

再就職の際の面接での身なりはクールビズでもOKとと書かれている場合もあります。ですが、なかには、クールビズのスタイルで赴くのは実際は失礼に当たるのでは?と疑ってしまうこともあります。そういう悩みを懐に感じている方々に伝えたいのは、企業側からクールビズで来ても良いとされた面接の際は言われたことを守った方が安心です。色々悩みすぎて、猛暑の中スーツをびしっと着ると暑苦しく感じられますから、クールビズで良いと言われたらクールビズで大丈夫なのです。

女性の転職に際して、今現在と数年前では多少の違いがあるようです。

女性の再就職に関しては、今現在と数年前では多少の変化があったりします。前は面接の場で、結婚の予定や出産予定について普通に女性に質問していました。しかし、現在はその手の内容は、セクハラに該当するとして聞かない会社が一般化しつつあります。また、とりわけ大きな会社ほど、かなり神経質になっています。そうではあるものの、会社側は、YES・NO、の2択ではなく、その女性の生き方、結婚したあとどうするか、出産後の具体的な対応を当然、知っておきたいとは思っている事でしょう。自分の価値観を知っておいてもらうためにも、自己PRや志望した動機と併せて伝えることで、企業側にもしっかり伝わり、安心してもらえると思うわけです。というワケで、聞かれていない内容でも、こちら側から気遣って話をしておくのが良いです。

転職の時の面接で着るビジネススーツの色合いは、新卒の就活の際…

職を変える際にいるビジネススーツの色は、新卒の学生が就職活動の時に身に付ける色がベストとされています。ということは、黒とか紺色といったダークな色になるわけです。それが、転職の面接においても、着用していくビジネススーツの色はこのようなダークカラーが圧倒的な数を占めていて、黒や紺以外の色の人はあまり見ることはありません。あえて言うならば、まれにグレーが少しいるほどで、全体的な割合をみても黒系や紺系が圧倒的に多いのです。ですから、面接を行う人事から見ても黒とか紺のスーツを着ている人が普通に見えます。ですから、身だしなみ、という点においてはそういった色を着用する方が良いわけです。