来週からでも転職活動しようと思うのなら、現状の業務や…

そろそろ転職することを考えているのなら、現状の職場や・・

  • そのうち転職活動しようと思うのなら、今現在の業務での不満に思う部分をリストアップしてみましょう。当然できていると思うと、意外とできてないです。もともと不満な点があるから転職しようと思っているはずです。でも「現状である人間関係などの客観的に考えた不満を挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。そして、仮に転職した場合、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。転職したとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職後の急激なモチベーションのダウンを高確率で防げますから、失敗しないのは容易になるはずです。

  • 転職のための採用面接を受けに訪ねました。

  • 転職のための面接を受けにとある会社に伺いました。たまたまその会社で会議室が空いていないというわけで会社外で面接をする方と待ち合わせて面接をして、そのまま解散して、面接をした方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことだったのですが、偶然にも下車する駅が私と同じだったのです。ですから電車内でも面接官とずっとお話しながら帰ることになり、そのため緊張がほぐれて面接しているよりもお話が弾み、それがプラスになったのか最終的に採用をゲットすることができました。

  • 自分のスキルや資格を有効活用しつつ、転職活動を検討しているなら・・

  • あなたが持つ現在のスキルや資格を有効活用しながら、再就職をしていく場合、比較的、再就職がしやすいジャンルとそのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を知っておくことは大切です。転職がカンタンといわれる業種は、慢性的に人手不足である医療・介護業界が代表的といえます。医療・介護の職種では看護師や介護士は「資格」が必須で、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。今、医療や介護の現場で勤務している人が、仕事のきつさから、異業種に再就職したいと思っているなら、すぐに決断してしまわないほうが良いです。「医療」「介護」ではない業界は、流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。ですから、安易に考えないことが大切です。異業種への再就職を希望するなら、他の業種では「売り手市場」な前提で軽率な行動を取らないように理解しておきましょう。

  • 退職|近い将来、社会では段々と単純労働は機械に交代させられて・・

  • 今後、私たちの社会的環境において今以上に考えなくてもできる仕事は機械化が進行し、最終的には人員は縮小していきます。なぜなら、単純労働では、人間よりも機械を稼働させたほうが比べられないほど強いからです。数量をカウントしたり、同一の動作を繰り返すことは機械には何の苦もありません。もちろん人と違って言い訳することもないし、肉体的な疲れもないし、不正行為をすることもないし、正確に作業してくれますし、均一化できるメリットもあります。さらに、報酬を渡す必要もありません。というわけで、労働力として生身の人間を使う意味が無いので機械化されるのは当然といえます。

  • 現在の勤め先・仕事内容についてほとんどの人は何かしらの不満点を感じているでしょう。

  • 今のあなたの職場や業務内容について何かしらの不満があるはずです。「自分の持っている能力(スキル)を適正に評価してもらえない」または、「賃金は変わらないし、昇進も出来ない」といった不満を挙げる人が多くいます。でも、気持ちは理解できます。しかし、上記のような悩みを持っている人のなかには自分の実力を「過大評価」している事が少なくないのです。過剰評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、「自分が活躍できる企業や職種なんてない」と無駄にブランク期間ができると言う事に陥りがちです。可能性も少なくありません。ですから転職活動で好結果を出すためには、実際の自身のスキルや能力を冷静に客観視することから始めてみましょう。

  • あなたが現在、「転職サイト」で自身のライフスタイルに合・・

  • あなたがもし転職サイトを利用して自身がストレスなく働ける将来性のある企業を探しているのなら、「転職エージェント」も併せて利用しておきましょう。なぜなら登録は簡単です。エージェントサービスに登録したあと、そこで紹介してもらえる求人情報は、誰でもチェックできる公開求人とは異なります。その答えは、どう比べても、比較にならない程とても質が良いといえます。加えて、あなたの希望に相応しいものを調査し、紹介してくれます。そのおかげで、これは結構ドストライクで自身の希望する職種の求人をもらえたりします。もし仮に同じ求人に行きつくとしても、あなたが自身で最初から調べる手間を考えれば、とても効率的ですし、転職を成功させる近道です。

  • 退職|転職期間では、自分の好きなことに没頭したり、体力づくりを意識しておく・・

  • 転職先を探している間は、自分の好きなことに没頭したり、体力の低下を招かないようにしておくと良いでしょう。勤め口が見つかり、いざ仕事復帰した時に、趣味に集中していたことで気付かない間に集中力が高まっているのです。また体力アップしていることで他の社員たちと比べると疲れにくいということを認識することができます。というわけで、退職して次の仕事を始めるまでは運動なども取り入れて体力を低下させないようにするのが何より良い事なのです。また、その会社であなたと同様の趣味の方と出会えれば、親しくなれるきっかけになります。ですから、これまで挑戦してなかった事に手を出すのも転職期間中の時間の有効活用となります。

  • 転職の面接のときにつける腕時計の事ですが、ビジネスの場らしからぬ目立つよ・・

  • 転職をする際の面接で使う腕時計について申し上げますが、ビジネスの場らしからぬ目を惹くようなものはやめた方が安全です。目立つ腕時計と言うのは明らかに高価そうに見えたり、といったことだけではありません。真逆でチープな腕時計に見えるとか、そういった目を惹くという意味であって正反対の意味で目を惹く、ということで認識しておきましょう。腕時計においてはポジション的にはネクタイやスーツのとらえかたと同様に、面接するにふさわしい適切なものを身にするほうが賢明です。とはいっても、自身の年齢に見合ったものであるということも不可欠なことで、新卒の面接でしていた腕時計よりはわずかであっても高い腕時計にした方が間違いないと言えるでしょう。

  • 転職サイトは一度登録すると、電話やメール連絡がしつこく入ります。

  • 転職エージェントに一旦登録すると、電話やメールでの連絡が呆れるくらい来ます。そのため何も知らずに利用しはじめた人は大変びっくりする場合が多いです。「転職エージェント」は、転職を成功に導くことが仕事なため、とても積極的にアプローチしてきます。特に大手エージェントは、転職を成就へと導くことで企業側からお金が支払われる仕組みであることから、転職活動を行っている人の都合よりも企業側を優先的に考えることが少なくありません。さらに、転職エージェントは、契約数を増やしたいために、内定が取れたすぐ後に、入社を強くすすめてくることが珍しくありません。対抗策として自分の気持ちや意思を明確にし、転職にしくじらないように注意することが必要です。

  • 退職|今の時代の企業の労働環境が変化したことに際して、全世代の中・・

  • 今の時代の雇用形態のめまぐるしい変化について34歳ぐらいまでの若者の世代が特に関心を持って見ているようです。十中八九自身のキャリアアップと転職とを視野にいれているのでしょう。ですので、働き手の労働市場の「流動化」が顕著になっているため、ますます今後、益々より広範囲な世代で転職について考える機会が高まっていくはずです。労働力の「流動化」が進むことで転職することはあなたの身近なものとなるのは間違いありません。「終身雇用制度」が実在したしていた頃には転職者にはれだけで良くないイメージがつき転職が思い通りにいかない人も多くありました。けれども、時代が変化し現在の会社に固執する意味があまりなくなったように思います。

  • 『なるべく早く転職したい!』と考えていて、自分の意志が強いのであれ・・

  • 『転職をしたい』とおもっている方、その意志が本当に強いものであるなら、退職したいということをすぐに上司にそのことを伝えるべきです。そのときに曖昧な表現をしてしまうと、場合によって言いくるめられる可能性が高いので要注意です。また、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、退職を引き伸ばされてしまい、結果的に、およそ半年、予定が伸びてしまいました。辞めたい旨をはじめて直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、結果的には数ヶ月働くことになり、退職出来たのはこの年の11月です。予定では、年度末いっぱいで辞めたかったです。希望通りには進みませんでした。やはり企業側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、スタッフの要望を聞かずに、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、その会社に対しての前の会社に対しての愛想が尽きました。

  • その昔は看護婦ですが看護師というのは務めとしてやは…

  • 昔は看護婦と呼んでいた看護師は務めとして女性の割合が高い職場です。しかも、気力だけでなく体力へのひどく消耗がきついことが日常茶飯事です。であるがゆえに、人間関係が上手くいかなかったり、自分の結婚や出産の後にそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活のバランスがかなり取りづらい仕事でもあります。実際、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職希望者が多いといいます。流動性が高い仕事であるため、看護師は、人材不足な状態に悩まされています。つねに各医療機関は、看護師を欲する「売り手市場」な状態で、それが転職増加の原因の一つなのかもしれません。

  • 退職|転職する活動時、「自分はこれまでこのような種類の仕事に従事しました・・

  • がんばっている転職活動の際、「自分は今までにこのような仕事に尽力してきました」「過去の仕事では、このような技術に磨きを掛けました」と過去の実績を強調する人はかなり多いです。が、転職先の再スタートを図る組織で「将来、こういうような仕事をしたい」「私が話したような内容の業務をするのならぜひ貢献したい」と未来の展望を話して自身をアピールしていくほうが過去の実績以上に反応が良いはずです。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。

  • 今日では、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして、…

  • 現在、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして、労働条件関係の取り締まりが強くなったり、悪質な経営をしていると社名を公開されたりと、厳罰化の流れが続いていますが、パーフェクトとは言い難いのが現状です。したがって、面接で見破る必要があります。とりあえず、求人票などに記載された労働条件に目を通して、怪しい点について細かく質問してみましょう。相手がブラック企業であれば、質問したことが嘘であれば、明確に返答できなかったり、その場では答えられないなどはぐらかされるはずです。「休日」「給与」「残業」では、質問してみると、渋い顔をする場合が多いです。それでも迫ると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、そこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、「何か引っかかる」と思ったなら、他の会社をあたったほうが良いと思います。

  • クールビズ(軽装)の服装で再就職の面接に行くときには、…

  • クールビズ(軽装)スタイルで転職の面接に行く際には、ジャケットに関しては着用しなくても大丈夫だと間違いなく断言できますが、ネクタイにおいては着用していったほうが好印象を与えてくれるのでお勧めです。ネクタイに関してもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと考えている会社も存在する可能性はあります。ですが、ことネクタイについてはクールビズであろうと必ず着用しければならないとしているところが存在するわけです。という訳で、クールビズ(軽装)が許可されていてもネクタイは必ず着用していった方が安全だということは分かっておいてほしいです。

  • 退職|転職をするなら、もちろん仕事のやりがいのアップと・・

  • 転職をするにあたって、もちろん仕事におけるやりがいアップも大事だけどそれに加えて収入アップも大きなポイントになるので「年収サイト」に登録してあらかじめ調べています。一緒の会社で加えて全く一緒の職種、社歴であるにも関わらず人によって無視できないほどの違いがある場合も多数あって、正直に言うと面接の時質問をしたことがあります。面接官も一緒のサイトをチェックしていたようで「その高収入で書いているのは、書いた方も誰だかある程度は予想がついているのですが、多分見栄をはってるんですよ。低い方の収入で心の準備をしておいてください」とのことでした。