就労期間中なら、極力周囲にバレないように(私のとき…

在職中であるのなら、できるだけ周りの人にバレないよ・・

  • 雇用中には、可能であれば、社内の人間にバレないように(私の例ですが)在職中に「転業するかも」という考えのみはじめのうちに同僚に話してみました。でも、それから、求人誌を必死に見て回ったのですが、悲しいことに就職先も仕事を変えるタイミングも無計画なまま決まらずあっという間に時が過ぎてしまい、会社の側は、退職に関わる引継ぎや手続き、退職予定日などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、就職先を見付ける」という、お粗末な展開を迎えました。そして、思うような展開にはならず、失業期間を経験したのち、次の就業先を探すハメになりました。

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、1年経ったら…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年ごとに好きなタイミングで辞められるわけではないと転職を経験して気付かされました。私は、結婚生活が落ちついたら、すぐに子供がほしかったので、それまでの間のために約1年半~2年ほど現在の職場で仕事したいと思ったので、就職することにしました。派遣社員ということもあり、正社員より収入は少なかったですが、やはり時間的な自由のために、この道を選択しました。ですが、いざ入社してみると一緒に働く方たちはほとんどの方が派遣社員として10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。たとえ派遣だからといって、期間が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

  • あなたが再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」「Iターン」にお・・

  • 再就職を考える場合に「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった具合に、大都市から地方に移って転職したいと思っている人が、近年増えています。最近は求人情報サイトを使用することで国内のあらゆる場所の求人情報にもいつでも簡単にアクセスできます。しかし、郊外や地方での求人はどうしても大都市よりも少ないのが難点でもあります。そのため、転職サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。求人サイトに加え、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもしっかり確認し、そうした機関の就業サポート系のイベントについても注視しておきましょう。

  • これまでは求人情報は「転職サイト」よりも、いつも「ハローワーク」に通っていました。

  • 以前は、「転職サイト」を利用するより、いつも「ハローワーク」に相談していました。なぜなら、大手の転職サイトはシステム上、都心の企業の求人がほとんどだからです。このため、求人情報をリサーチする際は、いつも「ハローワーク」を使っていました。やっぱり、掲載されている多少給料や労働条件で差がありますが、古くから地域密着なので、安心して面接に進むことができます。「聞いたことのない企業ばかりで不安」と誤解している人もいるはずです。でも、良い求人情報もしっかり掲載されていたりするので、もしも転職を本気で検討しているのなら、お近くのハローワークに足を運んでみてください。有名な転職サイトのようにこれでもかというくらいのお知らせやメールの心配も無用です。

  • 退職|転職活動を行う上での最後にクリアしなければいけない問題として…

  • 転職活動を行う上での最後の難関として、「今勤めている会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先の会社がOKしても、現在、所属している会社があなたを手放したくないとして引き留めることも少なくありません。そのような場合は、絶対に退職する、という強固な気持ちを維持することが大事でしょう。もしも会社に残るように説得されて、一時的に収まったとしても、一時辞めたいと思った会社は、遅かれ早かれ関係が終わることになります。スムーズに退職するためには、会社の規定をチェックしておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届を用意しましょう。それから、決定権のある上司と談判し、退職を撤回する考えはありませんと、キッパリと伝えましょう。円満退社を目指すのも転職活動で大切なポイントとなります。

  • 退職|転職活動時には、履歴書と職務経歴書が必要不可欠です。

  • 転職活動では、履歴書と職務経歴書を必ず用意しなければいけません。ほぼすべての企業は履歴書に加えて職務経歴に記載されている内容で面接するかどうかを判断するため、ともかくこれらの書類が重要なポイントです。ただ穴を埋めるだけにとどまらす、内容が充実していることも必要です。「職務経歴書」は、これまで経験してきた職務の詳細に加え、できる限り、アピールできる内容を書き綴ります。また、現在の職場で挙げた実績を、たとえば売上を前年比○パーセントアップさせた、などわかりやすく記しましょう。もしも、作成に行き詰まったのなら、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自己ブランディングのために活用をはかることも転職を成功させるための有効な手段だといえます。

  • 再就職のときに行われる面接というのは、小規模業者だったら…

  • 再就職をする時に受ける面接では、規模の小さい企業であれば概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、場合によっては違うこともあります。実際、一緒に仕事をする現場の責任者、要は部長や課長などが面接する可能性も考えられます。また事務系・営業系といったジャンルでは、資格だけでは見極めが難しいですから、なんといっても自分自身を売り込んでいくことで好印象を与えられます。面接担当から「この男は、きちんと自己アピールできるし、戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を印象付けることが大事になります。

  • 退職|転職をする場合、かなり重視されるのが「面接」になります。

  • 転職時、とても重要視されるのが「面接」である。ふつうの面接では、面接担当者が応募者に転職に至った理由や仕事の意気込みなどさまざまな内容を尋ねる形になります。そしてほぼ100%、面接官の質問攻めが終わったら今度は、転職希望者から、面接担当者へ不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがあります。面接担当のスタッフから「なにか弊社について質問はありますか?」と。そういった質問をされたとき、面接者本人が緊張のあまり、何も聞けなくなったりするものです。こんな場面に備えて、面接を受ける前に疑問点などの答えを用意しておいた方が良いかもしれません。冷静に考えてみればいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

  • 退職|先週新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社へと登録に向かいました。

  • 3日ほど前転職先を探すために人材紹介会社へと登録に行きました。そこで登録するときのカウンセリングを行うために出てきた担当の方が見た感じ会社に入って間もない社員のようで、こちらが説明していることの半分も理解していないように思えました。それでいて「キャリアデザインに問題があります」とか「自分の強みは何なのか考えることが大事です」等、上から目線で横柄にのたまうのでとても嫌な気持ちになりました。カウンセラーはそこそこ仕事を経験している社員にしてほしいです。

  • 最短で転職したい場合は希望している企業そのものよりも・・

  • 転職は、最初の第一歩は希望する企業そのもの、というよりも人事や採用担当の面接官との勝負と言ったほうが正しい気がします。其のためには、はじめに面接が始まるときに冷静に対応しましょう。例を挙げると女性とお見合いをする姿勢で望むのも大事でしょう。更に大事なことは面接によってまず第一に自分の人間性をチェックしてもらうので悪い評価になるような行動は気をつけてぜったいに控えましょう。なおかつ常識的な社会人らしく面接に適した服装(T・P・O)を意識しておく必要があります。あなたらしさを表現できるといいでしょう。魅力ある人として面接官に認めてもらえれば、きっと良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

  • 昔から日本には”石の上にも3年”という教えがあります。

  • 古来より”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。昨今、「終身雇用制度」が死語となりつつある現代では「転職」を経験するのが一般的な事柄となってきています。けれども、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というようなやたらとそれを選択するのは考えものです。実際に仕事を変えたいと考えているなら、適した時期というのも有るでしょう。まず、今現在の職場、仕事について全般的に、不満を強く感じていることを箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目は書き出してみてください。そうすることで、転職に役立ちます。そして、将来の進路が自身で見いだせたら、躊躇することなく、今よりキャリアアップできるように、取り組むことが大切です。

  • 退職|初挑戦の業界などに転職を考えるときには、前職で育んできた腕…

  • 経験のない業界などに転身を行う際は、以前の仕事で、自分が育んできた能力ややってきたことを生かすことができるというアピールが必要です。未経験のジャンルの場合、経験のない分そのジャンルで働いたことがある人よりも事実、不公平な状態になりますが、自らが保持している能力がその場でも生きるということを相手に話せれば、戦えるケースも考えられます。そのため、未経験の分野にチャレンジするときには、その分野と自分がこれまでやってきた仕事とのつながりを必ず探し出してみましょう。

  • 退職|たいてい大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるた・・

  • 一般的観点からすると大企業は「定期採用」で人材を確保します。ですから、転職希望者には適していません。しかも都市近郊部~地方となると転職の見込みがずっと低くなりそうです。ですが製造業関連においては、都市部でない地方の工業団地等に製造工場を持っていることも少なくありません。また、そういった地方の工場は、事業を拡大する際に「途中採用」を行っているので、この好機を捉えるのです。そのためには、地方の工場での転職を考えているなら、転職を希望する会社の情報をまえもって得ておきましょう。その企業のホームページを覗いて、求人予定の予定はあるか、暇があれば確認しておきましょう。

  • 転職しようと思うなら、「年収」の高望みはしないほうが良いです。

  • 仕事を始めてすぐはいきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。ことさら、入社した初年度は、大概試用期間を入っている企業があるのです。自分の新たな仕事に就いたときは、やっとのことで手にした職場だったものの、予想に反して前職での稼ぎと年収と大方同じだったことがあります。おまけに、業務は多様で忙しく、責任のあるもので、はじめの1年は、たいへん状態でした。そのような体験から1年目は、勉強に充てる期間と捉えておき、もっというと転職する前に貯蓄をしておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

  • 転職活動をしていて必ず質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動中に、面接において例外なく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機については、思っていることをそのまま話してもOKですが、これとは違い転職理由について正直に話すのはよくありません。転職理由でよくある報酬に関する不満、同僚や上司との人間関係の軋轢など、面接官に好印象を与えるものではありません。おそらく、自分にとってマイナスになると予想されることを馬鹿正直に話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しやすいので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。これに対して悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。そしてさらに、この会社に入社してこんなことをしたい、5年後はこうなっていたい、そのために御社を選びました、と志望動機に話をすり替えるのが正解です。

  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりだというのに、…

  • ついこの間、転職したばかりであるにも関わらず、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまう人というのもとても多かったりします。何故そうかと思うとおそらく心機一転、自分に合った環境を見つけたというのに、「自分自身の理想としていた仕事と大きくギャップがあって幻滅した」「こんなはずが・・・」といった感じで退職を決意するのじゃあないかと思います。可能ならばこのような、転職先選びでの失敗を未然に防ぐためには、第一に、事前の情報収集を欠かせません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、通勤に掛かる時間、など事前に調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。