退職|「シフト制」の仕事に関する話なのですが、毎週、同じ・・

これはシフト制の仕事についてです。

  • シフトの仕事についての話です。毎週、特定の曜日に勤務できる人を募集する求人をけっこう目にするのですが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法、休む方法については、面接時に聞いておいたほうが良いでしょう。それはどうしてかというと、以前に私自身が、出産のため休む人の代理として正社員としての仕事をはじめたのですが、私のシフトがそこでは「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外は、他の社員は誰一人現場にいませんでした。前任の女性が土日は休むことなく出勤していたので、私も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。実際「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフトを変えてもらう必要があり、上の人たちに「代わりに出ていただけませんか?」と自らお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。今思えば本当によくやってこれたなと思います。

  • 自分の得意なことや好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている人は注意が必要です。

  • 自分の得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている方は注意が必要です。これは、私が実際に体験したことなるのですが、私自身、、食べることが趣味だったのですが、それが高じて、過去には、料理店(レストラン)に勤めていた時期があります。そのレストランでの仕事内容は、その飲食店で任されていた業務は、盛り付けやホール業務でした。この仕事内容については、不満もありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。しかし、人間関係で嫌になりました。そのことが引き金になって、退職する羽目になったのですが、それと同時に、あんなに大好きだった食べることやその店で提供されていた食べ物さえも嫌になってしまい、その系列の店にはしばらく経った現在も行く勇気がありません。当時の店の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。仕事に就いた当初、大好きだったことがキライになるとは思いませんでした。自分の好き、を仕事にしたいと夢見て、実現できるのはステキだと思います。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、じっくり自分と向き合ってから行動するべきです。

  • 長期間接客業で勤務してきましたが、年齢を重ねると共…

  • 長年接客関係で勤務を続けてきましたが、加齢が原因か立ったままで行なわなければいけない仕事は体力的にきつく、オフィスワークへお仕事を変えることを志して動き始めました。事務の経験がなければなかなか難しく、だから接客の経験も活かすことができる受付兼医療事務をやろうと考え資格試験にも合格し個人医院に転職をしました。周りは超ベテランである先輩パートさんだらけで人間関係においても難しい。夜間のシフトばっかり押し付けられ、接客業時代より帰宅時間が遅くなってしまったのですが、最初はキャリア形成の時と諦めて頑張ります。

  • もしも転職することを、現在の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると…

  • もしも転職前、今働いている会社の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまうと職場の状況が一変するかもしれません。あなたの置かれている立場によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪ややっかみのおそれもあります。酷い場合には、残業時間を意図的に増やされてしまう事があるので、うっかり「転職します」と口にするのはあまり良いとは言えません。上記トラブルを避けるために、いまの職場では、真面目な態度でいましょう。誠実な態度を見せることで、良い雰囲気を最後まで保ちつつ、晴れやかに会社を去ることができます。また、何の問題もなく円満に退職できたなら、転職後にも、困ったときにアドバイスをもらえる機会にも恵まれるでしょう。会社の大きさに関係なく、どのような企業であっても、繋がりなので、辞める前のトラブルは、なるべく回避しておきましょう。

  • 転社を繰り返さないための対策は、とてもシンプルです。

  • 転社を繰り返さないための打開策が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返しません。現在はインターネットもあるので、精神面を鍛えるのには良い情報は容易に知ることができます。また不思議に思われるかもしれませんが、転職とは関係のない行動をすることもメンタル面を強くすることが可能です。オススメは、ズバリ「海外旅行」です。海外旅行に行くと、日本との違いがたくさんあったりと、どんな瞬間も勉強になります。なので、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。帰国してみると、「自分の視野の狭さ」に驚き、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え転職先を探し直ぐに面接に行くと、今までとは違って自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。ただし、退職してすぐは、精神面がダメージを受けやすいので適度に休みましょう。

  • 転職活動と現職の同時進行を行っている人は少なくありません。

  • 転職活動を現職と同時進行させる人は少なくありません。忙しく働きながら求人を見て、応募の手続きをしたり、面接に挑む、というのは苦しいものがあります。現在の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、もしも、書類選考が通ってしまい、面接に呼ばれてから辞退すると今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。エージェントを介していた場合は、そのエージェントに対する印象に響きますし、自分でダイレクトに応募したとしても、応募した会社からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。どちらにせよ自分の貴重な時間を浪費することになるので、行く気のない案件は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と意識を持つことが大切です。

  • 退職|昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。

  • 最近の転職については、政治によって状況が変わりつつあるようです。今の安倍政権では、「アベノミクス」「三本の矢」といった新たな経済に関係する政策が打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策共々金融政策とも、たがいに作用しあって財界・企業といった民間側からも次世代の変化が現れ始めています。そういった変化を受けたことで、民間企業の側でも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人材不足」が社会では大きな問題となっています。ちなみに、「外国人労働者」の比率を今以上に高めていくであると現内閣は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって国内の雇用状況や転職事情も大きな影響が出てくるのは仕方のないことだといえます。

  • 転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど豊富な数の企業が掲載されているため・・

  • 「転職サイト」は、大手が運営しているものほど掲載される案件がたくさんあるため、感じがよさそうな2,3の会社を、まずはメンバー登録した上で、希望する勤務地や年収に対して条件を設定しておき、次に自動で案件の通知が入るようにすると、情報収集が容易になります。ですが、最初だけは登録が少々面倒くさいので登録前に履歴書と職務経歴書を忘れずに準備し、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録する初日は、時間が多少掛かるため、案件の検索と応募だけでも大変ですが、次回以降は、新規案件をチェックするだけでOKなので、後の応募を考えれば、最初にきちんと準備することを心がけるのが得策です。

  • 安定性を希望して正規社員として働くことを念頭に置いている・・

  • 安定した生活を送ろうと正社員として働こうと思っている人は多いと思います。役立つスキルを身に着けたりしてかなり頑張っているのに中々正社員として雇い入れてもらうことがうまくいかないケースも少なくないはずです。派遣社員の求人は結構あるのに正規雇用の求人に固執し、落ち着かない日々を過ごしている人は少なくないようです。仮に、転職先が正社員枠を用意してくれていないのなら、契約社員や派遣社員の求人募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。契約社員や派遣社員募集の会社の中には会社に貢献することができれば、2,3年で正規雇用への転換ができる可能性もあるからです。ですので採用面接の際に、正社員として働けるチャンスがあるかどうかをヒアリングしておくと将来設計も組みやすくなります。

  • 新しい職場で、それまでに培われてきた実力を最大限に活用できれば…

  • 新しい職場で、これまでに身に付けたキャリアが生かせれば、即戦力として扱われ、割と早く職場にも馴染めるはずです。それはつまり雇い主も即戦力となる人材は常に必要なので、時期さえうまくいけば、難なく事が運ぶでしょう。しかも、今までの仕事内容と似た業務内容なら転職は非常にカンタンになるでしょう。しかし、まずまずの能力があるといっても大手の事務系、公務員の募集などは、時代背景に左右されることなく中々の競争率であることは間違いないでしょう。

  • 退職|現在は、株・不動産投資などの不労所得で収入を得たり、…

  • 今の時代は株式・不動産投資の不労所得で生計を立てたり、個人経営 といった生き方も社会的に人気を集めています。そういった社会的変化に伴い、「会社員以外は不安定であぶない」というわけではなくなってきているようです。1960年代ごろの高度経済成長を遂げている最中には、不安の残る個人事業や株式よりも雇われているほうが大いに堅実であり、人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが至極当然のことのように、世の中に認知されてはいました。しかし、そのような社会全体が等しく成長する時代は終わり、今のような時代では「成熟期」といった名称で言われています。将来的にはコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、仕事で人が要らなくなる社会になっていく、とも言われます。

  • 転職活動を始める場合、前もって、求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを閲覧したりして…

  • 転職活動では、まず第一にハローワークや求人雑誌の求人情報を見たりして転職したい会社をチェックするでしょう。ところが、当該会社が情報を公にする場合には、コンサルタントから指導を受けている場合が多いです。彼ら(コンサル)は、会社に不利益となる情報を隠す傾向があります。仮に公開するとしても遠回しな表現に徹します。そのような類の社員の声や社長のインタビューについては、それをすべて信じるのではなく、疑いながら読むべきでしょう。仮に鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、「話が全く違う」とあとでガッカリすることになりかねません。悪意ある会社は、素直な人間を取り込み、その後、いろんなイチャモンをつけて辞めさせないように考えています。このようなことは、いわゆるブラック企業に多いです。

  • 派遣会社に登録し、働く人が最近では増えてきていますが・・

  • 派遣会社に登録して仕事をする人が近頃多くなってきています。派遣先の会社が派遣会社にいくら支払い、その中で何割が自分に入るのかをなるたけ面接のときに聞いておいた方がいいでしょう。派遣業は、人手を欲する企業に人材を派遣し、その見返りとして、手数料を徴収するシステムになっています。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが大半です。50%以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらしない派遣業者も少なくなく、気が付くと8割も自身の懐に入れ、3割しか労働者に還元しないということも多くあります。面接のときにあいまいにしか答えない会社は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、なるたけそこを利用するのを止めておくのが賢明です。

  • 新しい職を探す際、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェン・・

  • 仕事を探すにあたっては、ウェブ上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)に頼るケースもあるでしょうが、仮にそういった場所で登録してその結果就労先が見つかった場合でも、失業保険を受け取ることはできないので注意が必要です。ハローワークを通さずに就職しても失業保険とは無関係なので注意が必要。これと異なり、ハローワーク経由で斡旋された会社に就業したときは、就職のための準備金として、一時金が受け取れることになります。インターネットで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。彼らは、企業から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険などの手続きはしてもらえません。こういった点を無視していると、失業中にお金を受け取れなくなるので、注意が必要です。

  • 退職|とある古物商の求人に応募したところ、書類選考をクリアしました。そ・・

  • ある古物商の会社で書類審査を通過しました。その後相手方から、面接日時を教えてもらいました。面接日当日、指定された場所へ行ってみると、どうしてか相手が、面接準備を一切していないと知りました。しばらく待って、所長らしき人が面接中も半ば聞きというか、最初から最後まで、やる気のなさそうな態度を見せて、なんとか面接を終えました。約束の日を過ぎても、合否結果は告げられず、気になったので、自ら問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、届くことはありませんでした。仕方がないので再度問い合わせたところ、どういうことなのか、「結果は不採用でした」、とすぐに電話を切ってしまいました。呆れ返ってしまいましたが、内心、不採用で良かったと感じています。

  • 転職活動を開始する際、いろんな手段で情報を集めることが多いと思いますが…

  • 転職するときは、いろんな方法で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトは本当におすすめです。過去に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたという理由から、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になりました。会社の都合で退社させられた元社員の復讐でその手の口コミが投稿されていると見るのが一般的ですが、違った角度から見れば、書き込みの内容が真実でなければ、会社としては気にしなくていいようにも思えます。ですが、実態は『クロ』で「本当のことが書かれているので、一刻も早く火消ししたい」と思っているのかもしれません。口コミサイトも炎上が原因でアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、好ましくない内容の口コミが目立つのは、それだけ入社後に厄介事が降りかかる可能性も高いと判断するのが妥当だと思います。そもそも、善良な会社だったらトラブルは起こりませんから。