退職|看護師という職業の人の違う職に転職を決断する原因は…

看護師のほかの仕事に転職の理由はその人それぞれです。

看護師でありながらそれ以外の仕事に転職を決断するキッカケは、人それぞれ。色々な事情があるはずです。考えてみると転職には「職場環境に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚することでライフスタイルの変化によって子育てそれから親の介護など、種々の環境の変化など、今までと同じような働けなくなってしまった」「現在の収入面で不満を感じている」というような悩みが抱えているのかもしれません。ですが、転職を決める前に「どうして、転職しないとダメなのか?」と、頭を冷やしてゆっくりと客観視してみることも大切です。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、もう一度考えたうえで決断してみましょう。

求人関連の情報を見てみると、大部分の株式会社では月の給与が記載されているはずです。

求人広告には、ほとんどの場合、多くの職場では月にもらえるお金が明記されています。しかしこの部分を頭に入れる際は、その額の多い少ないだけ見てわかってしまってはいけません。実はもしかすると、月収の金額の内訳で月10時間残業の場合を含んでいるかもしれません。そういうことは残業代の金額を入れて魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしていることも珍しくありません。このほか、基本給プラス歩合給で、歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている可能性も考えられます。だから、このようなよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社は興味を持たないほうが賢明です。

転職した際には、だいたいの場合は前の仕事のは美化されるはずです。

転職すると、高い確率で前の会社の仕事はたいていは美化された記憶となります。本来は今の職務に合っていないと思ったから、それを解決するためにやっと再就職を決意したはずなのに、気がつくと、不思議なことに新しい会社よりも「前職のほうが良かったかも」と感じます。もっともなことで前の職では日々の業務を把握していて、楽にやるべき仕事がたやすくできていたからというのがもっとも理由にあるでしょう。だが実際は「辞めるべきではなかった」と真剣に悔やむほど、前の仕事のほうが職場の雰囲気や職場の雰囲気が良いケースも考えられます。

転身を念頭に置いているなら労を惜しまずにいろいろな会…

再就職したいなら、労を惜しまずにいろいろな会社の採用情報を定期的にチェックしておくと転身先の労働環境の見極めが大いにしやすくなります。あなたが今の仕事に不満足だと感じているケースでは、実際に転職活動をする際に、どこの企業も魅力的に映ってしまいます。そうすると、どこを選ぶべきか困ってしまいかねず、判断を大きく間違える可能性もあります。それゆえに、短期間で退職してしまうおそれもあるので、前もって会社を見る目を養っておくのがベストです。転職したい会社の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その会社の「取引先」を見るのがオススメです。透明性を重んじる企業は取引先情報を公開していますし、そういった会社でない場合、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、その点もチェックしてみましょう。また、会社によっては、個人でのグループに入っている会社があるので、グループの名前を調べると細かい所もチェックできます。

退職|再就職の面接などの場面で担当者が名刺を手渡してきた場…

再就職における面接などに関してもし名刺を手渡されたら、あなたも同じように相手の方に名刺を渡す必要があるのかどうかと対応の仕方に悩んだ場合は、基本的には差し出す必要のないもの、と考えておきましょう。転職のための面接は仕事の内ではなくて、職に就くための就職活動の一部であるわけですから、ほとんどは名刺をやりとりする時間ではないのです。かつ、あなたは立場上会社の者としてではなく、あなたのことでそこにいるわけです。ですので、もしも相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらの方は、ただもらうだけで大丈夫で、相手にあげる責任はないと考えられます。

最初に転職をするにあたって、忘れてはいけないのはなぜ今の仕事を辞める必要があるのか・・

最初に転職を行う際、気を付けるべきことはどうして今の仕事を去るのかを明確にしておく必要があります。その理由が根本問題なので、やっておくのが無難でしょう。そして問題を改善できるであろう企業を決定しましょう。既卒者の転職活動は、大学等での就職活動とは異なり、働きつつ、就職活動を行っていく必要があるため、時間と体力が必要でしょう。だからこそ明確な理由がないまま転職活動をすれば、途中で息切れしてしまう危険があります。「なんとしても転職したい!」「現状をゼッタイに変えたい!」といった強固な意志がない場合は、転職活動にゴーサインを出すことはやめておくことをおすすめします。

近頃、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」や、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社も増えています。

現代、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」や、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社も増えてきました。あなたに特許を出した経験があるなら、コンタクトを受ける可能性が高くなります。彼ら(ヘッドハンティング会社)は、特許の他に、「研究開発」の論文を出した人、マスコミによって注目を浴びている人など、「業績」を残した人に狙いを定めて、電話やメールを使ってコンタクトを取り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。もしもあなたが、いかにもヘッドハンティングのような話が出てきたなら、思い出してみましょう。極稀にヘッドハンティングと称して、「そのために登録料を払ってほしい」と依頼してくる業者もあるようですが、そのような業者は言うまでもなく詐欺といえるので騙されないように注意しましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者が払う必要などありません。

私は昔かなり何社かの人材紹介会社に登録していました。

自分が求職中のころ何個かの人材紹介会社に登録していました。その際に特に思ったのは転職アドバイザーのレベルに関しても本当に色々でほぼいまいちな人ばっかりでした。私にとっては人生かかっているのにもっと気持ちを込めて向かい合ってほしいという想いが募ってしまいました。それが引き金となってキャリアカウンセラーの道に進むことになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取るためには経済的な負担にもなりました。また資格取得のための勉強も大変ですが、求職中の人に頼りにされる人間になるべく努力しています。

転職の際に現在勤務している会社を退社する時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけません…

転職するにあたり、現在勤めている会社を退社する時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが、もしもあなたの側から退職届を出して会社を去る、いわゆる自己都合退職であった場合は失業保険が即座にはでません。手続きをしたのち、失業したことが認められてから3か月経ってやっと給付があるのです。よく間違って退社日の翌日から3か月経過すればもらえると誤解している人がいますが、実際にそういった間違いをした人が、ハローワーク側にミスがあると主張してそれが原因でハローワークのスタッフと揉めているのを過去に見たことがあります。ですが、自分側の都合ではなくリストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇のときは、失業認定されてすぐさま失業保険が給付になります。

就職エージェントの大手に限って、豊富な案件を抱えて…

「就職エージェント」大手の場合、いろんな案件を取り扱っているという長所があるといえますが、それと同時に転職を希望する競合者も多いです。したがってあなたが、応募したい会社を探し出しても、転職エージェントの担当スタッフが不可能だと判断すれば応募してくれないことも多々ありますし、企業から見て自分よりも有能な人がいれば、そのライバルを優先することもあります。このように大手エージェント運営元は、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱いなかなか難しいので、中小規模のエージェントに気になる会社や案件を伝えておき、応募できないか相談してみると、自分の利益を考えて仕事してくれることもあるので、そういった風に活用してみるのも良いかもしれません。

就職活動において、年収はとても大事なポイントです。

就職活動において、年収はかなり重要なポイントです。面接では、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで実際もらっている年収よりも多めに申告し、高額な年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜなら、最終的には源泉徴収を提出することになるので、たとえ一時的に信じてもらえたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局はウソがバレてしまうのです。ときにはトラブルになることもあるので、現職の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合った希望年収を設定するのが一番良いです。例をあげると、年収400万の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほとんどありえません。たとえば、現在が430万円の年収であれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが良いです。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのにその後、退職しなくてはいけなくなることを招きかねません。

退職|転職を考える際、転職後の年収を気にしすぎる人がそこそ・・

転職について考えた場合、その職場の自分の給与ばかりを気にする人は、とても多いように思います。大半の方は、仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を手に入れるべく働くと思います。ですから年収がどれだけかは自身の価値を測る指標でもあるのでとうぜん大切なことは無理もありません。でも、年収というものに執着しすぎる生き方というのも虚しい気がするでしょう。それより収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、精神的な充実を得られることが少なくないからです。

退職|再就職を考えている時に注視する求人情報については、基準的なものと…

仕事を探している際に閲覧する求人内容については目安として、アバウトに記載されている、という確率も少なくはありません。なので、書かれている内容は間違いのないものだと簡単に信頼するのはやめておいたほうが好ましいでしょう。そのなかでも生活に大きくかかわってくる報酬の金額などに関しては、社員を平均した額なのか?最低限もらえる金額であるのか?最高値なのか?というような見極めができる転職者は少なく、勝手な判断でとらえてしまうと、悔いが残るかもしれません。したがって、悔いることのないように、求人情報は、だいたいのものだと考えて、そういった内容は会社の方に直接連絡を取るのが妥当でしょう。

退職|最近はパソコンやスマホを見ればネットのエリアには、要する…

最近はパソコンやスマホを使えばわかるけどインターネット上には、今では「転職に関するサイト」と呼ばれるものが多数存在しているのをご存知でしょうか?そのいっぱいのサイトから自分自身にピッタリの転職先と思えるのを見つけるためには、なんといっても情報を収集することが必要です。このような「転職サイト」を上手く利用することでスムーズな転職を叶えられます。客観的なデータもしっかり掲載される「転職サイト」もありますが、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。利用して間もない頃は、信用に足るサイトかどうかを見極めることが大切ですから同ジャンルのサイトと比較しながらしっかり確かめてみましょう。

知っている人の紹介で転職する先を見つける人もいます。

友人からの紹介によって転職の先を見つける人もいます。それはいいけれど転職をした先の労働環境、それに労働時間などの大切な部分を友人からの口コミ情報を鵜呑みに判断するのはあとでトラブルになることが多いです。口コミの中でも個人の口コミというのは主観が入ってしまうからです。それ故に知人にしたら働きやすい良い働く場所に映っても、あなた自身の価値観に照らし合わせたときには、イマイチな場合かもしれません。またその逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミのみで判断せずに、最後は自分の決断を信じるしかありません。

失業時に受け取れる「失業保険」は、もらうためには失業中であることが必要ですが…

失業した人が受け取れる失業保険は、失業していることがもらうための必要条件ですが、期間に制限があります。それまで勤務してきた期間によって変わり、3か月とか1年とかが決まるのだが、なんとこれを知らずに永久にもらえると思い込んで失業保険があるから働かなくてもいけばいいと考えて遊び続けている人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから焦って転職活動をしてもよい会社を探すのは難しいです。転職を希望している会社の面接官も無能ではないので、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたかといった部分はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。ヘタをすると、面接担当者からそういった質問を矢継ぎ早にされることもあります。うまく返答できなかったり、バレる嘘をついてしまって、受かるのは難しいでしょう。