転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている・・

転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている…

  • 転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人に覚えていただきたい箇所があります。派遣社員に対して、「電話対応」「お茶出し」「データ入力」「その他雑用」のような仕事を考える方がおそらく少なくないとは思います。最初は私自身もまさにそう思っていました。現在の職場に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募した際にも、電話応対と聞いていました。面接で説明を受けてもいたので安心しきっていました。ですが、実際に入社したとたん、なんと「電話対応」以外に、足りない正社員の業務の穴埋めを任されてしまいました。とくに特別な知識もなく、はじめの説明とは異なる内容ばかりなので非常に参っています。とりあえず、「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

  • 退職|再就職先を探している間は、そういう風にしたいわけではないの…

  • 転職するための期間中は、無意識のうちに緊張感がなくなり、ダラダラと過ごしてしまいがちです。・・であったとしても、そういった過ごし方を習慣にしてしまうのはかなり危険です。不思議なもので、気の緩んだ、だれた生活が普通になると、「メンタル面」も不健全な状態になるからです。時間がたてばたつほど、仕事をしようとする気力も失い、お金が回らなくなって困る状況にも・・・。そんな状況になってしまうと、負のサイクルができてしまい、次の仕事をうまく見つけられなくなります。次の仕事を決めることができないのは、お金を第一に考えるようになるからです。もらえるお金を最優先事項に考えざるを得ない状況ではやりがいを求めて転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですから、お金に縛られない生活をするためにも、ダラダラした生活は、転職活動中には必要ないのです。

  • 今後転職活動をされるなら、気になる求人(職種)を見つけたとき…

  • 転職活動のさなか、良いと思う求人(もしくは業界)を見つけたときに必ず「〇〇業、ブラック、デメリット」でネットで検索を掛けてみましょう。求人票や転職エージェントから入ってくる言葉からは、業界に関するマイナス部分について教えてはもらえません。もしも、ブラック企業体質な業界であれば、インターネット検索で一発で本来の姿を理解できるでしょう。そういう実態を理解しないまま、入社すると、あとになってガッカリしてしまう可能性が高いです。だいたい求人が出ている理由が「仕事の内容がキツイから人の出入りが激しい」という場合も多いので、気に入った案件や業種については、注意したほうが良いでしょう。

  • 転職する場合、相応の準備は必須です。

  • 転職活動する場合、それなりの準備は不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、その中でも目に見える服装は気になっている人も多いと思います。…が、ここ最近の、企業面接では私服がOKな会社があるので、しっかりビジネススーツを着て面接に行く必要がないケースもあります。会社の創設したての会社などは、厳格なマニュアルもないことが多く、私服で面接の場に行ったほうが、良いイメージを持ってもらえます。正装でないので、ざっくばらんに会話がしやすいのもメリットといえます。そして私服だと、面接の間に、洋服について、盛り上がる可能性もあります。ですから、面接担当者と仲良くなれる期待ができます。ですので、転職活動をするつもりなら、企業の「創立した年」を事前確認し、(ベンチャー系企業相手の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

  • 退職|在職中であるのなら、出来るだけ周りの人にバレないよ…

  • 在職期間中なら、可能ならば、周囲にバレないよう(私の経験談ですが)雇用期間中に転身する考えのみ早い段階で社内で言ってみたことがありました。だが、その後求人サイトを必死に探していたのですが、悲しいことに就職する仕事を変えるタイミングも何も進めていたので、ダラダラと時間が過ぎてしまいました。挙句の果てにはその傍ら、社内では仕事の引き継ぎや手続き、私の退職予定日などが確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。ですが予定は噛み合うこともなく、失職期間を経験したあとで、次の就職先を見付ける活動をはじめました。

  • 派遣社員であったとしても、1年ごとに自身の好きなタイミングで辞められるワケではないと…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、1年ごとに自分の好きなタイミングで退職できるものではないと実際に転職活動で気付かされました。私は新婚し、生活が落ちついたあと早く子育てに取り組みたかったので、妊娠する時が来るまでのあいだ、だいたい1年半~2年くらい現在の部署でそのまま仕事したかったので就職しました。常勤ではなく派遣社員ということもあり、給料は安かったですがですが時間的な自由を得たかったので、あえて選択しました。でも、いざ入社したあと、一緒に働く人たちの大半が派遣の仕事を10年~15年ほど勤務しているというのです。派遣社員を選択しても、期間が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、困ってしまいました。

  • 転職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」において都市部から地方に引っ越したうえで転職した…

  • もしあなたが転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」において都会から地方に移住した上で再就職したい、と考える人が増加傾向にあります。昔と違って転職サイトの地域指定をするだけで、地方の求人も手軽にアクセスできるようになりました。しかし、地方での求人は募集してる企業や会社の数自体が少ないので、それがマイナスといえます。といった問題があるので、求人情報サイトを使用するのは当然ですが、転職サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」といったサイトもマメに確認し、「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する転職サポートのイベントにもアンテナを張っておきましょう。

  • かつての私は、新たな仕事を探す時は主に「ハローワーク」を利用していました。

  • これまでの私は、新たな仕事を探す時は主に「ハローワーク」が中心でした。というのも大手の転職サイトは特性上、都心部にある企業の求人がほとんどだからです。そのために、求人を探す時は、「ハローワーク」しか利用していません。やっぱり、求人募集をするいくらか企業の知名度や給料は劣りますが、地域に密着した企業も多くあり、都会以外での転職には役立ちます。「ハローワークはなんか地味だなぁ」と感じている方も多くいるかもしれません。理想に近い企業が掲載されているかもしれないので、もし転職希望の方は、参考までにハローワークへ1度行って様子を見ておくのも良いと思います。人気の転職サイトのように大量の電話・メールが執拗に送られてくる心配もありません。

  • 転職活動を行う際の最後に残る難関として、「今勤めている企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

  • 転職活動において最後にクリアしなければいけない難問として、今勤務している企業からの退職があります。転職先の企業から採用の内定をもらえても、現職の企業が退職を引き留めるというのもよくあるケースです。仮にそうなったとしても、困難に負けずに退職する、という強い意思を持つことが大切でしょう。引き留められて、残ったとしても一時辞めたいと思った会社には、そんなに長居はできないはずです。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届を記入しておきましょう。そのあとで、決定権のある上司と直接話し、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」とキッパリと伝えましょう。円満退社を目指すのも就職活動において必要でしょう。

  • 転職活動では、履歴書と職務経歴書を準備することが必須といえるでしょう。

  • 転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書を用意することが必須になってきます。多数の会社は履歴書や職務経歴書の記載内容で面接するかどうかを判断するため、なによりもこの2枚の書類が大切なポイントです。ただ文字を書くことにとどまらず、記載内容の魅力化を図ることも必要です。「職務経歴書」は、これまでの職務の詳細に加え、できる限り、アピールできる内容を記入してみましょう。さらに、過去の仕事以外にも、現職で果たした実績なども有効です。例をあげれば売上を前年比○パーセントアップさせた、などわかりやすく書くのが得策です。作成が難しいと思ったときは、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、文章をチェックしてもらったりして自己ブランディングのために利用することも選択肢として考えておきましょう。

  • 退職|転職時の採用面接では、中小企業であれば、概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが…

  • 再就職の際に行われる面接というのは、小規模業者クラスの場合大抵は「人事」が面接担当ですが、それ以外の場合もあるはずです。例を挙げるなら、今後仕事をすることになる責任者、言い換えれば課長や部長などが面接することも決して少なくありません。中でも営業や事務に再就職する場合は資格だけでは具体的なイメージはありませんので、自主的に自分自身をアピールしていくことが必要です。面接担当から「この人は、きちんと自己アピールできるし、頼りになりそうだ」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことがとても大切です。

  • 退職|再就職をする場合、重要なのが間違いなく「面接」である。

  • 転職時、重要となるのが「面接」である。普通の面接の場合は面接担当者が当人に対して転職に至った理由や退職理由などいろんな質問が飛んできますが、そしてほぼ100%、面接が終盤を迎えるあたりで面接係員が転職者である面接者にたいして不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがあります。担当者から、「弊社で働くことについて何か質問しておきたいことはありませんか?」と。こんなときは、面接者本人が答えを用意しておらず、何も聞けなくなる可能性があるかもしれません。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも前もって面接担当者からの問いに対する、(あなたからの質問を)用意しておきましょう。実際に働く前の段階で、しっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

  • 昨日転職の準備をしておこうと人材バンクへ登録に向かいました。

  • この前人材バンクに登録に出向きました。登録カウンセリングを行いに出てきた担当の方が見た感じ新入社員らしくて、、私が説明している話の2分の1もわかっていないようでした。にもかかわらず「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「自分の強みについて知っておくことが大事でしょう」とか、わかったように偉そうにのたまうから非常に不快でした。カウンセリングを担当させるのはそれなりにカウンセリングのスキルがある方にしてほしいものです。

  • 転職活動では、企業そのものよりも、どちらかというと「担当面接官」・・

  • 転職とは、希望している企業そのものより、どちらかと言えば面接係員とのやり取りが重要です。しっかりと採用してもらうために、ゼッタイに肩の力を抜いて焦らずに対応することを心がけましょう。素敵な女性とお見合いするかのような姿勢でいる望むのも大事でしょう。更に大事なことは面接係員はもっとも最初にあなたの「人間性」を観てもらうわけですから、マイナスな印象につながる言動は気をつけて避けましょう。良識ある社会人らしく面接に適した服装(T・P・O)を意識しておく必要があります。あなたらしさを表現できるといいでしょう。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、自然と良い結果も出やすくなるでしょう。

  • 昔から”石の上にも3年”という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。

  • 昔から日本には”石の上にも3年”という人生において役に立つ教えがあります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」は死語になりつつあります。「転職」は一般的な事柄となってきています。しかし、当たり前に転職が可能だと思い込み簡単に仕事を変えようとする行為はとても危険なことです。再就職しようと考える場合、適した時期というのも有るでしょう。最初に、現在の職場・仕事、自分の置かれている立場などに対して不服に思っている点を箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目はリストアップしてみてください。そうしておくことで、再就職の次の一手を考えやすくなります。そして、もしおおまかな進路が見いだせたら、できるだけ早急に今よりも良い仕事ができるよう、自分なりに努力してみてください。

  • 今まで経験したことのない業種とかに転身する際には、前の職…

  • 全くの初挑戦となる業種などに転業をしようとするときには、前の仕事で、自分が身についたスキルや今まで経験したことを発揮できるといった内容のアピールが必要になります。初めての分野の場合、その分その業界で経験してきた人たちよりも実際のところ、不利になりますけど、自らの持っている力がその業界においても十分に発揮できるということをしっかりと話せれば、戦える場合も出てきます。そのため、経験のないジャンルに挑む場合は、その業界と前の職場でやっていた仕事内容とのつながりをできる限り発見しましょう。