退職|昔働いていた会社でのことですが反りが合わない上司に悩みを抱・・

退職|就業していた会社で意地の悪い上司に頭を抱え、結局我慢できずにその会社は辞・・

昔務めていた会社で感じの悪い上司に嫌な気分にさせられ、最後にはやっていくのは難しいと判断してその会社を辞め、同業者である別の企業へ乗り換えました。居心地よく仕事ができ充実した日々が続きましたが、少しずつ業績が悪化して、とうとうある会社に経営統合されることになったのです。偶然にもその統合先の会社がなんと前に勤務していた会社で、すごく嫌いだった上司が再び私の上司となることになりました。まったく困ったことになりましたが、ここまで縁があるとは。当たり前のことですがまた転職活動を始動しています。

退職|就職活動するときに特に注意すべき求人は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料がよ・・

就職活動をするときに注意すべき募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料が高く、拘束される時間が長いものです。このような募集では、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいる場合がよくあります。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、例えばですが、30時間・45時間といった感じで求人の内容に時間が併記されているものです。毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、前もって給料に残業代を含んでおく、といったものです。(注意・合法です)もし『みなし残業代50時間込』というのは、「書かれた時間分の残業代を入れた場合、この給料がもらえます」ということになるわけです。しかし、悪質な求人では、この『みなし』を表記していない場合もありますのでよく注意をしておきましょう。

退職|何年か前までは求人情報では、「性別」がしっかりと記載されていました。

何年か前までの求人誌では、求める人材の「性別」まで書かれているのが普通でした。ところが最近では、「男女雇用機会均等法」が施行された影響もあり、男女差別が雇用の際にないようにしないといけないルールができて、求人情報の概要に男女の性別を記載しないようになりました。ですが、働き手を募集する雇い主としては、男性・女性どちらでも等しく雇用するとは限らないのです。実際に、本当は男性希望の業種に女性が募集にやってきたり、女性希望の企業に男性が応募してくる、といったトラブルは誰にも起こり得ます。例として、「女性が活躍している職場です」とアピールする案件では、雇い主再度が「女性」を必要としている、と解釈しておいた方がトラブルを避けられます。

私は20代で転職を2回経験し、いまは資格を取るべく派遣社員になりました。

これまで20代前半に転職を数回経験し、現在、資格をゲットするべく派遣社員として企業で働いています。常勤の勤務とは異なるため、どうしても給料は安いのですが、しかしその分、心と時間に大きな余裕が生まれました。思い返すと、学生時代にいくつか取った資格を生かして仕事に活かしたかったという思いもあります。実際、そういった人をみると羨ましく思ってしまいます。昔の私は、自分と比べてしまうことが劣等感を感じていましたが、しかし現在は、結婚し、生活そのものが大きく変化し、将来の目標も決まり、楽しい毎日を過ごしています。

これはシフト制の仕事についての話なのですが、特定の・・

シフトの勤務形態がある仕事についての話です。毎週、同じ曜日に仕事できる人を募集する求人を頻繁に見ますが、休む方法やシフトの提出方法については前もって確認しておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私自身、出産のため抜けた人の代役として、正社員として入ったのですが、私のシフトがそこでは、「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、他の社員はいない状態という職場でした。前にいた人が土日は休むことなく出勤していたので、私自身も出勤できる人として扱われてしまいました。実際「土日」に外せない用事が入った場合、シフトを変えてもらう必要があり、同じ部署の先輩方に「代わりに出勤していただけませんか?」と私自身がお願いしなくてはいけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・振り返ると本当によく我慢したなと思います。

自分の大好き、を仕事にしたいという風に考えている人は注意した方が良いです。

自分自身の好き、を仕事にしたいという風に考えている方は要注意です。私が実際に経験したことなのですが、私自身、食べることが好きでそれが理由で、前に、料理店(レストラン)で働いていた時期があります。そのレストランでの業務は、そのお店で担当していた仕事内容は、簡単な盛り付けやホール業務です。この仕事内容については、不満もなく楽しんで仕事ができていました。けれども、人間関係に悩まされました。ということが理由で、仕事をやめることにしたのですが、そのせいで、大好きだった食べること、そしてその飲食店で扱われていた食べ物すら嫌いになり、よく似た飲食店はしばらく経った現在も行けません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。この仕事に就いた頃は、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。好きな分野の仕事に就きたいと夢をみるのは素敵なことです。ですが、「好き」は、どのくらいすごいのか、じっくり自分に尋ねる必要がありそうです。

長い間接客業で務めていたのですが、加齢とともに立ってする仕・・

ずっと接客関係で働き続けてきましたが、年齢を重ねると共に立った仕事は体力的につらく、座り仕事である事務の仕事への転職を志して行動にうつりました。事務が未経験となるとわりと厳しくて、そこで接客の要素もある受付兼医療事務を目指そうと考え資格も獲得し個人医院に転職をしました。ベテランの先輩ばかりに囲まれて人間関係においてもややこしい。いつも夜のシフトを押し付けられて、接客業時代より帰る時間も遅いわけですが、最初の頃はキャリアを形成する時期と考えて仕事に励みます。

もし転職前、今勤めている会社の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、…

転職することが、現在の職場の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、状況が大きく変わるおそれがあります。周囲との付き合い方によっては、意地悪、やっかみの対象になるおそれがあります。さらには、残業時間をわざと増やされてしまうことも考えられるので、軽々しく「転職します」と口にするのは注意が必要です。なので、上記のトラブルを回避するためにも、今所属している仕事場では、いたって真面目に振る舞いましょう。そうしておけば、良い関係のまま会社を辞められます。そして、何の問題もなく円満に退職できたなら、退職後も、相談にのってもらえるかもしれません。規模や業種に関係なく、どのような企業であっても、人との縁は大事なので、会社を辞める時のトラブルには警戒しておきたいものです。

退職|転社を度々しないために、ひとつだけ対策が必要です。

転社を繰り返さないための対策は、シンプルです。スキルアップもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返さなくなります。インターネットでなんでも見られる現在ではメンタル面を強くする自己啓発系の情報はいつでも知ることができます。そんな、時に転職とは違う行動をすることもメンタル面を強化することができます。何かと言うと「海外旅行」です。海外旅行に行くと、生活習慣も文化も、そして言語も、違うことばかりなので、目につくすべてが刺激となります。なので、精神的な成長は、想像以上に得らるはずです。帰国すると、自分のこれまでの視野の狭さに気づき、こんなにも世間は狭かったのだということを実感することができます。その気持ちのまま、(転職のための)面接に向かうと、これまでの面接とは違って自信満々に自己アピールができるはず。ただ、退職後は精神面が弱くなっているので、気力回復のために休業期間も必要です。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人は少なくありません。

転職活動を現在の仕事と並行している人は少なくありません。ただ、忙しく仕事をしつつ求人案件を見たり、応募の手続きをしたり、面接に行くのは時間調整も含めてかなり骨の折れる作業といえます。転職活動中は、今の職場の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。深く考えずに応募する、という人がいますが、仮に、そうした場合に書類選考が通り面接に呼ばれたあとに「辞退」を選択したとしたら、今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを通している場合はそのエージェントからの心象が悪くなりますし、自分で直接応募した場合も応募した企業からしつこく電話やメールがあることもあります。どちらにしても自分の貴重な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりのない会社は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると理解しなければいけません。

退職|最近の転職における状況ですが、政治による変化が出始めています。

最近の転職における状況ですが、政治による変化が出始めています。現在の安倍政権によって、アベノミクス「三本の矢」といった経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策が日銀主導の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界や民間企業間でも新時代となる変化が増加しつつあります。その変化の中で、民間企業の側でも今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人材不足」がとても大きな社会問題となっています。ここ何年かの間で「外国人労働者」の数を増加させ人材確保に務めていくであると現内閣は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、雇用や転職問題もかなり幅が広がりそうです。こうした政治の流れによって、日本国内の雇用状況や転職事情も大きな影響を及ぼす事になるでしょう。

転職サイトはメジャーなサイトの方が掲載される求人情報がたくさんあるた…

「転職サイト」は、大手が運営しているもののほうが掲載される転職情報がたくさんあるため、関心のある2~3社を、転職サイト登録しておき、勤務地・年収などの条件にあらかじめを入れておき、次に自動で案件の通知が入るようにすると、簡単に情報収集を行うことが可能になります。でも、はじめは登録するのに幾分か手間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をしっかりと作成しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録をする初回時は時間が多少掛かりますし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、その後は、新規案件のみチェックするだけで良いため、次回以降応募するときのことを考えれば、初めの段階できちんと準備することを心がけてください。

退職|より安定した人生を送ろうと正規の社員として働くことを念頭に置いている人が…

安定を求めるべく「正社員」になりたいと思っている人は少なくないでしょう。即戦力として働けるように資格を取得するなどしていくら努力しても、中々正規雇用が叶えられないこともあるでしょう。非正社員の求人が目につくのに正社員の求人情報以外を見ないで時間を浪費している人が少なくないと言います。しかしあなたが、転職先が正社員枠を用意してくれていないのなら、非正社員の募集も選択肢に加えてみましょう。正社員を募集していない企業であっても、成果次第で数年で契約社員から正社員への転身ができる可能性もあるからです。ですので採用面接時に、「正社員登用」の可能性をヒアリングしておくと将来のプランも組みやすくなります。

新たな勤め先で自身の過去のスキル・キャリア生かせたら…

新しい勤め先で、今までのキャリアを活かせられれば、即戦力として仕事を任してもらえ、早々に職場にも馴染めるはずです。雇い主側もスキルを持つ人材は常に必要なので、採用側が判断しても即戦力となる転職はとんとん拍子に事が運ぶでしょう。加えてこれまでの仕事と似た仕事なら転職は非常に楽になるでしょう。但し、それなりに実力があるといっても大手企業の事務系の業務や、公務員はいつの時代も、かなりの競争率であることは間違いないといえます。

退職|現在では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で生活資金を得たり、…

近年では、株・不動産投資などの不労所得のほか、独立、起業等、そういった世の中の変化に伴い、「雇用されて働くこと以外の道はキケンだ」といったこれまでの考えも変わりつつあるようです。高度経済成長期の際には将来的に不安定な自営業よりも組織の一員として働くほうが安定していてました。人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが至極当然のことのように、広く世の中に浸透していました。そんな社会全体が等しく成長する時代は終わり、今のような時代は「成熟期」とも付けられています。近い将来ではコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、機会が仕事をこなしていく時代が到来すると言われています。

退職|転職活動の際は、始める前に、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を見たり…

転職活動を行うにあたっては、まず、ハローワークやネット上の求人情報を閲覧したりして関心のある会社を調査するでしょう。ところが、当該会社が情報を掲載するにあたっては、コンサルタントが主導していることが少なくありません。彼ら(コンサル)は、会社にとってマイナスになる情報を隠す能力に長けています。仮に公表したとしても遠回しな表現に徹します。そういった類の会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などの話は、そのままを信じるよりも、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。もしも鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、こんなはずではなかったと後悔することになりかねません。たちの悪い会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後は、文句をつけながらいかにして辞めさせないようにするか画策しています。この種のブラック企業には気を付けましょう。