退職|数日前人材紹介会社へと登録に向かいました。

転職の準備をしようと人材バンクへ登録に向かいました。

転職の準備をしておこうと人材紹介会社に登録に向かいました。そこで登録カウンセリングを行うために出てきた担当者がどうも社会人経験の少ない社員のようで、私の説明の3割もその社員は理解していないように見えました。さらに「キャリアデザインがまだまだですね」とか「自分の強みは何なのか考えるべきです」とか、ベテランのように横柄にのたまうのでとっても不快でした。カウンセラーはそれなりには仕事の経験がある社員にしてほしいものです。

転職活動を成功させたい場合、希望している企業そのものよりも・・

転職活動で大事なことは希望先転職先の会社企業というより、具体的には「担当面接官」との勝負といえます。採用担当の面接係員に良い印象を与えるために、第一歩として肩の力を抜いて焦らずに対応しましょう。例を挙げると出来ればお見合いのような気分でいる望むと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。面接によってまず最初にあなたの人柄や人間性を見られるのでマイナスな印象につながる行動は気をつけてぜったいに控えましょう。なおかつ品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて面接に適した服装で向かいましょう。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。企業にとって魅力的な人材と思ってもらえれば、転職活動はかなり楽になります。

退職|”石の上にも3年”という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

日本には”石の上にも3年”といわれる諺もありますが、昨今、「終身雇用制度」は死語になりつつあります。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は身近なものとして捉えている人も多いはずです。が、「仕事を変えること」が珍しくなくなってきたとはいえ、軽はずみな気持ちで転職を繰り返すのは大変な問題となります。転職したいなら、時期というのも有るでしょう。まず、現在の職場・仕事、職場に関して、不服に思う点を5~10個ほど、探してみてください。そうすることで、転職を決断することです、そして、もし将来の進路が自身で見いだせたら、先るだけ迅速に、今より良い職を手に入れるべくトライしてみましょう。

退職|初挑戦の業種などに転身を行う際は、前の職場で、自…

全く経験したことがない分野などに転業をしようとするときには、以前の職で培ってきた腕前やこれまでの経験値が生かせるという自己アピールが必要になります。その業界に勤務したことがない人はそれだけその業種で経験してきた人たちよりも不公平な状態になりますが、自らの持っている力がその業種でも生かすことができるということをしっかりと伝えることができれば、戦うことができるケースも多々出てきます。以上のことを踏まえ未経験の業種にチャレンジする際には、その分野とこれまで自分が働いてきた仕事との関係性を必ず見つけ出してみましょう。

一般的観点からすると大企業は「定期採用」で人材を確保します。ですから…

大半は大きな会社は「定期採用」で人材を確保するため、転職で入る事は中々難しいものです。加えて、都会エリア外だとそのチャンスはとてもきびしくなります。ただし、製造業系においては、都市部でない地方の工業団地等に製造の拠点としていることも少なくありません。そういった地方の工場に的を絞れば、事業分野の拡大の際に「人員募集」をしていることが多々あるので、そういったタイミングに転職を検討してみるのも有りです。地方の工場を転職に考える場合、その地方の工業団地の会社をあらかじめ収集しておきましょう。その会社のホームページを覗いて、求人の予定がないか、しょっちゅう確認してみましょう。

新しい仕事に就きたいと考えているのなら、すぐに「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。

新しい仕事についてすぐはすぐに「年収」を高望みしないほうが無難です。特に、はじめの年はおおむね「試用期間」が含まれているというのが多いものです。自分のケースでは、どうにかして転職したのに、予想に反して前職の年間報酬とあんまり差がありませんでした。それに加えて、仕事はとてもキツく、責任が伴うものだったので、最初の1年は、ひどい状態でした。そういった実体験から、初年度は、勉強に充てる期間と捉えておき、極力転職する前からお金をためておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

退職|転職活動をしていると、面接で「志望動機」「転職理由」の2点は絶対に質問されます。

転職活動で面接において絶対に聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機については、心で思っていることをそのまま話してもかまいませんが、転職理由について隠さずに話すのはよくありません。たとえば収入に対する不満、人間関係の問題など、面接官に悪いイメージを持たれやすいものです。もっとも、過去のマイナスをそのまま話する人は稀だとは思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しがちなので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。現職の不満を伝えないようにするには、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。そしてさらに、この会社に入ってこんなことを実現したい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったようなポジティブなイメージを与えるようにしましょう。

数ヶ月ほどまえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わら…

この前、転職をやっとしたというのに、数ヶ月しかたっていないのに退職を選択してしまう人がずいぶんよく見受けられます。おそらく心機一転、素晴らしい仕事を手に入れたものの、「思っていた職場環境とおかしいと思うほど違っていた」「会社のルールにどうしても慣れなかった」といった感じで去っていくのだとか。可能ならこのような、転職先選びでの失敗を避けるためにははやり前もっての情報収集を徹底しなくてはなりません。職場内の環境、通勤時間、給与体系、など多角的に事前に調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

退職|現実に失業保険を給付してもらうためには、職を探していることが必要なのです。

きちんと失業保険を給付してもらうためには、職探しをしていることを証明しなくてはいけません。ですが、現実的には「久しぶりに仕事から解放されたし、少しの間でも仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」と思うのが正直なところでしょう。ということで、真剣に次の仕事を探しているように見せることができるので教えておきます。1ヶ月おきの「ハローワーク」での面談は当然必要ですが、「求人票」をチェックすることを必ず行う必要があります。本腰を入れて探す気持ちがないときは、求人票で職探しをしているフリをして、(ハローワークスタッフとの)面談時に「納得できる条件の仕事ややっていけそうに思える仕事が意に反して今回はありませんでした」と話して、次の機会を探すという手もあります。

再就職の際の面接についてですがクールビズでお越しください…

再就職の面接に関してですが会社側からクールビズで良いとと書いてあるケースもあるようです。ですが、なかには、クールビズのスタイルで赴くのは悪いのでは?と感じてしまいます。クールビズに関する不安を心に抱え込んでしまっている人たちに言っておきたいことが、クールビズで良いとされた面接のときは伝達事項を素直に聞き入れたほうが間違いないです。迷ってしまい、夏の暑い時期にクールビズではなくスーツを着込んでいくと不自然な印象を持たれてしまいます。ですから、企業側からクールビズ可と事前に聞かされたのならクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。

女性が再就職する場合、今と一昔前では若干の違いがあったりします。

女性の転職に際して、セクハラが社会的に問題になる前と今とで若干の変化があります。一昔前は面接の際に、既婚者なら出産の予定などについて、ごく一般的なこととして質問されることがほとんどでした。ですが、現代では、そのような内容は、「セクハラ」として扱われるのを恐れ、質問されないこと、が増加傾向にあります。また、特に大企業の場合は、NG質問として扱われています。でも、会社側は、はい・いいえ、といった形ではなく、その人の価値観結婚後・出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを漠然とは知っておきたいとは思っている事でしょう。自分自身の将来設計を理解してもらうためにも、志望動機や自己ピーアールと混ぜながら言い表すことで、相手側にも認識してもらえ、判断してもらいやすくなると思います。ですから、聞かれていないことでも、あなたから率先して話をしておくのが良いです。

転職時の面接で着用するスーツのカラーにおいては、新卒の就活の時…

転職の面接でいるビジネススーツの色合いは、新卒の学生が就職活動の際にに準じている色が安心です。具体的に言うと、黒系や紺系のダークな色合いになります。転職の場面でも、ビジネススーツの色合いはこのような暗めの落ち着いたカラーが圧倒的な数を占めていて、そうでない色を着用している方はあまり見ることはありません。あえて言えば、グレーを着ている方がわずかにいるほどで、ほぼ紺色や黒色が多いので、人事部から見ても黒や紺色であるほうが当たり前のように感じるので、第一印象という面ではぜひおすすめします。

そのうちでも転職活動しようと考えるのなら、今現在の職場…

今から転職活動しようと思うのなら、直近の業務や仕事の何に不満があるのかを洗い出しておく必要があります。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。もともと不満があるからこそ、転職したいと考えているのは分かります。でも「いまある会社の客観的に考えた満足できないことを明確化する」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。その次に仕事を変えることで「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。なぜなら、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職後のモチベーションの低下を防ぐ事が容易になるはずです。

転職における採用面接にある会社に向かいました。

転職の面接を受けるため希望先の会社へ赴いたときのことですその日に限って会社で部屋が空いておらず社外のとある場所で人事部の人と待ち合わせて面接が行われ、その場で解散ということになり、面接をした方もそのまま自宅直帰されるとのことだったわけですが、ところが自宅からの最寄駅が一緒。結局は電車内でも面接官とずっと話をしながら帰宅することとなり、おかけですっかりリラックスして面接の時よりも込み入った話ができて、それが良かったのか最終的に採用をゲットすることができました。

退職|あなたが持つ現在のスキルや資格を活かして再就職する場合は…

自身のスキルや資格が有利にはたらくように就職活動を考える場合に、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界と比較的、再就職が難しい業種がある事を知っておくと仕事選びに役立ちます。転職がカンタンといわれる業種は、たえず人手不足である医療や介護系のジャンルがおなじみですね。医療・介護の分野ではそれぞれ看護師・介護士は「資格」が必須で、ハードルが高く、売り手市場となっています。しかし、今「医療・介護」の仕事に従事していて、様々な事情により、異業種に転職したいと考えているのなら、簡単に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の多数の業界は、スタッフの流動性はかなり低くなります。というわけで、簡単に考えない事が必要です。異業種への再就職を希望するなら、他の業界では「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので覚悟しておきましょう。

退職|この先、私たちの労働環境において、みるみるうちに単純労働・・

私たちの労働環境は、この先、着々とシンプルな作業は機械化が発展していき結果として、労働力は減少していきます。というのも、考えなくてもできる仕事は人より機械を稼働させたほうが数段に分があるからです。数をカウントしたり、同一の手順を繰り返すことは機械では当然何の苦もありません。もちろん人と違って泣き言も言わない、疲れ知らず、ずるもしない、正確にこなしてくれますし、均一化できる強みもあります。おまけに人と違って給与が発生しません。というわけで、労働力として人を使う理由が到底無いことが明白で、機械に移行していくのも無理もありません。