安定を送りたいと「正社員」になりたいと思っている・・

より安定した生活基盤を欲しがり正規の社員を目指している人…

安定的な暮らしを手にするべく正規の社員になりたい人はかなりいます。にもかかわらず、即戦力として働けるように資格を取得するなどして頑張っていても、正社員のためのキャリアアップが現実化しない可能性もあります。非正規雇用者の求人情報が目につくのに正規雇用の求人以外はスルーして応募しない人も多いでしょう。万一あなたが中々転職希望先が正社員を必要としていないのなら、契約社員に応募することも選択肢の一つとして考えたほうが得策です。契約社員や派遣社員募集の企業の中には成果によって数年で正社員への転身が図れることもあるからです。ですので面接時に正社員として働けるチャンスがどの程度あるのかをヒアリングしておくと将来設計も組みやすくなります。

再就職した会社で過去のキャリア・スキルを生かせたら…

再就職した会社で今までに培ってきた実力を発揮できれば、即戦力として認められ、割と早く職場にも馴染めるはずです。同時に雇用先もそのような人材は常に必要なので、時期さえ合致すれば、円滑に事が進むでしょう。それに加えて過去の業務内容と同じジャンルであれば転職は非常にカンタンになるでしょう。ですが、ある程度の能力があるといっても一流企業の事務職、公務員(国家・地方ともに)などは、時代に関係なく、中々の難関であることは間違いないといえます。

ここ最近は、株式・不動産投資の不労所得で生活資金を得た・・

今のご時世では、株・不動産投資の不労所得、あるいは独立・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そのような世の中の変化もあり、雇用されて働くことが世の習いといったこれまでの常識も変わりつつあるようです。高度経済成長の頃の際には、どう転ぶかわからない自営業者よりも組織の一員のほうが安定性にすぐれ、人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが当たり前であるかのように、一般の人々に広まっていました。そういった成長期は終わり、現在のような時代は「成熟期」といった名称で呼ばれます。近い将来では、機械化、自動化が進んで社会においては人手が不要となる時代が到来すると言われています。

退職|転職を行うとき、事前にハローワークやインターネット上の求人情報を見たりし・・

転職活動では、事前に求人票やパンフレット、WEBサイトなどでその会社のことを調べるはずです。しかしながら、当該会社が情報を公開する際には、コンサルタントから指導を受けている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す傾向があります。たとえ公表するとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そのような類の企業の「社長インタビュー」または「社員情報」といった情報は、そのまま信じるよりも、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。もしも書かれていたことを信じて入社してしまった場合、「聞いていた話とまったく違う・・・」と後々、後悔するおそれがあります。たちの悪い会社は、素直な人間を取り込み、その後、様々なイチャモンをつけていかにして辞めさせないようにするか画策しています。ブラック企業では、この手のことがかなりあります。

派遣会社に会員登録して働く人がだんだんと増加しています。

派遣会社を介して働く人が過去の規制緩和以降、増えています。派遣先が派遣会社に支払う時間当たりの報酬がいくらで、そのうちどれだけが自分に入るのかを極力面接のときに聞いておいた方がいいでしょう。派遣業は、人手を欲する会社に人材を派遣し、その見返りにお金を会社に支払うシステムです。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっていることがほとんどです。5割以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、情報開示に積極的でない業作も多く、悪い派遣会社では、2割しか支払われていなかったということも珍しくありません。面接時、まともに回答してもらえない派遣業者は、不都合な点を隠す傾向が強いので、なるたけ別の派遣会社を利用すべきです。

退職|転職を行う際、ウェブ上でのエージェントに頼る手段もありますが…

就職活動には、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)に頼る場合もあるでしょうが、その種のエージェントに登録し、運よく就職できたとしても、「失業保険」は給付されないため、要注意です。ハローワークを使わずに就職が決まったとしても給付を受けられないので後々、後悔しないように注意しておきましょう。これと異なり、「ハローワーク」主導で斡旋してもらい、就職できたのなら、就業に備える準備金として「一時金」を受け取れることになります。ネット上のエージェントは、私的機関です。転職を斡旋し紹介料と言う形で企業から報酬をもらうだけであり、失業保険の手続きについては、ビジネスの対象外となります。これについて無視していると、失業中にお金を受け取れなくなるので、注意が必要です。

ある古物商の社員募集にて、書類審査を通過しました。2、3日し・・

ある古物商の社員募集にて、書類審査に合格しました。2、3日して相手方から面接日時を告げられました。面接日当日、指定場所に向かうと、相手の面接の用意が全くできていない状況だとがわかりました。待たされたのち、所長らしい男性が面接に応じてくれたものの、最初から最後まで、たいへんにだらしのない態度で迎えられ、かろうじて面接が終わりました。ですが、予定日を過ぎているのに、合否結果すらなく、待っていられず、私のほうから問い合わせてみると、「結果は郵送で本日送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、私の手に届くことはありませんでした。そこでまた電話をしたところ、なんと、「今回は見送らせてもらいました」と一方的に電話を切ってしまいました。呆れ返ってしまい言葉も見つかりませんでしたが、内心、採用されなくて良かったと感じています。

転職活動を行う際、様々な方法で情報を収集することが多いと思います…

転職活動を始めるにあたって、いろんな経路で情報を収集する人が大半だと思いますが、転職系の口コミサイトの利用を強くおすすめします。過去に、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたという理由から、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めた(辞めさせられた)社員の腹いせとしてその種の口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、異なる角度から見れば、ウソばかりの投稿だったなら、会社としては気にする必要はないはずです。しかしながら、真実はクロで「このままではマズイと考え、潰そう」としていると考えることも出来ます。口コミサイトも囃し立てることでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが多いのは、それだけトラブルが発生する確率が高い、と判断して良いでしょう。人もそうですが、善良な会社にはトラブルなど起こりません。

違った企業に入りたいと転職活動をしている中の場合は「はや…

今と違った企業に入りたいと転職活動中の大半は、「できるだけはやく、内定(採用通知)を手にしたい」と思いがちです。でも、それで吉報が得たいばかり、自身の能力を必要以上に大きく見せたり、その反対に過小評価につながる売り込みは出来るだけしないようにしましょう。大事なのは焦る気持ちをブレーキを掛けて、冷静かつ客観的にあなたに適した職場を探すことに専念することが重要なのです。これまでのキャリアを活用できるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める場所を賢く見極めていきましょう。

年内中に転職活動をする人のなかで、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は、…

これから転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、忘れずに「失業手当」を受け取っておきましょう。これは今働いている企業側がしっかり雇用保険を払っているところであれば、失業手当を誰でも受け取ることができます。手続きについては、「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、勤めている会社都合での退職、あるいは残業時間次第ではただちに受け取ることが出来たりもします。ちなみに、支給される失業手当の金額は辞めた月の直近の給料を基に失業手当の金額を割り出されるので企業に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

退職|転職候補に挙がっている会社での見学に参加するとかなり勉強になります。

転職したいと考えている会社の会社見学は、たいへん勉強になります。そのなかでも「職人」がいる会社は、職人技を近い距離で見られるので楽しみです。ですが、残念なことに「職人」がいる会社見学ではたいてい見学者には、いつも通りの現場を見せることがまずありません。特にその傾向が強いのは「ブルーワーカー」(肉体労働)などの職種です。この分野では、癖の強い人が多いので仕事を始めてみるまでは、本来の姿はみえません。ですから、会社見学で見たものをすべてだと考えないことがとても重要なのです。それに加えて、会社見学時に実際に仕事を体験させる会社は問題がありますから正直言って、言語道断といえます。正規雇用が結ばれていない場合、万が一何かトラブルが発生しても、保証が無いので、進められても丁寧に断ることが大事です。

転職エージェント、そして転職サイトを活用し、転職活動を行う人はますます増えています。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを使用して、転職活動するといった方法は最近人気です。とはいえ、よりよい転職先を探すには、並行して転職フェアを利用することをおすすめします。転職フェアは、多くの企業が一堂に会する場であり、そこに足を運ぶことによって企業の情報に直接触れることができますし、また、その場で説明しているスタッフさんから、その企業の社風を感じる事が出来る事も少なくありません。今後、転職フェアに参加する機会があれば、1次面接に行くつもりで企業の人に好印象を与えるように心がけましょう。仮にフェア中に、企業側から欲しい人材と思われれば、後日採用面接時に非常に有利になると予想されます。

退職|再就職の面接で高確率で投げかけられるのは前の職場を辞め・・

再就職をする時に面接で決まっているかのように質問されるのが辞職したのはどうしてなのか、という話ですがこのような質問に回答する際には辞めた会社を話の中心にしないほうが安全です。辞めた理由を的にしてしまうと絶対に悪い面を伴った話題になってしまうので。どういう風に進めればいいかというとなぜ前の職場を退職したかという点をこの会社にぜひとも入社したいと思っていたからという感じにしたら良いということで、今、自分が面接している会社に話を向けていくべきなのです。転職理由でも、そのような内容ならば、マイナス面を隠し良い印象を与えることができる前の職場を去った理由になります。

職を変える際に、まずは勤務中の会社を辞職してから転職しようと考える人もいますが…

転職活動をスタートするときに、まずは今の会社を辞職した後でと思っている人もいるでしょうが、そのような場合ボーナスの支給時期を見積もっておきましょう。ボーナスがもらえる会社はそこら中にありますが、ボーナスがあるのであれば、ボーナスが振り込まれる時期まで数か月しかないなら、支給日を過ぎてから辞めるという方法も良い手です。ボーナスはそれなりに大きな額なので、もらった方が良いと考えることもできるので、転職しようと思ったらボーナスの時期を確認するのを怠らないようにするのがボーナスをもらい損ねないと思います。

生涯初の失業保険を受ける場合、「期間内は自動的に受け取れる」と考える人…

生涯初の失業保険をもらうケースでは、何もしなくても受け取れると思っている人が多数派ですが、それは間違いです。実のところ、きちんと受け続けるためには、仕事を探していることが必要で、加えて、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。毎月職員と就職活動の状況やきちんと活動をしているかを勘案して、真剣に仕事を探していることを理解してもらえれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。残念ながら、きちんと就職活動に取り組んでいないとみなされたり、毎月のスタッフとの面談に顔を出さないときは、強制的に給付を一時停止したり、ときにはそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそうならないよう注意してください。

もしあなたが将来、転職したいと考えているなら、あらか・・

もしも将来、転職をするつもりなら、事前に「資格」取得は考えておいて損はありません。とくに、現在の仕事をしているあいだに資格を取得しておけば、転職の際にそれを有効活用できるので、仕事を探しやすくなります。ですので、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が最適です。将来のために、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、現在の職を辞めた後も前向きな姿勢で転職に挑むことができます。おまけに、資格を持つことによって、転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接の際、面接担当者に「即戦力」な人材として認められ、今までの職場より待遇アップも期待できます。