転職するにあたり、今務めている会社を退社する時に失業保険についての手続きをしなければいけません・・

退職|転職を行うにあたり、今務めている会社を辞める時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが・・

転職をするために現在勤めている会社を退社する時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、自分の希望により退職願を書いて退職する、いわゆる自己都合退職であった場合は失業保険を即、受け取ることができません。手続きをした後で失業が認められてから3ヶ月経ないと実際に受け取ることができないのです。よく間違って退社した日の次の日から3か月経過すれば給付されると誤解している人がいますが、この規則を間違って理解している人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると思い込んでその結果ハローワークの保険担当者と過去に口論していたのを見たことがあります。例外として、退職者の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇の場合は、失業が認定されればすぐに失業保険を受け取ることができます。

「就職エージェント」の大手ほど、いろんな案件を抱えてい・・

大手の就職エージェントに限って、多数の案件を持っているという強みがあるといえますが、一方、転職を希望するライバルも大勢いる可能性が高いです。そのためあなたが気になる企業を見つけたとしても、担当スタッフのほうで望みがないと判断すれば応募してもらえない可能性もありますし、会社から見て自分よりも評価の高い人がいれば、そのライバルを優先することもあります。大手エージェントはサイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱っており応募することが困難なので、考えを変更して中小クラスのエージェントたちに対し、候補としてる会社や案件を伝えてみて、応募できないか、と話しをしておくと転職希望者の利益を考えて動いてくれることもあるので、そういった活用も一つの手です。

転職活動をしていれば、必ず「年収」の話題が上がってきます。

就職活動において、年収は非常に大切なポイントです。面接において、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで実際の年収を上回る額をもらっていると偽り、転職先で多くの収入を得ようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要なため、たとえ一時的に信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ず虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ときにはトラブルになることもあるので、現職での年収を正確に申告し、それに釣り合った希望年収を設定することです。例をあげると、今の年収が400万円の人が、転職後に500万円となる可能性は通常あり得ません。年収が400万なのであれば、希望額は400~450万円と伝えておくことをおすすめします。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に入社できたとしても、直後に退職しなくてはいけなくなる状況も考えられます。

退職|転職について考えた場合、転職したあとの自分の給料ばかりを気にする人…

転職というものをしようと考えたとき、転職したあとの自身の給与を過剰に気にする人がわりといるでしょう。誰しも仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を給与として手に入れるために精を出しているはずです。とうぜん年収の額は自身がどれほど評価してもらえているか、という側面もあるから、当然大切なことは無理もありません。それにしてもあまりに年収の額にとらわれすぎてしまう人生というのも悲しいものです。それより年収にあまり反映されない仕事であっても精神的な充足感を得られることはあるからです。

職を変えようと考えている時に見ることになる求人内…

再就職を考えている際にマークする求人内容に関しては、目安として、アバウトに書いてある可能性がありますから、情報として記載されていることを必ずしも正確であるとは思うのはやめておいたほうが良いでしょう。特に報酬面に関しては、一般的な金額なのか?最低限保証されている給料であるのか?最高値なのか?といった判断ができないケースが多く、自らの勝手な判断で理解したつもりでいると、悔いが残る確率もあり得ます。そういった訳で、嫌な思いをすることになる前に、求人内容については基準だと思って、そのような肝心な内容は直に確認を取るのが適切です。

近頃はPCを使えばわかるけどネットの世界では、要する・・

最近スマートフォンを使えばネットで見られる世界では「転職に関するサイト」と呼ばれるものが多数あったりします。その無数のサイトから自分自身が欲している転職先というのを見付けるためには、なんといっても情報収集が必要です。こういうサイトをきっちり利用することでスムーズな転職が実現します。転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む「転職サイト」もありますが、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、注意が必要です。まずは、信用に値するサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから他と比べつつ、チェックしてみてください。

友人や知人からの紹介によって転職の先を見つける人もいます。

知っている人の紹介で転職の先を見つける人もいます。ですが、転職をした先の労働環境、それから労働条件などを知人からの口コミ情報のみであまり信用しすぎると後々面倒なことになるかもしれません。言うまでもなく、そういう口コミというのは、どうしても伝える側の主観が入ってしまうからです。つまり友人・知人の立場では居心地の良い働く場所に思えても、、あなた自身の価値観に照らし合わせたときには、イマイチな場合だってあるのです。またその逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミを過剰に信用しないように、最後は自分の目で確かめておくことも大切です。

失業者に給付される失業保険は、失業状態でない人はもらえませんが…

失業したときにもらえる失業保険は、もらうためには失業中であることが必要ですが、給付期間が失業している限り延々と続くわけではありません。離職時までに勤務していた期間によって変わり、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、中にはこの現実を理解していない人がいます。失業中である限りもらえると勘違いして失業保険があるから働かなくてもいいと考えて仕事を探さない人もいますが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから急いで職探しをしたとしても条件のよい仕事を探すのは困難です。転職候補となる会社の面接官もバカではないので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」といった部分は大よその想像が付く。場合によっては、面接の時にそういった質問を矢継ぎ早にされることもあります。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、受かるのは難しいでしょう。

これから転職する場合、「派遣社員」として、転職を考えている人に…

転職の際、「派遣社員」を選択しようと考えている人に覚えていただきたい点が複数あります。派遣と聞くとお茶出し、データの入力などの雑務、雑用等をといった業務内容をぼんやりと想像した方がおそらく多いかと思います。実は私自身もかつてはそう思っていました。今、働いている会社に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、「電話対応がメインです」と採用の際に派遣会社から伝えてもらっていました。しかし、実際に働き始めると、「電話対応」にプラスして、欠員した正社員の穴埋め役を任されてしまいました。とくに特別な知識もなく、面接のときの説明とは全く違うので非常に困っています。とにかく、ひたすら派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

転職するための期間中は、つい時間があるため、気が緩んでしまい・・

転職の間は、無意識のうちに時間があるため、気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活になりやすいですよね。ですが、そうした過ごし方は危険です。人間というのは、だれた生活を習慣化してしまうと、肉体的にだけでなく、「メンタル面」も不健全な状態になるからです。時間がたてばたつほど、仕事をしようとする意欲が湧かず、生活が苦しくなり困ることにもなるでしょう。そんな状態になると、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、次の職場が決められません。再就職先をハッキリ決められないのは、給料を一番に考えるからです。もらえるお金を最優先に考えざるを得ない状況ではキャリアアップのために転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。なので、お金に縛られない生活を目指すためにも、ダラケタ生活は、転職活動中にしないようにしましょう。

転職活動のさなか、良いと思う求人(職種)があった…

転職活動のさなか、良いと思う求人(あるいは業種)を見つけたら、絶対「〇〇業、ブラック、デメリット」でネットで検索を掛けてみましょう。求人票・転職エージェントの情報では、まずその業界のデメリットなどは、教えてもらえない、と思っておくべきです。もしも、ブラック案件が多い業種であれば、ネット検索で一発で現実を知ることができます。そうした現実を知らずに仕事を始めてしまうと、あとで痛い目にあいます。その求人が出ている理由が、「内容がキツイから人がなかなか定着してくれない」という場合が少なくないのです。気に入った案件や業種については、しっかり調べた上で応募しましょう。

転職活動には、相応の準備は必要です。

転職活動にあたってそれなりの準備はしなければなりません。準備といってもたくさんあるのですが、そんな中でも目に見えるファッションは注意している人は多いでしょう。しかし、最近の企業面接については形式ばらない服装がOKなところも多いので、しっかりスーツを着て行く必要がない場合もあります。会社の創立して間もない企業などは、厳格なルールもないことが多く、がちがちの服装で行くよりも相手に好印象を与えられます。さらに、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすい、というメリットもあります。また、私服だと面接の間に、洋服の話もしやすくなるため、担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ですので、今後、転職する際は、企業の設立した年で決めることが、(ベンチャー系企業の)面接の際は私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

退職|雇用中は可能なかぎり周りの人間にバレないように(私の例です・・

雇用中には、可能なかぎり周囲にバレないよう(自身の場合)前職中に転職したいという意図のみを活動初期の段階で同僚に話して、反応を見たことがあります。けれど、その後求人情報を散々あれこれ見ていったものの、思いとは裏腹に働き先のあてもタイミングさえも無計画なまま決まらないまま、ズルズル時間だけが経過してしまいました。そして一方、会社の方も退職に関わる諸々の手続き、私の退職日などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経たのち、次の就職先を探す流れになりました。

退職|時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、契約期間を迎えた…

派遣社員だからといって契約期間を迎えたら自分の好きなタイミングで辞められるものではないと実際に転職活動で気付かされました。私は新婚し、生活が落ちついたあと早く子供が欲しかったので、それまでの間のために1年半~2年だけ今までの続けられれば良いなと思い就職しました。常勤ではなく派遣社員であるために、正社員より月収は少なめでしたが、ですが時間的な自由が得られるのでガマンしました。ところが、入社してみると一緒に働く方たちは多数のスタッフが10年~15年ほど勤務しているというのです。結論として派遣社員であったとしても、期間が過ぎたら辞められる雰囲気ではないと気付かされ、悩みが増えました。

転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」において…

もしもあなたが転職をするとき、「Uターン」「Iターン」のように、都市部から地方に移って再就職したいと興味を持つ人が増える中、実行に移している人もたくさんいます。ここ最近は転職サイトの地域指定をするだけで、地方での求人情報にも容易に得ることができますが、しかしながら、地方での求人の場合、都市部ような選択肢がないのが事実、難点でもあります。ですから、転職サイトを使用するのは当然ですが、求人情報サイトに加え、その地方の自治体や商工会議所のサイトもチェックしておきましょう。「地方自治体・商工会議所」といった機関が開催する転職サポートの情報も見逃しがないようにしましょう。

今までは、求人情報は「転職サイト」よりも、主に「ハローワーク」が中心でした。

これまでは転職サイトを利用するよりも、「ハローワーク」を活用していました。理由は、CMで有名な大手の転職サイトは、特性上、都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。これまでの転職する際は「ハローワーク」のみ使っていました。掲載される多少企業数や、給料などの条件は若干見劣りするのですが、古くから地域密着といった点ではとても信頼性が高いです。「ハローワークを利用したことがないから不安」という先入観がある人がかなり多いと思います。思いもよらず、魅力的な求人情報もしっかり掲載されているので、もしも転職するべきか検討中の方は、お近くのハローワークに1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。有名な転職サイトのようなこれでもかというくらいのニュースレターの心配もありません。