退職と転職を度々しないための対策は至ってシンプルです。

転社を繰り返さないための方法が一つだけあります。

  • 退職と転職を度々しないためにすることは一つだけです。仕事面のスキルアップもそうですが、精神的に成長すると、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。ネット社会の今ではメンタル面を鍛えるのには良い情報は容易に拾えます。さらに、転職とは全然違う行動によっても、精神面を鍛えられます。たとえばズバリ「海外に行くこと」です。海外は、文化も言葉も日本のそれとは全く異なるので、逐一、勉強になります。なので、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。日本に帰ってくると、「自分の視野の狭さ」に気づき、世間はこんなにも狭かったのだということを思い知らされることになります。この状態で(転職のための)面接に行けば、今までとは格段に違い胸を張った面接になるので良い方法です。しかしながら、退職後は精神的にまいっている人も多いので心の回復のために休暇も必要です。

  • 転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人は少なくありません。

  • 転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人は少なくありません。とはいっても、忙しく働きながら求人をチェックして応募したり、面接を受けるのは精神的にも肉体的にも負担が大きいといえます。加えて、転職活動中は、現在の職場の同僚や上司にバレないように振る舞う必要があります。とりあえず応募する、という人がいますが、仮に、そのまま書類選考が通り、面接前にキャンセルすると今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを介して応募していた場合は、そのエージェントからの心象が悪くなりますし、他方直接応募していたとしても、応募した企業から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。いずれにしても自分の大事な時間を浪費することになりかねないので、行く気のない案件は、はじめから応募しないのが賢明です。新卒の就活とは全くことなることを徹底しましょう。

  • 退職|政治によって変化の出始めている転職事情ですが、今の安倍内閣によっ・・

  • 政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況について、現在の安倍内閣では「アベノミクス」「三本の矢」といった新たに経済政策を打ち出し、日銀の金融政策とあいまって、財界や企業間でも新時代となる変化が増えつつあります。その変化が加わり、民間企業のあいだでも労働人口減による人手不足が社会問題として拡大しています。なお、「外国人労働者」の比率を高めていくと現政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、雇用や転職問題についてもかなり幅が広がりそうです。こうした変化のなかで国内の雇用状況や転職事情も大きな影響が出てくるのは確実でしょう。

  • 転職サイトはメジャーなサイトであるほど掲載される会社も豊富なので・・

  • 転職サイトは知名度の高いサイトであるほど多くの企業が掲載されているため、入社したい2つか3つの会社を、まずはサイトに登録しておいて、希望する勤務地や年収についてチェックを入れて、さらに条件に適合する案件が自動的に通知されるように設定しておくと簡単に情報収集を行うことが可能になります。ですが、最初は登録が多少面倒なのでサイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をきちんと準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録する初日は、少し時間がかかりますし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は、は新着の求人情報のみ確認すれば大丈夫なので、次回以降の応募を楽にするめにも、最初の準備をきちんと行うことを心がけましょう。

  • 退職|より安定した生活基盤を手に入れるために正規社員として働こうと思っている…

  • より安定した人生を手に入れるべく正規の社員として働こうと考えている人は結構多いと思います。ところが、即戦力として働けるように資格を取得するなどしてかなり頑張っているのに中々正社員として採用されることが現実化しない可能性もあります。契約社員の求人情報は充実しているのに、正規雇用の求人募集以外を見ないで時間だけが過ぎていく、といった人が最近は多いようです。もしもあなたが、正社員としての転職が難しいのなら、非正規雇用者に応募する事も考えた方が良いでしょう。契約社員や派遣社員の募集を掛けている企業でも、働き手の能力によって2,3年で正規雇用にステップアップができる可能性もあるからです。ですので面接の最後に「正社員登用」の可能性がどのくらいあるかをヒアリングするようにしておけば将来設計にも役立ちます。

  • 退職|新たな職場で今までに身に付けた実力をフル活用できれば…

  • あたらしい職場でそれまでの実力を活用できれば、即戦力として周囲から扱われ、すぐに仕事場にも馴染めるはずです。人を雇おうとしている会社サイドも、スキルを持つ人材は常に必要なので、タイミングさえあえば、とんとん拍子に事が運ぶでしょう。更に過去の働いていた仕事と同じような業務内容なら見込みはおおいにあります。でも、まずまずの能力があるといっても大手の事務系、公務員の募集などは、時代背景に左右されることなく相当な競争率となることを覚悟しておきましょう。

  • 退職|今の時代は株式・不動産投資の不労所得のほか、独立や起業で頑張っている人も増えています。

  • 現在では、株・不動産投資などといった不労所得で収入を得たり、個人事業や起業で頑張っている人も増えています。そういった社会的背景もあり、「会社員以外は不安定だしキケン」といったこれまでの考えも変わりつつあるようです。高度経済成長の時代には、不安の残る個人事業という生き方よりも雇用されて働くほうが賢明であり、人生のもっとも正しい道としてまたそれが至極当然のことのように、一般の人々に認識されていた。そんな時代は過ぎ去り、現在のような時代は「成熟期」などと付けられています。将来的にはコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、仕事においても人が不要な社会になる、といいます。

  • 退職|転職活動をするいあたっては、最初に、ハローワークの求人票や求人雑誌を見たりして…

  • 転職活動の際は、始める前に、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはネット上の求人情報を見たりして興味のある会社をチェックするでしょう。とはいっても、当該会社が情報を掲載する際には、コンサルタントに相談をしている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠す達人です。仮に公表する場合でも曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その種のコンサルの影響が色濃く出た、社長社員に関連する情報は馬鹿正直に信じるのではなく、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。もしも美辞麗句を鵜呑みにしてしまった場合、期待していたことと全く違うと後々、後悔するおそれがあります。悪徳会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後、様々なイチャモンをつけて退社させないように画策しています。この種のブラック企業には注意しましょう。

  • 派遣社員として働く人が過去の規制緩和以降、多くなっていますが・・

  • 派遣会社を利用して働く人が一昔前の規制緩和以降、増加しています。派遣先が派遣会社に支払う時間当たりの報酬がいくらで、そのうちどれだけが自分に入るのかをなるたけ面接のときに確認しておきましょう。派遣業は、人材を必要としている企業に人を派遣してその対価として手数料をもらうシステムなのですが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合がほとんどです。半分以上を派遣労働者に還元しているのなら、まだ良いですが、中には開示すらされない派遣業者も多く、悪い業者では、7割も自身の懐に入れ、3割しか労働者に還元しない場合も多くあります。なお、面接のときにきちんと答えてくれないような会社は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、できることならそこを利用するのを止めておくのが賢明です。

  • 退職|転職活動をするとき、ウェブ上でのエージェントのお世話になる場合もあるでしょうが…

  • 転職する際に、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」を利用する場合もあるかと思いますが、そういったところに登録し、運よく新しい仕事をゲットできた場合でも、失業保険の給付にはつながらないので要注意です。ハローワーク以外の機関を利用して就業しても給付してもらえないので気をつける必要があります。一方、「ハローワーク」主導で斡旋してもらって就職した場合は、就職のための準備費用として、「一時金」を受け取れたりもします。ネット上でのエージェントは公的機関では無く、ただ斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険の手続きについては、ビジネスの対象外となります。このようなことを押さえていなければ、失業中にお金が手に入らなくなるので、気をつけておきましょう。

  • とある古物商の求人に応募したところ、書類審査に合格しました。2、3日し・・

  • ある古物商の会社で書類審査に合格しました。すぐに先方から面接の日時を教えてもらいました。しかし、当日、指定場所まで行ってみると、行き違いがあったのか相手が面接の用意を全くしていないとわかりました。待たされたのち、所長らしき人物が面接担当をしてくれましたが、終始非常にやる気のなさそうな態度を見せて、何とか面接を終えました。けれども、2週間後と言われた結果の連絡が一切もらえず、もどかしくなり、私の側から問い合わせると、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、結局届かず、再度問い合わせたところ、どういうことなのか、「残念ですが不採用」ということで、こちらが話す隙もないまま電話を切られました。呆れ果てて何も言えませんでしたが、採用されなくて良かったとホッとしています。

  • 転職活動を行う場合、様々な経路で情報を収集するのが通常だと思いますが・・

  • 転職活動をする際、いろんな方法で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトの利用を強くおすすめします。以前、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になりました。会社の都合で退社した元社員の腹いせによってそういった口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、異なる角度から見れば、ウソの書き込みだったのなら、会社としては気にしなくていいようにも思えます。でも、実際には『クロ』で「真実が書かれているので、一刻も早く火消ししたい」と思っている可能性もあります。口コミサイトも炎上が原因でアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、よくない口コミが多いというのは、それだけ入社してからトラブルに遭遇する可能性も高いと考えるべきでしょう。というか、本当に善良な会社であればトラブルなんて発生しません。

  • 退職|違った会社に入りたいと転職をする活動をする人の大・・

  • 違った会社がいいと転職をしようとがんばっている場合は「一刻も早く採用通知がほしい」と考えるはずです。しかしながら、採用通知が欲しいあまり、自分自身の能力を必要以上に大きく見せたり、またその逆に自分を過小評価するかのような売り込みをするのはぜったいに避けておきましょう。そうではなくて、焦る気持ちはガマンして、冷静かつ客観的にあなたに適した職場を探すことに集中しましょう。これまでのキャリアを活用できるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める職場を賢く選んでみてください。

  • 今年中に転職予定がある人で、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合・・

  • 転職活動をする人のなかで、次までの仕事に期間がある方は可能ならば「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。会社側が「雇用保険」を払っているのなら、申請をすれば必ずだれでももらえます。そして受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。もしも自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、企業の都合の退職、または残業時間次第で日数をおかずすぐに受け取れることもあります。このときの、もらえる「失業手当」の金額は、会社で最後となる勤務月の近々の給料を基に算出されるため、もし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

  • 退職|転職候補先の会社見学ができれば、すごく参考になります。

  • 転職先で見学しておけば、良い勉強になります。その中でも、「職人」がいる会社見学は、職人技を近くで見られるので楽しめます。が、残念ながら「職人」がいる会社見学は、絶対に見学者には、本当の働き方を見せてくれないのが特徴です。典型的な例を挙げると、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの業種です。個人のプライドも高い業種なので、働きだしてからでないと、実際の姿は伺えないものです。そのため、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは解釈しないことがとても大切です。加えて、会社見学時に仕事を体験させてくれる会社は危険ですから注意しておくべきです。雇用契約を結んでない人には仮に問題が起きたとしても、保障も一切ないので、万が一、勧められても丁寧に断ることが大事です。

  • 退職|転職サイトや転職エージェントといったサービスを使用して…

  • 転職サイトや転職エージェントなどを活用して、転職活動することは今では常識といえるかもしれません。ですが、転職の可能性をもっと高めたいのであれば、それに並行して転職フェアも積極的に活用しましょう。転職フェアは、多くの企業が一堂に会する場であり、参加すればいろんな企業の情報を得ることができ、それに加え、説明担当の企業スタッフから、その企業の社風がある程度わかります。もしも、転職フェアに参加する機会があれば、面接に行くのと同じ覚悟を持って準備することを怠らないようにしましょう。それが功を奏してフェアに参加している間に、企業側の担当者に気に入られれば、その後の面接等に進む時に大きなアドバンテージになるでしょう。