転職の時の面接などの際にもし名刺を渡された時、こちら側も名刺を相・・

退職|再就職の面接などにおいてもし名刺を渡された場合、あなたも名刺を相手…

転職の面接などの場面で担当者に名刺を渡された場合、あなたも同様に名刺を渡すべきであるのかどうかと悩んだら、大体は差し出す必要のないもの、と頭に入れておきましょう。転職のための面接は仕事の延長ではなく、採用活動の一環なので、一般的に名刺をやりとりする時間ではありません。さらに、会社の人間としてではなく、あなたの問題でそこにいるわけです。ですので、もしも相手側から名刺を渡されても、あなたのほうは名刺を受け取るだけで大丈夫で、相手の方に渡す必要はまったくないと思います。

退職|初めて転職をするにあたって、忘れてはならないのはどうして今の仕事を去るのかを…

生まれてはじめて転職をするとき、注意しなければいけないのはなぜ今の仕事を去る必要があるのかをはっきりしておくことだといえるでしょう。その理由が根本問題なので、必ずやっておいた方がいいでしょう。その後問題改善が可能な企業を選びましょう。転職活動は、新卒の就職活動とは性質が大きく異なり、働きつつ、転職活動をやっていくので、時間と体力が必要不可欠です。だからこそ理由が明確にされないまま転職活動をした場合、途中で行き詰まってしまうことがあります。絶対に転職したい、現状に変化を加えたいという強い情熱がないのであれば、転職活動をスタートするのは待っておいたほうが良いでしょう。

最近はインターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社も増加しています。

最近、ネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に行う会社も増えてきました。もしもあなたが特許を出願したことがあるなら、連絡が来ることが期待できます。彼らは、特許を出願した人だけでなく、研究開発で論文を出した経歴のある人や、「雑誌・テレビ」などで話題になった人など「業績」を残した人に狙いを定めて、電話やメールを使って接触し、ヘッドハンティングのネタにしようと腐心しています。万が一、あなたがヘッドハンディングのような誘いを受けたときには、そのキッカケを考えてみましょう。あまりないことですが、ヘッドハンティング名目で「登録料」を要求してくる会社があったりしますが、そういったものはおそらくは詐欺なので、注意しておきましょう。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者が払う必要はありません。

私は以前いくつかの人材紹介会社に登録していたことがあります。

私は以前かなり多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。その際に特に思ったのは転職アドバイザーのレベルに関しても本当に多様でほとんどの場合、適当な対応をするアドバイザーばかり。私にとっては、とても大切なことなのにもっと熱心にに臨んでほしいという想いがこみあげていてそれが契機となり自分自身がキャリアカウンセラーの資格を取得することにしました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取得できるまでには費用も必要でしたし資格取得のための勉強に関してもきつかったのですが、就職活動の際にあなたがアドバイザーでよかったと言ってもらえるキャリアカウンセラーになるために頑張っています。

転職を行うにあたって、今勤務している会社を退社する・・

転職する際、今働いている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、もし自発的に退職届を提出して会社を辞める、いわゆる依願退職の場合は、直ちに失業保険が給付されるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが認められてから3ヶ月間を経ないと受け取ることが出来ないのです。よく間違って会社を辞めた次の日から3か月経過すれば給付されると誤解している人がいますが、実際にそのような誤解をしてしまった人が、ハローワーク側にミスがあると主張してその結果としてハローワークの職員と喧嘩をしているのを見たことがあります。ちなみに、リストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇の場合は、失業認定を受けてからすぐさま失業保険が給付されます。

退職|転職エージェントは大手に限って、いろんな案件があるという長所があるといえますが・・

「就職エージェント」の大手になると、潤沢な案件を持っているという魅力がありますが、同時に転職希望の登録者(ライバル)も多くいます。それがためにあなたが、気になる企業を見つけても、担当スタッフのほうで「転職の望みが薄い」と判断すれば応募してもらえない場合もあります。さらに、企業から見てあなたよりも有能だと評価される人がいれば、そのライバルを優先したりもするのです。このように大手エージェントの場合は、サイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱いそこそこ難しいので、考えを変えて規模が大きくないエージェントに対し、応募したい企業や案件について相談し、応募できませんか?と相談してみると、転職希望者のために仕事してくれることもあるので、そういった感じで利用してみるのも良いと思います。

就職活動において、年収はとても大事なポイントです。

就職活動において、年収はとても大切な要素です。面接の時、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき現実の年収より多く言って、年収をUPさせようとしても、無駄でしょう。源泉徴収票が必要となるため、もし一度は信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ずウソはバレてしまうからです。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現在の年収をハッキリと伝え、それに釣り合った希望年収を設定することです。ちなみに、現在の年収が300万円の方が転職後すぐに500万円となる見込みは通常あり得ません。仮に、現在の年収が430万円としたら、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが良いです。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、入社できたのを退職しなければならないという事態になるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。

退職|転職する場合、転職先での自分の給料ばかりを気にする人は・・

転職する場合、転職したあとの年収を気にしすぎる人がどうも多くいるようです。多くの人は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を手に入れるべく仕事しているとは思います。年収は自身の仕事に対する評価でもあるので当然大切と感じるのは至極当然です。とはいえ、愚かにも年収に気にかけすぎる人生というのも寂しい気がしませんか?よく見れば年収に反映されない仕事であっても人間的な成長が遂げられる可能性があるからです。

退職|再就職を考えている時にマークする求人情報に関して…

仕事を変えようとしようとしている時に目を光らせることになる募集内容は一般的なものとして記載されている、という事も少なくありません。なので、掲載されている情報はすべて正しい情報だとは信頼すのはやめておいたほうがいいと思います。特に給与の金額などに関しては、平均の金額なのか?最低金額であるのか?最高額の給料なのか?といった評価ができないことが多く、自分判断でわかったつもりでいると、後からそのことを悔いる可能性もあり得ます。そんな訳で、悔いることのないように、求人情報については、基準だと思って、そういった重要なことは会社の方に直に確認するのがベストです。

退職|最近はスマートフォンを見ればネット上では、要するに「転職サイト」に類するも・・

世の中は変わっていてパソコンやスマホを見ればインターネットで見られる世界ではいわゆる転職情報を掲載している「転職サイト」があちこちに存在します。サイトから自分にピッタリの転職先と思えるのを見付けるために、最初は情報を収集することから始めましょう。こういう「転職サイト」をきっちり利用することで効率的に転職先を探せます。更新頻度が高く、さらには転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む優良なサイトがある一方で、それとは対称的なサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。使い慣れないうちは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることがポイントとなりますから他と比べつつ、チェックしてみましょう。

退職|知っている人からの紹介によって転職先を見つける人もいます。

友人や知人の紹介で転職先を探すこともあるでしょう。…が、転職した先の労働環境やその他の労働条件といったポイントを紹介者の口コミをあんまり信用しすぎるとあとで面倒なことになるおそれがあります。というのはそういう口コミというのは、誤解・齟齬が多くなってしまいます。要するに友人の立場では働きやすい良い働く場所だったとしても、自分自身の主観で見た場合、ストレスフルな可能性なのかもしれません。ということで、職場環境については口コミだけで判断せず、最後は自分の目で確かめておくことも大切です。

退職|失業時の助けになる「失業保険」は、失業していることがもらうための必要条件です・・

失業した際に給付される失業保険は、失業中でない人はもらえませんが、永久にもらえるわけではありません。失業時までに勤務していた期間によって違い、90日とか120日とか設定されるのですが、なんとこの事実を知らない人がいたりします。「失業保険をもらえるあいだは遊んでいよう」という人をたまに見かけますが、給付期間の最後1か月になった段階でようやく自分の勘違いに気づき慌てて職探しを開始しても条件のよい仕事を探すのは至難の業です。転職候補となる会社の面接官もバカではないので、失業中に何をしていたかに関してはそこそこ察しがつくでしょう。場合によっては、面接官から失業中の求職活動についてことごとく聞かれることもあります。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、受かるのは難しいでしょう。

転職を、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人…

転職の際、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にぜひ覚えてほしい箇所があります。派遣社員の業務については、データの入力、その他雑用等をといった業務をなんとなく想像してしまう人がいるはずです。本音を言うと私自身もかつてはそう思っていました。現在働いている会社に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、「電話対応が主な業務」と入社前に説明を受けてもいたので安心しきっていました。でも、実際に入社したとたん、なんと「電話対応」以外に、辞めた正社員の業務の穴埋めを要求されました。いつも毎回振り回されますし、はじめの説明とは異なる内容ばかりなので日々全くわからないような内容でしたので、今はとにかく、ひたすら派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

転職を決めるあいだは、ついつい時間があるため、ダラケタ生活になってしまいます。

転職するための期間中は、つい時間があるため、だれた生活になってしまいます。・・であったとしても、そんな状況は避けるほうが賢明です。不思議なもので、緊張感のない、だれた生活が普通になると、「心」にも問題が出てくるからです。だんだんと、仕事をしようとする気力がわかず、生活ができなくなり困る未来がやってきます。そんな状況になってしまうと、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、次の仕事をうまく見つけられなくなります。転職先をハッキリ決められないのは、給料を最優先に考えてしてしまうからです。給料を最優先に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そんなわけで、お金に縛られない生活をしていく上で、だらけきった生活は、転職活動中にしないようにしましょう。

転職活動をされるなら、気になる求人(または職種)があれ…

今から転職活動をされるなら、気になる求人(あるいは業界)を見た際に必ず「〇〇業、ブラック」でネットで検索を掛けてみましょう。求人票や転職エージェントでは、その業界のデメリットなどは、アドバイスはないものと思っていてください。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、ネット検索で一発で実態を知ることができます。そのような検索をしないまま、仕事を始めてしまうと、あとになって痛い目にあいます。そもそも求人が頻繁に出ている理由が「業務内容がキツく、人の出入りが激しい」といった場合も多くあります。気に入った案件や業種については、納得するまで下調べをして応募するようにしましょう。

退職|再就職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は必要不可欠です。

再就職する場合、準備はしなければなりません。そんな中でも目に見える「服装」は重要だと感じてしまいます。しかし、現在の企業面接に関しては形式ばらない服装を許可している企業もあるので、しっかりスーツを着て出向かなくても良いでしょう。とくに会社の創設したての新規の会社などは、厳しいルールも作られてないことが多く、スーツでいかないほうが良い印象を持ってもらえます。また、ざっくばらんに会話できるメリットも。また、私服であれば時には面接時にファッションについて、相手との話が広がる可能性もあるため、面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということから、今から転職活動をするつもりなら、企業の「創業年数」を確認し、(ベンチャー系企業相手の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。