在職期間中なら、できたら、周りの人に悟られないよ…

就労中は出来るだけ会社内の人に気づかれないように・・

  • 在職中は可能なかぎり周りの人にバレないように(私の場合)雇用期間中に「転職するかも」という意思表示だけを早い時期に会社内でほのめかしたことがありました。が、その後求人情報を散々見て回ったのですが、悲しいことに転職先や時期などさえも無鉄砲に決まらず知らぬ間に時間が過ぎてしまいました。そしてその一方で、会社の方も仕事の引き継ぎや手続き、退職の日程などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経験したのち、次の就業先を探すハメになりました。

  • 退職|比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年経った…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員になっても契約期間を迎えたら任意のタイミングで辞められるわけではないと、転職活動で気付かされました。新婚し、生活が落ちついたらすぐに子供がほしかったので、その時が来るまでのあいだ、1年半~2年ほど今の部署でそのまま仕事したいと思ったので、就職することにしました。常勤ではなく派遣社員であるために、正社員よりも年収は少なかったのですが、それでも時間的な融通のために、この道を選択しました。ところが、いざ入社したあと、一緒に働く人たちのほとんどが派遣社員として10年~15年ほど勤務しているというのです。意外にも派遣社員だからといって、期間が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、ちょっと困っています。

  • 転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」に…

  • もしあなたが転職を考えたとき、「Uターン」「Iターン」において都市部から地方に引っ越したうえで転職したいと考える方も少なくありません。一昔前とは違い求人情報サイトを使えば、地方や郊外での求人情報にもタッチできます。ただし、地方や郊外での求人は都市部の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないのが一般的です。したがって転職サイトを使用するのは当然ですが、転職サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトも定期的にチェックしておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している転職サポートのイベントにも注意してみておきましょう。

  • 退職|以前の私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」に相談していました。

  • かつての私は、職探しをする場合は「転職サイト」より、「ハローワーク」に通っていました。なぜなら、大手「転職サイト」は、特性上、都心部にある企業の求人しかないからです。そのため、転職する際はいつも「ハローワーク」を使っていました。やっぱり、大手転職サイトに掲載されている求人より多少企業や給料といった条件は見劣りしますが、地域に根ざした情報が探しやすい魅力があります。「どんな求人があるかわからない」と思われている方もいるかと思いますが、思いもよらず、良い求人もそこそこ掲載されているのでもし転職を本気で検討しているのなら、参考までにハローワークへ行って相談してみてください。「転職サイト」みたく執拗な電話・メールが執拗に送られてくる心配もありません。

  • 転職活動をする上での最後に残る厄介な難問として、「現在勤務している企業をいかにして辞めるか」という問題があります。

  • 転職活動の最後の難問として、今勤めている会社の退職があげられます。転職先が決定したとしても、今いる企業があなたを手放したくないとして慰留するというのもよくある話です。仮にそうなったとしても、絶対に退職をあきらめない、という強固な気持ちをもつことが大切です。引き留められ、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと思った会社には、結局は愛着もなくなってきます。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を用意しましょう。そのあとに、決定権を持つ上司と直接話し、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」と遠慮せずに伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動の重要な要素です。

  • 転職活動時には、履歴書と職務経歴書が必要不可欠です。

  • 転職活動をする際は、「履歴書」「職務経歴書」の2点が必須となります。企業の大半は履歴書に加えて職務経歴の記載内容を元に面接するかどうかを決めるため、ともかくこの2枚の書類の作成が重要といえるでしょう。単に必要事項を埋めることにとどまらず内容の魅力化を図ることも大切です。「職務経歴書」は、今まで経験してきた職務の詳細に加え、できる限り、アピールできる内容を書きましょう。さらに、過去以外にも、現職で挙げた実績も価値があります。前年比の売上を○パーセントアップを達成した、などわかりやすく書くのが望ましいです。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、転職エージェントを活用したり、より良い内容に改善していきましょう。自分のブランディングのために転職エージェントを活用してみるのも転職を成就するための有益な方法です。

  • 転職のための採用面接では、小企業だったらほとんど、そこの会社の「人事」担当者が面接官となります・・

  • 転職時の採用面接では、中小企業であれば概ね「人事」が面接担当になりますが、その他にも実際、これから仕事をすることになる作業部署の責任者、わかりやすく言うと部長や課長などの管理職クラスが面接の場に居合わせる可能性もあるのです。また営業系や事務系に転職する際は、資格を介した人の判断をするのが難しいですから、結局のところ自分自身をアピールしていく事で良い印象を与えることができます。面接担当者から「この候補者は、堂々と自己発言してるし、良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大切です。

  • 再就職をするときに重要視されるのが「面接」というものです。

  • 再就職では、かなり重要視されるのが間違いなく「面接」というものです。一般的な面接では応募者に対し、転職を決めた理由などさまざまな内容を尋ねる形になります。そして、一通りの質問が終わると、転職希望者から、面接担当者へ逆質問に切り替わるのが普通です。例えば、「我が社について何か疑問に感じる点はありませんかね?」と言ってくれるわけです。この手の質問が来たときは、面接者本人が緊張状態で、急なことなので戸惑う事もありまよすね。そんなときのために、面接の前には面接担当者からの問いに際し、聞きたいことを準備しておくと良いかもしれません。冷静になればしっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

  • 3日ほど前新しい仕事を見つけるために人材紹介会社に登録に足を運びました。

  • この前新しい仕事を見つけるために人材紹介会社へ登録に向かいました。そこで登録するときのカウンセリングの際に現れた担当の方が見たところ新入社員じゃないかと思う人で、私の説明の5割ほどもその社員は理解していないように思えました。にもかかわらず「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「きちんと自分の強みと弱みをはっきりさせておくことが大切でしょう」とか、専門家のように偉そうにのたまうからとっても不愉快でした。カウンセラーはそこそこ仕事の経験がある社員にしてほしいと思います。

  • 退職|転職は、最初の第一歩は企業そのものよりも、採用担当の面接係員・・

  • 転職活動は、企業とのやりとりよりもどちらかと言えば面接係員との勝負が大半といえます。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、はじめにあまり意識せずに焦らず、平常心でいるように心がけましょう。例を挙げるとお見合いをする気持ちで向かうと良いかもしれません。面接係員はまず第一にあなたの中身を見られるのでマイナス評価につながりそうな見た目や言動は注意しぜったいに控えましょう。そして社会人らしく状況に適した服装(T・P・O)を意識しておきましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、かならず自ずと良い結果を出せるはずです。

  • 「石の上にも三年」という格言があります。

  • 昔から”石の上にも3年”という諺がありますが、現在、「終身雇用制度」が過去の物となっている現在、「転職」はとても身近なものになってきました。しかし、「転職」する人が増えているとはいっても、安易にそれを選択するのは考えものです。転職したいなら、時期を的確に捉える必要があります。必ずや現在の職場、仕事、職場に関して、不満に思う点を約10項目箇条書きしてみてください。この作業が、再就職に良いヒントを与えてくれます。そして、もし決断したらできるだけ素早く、今よりも良い仕事ができるよう、進めることが大切です。

  • 経験のない業種などに転職したい時には、以前の職場で養われた力・・

  • 未経験の分野などに職を変えようとするときには、以前の仕事で養われた力や今まで経験したことを発揮できるという内容のアピールが必要になります。未経験の業界の場合、経験のない分その業界で経験してきた人たちよりも事実、足りない部分はありますが、自分が保持している力がその業界でも発揮できるということをしっかりと伝えることができれば、戦えるケースもあります。ですから、未経験の業種に挑むときには、その業種と今まで自分が経験してきた仕事との関係性をできる限り見付けましょう。

  • たいてい大きな会社は定期採用中心です。ですから、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。

  • 一般的に一流企業は「定期採用」で人材を確保するため、転職希望者には不向きです。また、都市近郊部~地方となるとそのチャンスはずっと低くなります。しかしながら製造業に関連する企業においては、地方の工業団地周辺に工場を持っていることもとても多いです。さらに、そういう地方の工場に的を絞れば、事業拡大の際に「途中採用」をしていることが多々あるので、そういったタイミングに転職も悪くないと思います。そのためには、地方の工場を転職に考える場合、希望する企業の情報を得ておきましょう。その会社のHPをチェックし、人員募集の予定がないか定期的に確認しておくと間違いがありません。

  • 新しい職場(転職先)では、年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 転職先にて、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。中でも、入社1年目の段階では、ほぼほぼ「試用期間」を含んでいる場合が多かったりもします。私のときは、尽力して転職して予想と異なり前いた会社での年収とあまり同じということがありました。そのうえ、仕事はキツく、かなり責任が伴うもので、初年度は本当に厳しかったです。そういった実体験から1年目は、勉強に充てる年と捉えておき、出来る限り転職以前からお金をためて備えておくべき、と痛感します。

  • 転職活動で面接時に例外なく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をしていて面接のときに間違いなく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。「志望動機」については、ありのまま話して問題ありませんが、これとは違い転職理由についてありのままに話すのはよくありません。転職理由でよくある収入に対する不満、同僚や上司との人間関係の軋轢など、聞き手があなたに良い印象を持ってくれる可能性は少ないです。おそらく、自分にとってマイナスになると予想されることをそのまま話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しがちなので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。これに対して現職の不満を相手へ伝えないようにするには、現職の業務内容以外を一切話さないことです。そしてさらに、「御社に入ってから〇〇したいです」、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、そのために御社を選択しました、と未来志向な志望動機に変えていきましょう。

  • ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなのに、何ヶ月もたっていないの…

  • このあいだ転職したばかりであるにも関わらず、少ししか仕事もしてないのに辞めてしまうことを決断する人が意外にも多いものです。それは私の思うところは気持ちも新たに、自分自身に合った職場を見つけたというのに、「自分自身の理想としていた職場とギャップがあって幻滅した」「雰囲気にどうしても馴染めない」という理由で別の仕事を探すことが多いようです。こういった転職における失敗を繰り返さないために、やはり、事前の情報収集を徹底する、に尽きます。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。業務におけるルール、通勤にかかる時間、などあれこれ事前にチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。