今やっている転職する活動の際、「私は経験としてこのような内…

いい転職をしようと転職する活動で「これまでこういう職…

  • 今がんばっている転職活動時、「私はこれまでずっとこういう種類の仕事をしました」「今までにこのような技術に磨きを掛けました」と過去の成功体験などを十分にアピールしようと考える人はとても多いです。ですが、転職先のその場所で「可能ならばこういったことに挑戦したい」「私が触れたような内容の仕事なら積極的に貢献できるはず」と未来の姿を通して自分をアピールしていくほうが過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。
  • 今日では、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして・・

  • 現在、ブラック企業がメディアで注目されたりして、労働条件についての取り締まりが強化されたり、悪質な会社が公表されたりするなど、厳罰化の方向に動いていますが、完全には程遠い状況です。実は、面接で見破ることができます。ともかく、求人票などに記載されている労働条件を見ておき、それらの項目ひとつひとつについてあれこれ質問してみましょう。ブラック企業であれば、質問したことが嘘であった場合、不自然な返答になったり、「その場でははっきり答えられない」と逃げ腰になります。とりわけ給与や残業や休日に対しては、質問を続けていく中で、渋い顔をする場合が多いです。それでも質問を続けると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたかのような態度を見せるので、ブラック企業だと見破ることができます。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、「何か引っかかる」と思ったなら、他の面接を受けたほうが良いと思います。
  • クールビズ(軽装)スタイルで転職の面接に臨む場合、ジャケットま…

  • クールビズ(軽装)をして再就職の面接に行くときには、やっぱりジャケットは着用しなくても良いとはっきりと分かるわけです。ですが、ネクタイは着用していったほうが好印象を与えてくれます。ネクタイもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと考える企業も存在するケースもなくはないです。ですが、ネクタイにおいては例えクールビズが推奨されていてもつけて行く必要があると思っている企業がそこそこ存在するわけです。そんな訳で、例えクールビズでOKだと言われていてもネクタイだけは着用いく方が悪い印象を与えないということはお知らせしておきます。
  • 転職を行うにあたって、もちろん仕事におけるやりがいアップも大切だけ…

  • 転職先を選ぶのに、言うまでもなく仕事におけるやりがいアップも重要だけどそれに加えて収入アップも大事なポイントになるから「年収サイト」というサイトに登録をして前もって研究しています。全く一緒の会社でその上全く同一の職種、経歴なのに人によってとても幅があることも多くあって、ぶっちゃけて言えば面接で質問をしたことがあります。面接をした方も同じサイトを見たことがあるようで「高い収入で書かれているのは、書いた人物について誰だろうとだいたいは予想がついてるんですけどね、おそらく良いように見せようとしてるんですよ。低い方の収入だと思ってください」とのことでした。
  • 退職|転職時の面接では面接担当から「転職理由を聞かせて頂けますか?・・

  • 転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。面接官から「転職理由をお聞かせください」と質問されるのは間違いありません。この時、どのような訳がであれ、過去の職場の「働く環境」「人づきあい」に関しての愚痴ともとれる内容などは、意識してしないことをお勧めします。なぜかというと、仮にそういった不満を回答すると、採用のチャンスを無駄にしてしまいかねません。面接時は、「ポジティブ」な内容に徹底することが大事で、まずは「新しい職場においては、自分の能力をより発揮し、真面目に取り組んでいきます。」といったような未来形での話ぶりが担当者に良い印象を持ってもらえるのです。
  • 転職することで職場を新しく換えるということは、自分自身に見合…

  • 転職で仕事先を一新するということは、自分自身に適合する再就職先を見つけたほうが良いということです。勤務先、職場を変えることによって、自分の向いている仕事に有りつけることも可能です。しかしながら、実際に行動する場合は、転職先にふさわしいスキルがないと、転職自体がままなりません。違う言い方をすると、あなたの技量次第で天職に就くことができるチャンスも広がる、ということです。現代は、「職業選択の自由」が社会的にも当たり前になっているので、仕事場を変えても何の偏見を持たれてしまうリスクもありません。事実、終身雇用がなくなりつつある今現在では人手が欲しい会社や職場はますます増えているので、このチャンスに乗じて転職されるのも良いかもしれません。
  • 退職|仕事をするにあたり、回復が難しいほど心的な負担が大きくな・・

  • 仕事をするにあたって回復が難しいほど精神的なダメージがあり、転職しなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、そのときは、会社を相手に相談するよりも、自分の家族と話し合い、会社を辞めるかどうか判断した方が良いです。なぜかというと、働くことは自分の事でもありますが、同時に、身内の問題ともいえるのです。どれだけ報酬が良いからといって、精神がダメージを負うほど我慢して働きつづけるのは、良い状況とはいえません。昨今は、金銭的な豊かさよりも、働く本人が働きやすいことを優先する生き方も徐々に認められつつあります。ですからあまり気にせず、身内や、自身の心身の健康を考えていきましょう。
  • 退職|この話は従兄から聞いた話です。

  • こういう転職というのは兄の友人から聞いた話です。始めに新卒として死んでも入社したかった憧れていたA社で行われた最終の面接で不採用になって、その後他の会社に就労しました。そのあと2年経った頃に派遣の求人サイトを閲覧していて偶然A社の紹介予定派遣の求人を発見し、じっとしていられなくなってその時の会社をすぐに辞めて、A社で派遣勤務を開始、勇気がありますね。懸命に頑張ってのちに希望通りA社で正社員登用され、現在はやりがいを感じつつ明るく働いています。
  • このところ私は派遣で働いています。

  • このところ私は派遣の会社に登録をしています。サイトでよさそうな仕事を発見して応募したい旨を伝えると「残念ながらその仕事は、別の方に決まりました」と断られ瞬間的にウェブサイト上からお仕事の情報がなくなるのですが、その次の日になるとまた情報が掲載されています。これって結局は私だとダメだって意味ですよね。そういうことであるならばカドが立たない程度で正直に言ってくれればありがたいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。あるいは客寄せのための偽のお仕事なのでしょうか?
  • 転職を成功させるためには、計画的な徹底した情報を収集することが不可欠です。

  • 後悔しない転職するとを目指すのなら、前もって情報を集めることを徹底してみましょう。そうしようと思うのなら近年は企業の名前を聞いたことのない中小零細企業の意地でかホームページが用意されている場合が当たり前になっているから、インターネット検索で自分の知りたい情報を調べておくとまたその会社のよくわからないこと等をチェックしておくと転職に役立ちます。さらに公式ホームページの他に、転職サイトなどを上手く利用することも効率的ではありますが、しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。何よりも転職の候補にしている企業を自ら確かめることも大事なことです。
  • 将来に目を向け、楽しく過ごしつつ、再就職に向けての転職…

  • 楽しみながら転職活動をすることができれば、精神的な負担も少ないので、結果として転職先が見つかるまでの間に堕落しないで済みます。しかも精神的な箇所が損なわれていない分、割と早く転職が出来るでしょう。そのためには、やはり、休職期間をつくることなく転職先を見付けることです。一番は働きながら次の仕事を見付ける活動も並行して行うのがベストです。さらに、隙間をなくせば現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。こうしていれば、仕事をしていない空白の期間がなく、履歴書にもキズがつかなくて済みます。つまり、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。将来的な展望を踏まえつつ、転職活動をがんばってみましょう。
  • 派遣というかたちで働いています。

  • ある会社に派遣されて働いています。派遣法とか労働契約法のからみでやむを得ず、長くお世話になった勤め先での仕事があと数か月で終了します。同じ派遣の方の中には、派遣の就業先で正規社員の待遇を手に入れた人もいるのですが選ばれた理由としてははっきり言うと仕事の実力というよりは派遣先上司の扱い方がうまい方でそのおかげでで採用された模様。職務を遂行するスキルよりも上司正社員を転がす能力の方が大切なんじゃないのと選考に漏れた別の派遣の同僚と勤務先でいつも不満をたれています。
  • 働いていた会社で性格のきつい上司に悩まされて、とう…

  • 就職した会社でパワハラを行う上司に悩まされ、我慢することができなくなってその会社は辞め、同業である他の会社に職を変えました。パワハラもなくとても満足の毎日でしたが、徐々に会社の売上が落ち込み、最後には経営統合されました。経営統合の相手はなんと前勤務していた会社で、ものすごく嫌いだった上司が再び私の上司となることになりました。いったいこれはどれほどご縁があるのでしょう。当たり前のことですが新規の転職活動をし始めています。
  • 転職するため職探しをするときに注意すべき求人の募集内容は、…

  • 転職するため職探しをする場合に気を付けるすべき募集内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料がよく、拘束時間が長めというものです。このような案件の場合、給料に『みなし残業代』を含んで計算しているケースがたいへん多いです。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、30時間・45時間というように(時間は例えです)求人の記載内容に時間の併記があるはずです。毎月これくらいの残業が発生するため、事前に給料に残業代を組み込むということです。仮に求人に『みなし残業代50時間込』というのは、「書かれた時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料になります」という話になります。ただし、悪質なブラック系の求人では『みなし』をわざと記載していない場合もあるので、気をつけましょう。
  • 何年か前までは求人誌では、雇用主が求める人材の「性別」…

  • 今までは求人情報には、性別が記載されていました。けれど今では、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、男女の求人・採用差別をあってはいけないルールが決まり、募集要項の条件に「性別」が無記載となりました。そういった時代になったのですが、求人する会社側には男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。現実に、本当は男手を必要なのに、女性の採用希望者がやってきたり、逆に女性希望なのに、男性が来てしまったり、といった感じの問題が起こりうる可能性があります。もし、「女性が活躍できる仕事場です」なんて書かれている求人募集の場合は、求めているのは女性だと認識したほうが良いでしょう。
  • 退職|20代のうちに転職を2回ほど経験して、そして現在、資格をゲットする・・

  • 私は20代で転職を2度経験して、そして現在、資格を取るべく「派遣社員」で勤務しています。フルタイム勤務ではないのでやはり毎月の収入は安いのですが、しかしその分、以前より心と時間に大きな余裕が生まれました。もっと学生のときに資格を取得し、就職できれば良かったのに、とは思います。しっかりと資格を活かしている人と話すと非常に羨ましいと感じたりもします。これまで私は、それなりに成功している人と自分を比べ、悩んでしまう日もありました。現在は結婚してがらりと生活環境も大きく変化し、前よりもその中で仕事や将来の夢も定まったので、しあわせな生活を送れるようになりました。