これはシフトの仕事に関する話なのですが、特定の曜日に仕事できる人を募集している求…

これはシフトの仕事についての話です。

これはシフトの勤務形態がある仕事についての話です。特定の曜日に勤務できる人を募集する求人をよく見るのですが、もしも応募しようと思っているなら休む方法の詳細やシフトの出し方については前もってチェックしておきましょう。それはどうしてかというと、私自身、産休で休む人の穴埋めとして、正社員として入社したのですが、私のシフトがそこでは、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前任者が土日に必ず出勤できる人だったので、私も同じタイプと思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフト変更の必要があり上の人たちに私の代わりに出勤してもらえるように、とお願いをしに行かなければいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。冷静に考えると、本当に異常な職場だったんだと思います。

趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいという風に思っている人は要注意です。

得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている方は注意です。私が実際に経験したことなるのですが、私は、食べることが趣味だったのですが、それが高じて飲食店で仕事をしていた期間があります。そのお店での業務は、そのレストランで私が任されていた業務内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。この仕事内容については、嫌なこともなく楽しんで働いていたのですが、人間関係のいざこざに疲れてしまいました。そのことが引き金となり、仕事をやめたのですが、その影響で、好きだった食べることやその飲食店で扱っていた食べ物すら嫌いになってしまい、同ジャンルの飲食店はしばらく経った現在も行くことができません。当時の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。この仕事に就いたばかりの頃は、好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。得意なことや大好きなことを仕事にしたいと願い、実現できるのは本当に素敵なことですが、ですが、「好き」の度合いはどの程度のものか、改めて向き合う必要があります。

長期間接客業で勤め続けてきましたが、加齢のせいか立ったままの仕事・・

長い間接客関係で勤務してきましたが、年のせいか立ち続けるお仕事は体力的につらくて、座って仕事ができるオフィスワークへ仕事を変えることを視野に入れて行動を起こしました。事務未経験の場合少々難しくて、接客の経験も活かせる受付兼医療事務を目指そうと考え資格も合格して個人医院に転職をしました。周囲はベテランのパートさんだらけで人間関係が苦痛。夜のシフトばかりさせられ、接客業で働いていた時より家に帰る時間が遅くなってしまいましたが、まずはキャリアを形成しておかなければいけないと考えて我慢します。

転職することを、今働いている会社の同僚たちがあなたの転職を知ってしまう…

もしも再就職の前に、今勤めている会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、雰囲気が一変するかもしれません。あなたの置かれている環境によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。そればかりでなく、残業時間を増やされてしまう事があるので、軽はずみに転職のことを周囲に伝えるのはお勧めしません。そういった状態を回避するため、仕事場では、真面目に仕事をしておきましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い空気をギリギリまで残したまま、心置きなく仕事を辞めることが出来ます。それに、円満退職で終えられたなら、転職後、相談できる機会も出来ます。規模や業種に関係なく、どこの会社も、人とのつながりはとても大切なので、会社を辞める時のトラブルは、できるだけ控えましょう。

転社を繰り返さないための対策は、とてもシンプルです。

転職を繰り返さないためにすることはただ一つです。仕事面のスキルアップもそうですが、精神的なスキルを磨くと転職を繰り返しません。現在はインターネットもあるので、メンタル面を強くするための自己啓発系の情報は容易に拾えます。そんな、時に転職とは無関係な「とある行動」によってもメンタル面を鍛えることができます。その最たる例はズバリ「海外に行くこと」ですね。海外に旅行に行くと文化も言語も、日本とは大きく違うため、刺激が山ほどあります。ですから、帰国してからも心境の変化が生じるはずです。日本に帰ってくると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、「世間の小ささ」というものをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え面接に行けば、これまでの面接とは違い自信に満ち溢れた態度を示すことができます。しかし、退職して間もない頃は精神的に弱っていることが多いので、気力回復のために休業期間も必要です。

退職|転職活動を現職と同時に行う人は少なくありません。

転職活動を現在の仕事と並立して進行させる人が多いです。けれども、仕事を続けながら求人案件を調べて応募したり、面接に行くのは精神的だけでなく肉体的にも負担がかかるといえるでしょう。さらに転職活動時は、現在の会社の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなければいけません。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、もしも、そのまま書類選考が通り、面接が決定した後で辞退すれば面倒な事になるかもしれません。転職エージェントを通して応募している場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、他方自分でダイレクトに応募したとしても、応募した会社からしつこく電話やメールがあることもあります。いずれにしても自分の大切な時間をドブに捨てることとなるため、行く気のない応募は辞めておきましょう。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると認識しなければいけません。

政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況について…

政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが、安倍総理が舵取りを行う現内閣では、アベノミクス「三本の矢」といった新たな経済政策が矢継ぎ早に展開されています。日銀による金融政策と相まって、財界や企業間では新時代となる変化が増加傾向にあります。その変化が加わり、民間企業の側でも今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」が深刻な社会問題になっています。また最近では、「外国人の労働者」の比率を現状以上に高めていく前提と現政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こうした政治の流れによって、国内の雇用・転職事情も大きな影響が出てくるのは当然のことといえます。

退職|転職サイトは知名度の高いサイトであるほど掲載される企業の数も多くなるため、…

「転職サイト」は、大手が運営しているもののほうがたくさんの企業が掲載されているため、感じがよさそうな2~3社を、ウェブサイトに登録しておいて、勤務地などにチェックマークをいれておき、条件に合う案件が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと簡単に転職に関する情報収集を行うことができるようになります。とはいっても、初回だけは登録が若干厄介なのでサイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をきちんと準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録を行う初回時、少し時間がかかりますし、案件の検索と応募だけでも大変ですが、その後は、新着の求人情報だけ確認すればいいので、初回の準備に手を抜かないことを心がけるのが無難です。

退職|安定的な暮らしを求めて正規の雇用社員を狙っている…

安定的な人生を手に入れるために「正社員」として働こうと思っている人はかなりいらっしゃるはずです。けれど、即戦力として働けるように相当に頑張っているのに正社員としての転職活動そのものが難しいこともあります。非正社員の求人募集は充実しているのに、正社員の求人情報に執着しすぎて、チャンスを放棄してしまっている人が多いといいます。なかなか、正規雇用での転職が厳しいのなら、派遣社員に応募することも視野に入れてみてください。契約社員や派遣社員募集の会社の中には会社に貢献することができれば、2,3年で契約社員から正社員へのキャリアアップを狙えるところもあるからです。ですので面接時に「正社員登用」の可能性を聞いておけば人生設計にも役立ちます。

退職|新たな職場にてあなたの過去の能力を最大限に活用できれば、…

新しく就いた職場でこれまでに培ってきた資格やキャリアを活かせられれば、即戦力として周囲から認められ、すぐ職場内に自分の居場所ができ、いい人を求人している会社サイドも、そういった即戦力となる人材は常に必要なので、時期さえうまくいけば、わけなく採用されるでしょう。それに加えて今までの業務内容と似た内容であれば転職自体は簡単にいくはずです。ですが、そこそこスキルがあるといっても大手の事務系の業務や、公務員系(国家・地方ともに)は時代・景気に関係なくかなりの競争率であることは間違いないでしょう。

今のご時世では、株・不動産投資の不労所得、あるいは個人事業や起業を目指す人も増えています。

近頃、株式・不動産投資などといった不労所得を得たり、個人経営 、起業等、そのような世の中の変化もあるせいか、「会社員の道こそが正義」といった今までの常識も変わってきています。高度経済成長期には先の見えない株式投資、個人事業といった稼ぎ方よりも会社勤めの方が将来が安定していて、人が生きていくうえで正しい道として、またそれが自然のことのように広く一般の人々に浸透していました。そんな社会全体が安定成長する時代は終わり、現在は、「成熟期」という名がいわれます。今後は、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、社会においては人の労力を必要としなくなると言われています。

転職活動では、最初に、ハローワークや求人雑誌の求人情報を見たり…

転職活動をするとき、最初に、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを閲覧したりしてその会社のことを調べるのですが、ところが、その会社がどういった情報を表に出すかは、コンサルタントに相談をしていることが多いです。コンサルタントはいかに、会社にとって都合の悪い情報を隠せばいいか、仮に公開したとしても差しさわりのない表現をします。そういった社長の方針や社員の感想については、それをすべて事実だと捉えるのではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。もしも心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、期待していたことと全く違うと後悔することになりかねません。悪徳会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後は、難癖をつけながら辞めさせないように画策しています。このようなことは、いわゆるブラック企業に多いです。

派遣会社を利用して働く人が最近では増えています。

派遣会社を通して仕事をする人が近時は多くなってきています。派遣先から支払われる一時間当たりの報酬がいくらで、そのうちどれだけがあなたに入るのかをなるべく面接のときに確認しておくべきでしょう。派遣業は、人手を欲する企業に人材を派遣し、その対価としてお金を手数料を徴収する形を取っています。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合が少なくありません。半分以上を派遣労働者に還元している場合は、良いのですが、中には開示すらされない派遣会社も多く、酷い派遣業者では、3割しか支払われていなかったというケースも珍しくありません。なお、面接の際に答えてもらえない様な会社は、隠ぺい体質であることが多いので、可能な限り異なる派遣業者を利用されることを推奨します。

転職時、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェント・・

転職において、ウェブ上でのエージェントつまり斡旋をしてくれる会社が存在しますが、たとえその種のところに登録し、幸運にも就労先が見つかったとしても、「失業保険」の給付は受けられません。ハローワーク以外の機関を利用して就職が決まったとしても給付を受けられないので気をつける必要があります。これと異なり、「ハローワーク」によって斡旋してもらって就職したのなら、就職の準備金として「一時金」を受け取ることができます。ネット上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に彼らは,企業サイドから「紹介料」を受け取るだけで、失業保険とは何の関係もありません。このような点を知らなければ、失業中に給付金を手に入れなくなる事態になるので、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考をクリアしました。す…

とある古物商の求人にて、書類審査を通過しました。2、3日して担当者から面接日時を告げられました。けれど、当日、指定場所まで行ってみると、なぜなのか相手が、面接準備を一切していないとわかりました。しばらく待って、所長らしい男性が面接に応じてくれたものの、最初から最後まで、呆れるほどけだるい表情を見せ、かろうじて面接が終了しました。しかしながら、予定日を過ぎているのに、採用結果も告げられず、私の側から問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と言われました。しばらく待ちましたが、私の手に届くことはありませんでした。そこで再度電話した結果、意味が分からなかったのですが、「今回は見送らせてもらいました」と一方的に電話を切ってしまいました。あまりの対応にしばらく言葉も出ませんでしたが、正直なところ、採用されなくて良かったと感じています。

転職活動を行うとき、様々な経路で情報を集めることが多いと思いますが…

転職活動を開始する際、様々な方法で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトはとても役に立ちます。以前、悪い口コミをサイトに載せられたということで、損害賠償を、その掲載会社に請求した事例がありましたが、会社の都合で退社させられた元社員の復讐によってそのような口コミが投稿されていたと見るのが一般的ですが、別の視点から見れば、ウソの書き込みだったのなら、会社としては放っておけばいいようにも思えます。でも、実際は『クロ』で「このままではマズイと考え、火消ししなくては!」と思っている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上することで注目されるので黙認しますが、悪い口コミが多いということは、その分入社後に厄介事が降りかかる心配のあると捉えておいて問題ないと思います。というか、本当にいい会社であれば煙は立ちません。