退職|転職の際、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方に…

退職|これから転職する場合、派遣社員という勤務形態を考えている・・

  • 転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人に覚えていてほしい点がいくつかあります。派遣というと、お茶出し、電話対応などの雑務、雑用等をといったものをぼんやりと考えてしまった人がおそらく多いとは思います。実は私もそう思ってました。今、勤めている職場に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募した際に、「主な業務は電話対応になります」と面接で派遣会社の担当者からも聞いていました。でも、いざ仕事に就くと、「電話対応」に加え、欠員した正社員の穴埋め業務を要求されました。知識もないので毎回てんてこまいですし、はじめの説明とは異なる内容ばかりなのでとても困惑しています。とりあえず、ひたすら「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。
  • 転職期間中は、無意識のうちに時間に余裕があるため、気が緩んでしまい…

  • 転職を決めるあいだは、つい時間に余裕がある分、だれた生活になりやすいですよね。が、そんな生活を習慣にしてしまうのはかなりキケンです。人というのは、緊張感のない、だれた生活を続けると、「メンタル面」にも問題が出てくるからです。なので、いつの間にか仕事をしようとする意欲が湧かず、お金に困る未来がやってきます。そうして、悪いサイクルがさらにつづき、再就職先を見付けることが困難になってしまいます。再就職先をハッキリ決められないのは、もらえるお金を第一に考えてしまうためです。もらえるお金を最優先に考えざるを得なくなるとやりがいを求めて転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ということで、お金に縛られない生活を目指すためにも、だれた生活は、意識して避けるようにしてください。
  • 今後転職活動をされるなら、気になる求人(または職種・・

  • 転職活動をされるなら、良いと思う求人(または業界)があったら、きちんと「〇〇業(気になる職業)、ブラック」とインターネットで検索してみましょう。求人票や転職エージェントから入ってくる言葉からは、業界に関するマイナスとなる面は、知ることはできません。もしも、ブラック企業体質な業界であれば、簡易的なネット検索によって瞬時に実態を知ることができます。そうした現実を知らずに入社すると、あとで落胆してしまう可能性もあります。その求人募集が出ている理由が「仕事内容がキツイからすぐに人が辞めてしまう」というケースも多くあります。目に留まった案件・業種については、疑問点を払拭した上で、応募しましょう。
  • 転職活動する場合、相応の準備はしなければなりません。

  • 転職活動にあたってそれなりの準備は必要不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、とくに、目に映る「服装」は、重要だと感じてしまいます。ところが、現在の面接については、私服がOKな企業があるので、スーツを着て出向かなくても良い場合があります。とくに会社の設立してすぐの企業などは、柔軟な考えなので私服で面接を受けたほうが、相手に良い印象を与えられます。さらに、ざっくばらんに会話がしやすいのもメリットといえます。また、私服を見せるたことで面接時に、洋服の話題に発展しやすいので、面接担当者と仲良くなれる期待ができます。というわけで、今から転職は企業の「創立した年」を事前確認し、(ベンチャー系企業の)面接時には私服で勝負してみるのもアリかもしれません。
  • 就労中は可能なかぎり同僚にバレないよう(自身の例です…

  • 在職期間にあるときは、なるべく気づかれないように、(私のときは)在職期間中に転身の考えを早いうちに社内の人間に仄めかしたことがあります。けど、その顎、求人誌を散々色々とチェックしてみたのですが、結局就職先も仕事を変えるタイミングさえも計画も立てずに煮詰まっていないままいつの間にか時が過ぎてしまい、一方の会社のほうは、退職に関わる手続き、自身の退職日などが続々と確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。そして、思うような展開にはならず、失職期間を経たのち、次の就職先を探すハメになりました。
  • 派遣社員になっても1年ごとにすぐ辞められるというわけではないこと・・

  • 派遣社員というものは、1年ごとに自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはないと実際に転職を通じて実感しました。私は新婚した後、生活に慣れたらなるべく早く子供を授かりたかったので、妊娠するまでと思いおよそ1年半~2年くらい現在の職場でそのまま仕事したいと思ったので、就職することにしました。常勤ではなく派遣社員であったために、正社員より月収は少なめでしたが、ですが家庭の時間を得たかったので、あえて選択しました。が、入社してみると一緒に働く方たちは大半が派遣社員として10年、15年と続けていらっしゃったのです。なので派遣社員といえども、契約が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、この先どうすべきか、とても困惑しています。
  • 退職|転職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」…

  • もしもあなたが転職を考える場合に「Uターン」「Jターン」において大都会から地方に引っ越したうえで再就職したいと思っている方も少なくありません。今では求人情報サイトを駆使すれば、地方や郊外の求人も閲覧できるようになっています。ですが、地方や郊外での求人情報は、募集してる企業や会社の数自体が少ないというのが大きく違うところで、デメリットでもあります。ですので、求人サイトを利用するのは当たり前ですが、求人サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」のサイトなどもチェックしておきましょう。そうした機関の転職サポートの情報もアンテナを張っておきましょう。
  • 以前の私は、求人情報は「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」を活用していました。

  • 今までは、「転職サイト」を利用するより、いつも「ハローワーク」に相談していました。というのも大抵の転職サイトは、どうしても都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。なので、転職時は「ハローワーク」のみ使っていました。やはり、有名な転職サイトに掲載されている求人よりも企業の数や、給料といった点は見劣りするのですが、古くから地域に根ざした情報が探しやすい魅力があります。「ハローワークって地味な雰囲気がある」と誤解している方もいるかもしれません。以外にも、求めていた労働環境の求人があるかもしれないので、もし今の会社を辞めて転職したいのならば、参考までにハローワークへ行って相談するもの良いかもしれません。「転職サイト」のような大量の電話やメールが送られてくる心配もありません。
  • 転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない問題とし…

  • 転職活動を行う上での最後に残る難関として、現職の退職があります。転職先の企業が決定しても、現在所属している会社があなたを放出したくないとして引き留めるというのも起こりがちなケースです。そうなってしまった場合、どうあっても退職する、という強い意思を保つことが必要です。もしも会社に残るように説得されて、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと考えた会社は結局、辞めることとなります。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届をつくっておきましょう。そのあとで、決定権を持つ上司と相談し、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」とはっきり伝えます。円満退社という形をとることも転職活動を成功させるためには必須です。
  • 退職|転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書が重要になってきます。

  • 転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書が必須だと考えられています。大部分の会社は履歴書に加えて職務経歴に記載されている内容を考慮して面接するかどうかを決めるため、この2点をしっかり作成しておきましょう。単に必要事項を埋めることにとどまらず内容が充実していることも大事です。職務経歴書には、自分の職務の詳細な内容、できる限り自分のできること記入しましょう。さらに、過去以外にも、現職で挙げた実績も価値があります。前年比の売上を○パーセントアップを達成した、など分かるように書いておきましょう。初めてで難しい場合は「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。ブランディングのために活用をはかることもよい転職をするための有効な手段だといえます。
  • 退職|再就職のための面接では、中小企業であればほとんどが「人事」が面接官となります・・

  • 再就職のための面接では、小規模業者クラスの場合概ねは人事担当者になりますが、それ以外のケースもあるはずです。例を挙げるなら、これから職場でかかわりの深くなる作業部署の責任者、要は中間管理職である部長や課長が面接することも決して少なくありません。中でも営業職や事務職などのジャンルでは、資格などという具体的なイメージがないので、自信をもって自身をアピールしていく事で良い印象を与えることができます。面接担当者から「この人は、きちんと自己アピールできるし、良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大事です。
  • 転職をする場合、重要視されるのが「面接」です。

  • 転職活動では、重要視されるのが「面接」です。多くの場合面接では、応募者に転職を決めた理由や仕事の意気込みなど色々なことを質問されると思います。そして、面接官の質問攻めが終わったら今度は、面接希望者側からの疑問に思う点などを質問できる時間が与えられます。面接担当のスタッフから「何か弊社について疑問に思うことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。この手の質問が来たときは、面接者本人は急なことなのでアタフタしてしまうかもしれません。こういった場面に備えて、面接の前には面接担当者からの質問に対し、質問の内容を考えておくのもいいかもしれません。冷静になれば何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、やってみてください。
  • 退職|一昨日新しい仕事先を探すために人材紹介会社に登録に向かいました。

  • 先日転職の準備をしておこうと人材紹介会社へ登録に向かいました。登録カウンセリングをしに出てきた担当の方が見た感じ学生と見間違うほどの若い社員で、私が説明した話の5割ほども彼は理解できていない感じ。それでいて「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「きちんと自分の強みを考える必要性があります」とか、経験豊富なベテランのように横柄に言うので非常にイラつきました。カウンセリングを担当する人はそこそこカウンセリングのスキルがある人にするべきです。
  • 転職活動では、希望する企業そのもの、というよりもどっちかというと「担当面接官」と…

  • 最短で転職したい場合は希望先転職先の会社企業というより、人事や採用担当の面接官との勝負といってもいいでしょう。面接で良い印象を与えるために、まずは面接が始まる前に冷静に、焦る気持ちににならないように、例えれば出来ればお見合いのような気分でいる向かうと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。また面接ではまずはあなたの「人間性」を判断されるのでマイナスな印象につながる身なりは注意しゼッタイにやめましょう。またモラルある社会人らしい清潔感・好感度ある服装(T・P・O)を意識してみてください。あなたらしさを表現できるといいでしょう。企業にとって採用したい人材と思ってもらえれば、きっと良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。
  • 昔から「石の上にも三年」という人生において役に立つ教えがあります。

  • 日本には「石の上にも三年」というコトワザがありますが、「転職」は身近なものとして捉えている人も多いはずです。とはいうものの、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、うかつに仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。転職するには適したを的確に捉える必要があります。まず、今やっている職場、仕事について具体的に、不満を感じる点を10個、少なくても最低5個は探してみてください。こうした作業をしておくことによって、転職を決断することです、そして、もしおおまかな進路が見いだせたら、尻込みすることなく、今よりも良い仕事ができるよう、がんばりましょう。
  • 経験のない分野などに転業したいと考えている場合に…

  • 初挑戦の分野などに転職したいと考えている場合には、前の業界で培ってきた能力や経験値が生かせるという自己主張が必要です。経験をしたことのない分野の場合、経験していない分だけその分野で経験してきた人たちよりも事実、不公平な状態になりますが、自らが保持している能力がそのジャンルでも発揮することができるということをうまく相手に言えば、戦うことができるケースも考えられます。それゆえに、未経験の業種に挑むときには、その業種と自分がこれまでやってきた仕事との関係をできる限り考えましょう。