退職|働いていた会社で嫌な上司に嫌な目に合わされ、その結…

退職|新卒後最初に働いた会社でつらく当たる上司に神経を削られ、…

  • 就業していた会社で反りが合わない上司に悩みを抱え、とうとう我慢ができなくなり退職し、同業者である別の企業に変えました。そこではパワハラもなく非常に充実した毎日でしたが、だんだんと会社の債務が増えて、最後には経営統合されました。そしてその経営統合先の会社がなんと前いた会社で、おまけに反りが合わない上司がまた私の上司になるそうです。いったいこれはどれだけご縁があるのでしょうか。当たり前のことですが新たな転職先を探す活動をやり始めています。
  • 退職|転職するため仕事探しをするときに特に注意したほうがよい求人内容は…

  • 転職のため職探しをする際に気を付けて欲しい求人内容は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高めで、拘束される時間が長いものです。このような募集の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいることがたいへん多いです。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間・45時間という風に求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、あらかじめ給料形態に残業代を入れて計算しておくというものになります。(なお、これは違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代45時間込』とあれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、これだけの給料がもらえます」ということになるわけです。しかし、悪質な求人には記載しておくべき『みなし』を意図的に表記してない場合もあるので、気を付けてください。
  • 前の求人誌には、雇用主の希望する「性別」がきちんと明記されていました。

  • 数年前の求人誌に求める人材の「性別」まで書かれているのが一般的でした。しかしながら最近では、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、男女差別が採用時にしてはならない事が決まり、求人情報の中身に「性別」を明記できなくなりました。とはいえ、募集情報を出す会社は、実際のところどちらが希望と言う想いがあるはずです。現実に、実は男性が希望の案件に女性が募集にやってきたり、対称的に、女性が必要なのに、男性が来てしまい、といった問題も無関係ではありません。例として、「女性が活躍できる仕事場です」と記載があれば、これは女性を望んでいると捉えておいたほうが確実です。
  • 20代前半に転職を2回経験し、そして今、資格取得のた…

  • 20代に転職を2度行い、いまは資格を取るべく「派遣社員」で働くことにしました。フルタイム勤務とは違うのでやはり手取りが以前よりも少なくなりました。心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。学生時代にもっと資格を取得し、仕事を続けるという方は本当に稀です。実際にそのような人を見てしまうと羨ましいと感じてしまいます。これまで私は、自分に自身が持てず、気にしてしまい、落ち込むこともありました。現在は結婚して生活自体がかなり変わり、以前よりも明確な進路ができて毎日が充実しています。
  • これはシフトの仕事についての話なのですが、決まった・・

  • 「シフト制」のある仕事についての話なのですが、一定の曜日に勤務できる人を募集する求人を頻繁に見ますが、もしも応募しようと考えているならシフトの出し方や、休む方法の詳細を面接の際に聞いておいたほうが良いでしょう。以前わたしは出産のため抜けた人の代わりに正社員として就職したのですが、「土日」固定となるシフトだったのですが、他の社員は来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った前任の女性が「土曜、日曜」に必ず出る人だったので、私も出勤できると思われていたようです。なので「土日」に外せない用事が入ると、シフトを変更してもらわなくてはならず、同じ部署の先輩方に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自ら依頼しなくてはいけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。思い出す度、異常な職場だったんだと思います。
  • 退職|自分の趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいという風に思っている人は注意が必要です。

  • 自分の大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている人は注意です。これは、私の経験に基づいたことなるのですが、私は、食べることが好きでそれが高じて、過去には、飲食業界(レストラン)で働いていた時期があります。そのお店での業務は、そのレストランで任されていた仕事内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務でした。この業務内容については、嫌なこともなく楽しんで働いていました。ですが、人間関係にすごく疲れてしまいました。そのことが理由で、職場を離れたのですが、その結果、食べることやその店でメニューとして扱われていた食べ物すら苦手になってしまい、似たような飲食店はしばらく経った現在も行く勇気がありません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事を始めたばかりの頃は、好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。自分の大好きなジャンルの仕事に就きたいと夢見て、それを実現させることは素敵だとは思います。その『好き』のレベルはどれくらいなのか、もう一度尋ねる必要がありそうです。
  • 長い間接客業で仕事をしていたのですが、年をとったせ・・

  • 長期間接客業で勤め続けてきましたが、年のせいか立って行わなければいけない仕事は体力的につらいため、座って仕事を続けられる事務系のお仕事へ転職することを第一目標として行動にうつりました。事務の経験がないとわりと難しくて、そこで接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務をしたいと資格も獲得して個人の医院に転職をしました。周りはベテランの先輩パートさんばかりで人間関係に関しても複雑。夜間のシフトばっかりさせられ、接客業をしていた時より帰る時間が遅くなったのですが、今はキャリアの形成時期だと考えて仕事に励みます。
  • 転職前、今働いている会社の人たちがあなたの退職を知…

  • もし転職することが、現在の職場の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまうと職場の空気が悪くなる可能性があります。働く環境次第では、これまで通りに行くこともありますが、意地悪されるかもしれないと想定しておいたほうが賢明です。ひどいケースでは、残業時間を意図的に増やされることもあるので、軽はずみに「転職します」と周囲に言うのはあまり良いとは言えません。上記トラブルを回避するために、現在の職場では、真面目に振る舞いましょう。そうすることで、良い空気のまま最高の形で会社を去ることができます。それに、何の問題もなく円満退職になれば、辞めた会社にあなたが困ったときにアドバイスをもらえるチャンスにも恵まれるでしょう。規模や業界に関係なく、どのような企業も人とのつながりはとても大切であるため、辞める時のトラブルは、可能な限り控えましょう。
  • 退職と転職を繰り返さないための打開策が一つだけあります。

  • 転職を繰り返さないためには、コツが要ります。スキルアップもそうですが、メンタル面を鍛えると、転職を繰り返すことがなくなります。現在は、ネットを使って精神面を鍛えるコツは容易に拾えます。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職とは関係のない行動をすることも精神面を鍛えさせてくれます。何かと言うとズバリ「海外旅行」です。海外に旅行に行くと日本とは異なった様々な文化があり、刺激をたくさん受けることができます。なので、帰国後変化があるのです。帰国すると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。この状態のまま(転職のための)面接に向かえば、これまでの面接とは比べ物にならないほどに自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。しかし、退職して間もない頃は精神的に弱っていることが多いので、元気になるまで休みましょう。
  • 退職|転職活動を現職と同時に行う人は少なくありません。

  • 転職活動を今の仕事と同時に行う人が多いです。とはいっても、仕事を続けつつ求人の応募に走ったり、面接に臨むのは精神面だけでなく肉体面も負担が大きいです。さらに転職活動時は、現在の会社の同僚や上司に隠さなければいけません。深く考えずに応募する、という人がいますが、もしも、書類選考をパスし、面接の連絡が来た後で事態すれば面倒な事になるかもしれません。転職エージェントを利用して応募していた場合は、エージェントに悪い印象を与えてしまいますし、自分で直接応募した場合も相手の会社から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。いずれにしても貴重な時間を失う結果になるおそれもあるので、行くつもりのない企業は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると認識しなければいけません。
  • 社会的な転職を取り囲む状況についてですが、内閣総理大臣である安倍総理が舵取りを行う現政権下では、…

  • 政治により変わりつつある転職を取り囲む状況について、現在の安倍内閣ではアベノミクスや三本の矢で新たな経済政策を次々に打ち出し、内閣が打ち出した新たな経済政策ともに金融政策との相乗効果によって、財界や民間企業間においても次の世代の変化が生じ始めています。それもあって企業伸長とともに今度は労働人口の減少による「人材不足」が社会問題として拡大しています。また最近では、「外国人労働者」の総数を現状よりも増やしていく、つもりでいると現内閣は語っています。日本国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こうした社会的変化のなかで国内の雇用や転職といった状況にも、大きな影響が出てくるのは当然のことといえます。
  • 退職|転職サイトは大手のサイトであるほど多くの企業が掲載されているた・・

  • 転職サイトはメジャーなサイトの方が掲載案件も多いので、関心のある2つか3つの会社を、ともかくサイト登録しておき、希望する勤務地や収入に対して条件を設定しておき、条件に合った案件が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと簡単に転職情報を集めることができます。初めに限っては登録するのに幾分か手間がかかるので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を準備して、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録の初日は、時間がやや掛かりますし、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、その後は、新着情報だけ確認すれば良いので、次回以降の応募を楽にするめにも、最初の段階でしっかり準備することを心がけましょう。
  • 安定的な生活を送りたいと正規社員として働きたいと思っている・・

  • より安定した暮らしを求めて正規の雇用社員として働くことを意識している人がかなりいます。にもかかわらず、即戦力として働けるように資格を取得するなどして頑張っていても、中々正社員のためのキャリアアップが叶わない事もあります。契約社員の求人はたくさんあるのに正規雇用の求人以外には目もくれず時間だけが経過していく、といったケースが多いようです。もしもあなたが、正社員としての転職が難しいのなら、非正社員の求人募集も選択肢に加えてみましょう。契約社員や派遣社員の募集を掛けている企業でも、会社に貢献することができれば、2,3年で非正規雇用から正規雇用への転換を狙える可能性もあるからです。面接の最後に「正社員登用」の有無を聞いておくと将来設計が立ちやすいはずです。
  • 退職|新しい勤め先で、あなたの過去の実力を活かすことができれば・・

  • 新たな職場にてあなたの過去の実力を発揮できれば、即戦力として認識され、割と早く仕事場にも馴染めるし、いい人を求人している雇い主としても即戦力となる人材は常に必要なので、タイミングさえ問題なければ、難なく事が運ぶでしょう。加えてこれまでの働いていた仕事と近い仕事内容なら転職自体、苦もなく叶えられるでしょう。とは言っても、即戦力になる自信があなたにあったとしても、大手企業の事務系の仕事や、公務員系は今も昔も相当な競争率になる可能性が高いと見ておきましょう。
  • 現在は、株・不動産投資といった、不労所得で収入を得た・・

  • 近頃、株式・不動産投資などといった不労所得で収入を得たり、個人事業・起業といった生き方も増えています。そういったような移り変わりに伴い、「会社員以外の道はキケンだ」といった常識も変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長の時代には、どうなるかわからない株式投資、個人事業といった稼ぎ方よりも組織の一員のほうが安定していて、人が生きていくうえで正しい道として、またそれが決まり切ったことであるかのように世の中に認知されていた。しかし、そんな時代は終わり、現代は「成熟期」という風にも言い表されています。今後は、機械化、自動化が進んで機会が仕事をこなしていく時代が到来すると言われています。
  • 転職をするにあたっては予め、ウェブ上の求人サイトを見たりして…

  • 転職をする際は、事前にハローワークの求人票を閲覧したりして関心のある会社を調べるはずです。ところが、その会社が情報を公にする場合には、コンサルタントが主導している場合が少なくありません。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す傾向があります。仮に公表したとしても差しさわりのない表現をします。そのような類の社長の方針や社員の感想については、そのままを信じるよりも、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。美辞麗句を鵜呑みにしてしまった場合、「こんなはずじゃなかったのに・・・」と後悔することになりかねません。悪意ある会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後はイチャモンをつけて辞めさせないように画策しています。最近問題となっているブラック企業に多い例です。