派遣の仕事が決まりました。就業初日に営業担当の人と就業先近く…

退職|派遣での仕事が決定しました。最初の出勤日に派遣会社の営業の担当の…

派遣で働く会社が決定しました。仕事開始の初日に営業の担当の人と就業場所に近いコンビニエンスストアで合流する約束だったのですが、コンビニの前にいないので中にいるのかもしれないと思って店内に入っていくと、驚くことに雑誌コーナー前の通路に座り込んで女性の裸が載ったグラビアページを開けて読んでいるではないですか。こんな担当者の仕事なんてとてもじゃないけどできないことと考えて、その場で声をかけずこっそりとコンビニを出てすぐさま派遣会社に辞退すると連絡をしました。

もしもあなたが、転身の決断したなら、徹底的に会社に…

一度、現職からの転業の決断したのであれば、まったく周囲にはひそかにそれを言わずに、首尾よく転職活動を進めていき、現在の会社に所属している間は、可能ならば周りの人間に知られないようにいつもどおり振舞うのがとても堅実です。転職先が決まっていない間、この点を意識しておけば、もし仮に条件に沿う転職先がうまくいかなくても、転職を保留しながら、現職を継続しても心配がありません。でもうっかり、「転職するつもりでいる」と言ってしまうと、社内は、その言葉に合わせて動き出します。そのうえ周囲に「辞めるつもりです」と一言でもいえば、「あの人はもうすぐ転職する」と見なされます。その後で転職したい思いが消えて、「やっぱり辞めないことにしました」と手のひらを返しても、周囲の人たちは、「一度は退職しようとした人」とあなたを見るので、在籍しているあいだ、立場が悪くなる思いををする可能性が高いです。

退職|転職をする活動を行う際は、まずゼッタイに自分自身の心のうちが…

転職をする活動をしているときは、まずゼッタイに自身の内心がスッキリしていることを大事にしましょう。会社で働きながら転職をする活動をするのであれば、それほどには気にする必要はありませんが、退職後にする際には、やはり焦ってしまいます。その点を踏まえ、気持ちを落ち着けながら転職活動を続けるのを忘れてはなりません。将来、自分がやってみたい業務や、理想と思える職場のイメージを明瞭にしてみましょう。そのイメージを候補に挙げている職場と比較してみて、それらが合致しているか否か、再度、冷静になって見極めてみてください。そうすることで、転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。

退職|転職をしようとする際に絶対に準備する履歴書や職務経歴書に関しては…

転職をする時に絶対に書く履歴書や職務経歴書については、基本、パソコンで作成するというのが大多数です。今現在の日本社会では履歴書については手書きで書くというのが一般常識と思われる面もありますけど、それは新卒の就活やアルバイトについてであって、実際には、転職をする時に関しては履歴書や職務経歴書は絶対に手書きでないといけないとまでは言えません。手書きの方を良しとする会社もありますけど、違うところが徐々に多くなってきていますから、パソコンで作成したものでも良い会社は意外にも、けっこうあるのです。

看護師という職の人のそれと違う仕事に転職に至る原因…

看護師という職の人のほかの仕事に転職の原因は人それぞれではないでしょうか。考えてみると看護師が他の職業への転職には「職場環境に関わりたくない人がいる」「結婚で自分勝手にできなくなって出産それと子育てそれに親の介護など、いろいろな変化によって働けなくなってしまった」「現在の収入面で不満を感じている」といったような悩みが解消したいために転職されるのかもしれません。ですが、転職を決断する前に、「どうして、転職しないとダメなのか?」と、今一度沈着冷静に再度、現状認識をしてみることも忘れずにやっておきましょう。「実際に転職したら状況が好転するのか?」と再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断してみましょう。

求人についての情報では、ほとんどの場合、まともな会社…

求人関連の情報では、とうぜん普通の職場では月の収入が記載されているはずです。この月収の項目を見る時には、しっかり確認する事が大事です。額の多い少ないだけ見てわかってしまわないようにしましょう。ひょっとすると、月収の額のなかに「毎月20時間分の残業」を含んでいるかもしれません。そういうことは残業代を含めて金額が高く見えるようにしていることも珍しくありません。また、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている可能性も考えられたりします。ですから、その手のよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社は興味を持たないほうが賢明です。

職を変えると、高確率でそれまでの会社の仕事での記憶は大方、美化されます。

仕事を変えると、高確率で前の仕事のは美化されるはずです。実のところ現在の会社に不服があるから、それを解消するためにせっかく転職を決めたはずなのに、気付けばなぜか新しい会社よりも「前の仕事のほうが心地良かった」と思うことが増えてきます。それというのは自然なことで、前の職では日々の業務をこなすことに慣れきっていて事もなく与えられた業務もできていたのが、大きい理由ですが、とはいえ「やっぱり退職するんじゃなかった」といえるほど、前の仕事のほうが待遇や自分に合っていた可能性もあるはずです。

転職しようと思っているならまめに色々な企業をチェックしておく・・

転職を考えているなら、こまめにたくさんの企業を定期的にチェックしておけば転業先の労働環境の見極めが大いにしやすくなります。あなたが今の仕事にやりがいを感じられないと思っているケースでは、本格的に転職活動をする際に、どんな会社でもいいように見えてしまいます。そんな状況下では、どの会社を選択したら良いのかわからなくなり、選択を誤りかねません。よって、最終的には短い期間で転職を考える羽目になるので、会社の良しあしを見極める目を養っておくべきなのです。企業の雇用面だけを見るのではなく、その会社の「取引している会社」にも目を向けてみましょう。良い企業は、取引している会社を公表していますし、そうでない企業は、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、その点もチェックしてみましょう。そのうえ、企業によっては、個人グループに入っているものもあったりするので、グループ名をチェックし、詳細に目を通してみてください。

退職|転職での面接などの時に担当者が名刺を渡してきた時、あなたも同じように名刺を相…

転職の面接などの場面で担当者が名刺を差し出してきた場合、こちら側も名刺を相手に渡した方が良いのか?渡さないほうが良いのか?と対応の仕方に迷ったときは、おおむね差し出す必要のないもの、と覚えておきましょう。面接は仕事の延長上のことではなくて、職を得るための就職活動の一部であるわけですから、基本的には名刺を交換する場ではないのです。加えて、会社の人間として出向いているのではなく、あなたのことでそこにいるわけです。ですので、相手から名刺を差し出されても、こちらとしては、ただもらうだけで問題なくて、面接担当者に相手側にあげる責任はまったくないと判断できます。

はじめて転職をする場合、気を付けなければいけない・・

人生で初めて転職をするのであれば、心がけるべきことはなぜ現在の仕事を去る必要があるのかについて明確にしておくことだと断言できます。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておくべきでしょう。問題解決が可能な企業を決定してみてください。社会人の転職活動は、大学等での就職活動とは大きく異なり、今の仕事を行いながら就職活動をすることから、時間の管理をうまくやっていかなくてはなりませんし、メンタル的な強さや体力も求められます。ゆえに明確な理由もない状態で転職をしようとしたら、途中で行き詰まってしまうおそれがあります。「どうしても転職したい!」「現状を変えたい!」という感じの強固な気持ちがない場合は、転職活動を行うのはやめておくべきだと思えます。

最近はネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、…

最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社もたくさんあります。「特許」を申請した人は、そういった会社からのコンタクト率が高くなるといいます。彼らは、特許を出願した人以外にも、研究開発で論文を書いたことのある人や、マスコミで紹介されている人など、「業績」を残した人に狙いを定めて、電話・メールで接触し、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。万が一、あなたがヘッドハンティングの勧誘をされたときには、そうなったきっかけを考えてみてください。あまりないことですが、ヘッドハンディングを装って、登録料を要求してくる業者もあるらしいですが、間違いなく詐欺ですから気を付けましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者が払う必要はありません。

以前はかなり何個かの人材紹介会社に登録していました。

私が勤め口を探していたころかなりいくつかの人材紹介会社に登録していました。その際に特に思ったのは転職のアドバイザーの質も多様でたいていの場合、不満を感じるアドバイザーばかりでした。こちらは人生かかっているのにもっと一生懸命に臨んでほしいという落胆した気持ちが膨れ上がりました。そのことが発端となって自分がキャリアカウンセラーの資格を取ることにしました。キャリアカウンセラーの資格を取得するのは支出が増えましたし資格取得のための勉強においても大変ではありますが、就職活動の際に頼みの綱とされるような人になるために頑張っています。

転職をするために現在勤めている会社を退社する時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが、…

転職するにあたって、今務めている会社を辞める時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが、もしもあなた自身が退職願を書いて退社する、いわゆる「依願退職」のときは直ちに失業保険が給付されるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが認められてから3か月経ってやっと受け取れるのです。よく間違って退社した日の翌日から3か月経過すれば給付されると勘違いしている人がいますが、この規則を誤って理解している人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると思い込んでその結果としてハローワークのスタッフと口喧嘩をしているのを見たことがあります。例外として、自己都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定を受けてすぐに失業保険が給付される。

転職エージェントは大規模であるほど、豊富な案件を抱えて・・

大規模な転職エージェントは、様々な案件を扱っているという長所があるといえますが、それと同時に転職希望登録者も多い可能性が高いです。それゆえに応募希望の会社があっても、転職エージェントの担当スタッフが「転職の望みが薄い」と判断すると応募してもらえない可能性もありますし、会社から見て自分よりも有能だと評価される人がいれば、そのライバルを優先しやすいのです。このように大規模なエージェントは、サイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱い意外と駄目で、規模が大きくないエージェントに対し、応募したい会社や案件を伝え、応募できないか、と問い合わせておくと自分の利益を考えて動いてくれることもあるので、そういった風に活用してみるのも一つの手でしょう。

就職活動において、年収はかなり大切なポイントです。

就職活動において、だれもが気にするのが年収です。面接の際、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。本当にもらっている年収よりも多めに申告し、転職先で多くの収入を得ようと試みても、無駄でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要なため、一度は信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、最終的には虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現職での年収を正確に相手に伝え、それに釣り合う希望年収を設定することです。例をあげれば、年収300万の人が転職後にいきなり500万円になる可能性はほぼあり得ません。現在が430万円の年収であれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくことをおすすめします。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社した会社を退職に追い込まれることもあるので、気をつけましょう。

転職というものについて考えた場合、転職先での自身の年収を過剰に気にする…

転職を考える際、転職後の給与を気にしすぎる人がどうも少なくありません。大多数は仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を給与として稼ぐために精を出しているのでしょう。年収は自身がどれほど評価してもらえているか、としての側面もあるから当然大切なのは当然ともいえます。とはいえ、愚かにも年収というものばかりを異常にこだわりすぎる人生というのも人生を損してしまう気がしませんか?収入に直結しない仕事であっても精神的な成長を遂げられるチャンスはあるからです。